こころ さん プロフィール

  •  
こころさん: こころの空
ハンドル名こころ さん
ブログタイトルこころの空
ブログURLhttp://cocoro3chi.blog.fc2.com/
サイト紹介文ようこそ『こころの空』へ。 写真を小さな言葉で楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 24日(平均4.7回/週) - 参加 2017/05/13 17:54

こころ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あじさい 0605
  •     夏祭り 花火大会 納涼祭  どれも あなたと行きたくて  手にとる 反物 見つめてた  暑い時 少し涼しく見える色  あなたと並んで おかしくない  大人な雰囲気 出せる色  無地にしようか ワンポイント  あなたの好みは 何かしら  色々めぐる あなたの顔      これ いいね  手に取る 反物 見ている彼  どういう意味か 解ってる?  いいと言われて 決めてしまう  あなたは 仕立 [続きを読む]
  • あじさい 0604
  •     お皿のような 紫陽花に  心を寄せて みたくなる  何でもないのに 瞳から  雨が一粒  落ちてくる  現実を 受け止めないといけないよ  必死に自分に言い聞かせ  前を観ようと 努力した  それでも やっぱり襲い来る  不安な心を 花たちは  そっと微笑み 包み込む  大丈夫 きっと受け入れられるから  あるがままを そのままに  一緒に受け止めていきましょう  やさしい色で 慰められ  [続きを読む]
  • あじさい 0603
  •     紫陽花の 花を見ていて 思い出す  初めて出会った あの頃は  こうして頬を 染めてたね  心にそっと しまっていた  あなたへの気持ち 膨らます  その時の気持ちが よみがえり  私の隣にいる人の  存在 すべてに 感謝する  今日も あなたがいてくれて  嬉しい気持ちが つい顔に  ほんのり 頬染め 微笑んだ  いつまでたっても 大好きよ   [続きを読む]
  • あじさい 0602
  •   あっちがいい こっちがいい  行きたい気持ちがいっぱいの  思いが パッと 飛び出した  好奇心旺盛 こどもたち  見ている方向 それぞれで  動いてしまえば 迷子さん  そうならないでと 母 気遣い  しっかり 子どもを まとめてる  自由なようで 守られて  大きな愛に 包まれる  知らず知らずの 心地よさ  そんな幸せ いつ 気づくだろう   [続きを読む]
  • あじさい 0601
  •   今年はどんな色にしようかな  たくさん考えたけど 決められない  そうだ 神様にお願いしておこう  次咲く時は 可愛らしい  みんなが笑顔になる色がいい  やがて季節がめぐってきて  わくわく 心を弾ませる  つぼみを開いて 太陽を  浴びた私は 何色かな  ドキドキしながら色づきを  待っていたら あら素敵  私も自然と優しくなる  そんな淡色 プレゼント  外見だけでなく 心をも  明るく [続きを読む]
  • あじさい 0530
  •     次は誰?  順番がきて 咲いていく  周りを見ては うらやましい    そんな気持ちがフツフツと  生まれて育つ 昨日 今日  まだかまだかと 指折る日  次は君だよ 声かかる  期待がどんどん大きくなり  花開く瞬間 夢見てる  希望が叶い 嬉しくて  笑顔ふりまき キラキラと  気持ちを 花に表した  私の次は だ〜れかな  守り 育てた つぼみさん  一緒に並ぶ日 待ってるね   [続きを読む]
  • あじさい 0529
  •    誘ってくれた お出かけに  なぜか嬉しく 昼ごはん  作ってみんなで食べようと  バスケットに入れ 待ち合わせ  約束の場所には 誰もいず  ただ一人だけ やってきた  俺とじゃ不満? 聞かれても  あなたは苦手と 言えなかった  仕方がないと 思っても  同じ時間を過ごすなら  楽しまないと損だねと  一緒に笑うことにした  持つバスケット 広げたら  嬉しそうな顔をした  あなたの顔が面 [続きを読む]
  • あじさい 0525
  •   しとしと降りだす雨のなか  あちらこちらで 傘の色  空から見ると カラフルな  傘がまるで 花ばたけ  雨を降らす神様の  退屈しのぐ 一コマね  花といえば太陽の  恵の中で映えるもの  そう決めてしまってはいけないよ  雨の滴が似合う花  雨だからこそ映える花  それぞれ自分が輝ける  場所があるって 幸せかも [続きを読む]
  • あじさい 0524
  •   雨降りに そっと外に出てみると 白い紫陽花 泣いていた 何か悲しいことがあったかと 静かに花へ近づいて 心の声を聞いてみる しばらく ジッとしていると なぜか 私の胸震え 紫陽花ゆらゆら 揺れてきた 私の気持ちも 揺れている? それが伝わっているみたい こぼれる涙は綺麗だと 誰かが私に言ってたね それでも悲しみぬぐえずに 静かに零れる 涙ひとつ 紫陽花の上に落としてた 伝えられない この想い  [続きを読む]
  • バラ 0523
  •     ほんのりと  柔らかな香りに包まれて  純白の器 光だす  バラの中から妖精が  幸せ魔法をかけるため  スティック くるくる躍らせた  [続きを読む]
  • 依頼1
  • 初めてのお仕事  −1−爽やかな朝、小鳥のさえずりで目が覚めた。---なんて清々しい朝を迎えての目覚めはあくまでも妄想。 現実の私はその対極にいる。目はバシバシして開かないし、瞼は落ちてきそうだし。なぜそうなったかといえば、理由はある。昨日のことが忘れられなくて、全然寝付けなかったのよ。おかげで寝不足。そっと口に指をあててみた。 何の変化もない自分の唇。 まあ、いきなりタラコやマナコに変化してたら、 [続きを読む]
  • ボンボリさん 0518 
  •   遠くから  見れば一色 ボンボリさん  近づいてみたら 意外にも  いろんな色が集まってた  優しい、せっかち、朗らかな  ツボミがたくさん集まって  わたしという人 花咲かす [続きを読む]
  • はじめまして、案内人の紹介です
  • 最近の若者は・・・・こうつぶやいてしまうのは、トシをとった証拠だよく言われます(笑)日常のなかで非日常があっても面白い現実逃避をするわけじゃないけれどたまには空想の世界に浸りたい映画やドラマの主人公が若すぎてついてけないと思う物語同年代の俳優さんでほっこりする物語なんとなく自分の好きだったドラマを思い出してあの時はこうだったなぁと一人笑いそんな懐かしい話をどこからか引っ張り出しては夢を見る現実世界 [続きを読む]
  • 過去の記事 …