Estersmile さん プロフィール

  •  
Estersmileさん: イエス様と共に歩む喜びの日々
ハンドル名Estersmile さん
ブログタイトルイエス様と共に歩む喜びの日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/estersmile/
サイト紹介文海外のクリスチャンマガジンに載っていた証や記事を訳しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 134日(平均4.2回/週) - 参加 2017/05/11 20:52

Estersmile さんのブログ記事

  • 胎児性アルコール症候群と自閉症から癒された息子の話し
  • どのようにして神様が私の息子を自閉症から癒してくれたのか(癒されたアンドレスと養母のベッキー)ベッキー・ドゥボラック私達がアンドレスを迎え入れた時、彼は生後6週間でした。彼の産みの母はアルコール中毒で、妊娠中も飲酒をし、彼が生まれてからは砂糖水とお酒を彼に飲ませていました。言うまでもなくアンドレスは、多くの障害をもっていました。彼は病気で体が弱く、アルコール離脱症状によって苦しんでいました。夜中、夫 [続きを読む]
  • ハロウィンを祝うことが危険な理由
  • こちらは、やや踏み込んだ内容です。人によっては、嫌悪感を覚えるかもしれないし、嘘だー!って思う方もいるでしょう。でも、是非、最後まで読んでください。youtube動画も観ることをオススメします。なぜハロウィンを祝うことは危険なのか編集者注 キンバリー・ダニエルスが書いたこの記事は物議を醸すものであることを理解しています。これはオカルトに入っていた人達のために長年ミニストリーをしてきた彼女の個人的な見解を [続きを読む]
  • ハロウィンは祝うべきなのか?
  • ハロウィンは祝うべき?クリスティーン・クラーク一回だけ私は「お化け屋敷」に入ったことがあります。でももう二度と入るつもりはありません。ユースパスターがグループ全員をハロウィーン様式のお化け屋敷に連れて行った時、私は高校生で、教会の宣教旅行中でした。私はどうしたらいいかわからなかったので、しぶしぶながら皆について行きました。結局のところ、・・・・全部本物じゃなかったんでしょ。違う?だからたいしたこ [続きを読む]
  • 私のおすすめ ー地上で最も力のある祈りー
  • 紹介したい本があるので書評を書いてみることに致しました。実を言いますとね、私、文章書くのが好きなんだけど、苦手なんです。えっ、翻訳しているのに?って思いましたよね。翻訳は人の文章を訳すだけだから大変なんだけど大変じゃないんです。昔、小学校時代作文を書いた時、何を言いたいのかわからない。と担任の先生に言われたことがあって。。。私は、自分はかなり作文力があると思い込んでいたのでガーンまっ、それは置いと [続きを読む]
  • 私が今ほしいもの
  • 車、車、車!5人乗りで、運転しやすくて、広々していて、ゆったりと座れて、でも大きすぎず、燃費が凄く良い、青色の新車だな私が今、ほしいものは・・・キャンペーンに参加してほしいものゲット★ この前まで乗っていた車、父が仕事で使っていた会社所有の車で、退職する時によければ古いけど使ってと無料で譲り受けたもの。今月車検が切れるから、無料見積もり&検査してもらったら、なんとまあ、壊れかけた所が一杯あったんだと [続きを読む]
  • 自殺をしたいと思っているあなたへ
  • 自殺をしたいと思っているあなたへまず、最初に知ってほしいこと。あなたはとっても大切な存在です。あなたの命はとっても尊い。あなたは、自分は愛されてない。大切じゃない。自分はいてもいなくても同じ。私が、俺がいないほうが、家族や友達、会社にとっていいんだ。自分はお荷物なんだ。って思っているかもしれないし、そう言われてきたかもしれない。はっきり言います。あなたは愛されています。あなたは大切な存在です。あ [続きを読む]
  • 婚約1週間前に破局を体験した私が学んだ大切な教訓
