不動産屋の経理マン さん プロフィール

  •  
不動産屋の経理マンさん: とりあえず不動産鑑定士を目指すブログ
ハンドル名不動産屋の経理マン さん
ブログタイトルとりあえず不動産鑑定士を目指すブログ
ブログURLhttp://licensing.blog.fc2.com/
サイト紹介文なんとなく不動産鑑定士に興味をもったのでとりあえず目指してみるブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 65日(平均1.6回/週) - 参加 2017/05/13 19:33

不動産屋の経理マン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 宅建士と鑑定士のお勉強
  • 宅地建物取引士と不動産鑑定士はやっぱり相性がいい。たまに宅建士を取らないで鑑定士を目指す人がいるけど正直ただのバカだと思う。というかただのバカだ。他の資格試験、例えば公認会計士とか税理士とかでも簿記検定を受けずにいきなり目指す人がいるけど、こいつら合格できなかったときの事を何も考えていない。試験に合格できなかったらどうするの?確かに不動産鑑定士は司法試験や会計士は当然として、税理士や司法書士よりも [続きを読む]
  • 某資格学校の明らかな間違い〜事例選択要件〜
  • 前回、資格学校の講師は所詮素人と書いた。そして明確な間違いとして賃貸事例比較法についての事例選択要件に触れてみた。間違いは他にもたくさんあるけど、事例選択要件つながりでもう一つをご紹介。取引事例比較法の事例選択要件は、1「同一需給圏内」、2「事情補正が可能」、3「時点修正可能」、4「要因比較が可能」の4点だ。しかし某資格学校の答練等では5つ目として「投機的取引でないこと」が追加されていることが多々 [続きを読む]
  • 資格学校の講師は所詮素人
  • 難関資格には資格学校がつきものだが、資格学校の講師やテキスト作成者は基本的には専門家ではなく、いわゆる有識者ではない。そのため資格学校のテキストや答練によっては明らかな間違いが混じっており、しかも講師はそれを正しいものとして教えていることも多い。特に不動産鑑定士はこれが顕著だと思う。業界の規模が小さいのでそもそも優秀な人の母数が少なく、大学での研究もあまり盛んではない。そのためあまり優秀な講師が専 [続きを読む]
  • 鑑定評価基準上の収益と利益
  • 先日、会計学上の収益・利益の概念が絶対ではないと書いたけど、では鑑定評価基準上では収益と利益はどのように整理されているのか??これが大変わかりにくい。だってちゃんと整理されていなんだもん(;´Д`)鑑定評価基準は経済学の一分野といえるものであり、経済学の考え方を基に組み立てられている部分が多い。しかし具体的な収益や価格の分析過程には会計学的な考え方が多分に取り入れられているが頑なに経済学っぽい用語を [続きを読む]
  • 短答試験合格発表&鑑定士試験のおかしな合格率
  • 平成29年不動産鑑定士試験短答式試験の発表がありましたね。もちろん自分は合格してました。今年の合格率は32.4%で合格得点比率は67.5%以上。3割以上の人が7割近くを得点してるというのは、みなさん案外まじめに勉強しているという事なのですかね?まあ今年の短答式でまじめに勉強して7割行かないのは恥かしいレベルだと思いますが…しっかし不動産鑑定士試験の合格率は少しおかしい。いや、かなりおかしい。短答式試験というの [続きを読む]
  • 「収益−費用=利益」??
  • 収益と利益の意味を整理できていなく、正しく理解していない人が多い。正しくは 収益−費用=利益である。・・・という間違った説明をする人が世の中には多い。言葉というものにはいろいろな意味があり、一つの単語に複数の意味が有ったり使用状況によって意味は変わるもの。前述の『収益−費用=利益』というのは会計学とその周辺分野での使用方法に過ぎず、あくまで簿記や会計学や経理、経営者・投資家・公認会計士目線のお話で [続きを読む]
  • 要説はやはり公式テキストなのか?
  • 短答の合格発表はもう少し先だが最近の傾向なら各科目7割で足キリとかはまずないだろうということで、短答は合格したものとして本格的に論文の勉強を継続中。やはり最重要科目は鑑定評価理論という事でここに一番力を入れているが、いかんせん市販テキストが無い。ということで独学者の定番の方法として要説でインプットに励んでる。短答式試験の問題には基準を読み込むだけではまず解けないであろう問題がいくつかあった。例えば [続きを読む]
  • 鑑定評価基準の一般的でない文法
  • 鑑定評価基準での証券化対象不動産の説明に、『資産の流動化に関する法律に規定する資産の流動化並びに投資信託及び投資法人に関する法律に規定する投資信託に係る不動産取引並びに同法に規定する投資法人が行う不動産取引』ってのがありますが、専門的・学術的な文章・論文等の視点からすると、明らかに一般的でない文法的ある。普通は、『資産の流動化に関する法律に規定する資産の流動化並びに投資信託及び投資法人に関する法律 [続きを読む]
  • 民法は楽勝そう?
