やくもん さん プロフィール

  •  
やくもんさん: 桜修館へ行こう!
ハンドル名やくもん さん
ブログタイトル桜修館へ行こう!
ブログURLhttp://ameblo.jp/ossdaily/
サイト紹介文〜父親からみた息子と桜修館のブログ〜
自由文平成29年4月、息子が東京都立桜修館中等教育学校に晴れて入学。
 勉強に、クラブに日々悪戦苦闘する息子の学校生活・日常生活を通じて父親目線で桜修館を緩く気まぐれで紹介します。
 また折に触れ受検体験談も書いていきたいと思います。これから桜修館入学を目指す小学生、保護者の皆さんの参考にでもなれば幸甚です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 42日(平均3.0回/週) - 参加 2017/05/13 09:16

やくもん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 中間試験の成績
  • 中間試験の成績表をもらってきました。5教科の成績分布と、5教科合計の学年順位がバッチリ書かれています。正直言って良くない。息子にとってはこれまで味わったことないような屈辱的な成績だろう。小学校で優等生だった子供たちばかり入学してくるのだから、最低限の受検勉強しかしてこなかった息子にとっては当然の結果なのですが・・・さすがに本人もヤバイと思っているのでしょう。試験前にもまして家で机に向かう時間が増 [続きを読む]
  • フェードアウト
  •  実は、昨年度の受検中もスイミングスクールとピアノ教室を続けていたのですが、中学入学後は宿題もいっぱい出そうだし、クラブにも入りたいし・・・ということで、子供自身の判断でスイミングはきっぱり3月一杯で辞めました。 ピアノは辞めたくないということで、中学入学後も続けることにしたのですが、結局忙しすぎて週一回のレッスンもほとんど行けず、家での練習も最近は全くしなくなりました。 小学校の頃から「辞めた [続きを読む]
  • 期限が無い宿題
  •  定期試験の真っ最中です。 ところで、国語、数学、英語の副教材に期限が無い宿題があります。ドリルなのですが、4月に「家で自分で計画的に進めるように」という指示だけされ、期限がありません。 息子は2、3日前まで「暇なときにやればいい」と認識していて、ほとんどやってませんでした。 ところが、当然のことながら授業の進度に合わせて家でこなしている、という前提で定期試験が出題されるのですが、そのことをよう [続きを読む]
  • 明日から定期試験
  •  明日から初めての定期試験が始まります。 息子は毎日夜遅くまで勉強してます。受検勉強より勉強時間が格段に増えています。 授業の小テストで追試を食らい、クラス内での自分の学力レベルがなんとなくわかってきたみたいで、勉強しなきゃ置いていかれてしまうことを自覚しはじめたようです。 親が言わなくても勉強するようになり、中学生として成長を感じました。 試験結果もそこそこ取れればと、少しは期待してみますかね [続きを読む]
  • 地理で数学を学ぶ
  •  息子が、「東京の真東にある外国の都市はど〜こだ?」と言うので、「う〜ん、ロサンゼルスあたりか?」と答えました。 正解は「ブエノスアイレス」だそうです。え、何それ?東京の緯度って北緯35度ぐらいじゃなかった?真東は北米大陸のどこかに決まってんじゃん南米なんてありえん!お前はアホか!・・・ だめですねぇ・・・親の頭もその程度でした。 平面の地図で考えると東はどこまで行っても緯線に平行ですが、地球儀で [続きを読む]
  • 教科の好き嫌いが変わってきた
  •  入学から2ヶ月近く経ち、小学校の頃と好きな教科、苦手な教科が変わってきたように思います。 小学校時代、はっきり「嫌いだ」と言っていた教科が大好きになったようです。授業が大変わかりやすくおもしろいそうです。 一方で、数学、英語は家でも結構時間をかけて復習をしているようですが、本人にとっては進度が速くついて行くのが大変みたいです。 特に英語は検定教科書を使ってないので、私の中学時代とは比べものにな [続きを読む]
  • 適性検査と小学校の勉強
  •  昨日は適性検査解説会が夕方あったようですが、来年受検予定の小学生や保護者の方が大勢参加されたのでしょうかね。  適性検査の得点を今更知ってああだこうだと考えても、もはや我が家にとってはあまり意味が無いのですが、来年桜修館を受検しようとする小学生、保護者の皆さんにとっては2017年度適性検査のあの問題で何点取ったら合格なのか気になりますよねぇ?  私は既に息子の適性検査の得点開示をしてもらっ [続きを読む]
  • 学校給食と食育
