oretomo さん プロフィール

  •  
oretomoさん: 若年性アルツハイマーの父親と
ハンドル名oretomo さん
ブログタイトル若年性アルツハイマーの父親と
ブログURLhttp://oretomo.blog46.fc2.com/
サイト紹介文若年性アルツハイマー型(前頭側頭型でもあり、パーキンソン症状も出た)認知症の父親と共に生きる俺
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 133日(平均3.2回/週) - 参加 2017/05/12 18:10

oretomo さんのブログ記事

  • 平成26〜27年-冬-(11)
  •  1月中旬の俺と母親は、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親がインフルエンザになるリスクなどを考えて、面会は週2回ほどにした(平成26〜27年-冬-(9) 参照)。 ギックリ腰になった俺は、腰サポーターをつけて父親を介助せざるを得なかった。 俺と母親が特養に着くと、父親は共同スペースで、冬服を着てバスタオルを腹〜足に掛けられた状態でリクライニング車椅子に座っていたが、口から少し泡が出ていた。 介護スタ [続きを読む]
  • 平成26〜27年-冬-(10) 整形外科医院
  •  三が日を過ぎてからの1月上旬の俺は、まず歯科医院で定期検診を受けて、特に問題はなかった。 その医院で、父親が使っている歯磨きムースが2割引で販売されていたので、購入した。 定価でなく割引で買えたのは初めてだったが、助かる。 相変わらず雪かきに追われているせいだろう、腰痛や坐骨神経痛が強くなって、それらに加えてギックリ腰になってしまい、坐骨神経痛の薬が少なくなったこともあり、整形外科医院も受診した。 [続きを読む]
  • 豊田真由子衆院議員の新音声
  •  豊田真由子衆院議員の新音声(新暴言?)が公開され、その中で「白痴」、「痴呆症」という言葉が使われていました。 自分の秘書たちに対して「何もできない、何もわからない」と怒る・罵る際に、それらの言葉を使っていました。 元厚生官僚の豊田議員は… 「白痴」、「痴呆症」といった言葉は、アルツハイマー病のような脳の病気・障害を的確に表していないし、差別的な感じもあるので、「認知症」という言葉が使われるように [続きを読む]
  • 平成26〜27年-冬-(9)
  •  父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)の年末年始は、休日体制で更に人手不足になることもあり、俺と母親は年明け早々に父親に面会したかったが… 年末に面会した際、施設・特養のスタッフさんたちの言動から、「外部からインフルエンザなどが持ち込まれるリスクを減らしたいので、できるだけ面会は控えてほしい」と思っていることが推測できたので… 年が明けてからの最初の面会は、三が日を過ぎてからにした。 まず [続きを読む]
  • 平成26〜27年-冬-(8) 新年
  •  平成27(2015)年は元日早々、この地域では大雪になった。 俺は朝から、しっかり腰サポーターをつけて、ひさしの雪落しや雪かきをしたが、積雪が多い上に除雪車が家の周りに雪を寄せていったので、大変だった。 年賀状の配達も遅れて、例年なら午前10時頃には届いているのが、この年は昼頃になってしまった。 年賀状が届いた直後に弟一家が年始のあいさつに来て、一緒に昼食をとったのはいいのだが、小さな子たちがはしゃぎま [続きを読む]
  • 平成26〜27年-冬-(7) 年の暮れ
  •  平成26(2014)年の年末近くのある朝、俺の家がある地域はこの冬一番の寒さになり、家の水道管の一部が凍結してしまった。 俺は気づいてすぐ必要な対応をしたが、凍結した管から水が出るようになったのは昼頃だった。 別の日に俺は、反射式ストーブに灯油を補充した。 この時期の家での暖房は、主に電気ストーブとエアコンを使っているが、反射式ストーブも時々使っている。 東日本大震災の後、冬の電気代を節約するためと、 [続きを読む]
  • 平成26〜27年-冬-(6) 面会ストップ
  •  12月下旬に入った頃も俺と母親は、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)に行き、いつものように面会した。 父親に笑顔が見られたのはよかったが、笑うとよけいに目ヤニが際立ってしまう気がする。 俺は、お湯で絞ったミニタオルを使い、それをしばらく父親の目のあたりに乗せて(目ヤニをやわらかく・取れやすくして)から、できるだけやさしく、2回くらいに分けて、だいたい拭き取ったが… やはり、こまめに面会し [続きを読む]
  • 平成26〜27年-冬-(5) 番組の受賞
