Ryet さん プロフィール

  •  
Ryetさん: こんな資格が有利です
ハンドル名Ryet さん
ブログタイトルこんな資格が有利です
ブログURLhttp://allshikaku.blogspot.com/
サイト紹介文日本にある多くの資格を本当に就職や転職に有利であるか検証しつつ紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 132日(平均5.5回/週) - 参加 2017/05/13 19:09

Ryet さんのブログ記事

  • ボイラー技士は中高年の再就職にも強い!二級は受験資格なし
  • ボイラーのある現場で活躍する資格です ボイラー技士とは蒸気ボイラー、温水ボイラーを取り扱う業務を行うことのできる国家資格であり、国家試験に合格し免許を取得しなければこれら業務を取り扱うことのできない業務独占資格です。 ボイラー技士の特徴 定年後も働ける資格と言われ、比較的高齢の方にも人気の資格です。 ボイラーとは 目にする機会は少ないですが縁の下の力持ちとして活躍しています ボイラーとは圧力容器の中に [続きを読む]
  • 給水装置工事主任技術者とはどんな資格か解説!【必置資格】
  • 給水装置工事技術上の管理を行います 給水装置工事主任技術者とは給水装置工事を行う上で必要となる国家資格であり、指定給水装置工事事業者は事務所ごとに給水装置工事主任技術者の設置を水道法により義務付けられている必置資格でもあります。 給水装置工事主任技術者の特徴 給水装置工事事業者が「指定」を受けるためにこの資格が必要になります。 給水装置工事主任技術者とは 給水装置に関する技術の証明になります まず給水 [続きを読む]
  • 必置義務がある就職や転職に強い人気資格ランキング!
  • 法的義務のある必置資格をまとめました! 法律で有資格者を設置しなければならないと義務付けられている資格は必置資格と呼ばれることがあります。 設置しなければ違法になるため必置義務のある資格の有資格者はその業界において需要が高くなる場合があり、就職や転職に強くなる傾向にあります。 就職・転職に強い必置義務のある資格 必置義務のある資格にもいろいろとあります。ここでは特に就職・転職につながりやすい資格をま [続きを読む]
  • ガス主任技術者は必置義務のある将来性も十分な安定資格!
  • ガス事業者に必置の資格になります ガス主任技術者とはガス工作物の工事、維持および運用に関する保安の監督を行うための国家資格です。 またガス事業者はガス主任技術者免状を持つ者の中からガス主任技術者を選任しなければならないと定められている必置義務のある資格でもあります。 ガス主任技術者の特徴 業界自体が安定していること、資格に必置義務があることから将来性も十分な資格と言えます。 ガス主任技術者とは ガスを [続きを読む]
  • 配管技能士は配管工の技術・能力証明に最適な資格の1つです
  • 配管における技能を国が公証します 配管技能士とは技能検定の一種で、配管に関する学科試験と実技試験に合格した者に与えられる称号で、名称独占の国家資格になります。 配管技能士の特徴 あくまで名称独占の資格であるため、称号のような資格になります。 配管技能士とは 技能検定は国が職業技能を公証する試験制度です まず技能検定とは職業能力評価と言う観点から労働者の技能を一定の基準で公証するために国が設けている試験 [続きを読む]
  • 陸上無線技術士はTV局等で必須!第一級は最高峰の資格ですよ
  • 放送局等で必置となる資格です 陸上無線技術士とは無線従事者の1つで、テレビやラジオなどの放送局やタクシー無線、電気通信会社など、陸上における無線局の技術操作を行う国家資格であり、これら無線局における必置資格と言える資格です。 陸上無線技術士の特徴 略称は「陸技」になります。一級は一陸技、二級は二陸技と表現されることもあります。 陸上無線技術士とは 無線従事者の中でもトップクラスの資格です 陸上無線技術士 [続きを読む]