  • ここ十日ほどは民法の勉強をしてて、とりあえずはTACの基本論点問題集を一周した。ついでに過去問集も軽く流し読みしてみた。1、2時間程度だけど。感想としては、鑑定士の民法は基本論点しか出ないうえややこしい問題や特殊な論点等も皆無なので、大学の授業なり宅建試験なりで民法を一通り学んだことがある人ならこの基本問題集と過去問集だけで十分合格可能だと思う。もちろんいままで民法を勉強したことのない人についてはイ [続きを読む]
  • 論文の勉強をどうするか
  • 短答試験が終わって1週間が経ったけど、まだ論文の勉強をほとんどしていない。4月に入って以降は決算のお蔭で残業だらけだったうえ、決算後は短答等試験の勉強の遅れを取り戻すためひたすら勉強していた。そのため疲労も溜まってたし部屋も散らかってたので今週は部屋の掃除をしながら休養を取っていた。そして遊びまくってた(笑)しかしそろそろ勉強を再開する必要性も感じてきたので、昨日今日あたりから過去問の立ち読みとかしつ [続きを読む]
  • H29短答式試験結果(暫定)
  • 本日13時から国交省で正解が発表されましたね。 結果は行政法規27/40の67.5%、鑑定理論38/40の95%で合計あ65/80の81.25%。自分で言うのもなんですが、かなりいい成績ですね。 ★行政法規はテキストや過去問にない肢が多くて一瞬戸惑いましたが、消去法でそれなりに解けてるつもりだったのに実際はあまり解けてなかったので正直悔しい。実は10年ぐらい前に宅建・管業・マン管に合格してるので、もうちょい点取れてるかな思ったん [続きを読む]
  • 日本一速いH29年度短答の解答速報(笑)
  • やっと不動産鑑定士試験の短答式試験が終わった。想像以上におっさんばっかりだったのと、女性がほとんどいなかったことにびっくりしました(笑)そして暑かった…とりあえず解答速報が出る前に自分の解答を晒したいと思います。TACよりもLECよりも某掲示板よりも他のブログよりも、そして国交省よりも速い、日本一は早い解答速報です(恐らく)。帰ってきてからまだ見直しはしてないのですが、明らかに間違ってるやつもありますね。 [続きを読む]
  • H28年度過去問に挑戦
  • 明日は不動産鑑定士試験短答式の試験日ということで、今日は前年H28年度の行政法規にチャレンジしてみた。試験問題はTACの過去問集の最後に載ってるやつを利用。結果は上巻が12/16、下巻が19/24の合計31/40。正答率は77.5%。昨年度の合格基準は鑑定理論との合計ではあるが63.75%。行政法規の方が鑑定理論よりも平均点が低かったことも勘案すると合格に十分な点数。鑑定理論は8割取れる自信があるのですが5割でも合格してしまいま [続きを読む]
  • とりあえず本格的に勉強再開
  • 職業柄3月下旬から5月上旬はクソ忙しいわけです。GW?なにそれ?って感じです。しかし休日出勤の甲斐もあって、昨日で仕事は一通り片付きました。これまでの勉強の進捗具合ですが、3月中に勉強した内容は市販のLEC鑑定評価基準とTAC行政法規のテキストを一周したぐらい。4月はTAC行政法規過去問上巻の半分ぐらいをやったぐらいであまり順調とは言えません。で、昨日で仕事も落ち着いたので、今日から本格的に勉強再開。何となく行 [続きを読む]
  • 不動産鑑定士試験を受験したいと思います。
  • なんとなく不動産鑑定士を目指すことにしました。・・・と思ったのが3月初めのお話。しかし3月後半から仕事が繁忙期だったので、ほとんど勉強できていなかった。とりあえず今月短答式試験に合格し、このまま8月の論文式試験まで合格してしまうつもりです。(願望)巷では不動産鑑定士試験は簡単になったといわれていますが、それは一昔前や他の難関資格と比べて相対的に簡単になったというだけで、絶対評価ではまだまだ難関資格で [続きを読む]
  • 過去の記事 …