遥 さん プロフィール

  •  
遥さん: いつかきっとたぶん
ハンドル名遥 さん
ブログタイトルいつかきっとたぶん
ブログURLhttp://ameblo.jp/nibiiro-no-sora1660/
サイト紹介文W不倫の結末
自由文好きな人がいます。

でも、同じ過ちをくりかえさないように、
自分を戒める為、
今までを振り返っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 22日(平均6.7回/週) - 参加 2017/05/10 11:46

遥 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 告白①
  • 家から一区画先にバイクとMが見えた。足早に彼の元へ近づいた。初めてみるMの私服姿。ジーンズにTシャツのごく普通の格好に私は一瞬とまどった。わ、若いな・・・。今まで制服姿しか見たことがなかったので年齢のことなんか忘れてた。そうだ・・。 6歳も年下なんだった。普段着の彼は、私には、とても若く見えた。やっぱ、、ないな・・。若いや……。なんか急にがっかりした。自分がとてもおばさんな気がして恥ずかしくなった [続きを読む]
  • 動き出した恋⑤
  • 夜、ぼーっとTV見てた。脳科学だか心理学だか忘れたけど、男性の気をひく方法みたいなのをやりはじめた。座り直してテレビを直視。なるほど。何かを頼めばいいのか!「お願いして頼りにする」そしてすごいと褒めて感謝されると男性は満足感を得るらしい。 Mに頼めること・・・。 そうだ!オークションだ!私は集めてた好きなアーティストのCDやらDVDやらをひっぱりだしてきた。全く手放すつもりも、ましてや売っ [続きを読む]
  • 動き出した恋④
  • それほどそれから日にちはたっていない。夕方、Mから電話がかかってきた。 後から思えば、わざわざ電話してまで伝えるほどの内容じゃなかったのに、それを疑問に思うほどの余裕は私にはなく、ただただ舞い上がった。ひととおりMの話が終わり、用件が終わりかけた時、ひきとめたのは私のほうだった。 「あの。。突然なんですけど、、あれから結局チケットはとれたんですか?」 『え?』 「いや、この前、ニュ [続きを読む]
  • 羨ましい限りです。
  • 『結婚して21年、付き合ってからだと26年。 もう四半世紀も一緒にいます。』ただただ、羨ましい限りです。理想の夫婦です。理想の家族です。なにが違うんだろう??なんでこういう人に出逢えなかったのだろう??違うな。私に問題があるんだろうな??『波長同通』こんな素敵な旦那さんに出逢える女じゃなかったってことだろう????実はこの方、リアルで知ってるご夫婦??ご主人はとても背が高くてパッと見怖そう [続きを読む]
  • 動き出した恋③
  • その翌週のことだった。木曜日。その日は用があってでかけていたが、Mが来る予定時間の15分前に帰ってきた。すると、ガレージに荷物が山積みになってることに気がついた。え??見ると、Mが配達してきたもの。うちには5家庭分が届けられるので、かなりの量。時計をもう一度確認した。やはり、予定時間よりまだ10分以上早い。なんで???ショックというよりむかついた。荷物にじゃなくて、Mに逢えないことに。せっかく予定 [続きを読む]
  • 動き出した恋②
  • 退院後、初めての木曜日。いつもならウキウキわくわくなんだけど、、なぜか、今日は少し緊張する。入院中、ずっと考えてた。まさかなぁ・・。いや、もちろん好きなんだけど、それは憧れというか、ファンというか・・。たとえば竹之内豊が好きと同じ「好き」。ドラマでときめくと同じ「ときめき」のはず。まさかなぁ・・・。トラックが来た。まだ、まさかなぁ・・・ってのがなくならない。おそるおそる近づいてみた。Mが降りてきた [続きを読む]
  • 動き出した恋①
