kouya さん プロフィール

  •  
kouyaさん: 老犬介護塾
ハンドル名kouya さん
ブログタイトル老犬介護塾
ブログURLhttp://roukenkaigojyuku.seesaa.net/
サイト紹介文愛犬に教えてもらった老犬との付き合い方を少しでも皆さんに御裾分けできればと思います。
自由文てんかんの群発発作、重責発作でも付き添って看取ることを選択しました。愛犬の命を数カ月巻きとった決断は、どうなのか自問自答の日々が始まっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 45日(平均11.4回/週) - 参加 2017/05/12 17:29

kouya さんのブログ記事

  • ハチとお墓
  • 今日の盛岡は30℃。いつもはこのぐらいの時期になると、ふっく君には近づくなよと言い含めておくのですが、今年は言い含めなくても近づいてきません。彼が亡くなってから一度も夢にも出てきませんので、言いつけを守っているかもしれません。ふっく君の眠る場所には相変わらず花がたくさん飾られています。犬のわりに、ふっくちゃんに、わんちゃんに、とお供え物を頂いたり、手を合わせて頂いたりと彼が寂しがる暇がないほどです。 [続きを読む]
  • 前足がたたなくなったふっく君の歩行訓練 
  • 作業着にほつれがあったな。そう思って先ほどサンデーへ。ポイントカード家かもしれないと思うほど久しぶりです。最後に来たのは、車椅子の材料チェックでした。塩ビパイプ、アルミパイプ、パイプベンダーとドリル、パイプカッター・・・その時は車輪が決まり切らず断念しましたが、最後にもう一度だけ歩かせてあげたかったなぁ、やっぱり。最後の最後まで自分の脚で散歩させてあげられたので贅沢と言えば贅沢なのですが、キリがな [続きを読む]
  • 夏場は時間も手間も惜しむべからず
  • 盛岡は28℃。予想を若干下回った暑さでした。例年、この時期になると、ふっく君を外に出す前に庭に水をまき、少しばかり地面を冷やします。30℃となると氷も製氷機から出してバラバラっとまいて熱にやられないように気を付けていました。ミニチュアダックスは、しょーとあんよ ですから、地面の熱をとるのが大事になります。効果は数分ですが、数分も涼しくなれば十分な成果と言えるでしょう。散歩の時間も昼間は少なく、朝、夜の [続きを読む]
  • 一つ幸せになるということ
  • 「急なお仕事をお願いしてもよろしいでしょうか」メールに返信してすぐに電話で問いあわせを受けました。珍しく快諾。金曜で翌週の月曜日というハードな仕事ですので、普段は乗り気がしないのですが、かといって家にいるのも乗り気がしません。外壁や屋根の塗装でもと思っていたのですが、週末の天気予報は中途半端な曇り模様。家で集中して何かやるにしても、注意力散漫でこれまた中途半端で終わってしまいます。週末限定のペット [続きを読む]
  • ダイアップ 容量オーバーの言い訳
  • 突然のてんかん発作にはダイアップが欠かせません。獣医師さんにはその利用方法をしっかりと確認しましょう。獣医師さんから指示されている量を守ることは絶対です。しかし、仕方のない場合も考えられます。■ 2回目の発作が夜に起こってしまった。病院は対処してくれない■ 入れたけど、下痢ととも出てしまった。■ 入れたけど、症状が改善されない。入らず溶けてしまったかも!?こんな場合は、否応なく自己責任で動くしかあ [続きを読む]
  • 蚊取り線香は抑えたペット用を使用
  • 今年も蚊取り線香の季節がやってきます。蚊取り線香、うちは未だにコレです。老犬介護で犬を外に連れて行くにも蚊取り線香を足元にもくもくさせていました。ずっとアースノーマットやベープマットを利用していたのですが、ふっく君が来た頃から再び蚊取り線香に変えました。20年前のベープマットというのは蚊取り器に青色のカードを入れて裸で利用するものでした。薬剤を舐める可能性や発熱箇所に触れて火傷をさせるのが怖かった [続きを読む]
  • 不埒な理由でトイレルール変更
  • 近所のお子さんが犬を飼い始めたようです。「お手、おすわり、お・す・わ・り ダメ おすわり」響き渡る飼い主の責任感。「待て」まではどうしても進まず、「待て」がききたい衝動にかられました。仕事の電話をかけながら、「待ては?」「待ては?」ずっと気になっていましたが、結局おあずけ。待ては次の機会まで待ちます。幸せな犬になってほしいですね。待てやおすわりなどは、いざという時に飼い主の命令を聞かないようでは犬 [続きを読む]
