やすみつ1970 さん プロフィール

  •  
やすみつ1970さん: なぜ、統合失調症になったのかな?
ハンドル名やすみつ1970 さん
ブログタイトルなぜ、統合失調症になったのかな?
ブログURLhttp://ameblo.jp/yasumitsu2017/
サイト紹介文日々の日記です。アメンバー限定記事もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 49日(平均23.4回/週) - 参加 2017/05/11 18:19

やすみつ1970 さんのブログ記事

  • 昨夜は10時に寝た。
  • もう、2時ですが、おはようございます。 今朝は、10時に起きました。それから、モカを淹れて飲んだりタバコを吸ったりしてて、11時半ころに朝飯兼昼飯を食べて、12時から今まで寝てました。 今日は寝る曜日みたいです。もちろん、作業所は休みました。 [続きを読む]
  • 幻聴の悪霊、フレディに利益はないな。
  • 俺がこのまま、作業所に通い、大学の授業を受け続けると、俺は、破産する可能性があるが、俺が破産しても、幻聴のフレディに利益はないな。 だとすれば、なぜ、幻聴はそう仕向けるのか?俺が泣きをみるのを楽しみたいからか?幻聴が俺をいろいろな方向に仕向けるのはどういう意図があるかの?幻聴に何の得があるのか? 幻聴の悪霊に実体はない。幻聴が聞こえてても、現実の誰かと約束があるわけではない。幻聴が俺を仕向けても、幻 [続きを読む]
  • 妄想
  • 俺は10年以上、俺がフレディと名付けた幻聴に苦しんでいる。でも、幻聴の主は、引きこもり村にいた、フレディと名乗る人物だと思っている。彼は宗教をしない。医療関係者だと言ってて、心理学を勉強していると言ってた。で、今、俺の家には、「宗教と統合失調症」という本がある。これは、主に、ヴィトゲンシュタインについて冒頭は書かれている。彼によるフロイト批判を論じている。 フロイトの自由連想法が現代社会ではあまり [続きを読む]
  • 俺はまだまだ人間ができてない。
  • 「釈尊の言葉」で、祈祷師を避けよとかいう言葉があった。それで、釈尊が祈祷師から様々な呪詛をかけられても、害を受けなかった。弟子が、なぜか?と釈尊に尋ねたら、釈尊は、鏡となって、呪詛を受けなかったと言っていた。 すなわち、呪詛も鏡となって受けなければ、呪詛を発した祈祷師に返るのである。幻聴もしかりだろう。幻聴の主が幻聴を俺に及ぼしても、俺がそれを受けなければ、その呪詛は幻聴の主に返る。 しかし、俺は人 [続きを読む]
  • ほしねこ占い|わたしのねこのタイプは・・・
  • ▼わたしのねこのタイプは… ほしねこ占いって さっそく診断する ブロ友さんが、ほしねこ占いをしてたので、僕もしてみた。ちょっと、外れてる。基本的に平和主義だけど、自分の権利を侵害されたと思ったりしたら、抗議する。協調性もないんじゃないかな?作業所にはよく辞めると言い出すし、復帰しても、勤怠はよくないし、引きこもりの協調性ってのは、引きこもってることかな?引きこもり同士、仲良く引きこもってるよ。って [続きを読む]
  • 今日は街に出かけてきました。
  • ミーさんのブログで伊勢白参道だったかな?宣伝してるのを覚えてて、ミーさんの文化的な背景って何かな?と思って、街で白参道の書籍を見てきた。その並びにあった、「釈尊の言葉」 柔訳 釈尊の言葉 第1巻 Amazon を買ってきた。「悟りは、この日常の中にある」という言葉が印象的だ。まだ、全部は読んでないけど、ゆっくりと読んでいこうと思う。 [続きを読む]
  • 駄文かどうかを意識するようになって。
  • それから、気軽に文章を書けなくなった。 おはようございます。さっき、起きました。 それで、昨日も死生観について書こうとおもったのですが、あまり、文章のアイデアが浮かばなかったので、止めておきました。 駄文かどうかと言えばこれも駄文でしょう。箇条書きからの文を繋げて文章にするということも今回もしてません まあ、いつもこんな文章ですよ。 [続きを読む]
  • 診察が終わり帰ってきました。
  • 今回の診察での話題は二つでした。 一つは、バランス感覚が狂ってること。主治医に話したら、詳しく聞かせて欲しいというので、次のように答えました。エアコンの掃除をしようと椅子の上に乗ったら、ふらついた。また、庭の植木に水をやってたら、足を捻って転んでしまった。そしたら、先生は、起き上がった時に、めまいがしたりすることはあるのか?めまいは前からあるのかと聞いたので、僕は、めまいは前からあると答えました。 [続きを読む]
  • 最近、他人が聴いている音楽に興味がある。