  • 朝、子供たちを送り出したあと突然、腹痛に襲われた。え?これ、、ちがう。ただの腹痛じゃない。うずくまってたちあがれない。冷や汗が出てくる。。夫は昨夜から帰ってきてない。どーしよう。。なんとか携帯までたどりつき、夫に連絡した。病院で問診されるも、おなかが痛すぎて、それどころじゃない。看護師さんはかわりに夫に問診しだした。「昨夜から変わった様子はありましたか?」『・・・ええっと。昨日は出張で帰ってないの [続きを読む]
  • 出会い⑤
  • 大抵の担当の人は、商品と一緒に、自分の直筆のニュースも持ってくる。おすすめ商品の案内とかお知らせがメインなのだが、担当者によっては、おそらく親近感を持ってもらうためだろう、、自分自身のことを書く人もいる。Mもそのタイプだった。「M君通信」として、毎週、家庭のこと自分のことを書いていた。というより、むしろそれだけ。キャンペーンとかおすすめとかいわゆる営業的な要素がほとんどなかった。毎週毎週、奥さんと [続きを読む]
  • 出会い④
  • キラキラは、私に「女性」を思い出させた。長男を身ごもってから、ずっと100%「母親」として生きてきた。3人の男の子を育てるってのは本当に大変で、理解してもらえない夫への不満はたくさんあったが、助けてくれる親友がすぐそばにいたおかげで、「母親であること」「育児中心の生活」をむしろ楽しんでいた。そんな私が少しづつ、変化してきた。買い物に行っても、子供服しか見てなかったのに、自分の洋服も少し見るようになっ [続きを読む]
  • 出会い③
  • だから、Mに出会ったからといって、なにがどうなるわけでもなかった。なんだろう。ただ、ほわんと嬉しくなったというか、日常にひとつ楽しみが増えた感じ。いわば、めちゃくちゃ楽しみな連続ドラマが始まったような感覚。来週はどうなるんだろう。早く来週こないかな?って感じ。そう。Mはその日から、毎週うちに来るようになってた。臨時のはずなのに。確かに変だなとは思ったけど、私にとってはラッキー♪知らないうちに、Mは [続きを読む]
  • 出会い②
  • その頃の夫婦関係といえば、ごく普通だと思う。可もなく不可もなく。うちは自営業だったので、周囲から見れば、仲のいい夫婦にうつっていたと思う。実際夫がどう思ってたのかは知らないし、私が当時どう思ってたかなんて、なんか言い訳してるみたいで嫌なので書きたくない。どこの夫婦にもいろいろそれぞれあるものですから。ただ、「旦那さんが大好き」な妻ではなかったということ。親友に逢えば、お互い話す内容はいつも同じ。「 [続きを読む]
  • 出会い①
  • 「ひとめぼれ」初対面や出会った瞬間に錯覚する。一目見ただけで、運命の相手だと脳が勝手に決め付けてしまう。それが、「ひとめぼれ」のメカニズムらしい。あのスカートが舞った夜の2年前の冬。いつもの担当の人が突休になったらしく、臨時でMがうちに来た。そんなことを知らない私はいつも通り無愛想なまま、トラックの荷台の前にたった。運転席からMが降りてきた。『こんにちは〜!』初めて彼を見た瞬間、おおげさじゃなく本当 [続きを読む]
  • 別れると決めた夜④
  • 翌日、仕事の昼休みに携帯がなった。Mだ。ふふ。少しは焦ったかな?よほどのことがない限り、Mは携帯にはかけてこない。なんか勝った気がした。結局、その週末の金曜日に逢う約束をした。一応ふたりともまだ離婚していないし、なにより慰謝料裁判中。私の夫がMを訴え、裁判は進行中。Mの奥さんも私を訴える準備中。ということで、やはりおおっぴろげに逢うことはできない。街中が暗闇に隠れる頃を見計らって、自転車でMのマン [続きを読む]
  • 別れると決めた夜③
  • 『オレ』「うん」『明日休みやねん。今から来れる?』顔をあげて時計を見た。23時すぎてる。「・・・私、明日仕事。」『そんなに遅くならないから』・・・。『少しだけでいい。逢いたい』なんでこの人はいつも自分中心なんだろう。全く私のことなんか考えていない。って当り前か。所詮浮気する男ってそんなもの。ただやりたいだけ。逢いたくて逢いたくて逢えなくて。逢いたくて死にそうだったなんて、嘘みたいだ。逢えない時が想 [続きを読む]
