交渉人・・Fact さん プロフィール

  •  
交渉人・・Factさん: 浮気の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。
ハンドル名交渉人・・Fact さん
ブログタイトル浮気の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。
ブログURLhttp://ameblo.jp/fact-tantei/
サイト紹介文探偵では不能といわれる情報や弁護士が不可能としたミッションを成功させる、成功率97%の交渉人
自由文不倫されて、泣き寝入り?
探偵に騙されて、泣き寝入り?
そんな世の中、許さない!!

誰も知らない↑探偵社の裏側。

”浮気の真相は”交渉人のみが知っている”
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 70日(平均11.8回/週) - 参加 2017/05/13 11:40

交渉人・・Fact さんのブログ記事

  • 『離婚をしたい』浮気夫・・・続編
  • 浮気が発覚した夫。妻が激怒して家から放り出した。 家賃は誰が払うのか・・ もちろん支払いは浮気夫。 浮気がバレて、家から放り出された?まさか、あの『船越英一郎』の別宅マンションも? もちろんそのまま、開き直り愛人宅へ転がり込む猛者もいる。 ホテル暮らしを余儀なくされその後、一人暮らしをする者も。 『浮気がバレた・自宅を出された』いつかはバレるんだから覚悟の上。 しかし意外と浮気がバレると思いながら浮気 [続きを読む]
  • 『離婚』の二文字を口に出した・・続編
  • まんまと妻の謀略にハマった浮気夫。すっかり、離婚はできるものと安心したのか単身赴任先でやりたい放題。 生活費は夫の稼ぎだが、妻も夫と同じくらいの収入がある。何故、あっさり離婚を承諾したのか?       『離婚』の2文字を口に出したら 妻自身も度重なる夫の浮気にいささか閉口し、数年前から離婚を決意。 出した結論は『計画的離婚』目的はいかに多くの慰謝料、財産を搾り取りきれいに離婚するか? こんな浮気 [続きを読む]
  • 『離婚をしたい』浮気夫が最初にするのは。
  • 婚姻届提出し、結婚が成立すると夫婦共有財産つまり夫の財産の半分は妻のものとなる。 財産分与は同居している期間内により認められるもの。つまりは浮気夫が最初にするのはまず別居する事である。 ならば、それまで一緒に暮らしていた賃貸マンションは? 理屈上は妻に支払う婚姻費用から差し引かれるのか? 元々一緒に住んでいて夫が勝手に出て行ったならば、その家賃の負担は半分もしくは全額、浮気夫に支払いを要求できる。 と [続きを読む]
  • 探偵社の誘惑?(覚悟のいる探偵社)
  • 探偵社をお探しの方?中にこんな胡散臭い(探偵社すべてがですが)会社にはあらかじめ覚悟が必要です。 『虎の威を借りる狐』  弁護士協同組合加盟店弁護士事務所2名以上の推薦があればおよそ、加盟が可能。依頼者側は調査料金に1〜2割増の負担で健全な調査会社を紹介してもらえる?いや、1〜2割増の負担は組合へ加盟店が支払います。その分上乗せしているかどうかは?です。 また、加盟している調査会社と弁護士との関係に [続きを読む]
  • 『離婚』の2文字を口に出したら
  • 最近、やたら『俺たちの夫婦関係は、終わりだ』とか言い始めた夫。           そりゃ出張だと言いながら、彼女と温泉旅行。 『お前の不倫が原因で夫婦は破綻しますよ〜』と思いつつ、数ヵ月が経過。 話があると浮気夫。 『離婚してくれ、俺たちはもうダメだ』 だ・か・ら『お前の不倫が原因で夫婦は破綻しますよ〜』 とは言わずに、まずはトイレへ・・・・ 気持ちを落ち着けたならば、『すぐにはしないよ、それまで今ま [続きを読む]
  • ”不倫の罪は・・・”