  • 生まれ変わってこないかなぁという半分本気の期待
  • ふっく君も忘れているであろうふっく君を見つけました。乳歯なんですが、ケースに入ったまま丈夫なものです。亡くなった人の歯や入れ歯、爪、髪などは、死後あまり残すものではないと忌み嫌われるものですが、御犬様の場合はどうなのでしょうか。家での感覚としては少しペットの場合は違うようで、反応としては、ふっく君の好きなところに埋めてあげようや、庭をもっと歩けるようにしてあげようなど、ちょっとしたドラえもんの世界 [続きを読む]
  • ペットロス 初めての月命日
  • 今日は初めての月命日です。ふっく君のお墓のまわりには全く草が見つかりません。父が煙草をふかしながら雑草を駆除している成果でしょう。お墓までの通路には左右から花が綺麗に咲いています。ふっく君の位置から見えるテッセンの花が若干枯れてきたものの月命日まで頑張ってふっく君を楽しませてくれました。この1カ月は長かったですね。なんだろう3、4カ月ぐらいの時間が流れているようにさえ思います。まだ手に撫でた時の感覚 [続きを読む]
  • ペットロス30日目 犬とのドライブにみる20年の習慣
  • 仕事も兼ねて大船渡へいってきました。ふっく君ともよく一緒にいきました。ドライブは微妙ですが途中下車しての散歩やおやつは大好きな彼。眼鏡橋の道の駅か、ともちゃんでの休憩はどちらかを挟みます。かならず、大好きな散歩をたっぷりとしたあとはお待ちかねのソフトクリーム。・・・最初の一口二口をあげて最後にコーンの部分にソフトをのっけてカリカリ食べるのが好きでした。老犬のドライブというのは、少しばかり気を使いま [続きを読む]
  • ペットロス28日目 ありがとうの勲章で見送ろう
  • 今日 がん闘病中だったワンちゃんの訃報を聞きました。最後にふっく君が通院したときに一緒だったわんちゃんだったこともあり、残念です。訃報をきくとふっく君の苦しいときの姿が目に浮かびます。そのたびにドスンと突き落とされる気がします。ペットロスには慣れた気でいたわけですが、結構きついですね。そのわんちゃんも自宅のベットで、お父さんとお母さんの間で見守られながらの他界だったそうです。「もう苦しませたくなか [続きを読む]
  • ペットロス27日目 聖地のお花を植え替える
  • ゼラニウムの花が萎れ始めました。ふっく君の眠る場所にはたくさんの花が飾られています。そのなかで赤く色鮮やかに咲いていたのがゼラニウムでした。毎年、玄関に置こうとする母との折衝のなかで匂いがきついからと外へ外へと追いやられたゼラニウムですが、今年は労ってあげたいと思います。ただ萎れてしまった後になにも植えないのはかわいそうなので、先ほどナデシコを買ってきました。ナデシコは多年草なのでこれから幾年月ふ [続きを読む]
  • おしっこを促すトントントン
  • 昨日薬の飲ませ方を載せましたが、顎下のトントントンはおしっこに通ずるものがあります。完全に寝たきりになった場合には圧迫排尿という方法で排尿させます。ヘルニアの手術後に先生が行っていた方法を見ていましたので、真似てやったことがあります。でも、元気な場合にはわざわざ横にしてやらなくてもいいんですよね。押す場所は横にした場合と同じですが、押し方と力加減は異なります。そこが注意です。膀胱のかたちは、書きは [続きを読む]
  • 薬の飲ませ方 〜錠剤はそのまま飲ませる〜
  • ■ 薬の飲ませ方の候補1 混ぜる2 包む(肉団子)3 薬だけ入れる私の結論は3薬だけ入れるです。1 混ぜる餌に混ぜたり、食べ物に混ぜたりすると食べられないときに困ります。好きなものに嫌いな薬を混ぜると、好きなものにも警戒心を持つ場合があります。好きなものはいざというときの栄養源です。大事にしましょう。2 包む複数個の薬を飲ませるのに効果的です。肉団子を複数個作り、ダミー、本命と順に投入するわけですが、 [続きを読む]
  • ペットロス25日目 なにも消せない意味のない画像整理
  • 午後の盛岡は雨の予想です。出不精発動中。昨日、溜まりに溜まったふっく君画像を整理していました。■ 画像保存の悪循環 整理が面倒くさい →放っておく→溜まる →さらに面倒くさくなる結局たくさんのデータがファイルにずらりと残ります。ゴミ屋敷の原理とおんなじです。今からでもキタムラに持ち込もうかなw画像になった弊害なのか面倒くさがり屋のサガなのか困ったものです。途中いつも通り先送りをし、なつかしさに手を [続きを読む]