  • 別れると決めた夜②
  • 不倫がばれて、3か月。まだ3カ月。でもあのとてつもない修羅場から考えるともう1年くらいたった気がする。180度変わってしまった私の生活。でも・・・ごめんなさい。すっごく不謹慎だけど・・・実はこっそりひとり幸せ。結婚して13年。離婚したい。離婚してほしい。解放してほしい。そう願って10年。こんな展開は決して望んでなかったけれど・・・ごめんなさい。夫と離れられたことは、やっぱりひそかに幸せ。13年、専 [続きを読む]
  • 別れると決めた夜①
  • どうして既婚者の私が、ネットで出逢いを探していたのか。。。それは、、、この今の夫に出逢う1ヵ月程前まで、時間を戻します。紛らわしいので、というか、この時点ではまだ離婚していなかったので、離婚するまでは『元夫』のことを『夫』と表記します。*********************家を飛び出して2カ月あまり。小さいながらも自分の城を見つけた私。環境はやっぱり大きい。前の家と違い、南向きのリビング。白い [続きを読む]
  • 今の夫③
  • その翌日の日曜日、私は車で小さな事故をした。どーしようーーーー。車の免許をとって日が浅い私は軽くパニックになってた。車のこと全然わからないし、何かある度に、いかに自分が元夫に依存してたかってことに気づかされる。でも、意地でも元夫にヘルプは出したくない。どーしよう。。携帯の画面を見つめてたちょうどその時、メールが来た。『今、何してるん??』今夫だった。おぉぉ、この人がいた!!しかもジャストなタイミン [続きを読む]
  • 今の夫②
  • ホテルの部屋に入り、ソファに座った。今夫は、すぐに自分の運転免許証を私に見せた。『オレは、こういう者です。決して怪しいものではありません。笑。不安だったら、住所書き写していいよ。』私は迷った。この人はやっぱりいいひとなのか、それとも常習犯か。『いえ、だいじょうぶです。』「なんか飲む?」『えぇっと・・。ビール飲んでもいいですか?』「いいよw そら、お酒飲まなやってられへんわなぁww そんな緊張せんで [続きを読む]
  • 今の夫①
  • 今の夫とはネットで知り合った。私はまだ既婚者だったけど、『ばついち』ってことにしてた。まあ、別居中だったし、所詮ネット。本当のこと言うわけがない。初めて逢った印象は悪くなかった。まさに「いいひと」っていう印象。一番最初の会話。「うわっ。写真と一緒やぁ」『あたりまえじゃないですかw』「ごめん、俺、写真盛ってたよなぁww 君、写真ではえらいべっぴんさんや思てたけどまさかそのままやとは」『写真より実物の [続きを読む]
  • なんでかっていうと
  • なんで今の夫に相談できないのか。それは、今の夫が長男を追い出したから。と、私は思ってるから。再婚したとき、同時に養子縁組しました。でも6年後、養子離縁し、16歳になったばかりの長男を追い出しました。それからずっと彼は一人で暮らしてます。私は今夫のせいにしてるけど、本当は違います。ちゃんとわかってます。私が長男から逃げたんです。私は子供を捨てた最悪な母親です。 [続きを読む]
  • 夫には言えないこと
  • 昨日、元夫からメールが来た。彼の名前を見るだけでいやーな気持ちが広がる。胸がどくどくする。開いてみると、長男が仕事やめたという報告だった。・・・。そうですか・・・。さてなんて返す?とりあえず、知らせてくれたお礼と、「長男がああなってしまったのは、ひとえに私の責任だと悔んでます。かわいそうなことをしてしまいました。」と返した。いや、本心ですけどね。すぐに、それに対しての返信がきた。・・・。スルーする [続きを読む]
  • 過去の記事 …