Ryet さん プロフィール

  •  
Ryetさん: こんな資格が有利です
ハンドル名Ryet さん
ブログタイトルこんな資格が有利です
ブログURLhttp://allshikaku.blogspot.com/
サイト紹介文日本にある多くの資格を本当に就職や転職に有利であるか検証しつつ紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 14日(平均15.0回/週) - 参加 2017/05/13 19:09

Ryet さんのブログ記事

  • 一級・二級建築士のなり方や年収を詳しく解説してみた
  • 建築物の設計は建築士にしかできません 建築士は、建築物の設計や施工監理ができる唯一の国家資格であり、これらは建築士の独占業務になります。 建築士について 建築士には一級・二級・木造の3種類あり、二級・木造は設計できる制限が定められています。 一級建築士や二級建築士の違い 二級建築士・木造建築士は規模が限定されています 一級建築士と言う言葉は多くの方が耳にしたことがあると思いますが、他にも二級建築士・木造 [続きを読む]
  • ジュニアスポーツ指導員とはどんな資格?
  • 子供向けのスポーツインストラクターの資格 ジュニアスポーツ指導員とは地域スポーツクラブ等で幼・少年期の子供たちに遊びを通した体作りや動き作りの指導を行える知識を持っていることを証明する民間資格です。 資格について スポーツインストラクターとしての資格のひとつです。 ジュニアスポーツ指導員とは 最も有名な子供向けスポーツインストラクターの資格 子供向けのスポーツインストラクターの資格はいくつかの団体が認定 [続きを読む]
  • 海外で働きたいなら初生ひな鑑別師になれば稼げるチャンス!?
  • ”ひよこ鑑定士”の技術を証明する資格! 初生雛鑑別師は生まれたてのひよこをオスとメスにわける技術があることを証明する民間資格です。 初生ひな鑑別師について この資格はまず満25歳以下しか取得できないと言う年齢制限のある資格です。 かなり限定されていますが将来海外で働きたいなと漠然と考えてらっしゃったり、転職を考えていらっしゃったりする25歳以下の若者には大チャンスと言えるかもしれません。 海外で働きたい人 [続きを読む]
  • 医療事務の資格は使える?使えない?
  • 人気の資格だが実際のところはどうなるか気になる方も多いはず 資格講座のCMで頻繁に流されている医療事務管理士は、医療事務に従事する者に必要とされる技能・知識を認定する民間資格です。 医療事務管理士について CMで頻繁に流されているためこの資格を取得しようとする方は多いですが実際のところまったく使えない資格であると言われることもあります。 医療事務の仕事 患者さんの保険証の情報や診察内容のデータをカルテに入 [続きを読む]
  • 手に職がつく!CAD利用技術者試験とはどんな資格?
  • パソコンを使って図面を描くCADの知識やスキルを証明する民間資格です CADについて CADとはComputer Aided Designの略で「キャド」と読み、パソコンを使って建築物や機械、自動車など設計図などの図面を描くソフトやシステムのことを言います。 CADオペレーターとして働く 在宅ワークも CAD利用技術者試験の資格に挑戦する方の多くはCADオペレーターとして働いています。 CADオペレーターとは設計者のアシスタントとしてさまざまな [続きを読む]
  • 何をすればいいかわからない若者はまずこの資格を取ろう!6選
  • 何から始めるかは意外と難しい 何か資格を取りたいとは思っているけど何から始めればいいのかわからないと言う方もおられると思います。 基本的にはどう言った職種を目指すのか、と言った方針を立てて選んで行けば良いと思うのですが、それすらわからないと言った方もきっといるでしょう。 将来性・汎用性の高い資格を厳選 ここでは今後どんな職種に就くことになっても高確率で役に立つ資格、または自分の将来の計画が立てやすくな [続きを読む]
  • 40代50代の再就職に強い資格9選!
  • 即戦力になる資格超まとめ! 若者でさえ就職に困っている時代、40代・50代の再就職環境はやはり良いとは言えません。 ここでは「この資格を持っている人でなければ仕事が回らない!」と言った資格に絞り、40代・50代の再就職につながりやすいものを厳選してまとめていきたいと思います。 必置義務のある資格 40代・50代の再就職にまずは必置義務のある資格を狙ってみてはいかがでしょうか? 必置義務とは法律で必ず指定の有資格者 [続きを読む]
  • 語学系資格の最高峰!通訳案内士とはどんな資格?