  •  12月中旬、俺がインターネットで認知症についてのニュースを探していたら… 俺の住む県内の民放テレビ局が作った若年性認知症をテーマにしたドキュメンタリー番組(平成26年-夏-(7)、平成26年-夏-(8) 参照)について書いてある、新聞記事があった。 毎年、この番組を作ったテレビ局を含む全国ネットワークの系列全局が、それぞれドキュメンタリー番組を作って放送し、その中から大賞と優秀賞が一つずつと特別賞二つが選ばれて [続きを読む]
  • 平成26〜27年-冬-(4)
  •  12月中旬になると、だいぶ雪が積もるようになり、俺は家の(屋根の)ひさしの雪落としや雪かきに追われた。 そのせいだろう、腰痛と坐骨神経痛が強くなってしまった。 父親が入居している特養から、先月分の請求書や生活記録が届いた。 耳鳴りの飲み薬が少なくなってきたので、俺は耳鼻咽喉科を受診した。 俺は医師に、耳鳴りが、日中は小さく・少なくなってきたが、夜は以前と変わらず多め・大きめであることを伝えた。 そ [続きを読む]
  • 平成26〜27年-冬-(3) 特養の忘年会
  •  12月中旬も俺と母親が、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親に会いに行くと… 俺は、父親の耳の後ろあたりに小さい傷を見つけた。 スタッフさんによると、父親が自分で引っ掻いてしまったらしい。 傷は心配だが、手・腕の関節にも拘縮があり、筋力も弱った父親が耳の後ろまで手を動かせたのであれば驚きで、その動かせたことだけは、俺はうれしかった。 完全に冬になったので俺と母親は、家から父親の真冬物の厚手 [続きを読む]
  • 平成26〜27年-冬-(2)
  •  12月上旬になると、俺の住む地域では雪が降るようになった。 俺の耳鳴りは少なく・小さくなってきた。 よく考えてみれば、医師から耳鳴り(内耳障害)の原因は「ストレスと疲れ」と言われていて… TOEICテスト前の、テスト期日がもうすぐという切迫感は、大きなストレスだったはずだ。 テストが終わって、そのストレスがとりあえず消えたことが、耳鳴りが改善した一つの要因だろう。 とはいえ、俺の住む県では3月に次 [続きを読む]
  • 平成26〜27年-冬-(1)
  •  12月上旬も週2〜3回ほど俺(45歳)と母親(70歳)は、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親(73歳)に会いに行った。 俺と母親の面会は、主に午前中、10時の父親のコーヒータイムに合わせることが多く、この時期・この時間帯の廊下や共同スペースは、常に暖房がついているようになった。 俺と母親が特養に着くと、父親は共同スペースで、座面と背もたれをやや後ろに倒したリクライニング車椅子に座っていた。 近くで [続きを読む]
  • 外交・軍事のフィクション・シミュレーション
  •  2018年(あるいは2019年)の3月、中国で全国人民代表大会が開催され、中国の政治・軍事の主要人物が全て天安門(の人民大会堂)に集まっているまさにその時、北朝鮮が中国に宣戦布告した。 すぐさま、北朝鮮は多数の中距離ミサイルを天安門に、短距離ミサイルを中朝国境付近の中国側の軍事施設に向けて発射した。 北朝鮮は自分たちの側だと思って(少なくとも裏では)支援もしていた中国は、すぐに対応できずるはずもなく、ミ [続きを読む]
  • 目次の修正・目次に追加
  •  以前から修正しようと思って先送りにしていたことなのですが、「目次」の「平成23年-春 一」を していただくと「平成23年-春-(1)」にジャンプするようになっていたのを… その一つ前の記事「このブログ本編の舞台は…」にジャンプするようにしました。 また、“平成26年-秋”の本編記事を一通りUPし終えたので、「目次」に「平成26年-秋」を追加しました。 FC2ブログランキングから日本ブログ村のランキングの方へと [続きを読む]
  • 最近のTVニュースについて
  •  岐阜県の老人保健施設で入所者の死亡や負傷が続いたことについて、「事故」よりも「事件」の色合いが濃くなっているようで… 事件だとすると、私(このブログの作者oretomo)の予測が当たったことになるでしょう(相模原の障害者施設の事件 参照)。 こんな予測が当たったところで、うれしくありませんし、本当はしたくないのですが、また予測します。 現状は、介護を必要とする人とその家族に対する社会の正しい理解と適切な [続きを読む]
  • 平成26年-秋-(20) 試験
  •  11月下旬、俺が住む市内にある大学を会場にしたTOEIC試験があった。 薬を飲むタイミングが良かったようで、リスニング中に耳鳴りが出ることはほとんどなくて、それは助かったが… 試験の少し前の一番勉強しなければならない時期に、耳鳴りで充分にリスニング学習ができなかったからだろう、リスニングは全体的に自信を持って解答できず、Part3が特に悪かったように思う。 試験後の俺の感想は、「スコアが前回より少しでも良け [続きを読む]
  • 平成26年-秋-(19)