  •  私が息子を都立中学に入れようと思った動機・理由は主に3つあります。 1つ目は前期課程(義務教育課程)の入学金、授業料が無料であること。 2つ目は共学であること。 3つ目は学校給食があること(ただし前期課程のみですが)。 地元公立中学校以外でこの3つを全て満たそうとすれば、自ずと選択肢は都立中高一貫に絞られます。 最初の2つについては、また後日詳しく書いてみたいと思いますが、近々桜修館では保護者 [続きを読む]
  • 自治会と自主・自立
  •  桜修館には生徒会がありません。  前期・後期課程生徒が一体で自ら組織・運営する「自治会」というものがあります。  自分は、「名称が違うだけで中身は生徒会と大して変わらないだろ?」ぐらいにしか思ってませんでした。  GW明けにその総会があったようですが、先日総会資料が息子の机の上に置いてあったのでちょっとみたのですが、びっくりしました。  自治会はかなりの予算を持っていて、各クラ [続きを読む]
  • 適性検査解説会
  •  週末は適性検査開設会があるようですね。 ちょうど一年前私も参加しました。この頃はまだうちの息子は他の都立中に興味があって本人は参加せず、私も半分冷やかしではじめて桜修館に行ったのですが、抜群の環境が気に入って是非桜修館に息子を入れたいと思いました。 ただ、本人を翻意させるのは容易ではなく、最終的に桜修館受検を決めたのは8月頃でした。桜修館の適性検査問題を見るのもこの日がはじめてで、今から考える [続きを読む]
  • クラマチで青春
  • 昨日はクラスマッチ最終日。私も朝から仕事休んで行ってきました。 初日、2日目は球技大会で保護者にも非公開なのですが、3日目の競技だけは公開です。 クラスマッチというだけあって3日目も個人競技は一切ありません。各学年毎の全員リレーの他、1年生のいかだ流しから6年生の騎馬戦までA〜D組全学年一体となった熱い戦い、応援合戦が繰り広げられました。全員リレーは約40人の男女混合チームなので、当然男 [続きを読む]
  • クラスマッチ2日目
  •  昨日からクラスマッチが始まりました。 一日目はどうだったのでしょうかね・・・ 自分は仕事から帰ってくるのが遅く、息子から様子は聞けてません。今朝も早朝出勤で電車内から投稿してます。 クラスマッチは3日目だけが保護者も見ることができるので明日は仕事休んで見に行きたいと思ってます。http://www.oshukanchuto-e.metro.tokyo.jp/site/zen/page_0000000_00064.html ブログランキング3位まで上がりました。しょー [続きを読む]
  • 時間割と明日の桜
  •  桜修館は予め発表されている授業の時間割表が無く、前日に時間割が発表されて翌日持ってくる教材を「明日の桜」という時間割専用のメモ帳に書き写します。 今朝学校行く準備をしていたら「『明日の桜』が無い〜!!」とパニック状態で大騒ぎ。 「だから前日にちゃんと準備しろと言ってるだろうが〜!」(怒) 結局、「明日の桜」は鞄の中にあったんですけど、朝からキーキーギャーギャー近所迷惑な話・・・ 毎朝こんな感じ [続きを読む]
  • 漢字検定
  •  学校から一年生で漢字検定4級合格を目指すように言われており、それに向けたドリルも学校から渡されているのですが、今ひとつ本人のやる気が・・・ 親として手本を見せなきゃいけないと思いつつも今更4級なんて・・・という気持ちもあり、2級を受けようと過去問を見たら・・・ム、難しそう。 理系の自分は3級からチャレンジかな・・・ にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • クラスマッチまであと3日
  •  桜修館のホームページにクラスマッチの幹部長と各チーム団長のメッセージが掲載されていました。 幹部長は女子生徒さんなんですね。責任ある立場に女性が立つ。男女共同参画社会に向けて共学校ならではのことだと思いました。 クラスマッチは桜修館三大行事の一つで、運営はかなりの部分生徒たちの主体的運営に任されているのですが、それ以外の行事にも生徒の自主性と責任感を醸成する取り組みが見られます。 1年生もクラ [続きを読む]
  • 今日は登校日です
  •  土曜日ですが、息子はいつもより早く家を出ました。 桜修館は月に2回ぐらいのペースで土曜日授業がありますが、今日は来週のクラスマッチに向けて練習です。 雨が降っているので、体育館で練習するらしい。 午後からはPTA総会があります。妻が出席します。 [続きを読む]
  • ブログ始めてみました。
  • はじめまして。やくもんと申します。平成29年4月、息子が東京都立桜修館中等教育学校に晴れて入学しました。あれから約1ヶ月経ちました。クラブにも入部しクタクタになって帰宅し、毎日大量に出される宿題と夜遅くまで格闘しながらも5月病に罹ることなく楽しく通学しています。これから、6年間どんな学校生活が繰り広げられるのでしょうかね・・・そんな息子の学校生活・日常生活を通じて父親目線で桜修館を緩く気まぐれで [続きを読む]
  • 過去の記事 …