  • いつも王子様より王様を追い求めるクリスティーン・クラーク私は20歳の時に、人生で最も困難な試練の1つに会いました。その時、私は婚約1週間前だったのですが、すべてがおじゃんとなってしまったのです。指輪も目にすることなく、「もうすぐ」夫となるはずだった彼はいなくなりました。感謝なことに、神様は私が理想的とは言い難い結婚生活に入って行かないようにしてくださったのです。(数年後、私はザックと結婚しました!ハ [続きを読む]
  • クリスチャンでも気がつかずにイエス様を否定している時がある
  • キリストを知らずに否定してませんか?ベッキー・ドゥヴォラックとても多くの神の民が、間違った考え方をしています。いやしぬし、イエシュアの名前をかかげるのではなく、敵であるサタンが破壊するために用いる患いや病気の名前を高くかがげているのです。ピリピ2:9−11ははっきりと言っています。「それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。それは、イエスの御名によって、天にあるもの、 [続きを読む]
  • ポルノ業界が人々に知ってほしくない真実
  • ポルノ業界が人々に知ってもらいたくない真実(左が普通の脳、真ん中がヘロインをやっているときの脳、右がポルノを見ているときの脳)Kingdom Worksスマートフォンとi-Padsの普及とともに、かつては隠れていた問題がとても一般的な問題となりました。5年に一度行われる教会の全国調査で、教会に通う男性の68%、女性の30%が頻繁にポルノを見ていることが報告されました。4年前でさえ、the Huffington Postが、ポルノサイトは、Ama [続きを読む]
  • 大胆な癒しの宣言
  • 大胆な宣言ベッキー・ドゥボラック敵の攻撃が強く、医者からの報告が死を叫んでも、私は恐れません。私は、私の神に信頼を置きます。「どうか、私たちのうちに働く力によって、私たちの願うところ、思うところのすべてを越えて豊かに施すことのできる方に、教会により、またキリスト・イエスにより、栄光が、世々にわたって、とこしえまでもありますように。アーメン。」(エペソ3:20−21)アブラハムのように、私も「彼が信じた [続きを読む]
  • 異言の祈りの素晴らしさがわかる動画
  • 異言の祈りの素晴らしさがわかるメッセージ動画です。ある教会、教派では異言の祈りが良く思われてないのは知っています。そして、このblogを見ている方の中でも異言の祈りは。。。。という方もいると思います。でも、毛嫌いしないで、一度是非見てください。ここの教会の篠原先生のメッセージを、毎週家族とYouTubeで見ているのですがとても面白いんですよーただし、やや早口なんですけどね後、親父ギャグが半端なく出てくる出てくる [続きを読む]
  • イエス様の血潮で家系をきよめる
  • あなたの家系はきよめられていますか?ウォーリアーズ・インターナショナルクリスチャンになった最初の時にイエス様の血潮を分かち合ったり、聖餐式で主の体と血を飲むことは超自然的な行為です。クリスチャン生活においてイエス様の血潮の力ほど偉大で重要なものはありません。イエス様の血潮は、すべての束縛を打ち砕く力があり、人を神様のもとへと回復させる力があります。私達が救われ、イエス様を心に迎えた時、超自然的な [続きを読む]
  • 今、神様は飢え渇いた人達を呼んでおられる
  • 神は、このシーズン、飢え渇いた心を持った人達を講壇に呼んでおられるパット&カレン・スチャットズリンこの本を執筆するというとてつもない旅は、今からだいたい20年前、祭壇について議論していたある夜遅くに始まりました。1997年5月、私達はアラバマ州ディケーターのカルバリ・アッセンブリー・オブ・ゴッドでユースパスタをしていました。教会とユースミニストリーはリバイバルしている最中でした。私達の教会の南、車で4時 [続きを読む]
  • 感情によって人生を駄目にしない
  • あなたの使命を脱線させるサタンのこそこそした方法カイル・ウィンクラー感情。これは人間が体験するものです。これらの感情から完全に逃げ切ることはできません。そして大抵の場合、その感情を私達が自ら選ぶことはありません。それが心配であれ、鬱であれ、拒絶であれ、誘惑であれ、気がついたらその感情があったという感じです。しつこい感情の危険性しかし、感情の最も危険な面は、感情そのものでもなければ、その感情によっ [続きを読む]