  •  11月下旬も俺と母親が、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)へ行くと… 介護スタッフさんから、もう俺の父親のインフルエンザ予防接種は済んだ、という話があった。 この話を聞いた俺は、そろそろ冬だな、と思った。 父親が特養で内履きとして使っていたリハビリシューズを、家に持ち帰って洗うことにした。 もちろん、父親には別のリハビリシューズを履かせた。 火災報知機の点検や緊急時のための試験放送などで [続きを読む]
  • 平成26年-秋-(18)
  •  11月中旬、父親が入居している特養から家に、父親の先月分の請求書や生活記録が届いた。 生活記録を読むと、先月の父親は、何度もうなり声を上げていたことがわかった… 父親が入居している特養で、年1回の「ボランティア清掃」という、入居者の家族が(特養がある)施設の年末(少し前)の大掃除を手伝う行事があって、母親が参加した。 俺は、自家用車で母親だけ施設に送迎だけして清掃に参加しないことに心苦しさはあった [続きを読む]
  • 平成26年-秋-(17) トロミ食からソフト食へ
  •  11月中旬も週2〜3回ほど俺と母親は、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親に会いに行った。 介護スタッフさんから、俺の父親は食事中のムセが多くなり、便も未消化便になってきたので… 父親の食べるものの形態を「主食−やわらかいごはん、おかず−トロミづけ」から、よりムセにくい、かつ消化しやすい「主食−おかゆ、おかず−ソフト食」に変えた、という話があった。 トロミづけに変わったのがわりと最近だったの [続きを読む]
  • 平成26年-秋-(16)
  •  11月上旬になると、さらに寒くなってきたので、家ではコタツを出した。 もう少しで、本格的に冬になる。 俺は、耳鼻咽喉科で出された薬(平成26年-秋-(12) 参照)が効いて治ってきたのか、耳鳴りが出ない時間が長くなってきた。 しかし、その薬を数日後に飲み切ってほどなく、また耳鳴りが多く・大きくなってしまった。 やむを得ず俺は、また耳鼻咽喉科を受診したが、同じ薬を出されただけだった。 ただ、薬が効いてきて耳 [続きを読む]
  • 平成26年-秋-(15) 歯磨きとストロー
  •  11月上旬も俺と母親は週2〜3回、父親が入居している特養(特別養護老人ホーム)に行った。 特養の共同スペースでリクライニング車椅子に座っていた父親の額を見ると、「たんこぶ」ができていた。 介護スタッフさんに聞くと、初めて気づいたそうで、「どこかにぶつけたようだが、原因はわからない」とのことだった。 そんなに気にするほどの「たんこぶ」の色や大きさではないが、誰も知らないうちにできていた、ということが心 [続きを読む]
  • 平成26年-秋-(14)
  •  …前(下)の記事〜 平成26年-秋-(13) 〜の続きです。 そして、その会報の経歴からすれば、実際に認知症を発症し、認知症と診断されたのはテレビ放送の約1年前である。 もちろん、認知症の症状や進行には個人差がある。 しかし、発症とほぼ同時に診断されて治療を受け始め、それ以前から家族会の支援を受けていて、それから現在まで約2年しか経っていないのに今回の新聞記事に書かれている症状・状況だとすると… 俺の住む県 [続きを読む]
  • 平成26年-秋-(13) 隣県の新聞記事
  •  俺は「父親のこと以外では認知症にかかわらない、勉強に集中する」と決めたつもりだが、そう決める以前の習慣が抜けきらず、たまにだが、インターネット上で認知症にかかわるニュースを探してしまう。 (平成26年・2014年)11月上旬のある日も、耳鳴りでTOEIC学習の進みが悪かったので気分転換に、そんなことをしていたら… 昨年の認知症フォーラムのテレビ番組に出演していた認知症の当事者夫婦(平成25年-秋-(11)、平成25年- [続きを読む]
  • 平成26年-秋-(12) 耳鳴り
  •  10月下旬になると寒い日もあって、今年の秋になって初めて、ストーブだけでは足りず、エアコン(暖房)をつけることがあった。 俺の感覚では、家で起きている時はずっと暖房をつけるようになったら「冬」だが、まだそこまではいかない。 俺は、片側の腰と太もも裏の痛みが強いままなのに加えて、耳鳴りがするようになってしまった。 TOEIC試験まで1か月を切っているのに、リスニングが聴き取りにくくなってしまい、どうすりゃ [続きを読む]
  • 平成26年-秋-(11)
  •  10月下旬も俺と母親は週2〜3回、特養(特別養護老人ホーム)に入居している父親に会いに行った。 介護スタッフさんによると俺の父親は、興奮や不安を抑える液体の薬を再び飲むようになってから、徐々にうなり声が減ってきて、現在はおちついたそうだ。 また、食べ物や飲み物のトロミは、スタッフさん誰がやっても同じ程度の弱め(ゆるめ)にして、それが父親に合っている感じとのこと。 インフルエンザ予防接種の話もあった。 [続きを読む]