発達 さん プロフィール

  •  
発達さん: 発達障害とうまく付き合っていくための体験談サイト
ハンドル名発達 さん
ブログタイトル発達障害とうまく付き合っていくための体験談サイト
ブログURLhttp://hattatu.org/
サイト紹介文発達障害の経験談・体験談と発達障害とうまく付き合っていく方法を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 13日(平均19.9回/週) - 参加 2017/05/11 19:20

発達 さんのブログ記事

  • 中学生の発達障害は思春期の目くらましで見逃しがち!適切な対応を!
  • 発達障害の多くは、先天性の物がほとんどです。しかし、そう判断がつくのはある程度後になることが多々あります。その時期が中学生、高校生の頃になると、思春期の症状と勘違いしてしまい、対処が遅れる可能性があります。そういった事のないように、「思春期」と「発達障害」をきちんと区別しましょう。発達障害の症状は、思春期の特性と、実は似ている?中学生。学校の周りにいる人たちが、単に「友達」という枠から、「好きな人 [続きを読む]
  • 小学生の学習障害!学習面で直面する困難への対処法とは?
  • 学習障害の場合、日常生活では何の支障もなく、読み書きや算数などの学習面におけるある特定分野の能力だけが劣っています。その為、学習障害と単なる勉強嫌いとの判断が難しいです。小学生に進学すると学校での授業が始まり、発達障害の児童の場合には様々な困難に直面することがあります。親や学校が子供の特性を理解してあげ、子供の勉強や学校生活をサポートする対処が必要です。他の子と比べない!その子の良さを認めよう学習 [続きを読む]
  • 発達障害の難しさは?特性を理解して自身を助ける第一歩を!
  • 近年、よく聞かれたり、テレビや雑誌などのマスメディアでも度々見かけられるようになってきた発達障害。しかし、それらの病気の方々は、一見では分からないほど見た目が変わっていることはあまりありません。身体的障碍者という、肉体的欠如がなく、ただすれ違っただけでは気づかない精神障害、発達障害とはなんなのか?自身も発達障害である著者がお教えします。そもそも発達障害とはなに?難しすぎる発達障害の種類発達障害と一 [続きを読む]
  • ADHDの家族がいる場合!家庭で快適に過ごす工夫とは?
  • ADHDの人が家族にいると、部屋を散らかしたり、失敗が多かったりして家庭生活がスムーズに過ごせない事が多いです。大人のADHDの人が自分である程度の自己管理ができるようにするに、家庭でどのようにサポートしていけばよいのでしょうか。喜怒哀楽が激しい!感情をコントロールさせるには?ADHDの人は、喜怒哀楽が激しい人が多いです。特に家の中では、怒りの感情を抑えられない傾向にあります。ADHDの人は、衝動性があり思ったこ [続きを読む]
  • どう働いたらいいかわからない!ADHDの仕事の選び方は?
  • 社会生活を営むうえで、職業選択は多くの方が悩む問題だと思います。どのような進路が自分に合ったものかはADHDではない人にとってもなかなかわかりません。ましてや、できないことが多くあるADHDの方にとっても答えの出しづらい問題です。職業を選ぶ時にはどのような観点から選べばいいのでしょうか。好きなことを仕事にするという考え方があるADHDの方の職業選びでよく言われることは、好きなことを仕事にしなさいと [続きを読む]
  • ADHDとうつ病の関係性、病気はあなたのせいではない!
  • ADHDとうつ病というのは実はとても深い関係があるのです。それは、ADHDと自分自身はもちろん、周りの誰にも気づかれないまま成長していく過程の中で、他人に理解されない苦悩や他の人が簡単に出来ることが自分にとってはすごく難しいことだったときの辛さなどを数多く経験してきます。そして、周囲と比べることがくせになってしまい劣等感を感じたり、自分に自信が持てず、マイナスな感情しか生まれなくなってしまうといったこ [続きを読む]
  • ADHDの二次障害!うつ病を併発しない為の対策とは?
  • ADHDの大人が気を付けるべきことに、うつ病などの二次障害にならないようにすることがあります。大人になり社会に出て働くようになると、ADHDによる集中力の欠如などから仕事でミスをしやすいことがあります。仕事や対人関係の悩みからストレスやプレッシャーが溜まり、それが原因となってうつ病を発症しやすいのです。では、うつ病を併発しない為にはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。ADHDについて周囲に説明する! [続きを読む]
  • 発見がとても難しい学習障害!特徴を理解して支援すれば天才に!
  • 本人は真面目に授業を受けているのに、先生の言うことを理解しずらかったり、きちんと宿題もしているのに成績が落ちてきたり、そういったお子様はもしかすと学習障害かもしれません。学習障害は知能指数は普通、もしくは高い子が多く、その為発見が遅れる発達障害の一つです。一般的にはLDと呼ばれています。知能指数は低くないのに学習についていけないってどういう事なのでしょう。発見は難しい?!学習障害の特徴とは学習障害は [続きを読む]
  • 学習障害の原因は?遺伝の可能性は100%ではない!
  • 読む、書く、聞く、話す、計算する、推論する事のうち特定の分野において極端に苦手な物がある場合学習障害の可能性があります。学習障害は診断が難しく専門のテストを数回受け診断及びタイプを見極めますが、診断を下せる機関は少なく未だ解明されていない部分も多くあります。学習障害の原因と親のあり方まず、知っていて欲しいのは学習障害は決して育て方のせいではありません。未だ解明されていない部分も多くありますが、現在 [続きを読む]