  • アラブ諸国では一夫多妻というところもある。しかし、不貞に関してはかなり厳しい国も。 韓国:2015年までは姦通罪となり最高刑では懲役2年。 中国:刑法第258条で重婚が禁止されている中国。日本でも民法732条で重婚が禁じているが、特にはなし タイ:タイ人は恋愛になると感情的で、浮気が原因で刃傷事件になることも珍しない。 フィリピン:刑法上で女性の姦通罪は最高で6年の禁固刑、男性の姦通罪は最高で4年の禁固刑さ [続きを読む]
  • 浮気され妻は踏んだり蹴ったりか?
  • 浮気された上に、離婚請求を認めたならば法は好き勝手したほうを許すことになる。浮気された側はボロボロだぁ〜というの『有責主義』は60年以上前に最高裁で出された判決。 ところが 『破綻主義』は誰が夫婦の破綻だとするの? にあるように未成年の子供がおらず別居期間も長く妻が離婚によって生活に困らなければ 愛人を作った夫からの離婚請求を認めるというのがこの判決。 その別居期間も今日では5年前後で認められてきて [続きを読む]
  • 誰が夫婦の破綻だとするの?
  • 『夫婦は破綻しております』と弁護士が主張し、不倫したバカ夫は『俺たちはもう夫婦として終わっている』は突然言い出す。 お前は裁判官か? 実際に破綻して、片方が離婚を望んでいるなら、離婚を認めようという方向『夫婦破綻主義』は昭和62年の最高裁判例によるこれまでと違う新しい判断によるもの。 別居期間36年という夫婦に対する判決。時代の流れとともに、有責配偶者からの離婚請求も5年くらいを目安になってきたのは [続きを読む]
  • 不倫は謝罪すれば許されるのか?
  • 「何よりも妻に苦しく、悲しい思いをさせてしまって、本当に申し訳ないと思っています。時間をかけながらゆっくりと軌道修正をしています」 さすが、世界の渡辺謙。と言いたいところだが、不倫は謝罪して許されることではない。 『これであなたが積み重ねたものが消えるわけではないから』この言葉に南果歩さんのどれだけの辛い想いが込められているのか。 一度ならず2度目の結婚も、更には闘病中からの不倫となれば、南果歩さん [続きを読む]
  • 松居一代,『調停』前に決着?
  • 暴走に拍車のかかってきた松居さん。 実名入りの手紙の公開は名誉毀損罪の可能性も。 松居一代さんが、離婚裁判に持ち込むならばわざわざ持ち駒を公にする必要はない。 確かに答弁書 に記載するよりは主張をするのには効果的であるが。 調停には出席せずに水面下での交渉が進んでいるのかも知れない。 裁判で互いの社会的地位を汚してまで徹底的に争うのか? 松居さん側は感情的には白黒はっきりするまで、争う姿勢は崩さないだ [続きを読む]
  • 別れさせ屋参上?松居一代さんにもオススメか。
  • 探偵業法を管理・監督する警視庁・警察庁は、業務として容認していません 夫と愛人に別れてもらいたい! 別れさせ屋の驚くべき手法とは妻や夫、恋人から依頼を受け、配偶者などの浮気を調査する「浮気調査会社」。さらに、浮気の証拠をつかんだ..........≪続きを読む≫ 探偵業務として、違法行為かどうかは別として需要があるのは確かであろう。 しかし、そのあとが問題。復縁させても、相手の意識が変わらない限り同じような気 [続きを読む]
  • 不倫されても「このブログについて」
  • 辛い事を公開するのは、勇気のいる事。同じような境遇の方の不安が少しでも軽減できればという思いが、伝わります。??しかし、決して同じような境遇でも同じではありません。人によって、辛さの度合いを感じるのは様々、でも辛かったのは自身だけでは無いのに。今日もまた家裁で辛さに負けた依頼者。不倫女を死刑に。そんな場面を目の当たりにしちゃいました。 [続きを読む]
  • 不適切な関係?・・
  • 不貞行為としては認められず不適切な関係になってしまった。 ま、これしか取れない探偵社も・・・ 路上キスだけでは・・・・ また、 日中、6時間も男性の自宅に滞在していただけの画像では・・・ 勿論、探偵社の調査力もそれまでの弁護士の陳述書もこの2つあまりにもお粗末です。 せめて人物が特定できれば・・・・ それよりもそれぞれの調査報告書で調査を完了し、弁護士に委任し代理人として調停〜離婚裁判を行うのに疑念を [続きを読む]