  • 通訳案内士は語学系資格の最高峰に位置するとされている国家資格です。 通訳案内士について 大きく状況が変わっているため、今後については考慮が必要になります。 業務独占が廃止される 名称独占の資格に 通訳案内士は訪日外国人が快適な旅行を楽しめるように英語をはじめ外国語で旅行の案内を行うことができる資格です。 これまで通訳ガイドする仕事は通訳案内士の独占業務であり、通訳案内士の資格なく外国人をガイドして報酬 [続きを読む]
  • 司法書士とはどんな資格?平均年収は?
  • 超難関国家資格 司法書士は「街の法律家」とも言える存在であり、主に不動産登記などの書類作成業務を行うことを独占業務とする国家資格です。 司法書士について 登記と法律系業務の二極化が進行しています。 法律系業務として 過払い金・自己破産・成年後見人etc 法律系業務としての司法書士は、簡易裁判所に限って法廷に立てますが、それ以外の法廷で代理人として訴訟指揮ができないというだけで弁護士とほとんど同じ機能を持っ [続きを読む]
  • 行政書士とはどんな資格?平均年収は?
  • 行政書士はさまざまな書類の作成・提出代理を行ったり、それに伴う問題解決を行ったりするなど、身近な法律コンサルタントとして幅広く応用して活躍することができる国家資格です。 行政書士について さまざまな可能性を秘めた資格です。 大化けできる資格 扱える範囲が広い 行政書士の基本的な業務は役所に対する許認可申請書類などの作成・提出代理をする「代理屋」です。 一見それだけのように見えますがこの許認可申請の範囲 [続きを読む]
  • ステップアップの第一歩!測量士補とはどんな資格?
  • 測量士補は測量士の作成した計画に従い、測量の仕事をする国家資格です。 測量士補について まず測量とは街をつくるために土地の広さを測量したり、位置を測定したり地図を作ったりすることを言います。 はじめて日本地図を作製した伊能忠敬も日本中を歩いて測量しました。 安定した需要 公共事業に関する仕事が多いため安定感があります。 そして測量関係の仕事に就く際に、測量士補を持っていない方に比べれば就職・転職にも有 [続きを読む]
  • 安定+高収入!税理士になるには
  • 国家資格の王道のひとつ! 誰もが知っているであろう税理士とは、法人企業や個人経営者などから依頼を受け、税務に関しての申告を代行、書類作成などをすることができる国家資格です。 税務申告と相談が税理士の独占業務になっており、税に詳しいからと言って無資格者がこれらを行い対価を得ると逮捕されてしまいます。 独立開業で高収入 独立が見えやすい資格のひとつです。 当然のようにニーズは高い 誰一人税からは逃れられませ [続きを読む]
  • 必置義務あり!管理業務主任者とはどんな資格?
  • 必置義務のある国家資格! 管理理業務主任者は2000年に施行された「マンション管理の適正化の推進に関する法律」に基づいて2001年にマンション管理士と共に誕生した資格です。 マンション管理士は名称独占であるのに対し、管理業務主任者はマンション管理会社の事務所ごとに一定人数有資格者を置かなければならないと定められている必置義務のある国家資格です。 管理業務主任者とは マンション管理の専門家 日本にはたくさんのマ [続きを読む]
  • 就職に有利!危険物取扱者とはどんな資格?
  • 一定数以上の危険物を貯蔵し、または取り扱う科学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければならないと定められています。 危険物取扱者とは 危険物取扱者は必置義務のある国家資格です。 危険物とはなにか ガソリンや石油、金属粉など燃焼性の高いものを指します。 これらを大量に製造、貯蔵、取扱する場所に必置義務があり、そこで管理責任者 [続きを読む]
  • 再就職に強い!消防設備士とはどんな資格?