  • 大人の発達障害に有効なのは?治療に用いられるのはこんな薬!
  • 発達障害は脳の働き方に問題を抱えています。障害と名前が付けられており、治療の対象となってはいますが、厳密には疾患ではありません。脳の働き方に偏りがあるのが発達障害の原因ですから、脳に機能する薬を使うことは症状の改善に大変有効と言えます。発達障害ではどんな薬が使用されるのでしょう?治療で使用される主なものを紹介します。発達障害の原因は?脳の機能がどう違うのか?発達障害は病気ではありません。脳の活性部 [続きを読む]
  • 発達障害は単なる総称!実際はどのような種類に分けられる?
  • 発達障害児という存在が身近になってきました。発達障害という言葉の認知は広まりつつあるものの、発達障害とは何か、どのような種類があるのかまで知っている人は多くないのが実情です。発達障害は「治す」ことはできません。ですが、適切な訓練によって十分に社会の中で生きていくことが可能になります。つまり、出来るだけ早期に確定診断を受けることが重要となってくるのです。受診の必要性を判断するためには、発達障害につい [続きを読む]
  • 大人の発達障害の特性は?こんな症状はありませんか?
  • 仕事や人間関係でトラブルを抱えてばかりの人はいませんか?うっかりミスを繰り返す。何回言っても直らない。部屋やデスクがいつも散らかっている。待ち合わせは遅刻ばかり。なくしものや忘れ物が多い。空気の読めない言動。突然怒り出す。集中力が続かない。などなど。そんな人はもしかしたら発達障害の傾向があるのかもしれません。大人の発達障害の特性や症状を紹介します。どうして自分ばかり?うまくやれないのは発達障害だか [続きを読む]
  • 発達障害とは何か?小学生で発覚することが多いのはなぜ?
  • 発達障害と診断される子どもが増えています。昔は「あの子、ちょっと変わってるね。」で済まされていた子ども達が、現代では発達障害と診断されるケースが非常に多くなっているのです。とりわけ、小学校入学後に確定診断が下ることが顕著になっています。どうして小学生になると発達障害であることが発覚するようになるのでしょうか?発達障害とは?いくつかのタイプがある!ひとくちに発達障害と言っても、その性質に応じてそれぞ [続きを読む]
  • 我が子が発達障害?特性にあわせた療育で未来を切り開く
  • 性別男性年齢54歳イニシャルY.O.さん発達障害の対象者子ども(女子)発達障害の種類広汎性発達障害(PDD)ひょっとしたらウチの子は普通ではないのかもしれないという不安がよぎっても、最初の頃は何とかして打ち消そうとするのが当たり前の親の反応です。しかし、遠からず厳しい現実を受け止めて、状況を冷静かつ的確に判断し、何らかのアクションを起こすために立ち上がる必要があります。どっち付かずで悩んでいた時代よりも、覚悟 [続きを読む]
  • 大人のADHDは生きづらい?薬もいいけどまず工夫してみよう!
  • 性別男性年齢34歳イニシャルY.K.さん発達障害の対象者本人発達障害の種類注意欠陥・多動性障害(ADHD)まず最初にもしかして自分がADHDかも?と気付いた時の事。それはさかのぼる事7年前。看護学校に通っていた頃に発達障害の勉強をしていた際に、自閉症やADHDの事を調べて行くうちに(あれ?なんかこれって自分にも心当たりある。というかほとんど当てはまる…)と思ったのがきっかけでした。その頃看護学校にあまりになじめず辞め [続きを読む]
  • 仕事のミスを減らそう!発達障害を抱える大人の仕事術!
  • 成人して社会に出てからも、発達障害と付き合っていかねばならない人は大勢います。多くの場合、仕事やプライベートでも上手くいかず悩みを抱えているのです。しかし発達障害は脳の働きの問題ですから、訓練や工夫次第では十分社会参加が可能となります。そんな頑張る社会人の皆様へ、少しでも仕事を円滑に進めるコツを紹介しましょう。発達障害のせい?だれでもミスはする!人間は誰しもミスをするものです。発達障害であろうとな [続きを読む]
  • 早期からの開始が重要!発達障害児に対する療育の内容とは?
  • 定期検診などで、発達障害が発見される機会が増えてきました。発達障害の特徴として、早期より療育を開始することで、大人になるまでに改善される可能性が非常に高い点があります。発達障害の子供たちに向けた治療と教育を兼ねているのが療育です。療育では、症状の改善を目的として、その子に合わせた様々な方法が用いられています。療育の内容とは具体的にどのようなものがあるのでしょう?症状や年齢ごとに違う!療育はオーダー [続きを読む]
  • 大人になって学習障害と診断!仕事との上手な付き合い方とは?
  • 学習障害という病気は今でこそ世間一般に認知されてきていますが、以前はただの「勉強が苦手な人」として見られることが多くありました。その為、自分が学習障害だったという事実を知らないままに大学へ進学したり、就職して仕事に就いている人も少なくありません。学習障害の場合、苦手な分野を上手にカバーして仕事をこなしていかなければなりません。学習障害の人は、どのように仕事をと向き合っていけば良いのでしょうか。自分 [続きを読む]
  • 学習障害(LD)の特徴とは?あなたの子どもは大丈夫?
  • 学習障害とは、読み書きや計算をする等の能力を習得することに対して著しく困難を示す発達障害のことです。英語では、LearningDisabilityといい、LDと略されています。学習障害を患っている有名人には、黒柳徹子、ミッツマングローブ、堺雅人が挙げられます。学習障害は、知的発達に異常が見られない発達障害で、知的障害とは全く別の障害です。日本全国の公立小学校で、学習障害の可能性があるのは約4.5%です。40人クラスだと [続きを読む]