  • 総合無線通信士は無線従事者の中でも最高峰の資格になります
  • 国際的な評価の高い資格でもあります 総合無線通信士とは無線従事者の1つであり、船舶の無線局や船舶と通信するための陸上の無線局などで操作を行うことのできる国家資格であり、必置資格になることもある資格です。 総合無線通信士の特徴 「総通」が略称になり、一級は一総通、二級は二総通、三級は三総通と呼ばれることもあります。 総合無線通信士とは 通信士として最高峰の資格です 総合無線通信士は船舶の無線局や船舶と通信 [続きを読む]
  • 海技士になるには?試験に必要な乗船履歴を満たす方法も解説
  • 大型の船に職員として乗務するために必須の資格です 海技士とは大型船舶に船長、機関長、通信長、船舶職員として乗務するために持っていなければならない国家資格であり、これらの仕事は海技士の独占業務になります。 海技士の種類 資格が必要な船舶職員は大きくわけて3種類、資格自体は大きくわけて4種類になります。 大型船舶の職員 資格が必要になる船舶職員は以下です 大型船舶を動かすにあたって必要な職員は大きく3つにわか [続きを読む]
  • 防火設備検査員は防火シャッター等の定期点検・報告をします
  • 防火設備の検査・報告は法律で義務付けれています 防火設備検査員とは建築物の感知器連動で動く防火扉、防火シャッター等の防火設備を定期的に検査し、その結果を特定行政庁に報告することができる法定資格です。 防火設備検査員の特徴 平成28年に建築基準法が改正されたことにより創設された新しい資格です。 防火設備検査員とは 建築基準法で義務付けられている防火設備の定期検査を行います 防火扉や防火シャッター等の民間建 [続きを読む]
  • 昇降機等検査員とはどんな資格か解説!受講で取得できます
  • 昇降機・遊技施設は定期検査する必要があります 昇降機等検査員とはエレベーターやエスカレーター等の昇降機やジェットコースターや観覧車等の遊技施設を定期的に検査し、その結果を特定行政庁に報告することができる法定資格です。 昇降機等検査員の特徴 平成28年に建築基準法が改正される前の昇降機検査資格者にかわって創設された資格です。 昇降機等検査員とは 昇降機等の定期検査・報告は法律で定められています エレベータ [続きを読む]
  • 建築設備検査員は建築設備の定期検査と報告を行う資格です
  • 建築設備の定期検査は法律で定められています 建築設備検査員とは建築基準法で定められている建築設備の定期検査(昇降機を除く)を行うことができる法定資格です。 建築設備検査員の特徴 平成28年に建築基準法が改正されたことにより旧・建築設備検査資格者にかわり作られた資格です 建築設備検査員とは 建築設備の定期検査を行います 学校、病院、公会堂、百貨店、劇場、共同住宅、事務所ビルなどに設置されている換気設備や排 [続きを読む]
  • 特定建築物調査員とはどんな資格?受講要件を確認しておこう
  • 特定建築物の調査は法で定められている義務です 特定建築物調査員とは特殊建築物等の敷地、構造および建築設備について定期的な調査をすることができる法定資格です。 特定建築物調査員の特徴 平成28年に建築基準法が改正される前までは「特殊建築物等調査資格者」と呼ばれていた資格です。 特定建築物調査員とは 大きな建築物は定期的に調査するよう法律で定められています 学校、病院、診療所、百貨店、ホテル、映画館、事務所 [続きを読む]
  • 技術士とは?技術士補とは?試験内容や受験資格、年収まとめ
  • 日本国による優れた技術者の育成を図るための資格認定制度です 技術士とは科学技術に関する高度の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価またはこれらに関する業務を行う、名称独占の国家資格です。 技術士の特徴 科学技術応用面での最高権威の資格になっています。 技術士とは 科学技術に関する質の高い技術コンサルタントです 技術士は技術上の問題を発見して解決に導くと言った科学技術 [続きを読む]