  • 消防設備のメンテを行う国家資格 建物には消化器や感知器、スプリンクラー設備等の消防用設備を、建物の用途や規模等に応じて設置しなければならないと法律で義務付けられています。 消防設備士はこれらの消防設備の工事、整備、点検、メンテナンスを行うことができる国家資格です。 需要が高く、就職や転職に有利! 再就職にも有利! 現在日本ではマンションやショッピングセンター等の大型施設が増え続けています。 建物の規模に [続きを読む]
  • 就職に強い!介護職員初任者研修とはどんな資格?
  • かつてホームヘルパー2級と呼ばれていたものに相当する資格で、介護についての最低限の知識と技術、基本的な介護業務が実践できるようになることを目的としたものです。 介護職員初任者研修とは 家族の介護のために受講される方も 老人ホーム等の施設やホームヘルパーとして働きたい人が受講する研修で、介護を学ぶ人にとって入門となる講座です。 就職に強いと言われる介護職 介護職の求人は多い ご存知日本では現在高齢化が急速 [続きを読む]
  • TOEICとは?何点から履歴書に書けるのか?
  • 英語力はもはや現在ではビジネスパーソンに必須のスキルになっています。 日本の会社でも外資と合併したために会議がすべて英語になってしまったという会社もあるほどです。 新卒就職はもちろん、転職する場合でも英語力が問われる時代になりました。 TOEIC(トーイック)とは英語によるコミュニケーション能力を評価するために開発された試験で、かつては英検が主流だったように、現在の日本ではTOEICが英語力の証明の主流となっ [続きを読む]
  • 最も使える資格1位!普通自動車免許の取り方
  • 求人票必須資格とも言える 普通自動車第1種免許は最も使える資格と言っても過言ではありません。 ハローワークの求人票を見ても資格要件でもっとも多いものが普通免許であり、求人票必須資格とも言えます。 持っていて当然とも思われるものなので、既に持っておられる方もかなり多い普通免許ですが、交通機関が発達している都会では普通免許を持っていない人も多いです。 普通自動車免許は今後のことを考えるなら余裕のあるうちに [続きを読む]
  • 若いうちに取っておきたい!簿記とはどんな資格?
  • 最も有名な民間資格のひとつである簿記検定。簿記の資格と言えば以下の3種類があげられることが多いです。 経理専門学校生を対象とした「全経簿記検定」(全国経理教育協会の簿記能力検定)商業高校生を対象とした「全商簿記検定」(全国商業高等学校協会の簿記実務検定)「日商簿記」(日本商工会議所の簿記検定) ここでは最もメジャーである「日商簿記」を取ることの価値や仕事への有利さについてまとめていきます。 簿記とは [続きを読む]
  • 職には困らない!保育士とはどんな資格?
  • 保育園(保育所)には保育士を配置する義務があります。 0歳児おおむね3人につき保育士1人、1〜2歳児おおむね6人につき保育士1人などと細かく基準が定められている必置義務のある国家資格です。 保育士の将来性 誰もが知ってる保育園の先生 給与問題の改善に期待 近年大きく話題となり改善傾向へ 以前から問題となっていましたが近年大きな話題となったため多くの方が知っているであろう「待機児童問題」。この問題は緩和傾 [続きを読む]
  • 再就職にも強い!電気工事士とはどんな資格?
  • 電気工事士は住宅や店舗などの屋内配線やコンセントの設置、アース施行を行うことができる国家資格で、これらの作業は電気工事士の独占業務となっています。 電気工事士の仕事 定められた状況下での電気工事は電気工事士の独占業務 一般の人がやれば感電してしまうかもしれない工事は必ず電気工事士がしなければなりません。 電気工事士には第1種と第2種があり、できる工事の範囲が違います。 電気工事士第1種:一般電気および [続きを読む]
  • 人気急上昇中!中小企業診断士とはどんな資格?
  • 2016年にもっとも新たに取得したい資格1位に輝いた中小企業診断士。この資格は経営コンサルトを認定する唯一の国家資格です。 中小企業診断士とは 中小企業者からの依頼で経営の診断を行い、中小企業の経営革新や創業などを支援することが仕事になります。 MBAの中小企業特化版! 同系の資格である「MBA(経営修士号)」は大企業の経営全般を学ぶことが多いため比較的大企業を対象としますが、中小企業診断士はMBAの中小企業特化版 [続きを読む]