  • 祈ることによって得られる10の恩恵
  • 祈ることに時間を費やす価値がある10の理由ケビン・セナパチラツネなぜ祈りは第一優先すべきものなのでしょうか?祈りの生活を続けることで得られる恩恵をいくつかお伝えしたいと思います。これは完全なリストではありませんが、本ではなく記事なので、ここから始めるべきだと考えました。1.イエス様との関係もしこれが祈りの唯一の理由だとしても、祈る理由が十分あります。私達は神様との友情を築きあげるのです。でもこれ以外 [続きを読む]
  • アメリカの中絶団体プランド・ペアレントフッドの真実
  • プランド・ペアレントフッドについて暴露するクリスティーン・クラークプランド・ペアレントフッドのことは知っていましたが、彼らの建物にこんなにも近くにいたのは初めてでした。その建物の入り口から20フィート離れた場所にいて、2,3人の10代の女の子達が車から出て来るのを、私は黙って見ていました。その中の1人の女の子は、スウェットパンツを履いていたのですが、そのスウェットパンツこそ、彼女がなぜその朝そこにいるの [続きを読む]
  • 神様を感じることができない時どうすればいいのか
  • RT ・ケンドル:神様を感じることができない時どうすればいいのか?ジャスリン・ジャスティスあなたが神様を愛すれば愛するほど、主の臨在を常に感じることはないかもしれない。多作の作家であり、聖書学者のRT ・ケンドル氏は、そのことをよく知っていると、語っている。そもそも、そばにいる主を感じないということは、悪いこと、罪深いことなのだろうか?ケンドル氏はこのように語っている。「何も感じなくて、主があなたの祈 [続きを読む]
  • クリスチャンがお酒を飲む前に考えてほしい6つのこと
  • この記事と一緒に私がお酒を飲まない50の理由も読むことをおすすめします。今回の記事はちょっと、わかりづらい翻訳かもしれません。すいませんーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーお酒を飲む前に考えてほしい6つのことシェーン・イドルマン数年前に、私はあるカンファレンスに参加しました。そのカンファレンスで牧師達は、一般セッションが終わったらパブ(居酒屋)で集まりましょう。と呼びかけられていました。何人かの [続きを読む]
  • クリスチャン男性にとって魅力を感じない女性 5つのタイプ
  • クリスチャン男性が、『この子はちょっと遠慮したい』と思う5つのタイプの女性ベサニー・ベアードクリスチャン男性もノンクリスチャン男性もある事において意見が一致しています。それは何かというと、魅力的に見えない女性の性格です。長年、父や兄弟、男友達、知り合いと話している中で、男性にとって魅力的に感じない女性の性格があることを知りました。私は、長年聞いてきたことを確かにしたかったので、ネットで沢山のリサ [続きを読む]
  • 病と付き合う必要は一切なし!癒しは神様の完全な御心だから。
  • あなたの体にたいする神の癒しの言葉シロアム/カリスマハウスウィリーは、沢山の人達と一緒に病人テントの中で座っていました。そこにいた人達は、癒しの祈りを受けるために列に並んで立つことができない人達でした。ウィリーは6歳でした。ペルテス病(若年期変形性骨軟骨炎)と診断され、片方の足がもう片方より5センチ以上短かい状態でした。当時、治療法はなく、彼は足が不自由で、ずっと松葉杖によりかかって歩かなければいけ [続きを読む]
  • 神様からの供給は超型破り
  • 神の民に対する神様の型破りな超自然的供給の方法カイル・ウィンクラー洪水の時に自分の家の屋根にしがみついていた男の有名なたとえ話を聞いたことがあると思います。彼が神様に助けを求めて祈った後、手漕ぎボートに乗った男性がやって来て安全な場所に連れていくよと言いました。しかしこの行き詰った男は、「結構です。神様が私を救ってくれると信じていますから!」と叫び返し、その申し出を断りました。その後で、モーター [続きを読む]