  • これは、箇条書きに下書きせずに書くね。 というのも、ヒナギクさんのブログで、天月さんのクリップが貼ってあって、それを聞いて良いなと思ったのが、きっかけである。 最近では、ブログ村のある人のブログの記事に貼ってあった、Coccoの「強く儚いもの」だったかな。良いなと思ったり、 これもヒナギクさんの記事に貼ってあったんだけど、「僕の青春ラブコメは間違っている」だったかな? これだったかな?ヒナギクさん [続きを読む]
  • 俺の文章は幼稚だ。
  • 思った言葉を並べてるだけだ。アフィリエイターとして、作家として、文章のプロにならなければならない。文章の構成ができていない。文を箇条書きにして繋げて文章にするという試みはやっている。 ところで、俺がなぜこんなことを思い始めたのか? それは、俺のブログの記事は文字数も少なくて、その時々に思ったことを書いているだけの駄文だと気づいたからだ。 それでも、何人かの人が、いいね!をくれる。ありがたいことだ。し [続きを読む]
  • 今作業所に来ています。
  • 俺は、構ってちゃんなのかな?ヒナギクさんにも、構って欲しいし、作業所に来るのも、辞める辞めないと言って、それで、来る。ギータにも、構って欲しい。でも、ギータはエサが欲しい時だけ甘えて来て、普段は僕を構ってくれない。どちらかと言うと、こっちが、ギータと遊んで上げないといけないのかな?でも、ギータはいつも寝ているんだよね。 [続きを読む]
  • 今朝は7時半に起きた。
  • おはようございます。今朝は少し早起きできたので、「早起き」というテーマで何かを書きたいと思います。 「早起きは三文の徳」と言います。 お坊さんや、インド系の宗教をやっている人は早起きですね。4時とかに朝は起きているんじゃないでしょうか?それで、二度寝もせずに、座禅を組んでいらっしゃる。毎朝、8時とか9時に起きている僕は頭が下がる思いです。 そして、農家の人も朝は早いですね。6時には、畑や田んぼに出か [続きを読む]
  • 俺が調子が悪くなる原因は作業所だな
  • 辞めると言っても辞めれないでいる。その事業所の契約もその事業所は無視して、中途解約に応じない。それで、楽しくもなく、面白くない事業所から足を洗えないでいる。 これは、市役所に相談した方が良いかな?市役所はサービス利用料を払ってる当事者だからね。事業所の重要事項説明書には、社会福祉協議会に相談しろとあったが、そこは、当事者ではない。市役所はサービス利用料を俺に代わって払ってる当事者だ。だから、市役所 [続きを読む]
  • 規約違反になることを恐れた理由。
  • 私のエッセイ Amazon 安息日 はじめに Amazon 安息日 それから Amazon 安息日再び Amazon 備忘録001 Amazon 備忘録002 Amazon 備忘録004 Amazon 備忘録005 Amazon 備忘録007 Amazon 備忘録009 Amazon 備忘録010 Amazon 備忘録011 Amazon 5月3日10:12 Amazon 俺がこれだけの電子書籍を出してて、どれかでも売れて欲しいからです。 [続きを読む]
  • さっきの記事は削除した。
  • ここのアメブロの規約で個人情報は掲載してはならないことになっている。相手の名前を消せば大丈夫だと思って、さっき記事を書いて、サービス管理責任者との会話を掲載したけど、それでも、規約違反かもしれないと思って、削除した。 ここ、アメブロは、僕の電子書籍を宣伝する重要な場所である。IDが削除されたら、宣伝手段がなくなってしまう。 [続きを読む]
  • 結局、作業所は休むことにした。
  • さっき、しんどいから休ませてくださいと、メッセージを送った。まだ、返事は来てない。今日は街に出て、書店をぶらつこうと思う。 ------------------------------------------------------------- 作業所、すなわち、事業所も俺もお互いに相手を尊重してないんだから、疎遠になるのは、仕方がないよね。 -------------------------------------------------------------さっき、事業所から、「ゆっくりお休みください」とメッセ [続きを読む]
  • 今日は気分が良い。
  • 昨日、イライラ止めを6錠飲んだせいか、今日はいらいらしてない。今日は朝から、作業所に行けそうである。 今は、モカを淹れて飲んでいます。お腹が空いた。何か食べて来よう。 --------------------------------------------------- 朝飯を食べたら、落ち着いたのか、作業所に行く気がなくなった。 さて、今日は作業所をどうしようか? --------------------------------------------------- 結局、朝からは作業所に行けなかった [続きを読む]