  • ペットロス24日目 思い出の写真!デジタルからどうアナログにするか葛藤中
  • うちにはふっく君の写真がいっぱいあります。5歳ぐらいまでは写真でしたから撮っては現像、撮っては現像と写真屋さんを儲けさせていました。その後デジカメや携帯の波に押され、写真屋さんは次々と閉店です。自分のコピー機で写真印刷できる時代ですから、仕方がありません。これからは家でしか印刷しない時代になる・・・そう思っていたのですが少々事情が変わってきています。私のコピー機はCannon MP640Canon PIXUS インクジェ [続きを読む]
  • ラグノスゼリー+ビオフェルミンor乳製品
  • 会陰ヘルニア・・・読めますか?最初「カイイン」と読んだ私からの質問ですw。「会陰」と書いて「エイン」と読みます。すんなり読める人は医療関係者である可能性大です。うちのふっく君の場合、おそらく18歳ぐらいに発症している・・・はずです。会陰ヘルニアには、外科治療と内科治療がありますが、なにせ高齢ですから内科治療です。たまたまその内科治療が上手くいったので症状が落ち着きましたが、結局そこからは2カ月に1回の [続きを読む]
  • ペットロス22日目 雷怖い抱っこして
  • 盛岡はさっきまで雨が降っていました。雷もゴロゴロ鳴り響いてきたので急いで帰宅です。土砂降りの中ビジネスバックを置いて、スーツの上下を脱いでふっく君の聖地巡礼です。ちなみにチャンと服は着ましたので変態さんではありません。・・・・当然1分間でビショビショです。最近は、耳も遠くなってきていたので雷ぐらいでは動じませんでしたが、彼は雷が怖かったんです。ピカッという鋭い光も怖いし、ゴロゴロと地鳴りのような低 [続きを読む]
  • 抜歯のすすめ(ご利用は計画的に!)
  • 歯周病によって、ジュルジュルした透明の粘液が垂れてくるようになりました。本来は全身麻酔で抜歯なのでしょうが、老犬の場合余程のことがなければ麻酔を利用することはありません。リスクの方が大きいですからね。エサを食器や、スプーンなどの補助で食べられる状態なら歯は残しておいたほうがよいでしょう。引っかかりがあったほうが食べやすいですからね。しかし、注入器を使う段階になったときには抜歯のタイミングと言えるか [続きを読む]
  • ペットロス21日目 絶対的信頼への裏切り
  • こんなブログを書いているからなのか、自分が似たところを通ってきたからなのか、老犬介護ブログが気になります。老犬介護にもいろいろな年齢の犬がいますが、やはり高齢犬の弱っている姿は辛いですね。老犬介護は、本当に楽しいです。絶対的な信頼を寄せてくれる犬がかわいくて仕方がない、それがすべてなんです。何時に起こされて騒がれようが、雪の降る中飛び起きて外の庭で歩かせようが、そんなことは苦労でもありませんでした [続きを読む]
  • ペットロス20日目 ふっく君の遊び仲間
  • もう20日ですか、凄く長い5月でした。今日は弟君が来てふっく君のお墓をお参りしていきました。「いつもいるわけじゃないから覚悟はできてる」そうは言ってましたが、「ふっちゃんいないとさびしいなぁ」「暇だなぁ」と連発して帰って行きました。初めてのふっく君がいない家への帰宅は、やはり辛かったのだと思います。随分ふっく君が小さな頃の話をしました。おしっこの場所も仕方も1回で覚えたこと(天才!)ゲージから脱出し [続きを読む]
  • 老犬介護をしながら収入を得る方法
  • 仕事はセーブしていても収入は得なければなりません。そこで本業以外に収入に結び付けられそうなものをピックアップします。私がやってみて上手くいかなかったものの代表が、投資。元々かなり安定して稼ぐことの出来るトレーダーなのですが、準備が中途半端なこと、集中できる環境になかったこと、突然始まる発作、無駄吠えに振り回されたことが収入を減らしました。ポンドのパニック売りにも巻き込まれました。外部を遮断できてこ [続きを読む]
  • ペットロス18日目 老犬の運動時間は庭作りに最適
  • 今日の盛岡は21度。運動会にはちょうどいい曇り天気です。岩手では昔から5月が運動会です。それでも熱中症が心配な時もありますので、晴天より曇り天気の方が子供も親も安心でしょう。例年雨季に差し掛かる前のこの時期には、庭ににおいが出てきます。外でおしっこをする犬を飼っていると、庭に染み込んだ匂いが気になりだす季節です。雨が降らなければ水を撒いたり消臭剤で匂いをとったりと忙しい時期ですが、今年はズボラにして [続きを読む]