  • 不倫をされて仕方ない?と言えるのか。
  • 不倫をされた人の気持ちは、不倫をした人にはわからない。“不倫”されても仕方ないと“不倫”された方に批判するコメントをするのはどんな神経の持ち主なのだろう? 単純に人の痛みをわからず自身の配偶者に対しても、自分の気持ちのみを押し付けている? でも、自身が愛されているならば“不倫”されても仕方ないとコメントし不倫された方の気持ちをえぐるような事をわざわざするのだろうか? 自身の配偶者への愛する気持ちと [続きを読む]
  • 松居一代さんから学ぶ『調停』の流れ
  • 『このまま松居が帰宅せずに、裁判所が松居宛てに郵送した離婚調停申立書を受け取らない場合はどうなるのか。 船越の代理人弁護士が、裁判所に調停を申し立てたのは先月28日。 裁判所は通常、受理して1、2週間後に調停期日を記した申立書を相手に郵送する。 松居は代理人を立てていないため、郵送先は松居宅。 しかし、松居自身が不在のため、受け取っていない可能性が高い。 松居が申立書を受け取らず、裁判所が指定した期 [続きを読む]
  • 松居一代さんは慰謝料を請求できるのか?
  • こんな本があります。 「マスコミの報道で使われる慰謝料というのは財産分与なども含めて、離婚の際に支払わる総額のことである。 一方で、法律用語の慰謝料とは『不法行為によって被害者に与えた精神的な苦痛に対して、その賠償として支払われる金銭』のことである」  もちろん、配偶者が浮気をすれば、浮気された方は慰謝料を請求できる。ところが、その額は大したことがないというのだ。「慰謝料の相場は、財産や所得に関係 [続きを読む]
  • 呆れた”浮気相手の主張2”
  • 浮気をする女性の呆れた態度。  開き直っているのか?or罪悪感の欠片もないのか?その目の前にいるのは『さかりのついたメス』それでも人間として法的にも守られる。 報復は許されないこと? 言葉や暴力、法的措置では『メス』は反省しません。  のブロガーさんはどんな対抗手段をされるのか・・・ [続きを読む]
  • 不倫を否定された間抜けな調査会社
  • 早朝とはいえ、怪しげな黒装束の女性。 ある調査会社の報告書。 2枚目にあるのは多分?同じマンション内の郵便ポストを物色?or郵便物を抜き取る調査員?それとも交際相手? オートロックの扉を開ける男性。入室する女性。 呆れることに鮮明?な画像は3枚のみ。これが証拠になりますか?という問い合わせに無言の私。 相手の女性に訴訟を起こしたが弁護士にえらく怒られたらしい。 『誰だかわからない』 勿論、ほかにも鮮 [続きを読む]
  • 不倫のはずが・・・・
  • ある温泉旅館での撮影された調査報告書。 間違いない不倫旅行?調査会社によってはよく取れた画像かも? チェックアウトの様子まで取れたのだが・・・・ 一体、この調査会社依頼者から何を聞いていたんだろう。 事前に情報としてあった女性とは全く違う女性。 しかも、この日は夫の会社の慰労会らしい。 早合点した調査員。 撮影したのは会社の同僚の一人。そう、たまたま二人になっているように見えるが実はその他大勢がた [続きを読む]
  • 不倫か不適切な行為か
  • 泥沼の様相の  松居一代さんと船越英一郎氏。ノートの存在が出ると、船越氏側も友人の証言が出てくる。 人の証言は、事実と異なることがたまにあるが記載された内容が、本人の自筆ならば否定できないですよねぇ。 公開した一部からは確実に『不適切な関係』を伺わせる内容。 長ければ3年は続きそうなだが・・・・ [続きを読む]
  • 不倫相手か隠し子か?
  • 浮気はどこまで許せるのか? 確かに風俗はOKという方は話には聞きます。でも中には女性と手をつないでいるだけで離婚してしまった方もいる。 このリサーチ会社としては『別な女性への気持ちを伴う行為』が許す/許さないのボーダーと 浮気だと思わせない配偶者に対する努力?も必要なのかも・・・ [続きを読む]