江越 喜代竹 さん プロフィール

  •  
江越 喜代竹さん: 「生きるを楽しむ」先生のブログ
ハンドル名江越 喜代竹 さん
ブログタイトル「生きるを楽しむ」先生のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/bamboo-takechiyo/
サイト紹介文「生きる楽しさ」を伝える小学校教師。時々、ギタリストとしても活動中。「あり方」を見つめるブログです。
自由文「たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク」出版!2017年4月第5刷!http://amzn.to/2qdf8ii
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 73日(平均8.7回/週) - 参加 2017/05/14 00:27

江越 喜代竹 さんのブログ記事

  • 音の立ち位置
  • (photo by xie okajima)「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』応援感謝しています☆自分の立ち位置を考える。自分が出す音は。今日は、とある音楽サークルに呼ばれ、スタジオ練習してきました!車で40分の公共施設に、音楽スタジオが入ってました!すごいなあ。「初めまして」のみなさんと、3時間弱、バンド練習。聞いたことある曲ばかりで、 [続きを読む]
  • 自分の内なる「アイス」に出会う
  • 「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』全国の書店に並んでます!今日は、金運アップコーディネーターかんみわさん主催の「M氏シークレットセミナー」に参加してきました。例によって?男性参加者は僕一人で、Mさんから、「なんで男がwww」と言われまくり(笑)セミナー中は終始大爆笑!…でしたが、実は、僕自身の胸の内は、全然緩んでいなかっ [続きを読む]
  • 職員旅行は何のため?
  • 「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』僕のこれまでが詰まっています。本日は職場の職員旅行。昭和的だなーと思いつつ、職員旅行の価値を考えてみました。あくまでも推測ですが…一番の目的はチームビルディングだと思います。旅行という「非日常」体験を共有することで、精神的結束を高める。そして、慰労。職場での労をお互いにねぎらいあう時 [続きを読む]
  • 手に取れない時期
  • 「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』好評発売中です。ギター遍歴を綴る、第4弾。高校生の頃まで、毎日のように触っていたギター。高3の時は、学祭の時、体育館でライブしたっけな。今思い出してみると顔から火が出るほど恥ずかしい。若かったなあ…(苦笑)そんなにも情熱を傾け、青春をともに過ごしたギター。大学生になり、一人暮らしを始 [続きを読む]
  • 歌でみんなを抱きしめることはできる
  • (photo by xie okajima) 「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』好評発売中!今日で1学期が終わりました。全71日間。そんな時にふと、思い出したことを。ギター遍歴番外編です。僕は、教室にギターを置いています。気の向くままに弾いています。あんまり弾きすぎると、「うるさい」とか、「晴れている日は外で遊ばせて」などと言われたので、あ [続きを読む]
  • それでも僕は。
  • (photo by xie okajima) 「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』好評発売中! 「ギターいなくても、曲できるんだよね」 今日のレッスンで言われた、衝撃の一言。 今度、あるグループの演奏に混ぜてもらうことになり、曲の相談をしていた時のこと。 「ベースがあれば、コードは何とかなる」という件から、飛び出した衝撃の発言!しかもギタ [続きを読む]
  • 「愛されている」を受け取る
  • 「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』好評発売中! 今日は、先生モードで(笑)日曜日のセミナーに続き、近隣の学校で公開研究会。 授業の様子を見せてもらいに、近所の学校にお邪魔しました。数年前に1年間だけ、勤務していたことのある学校。 到着するなり、「江越先生ですよね?手紙を預かっています。」と、お手紙を渡されました。 当時 [続きを読む]
  • 可能性への目覚め
  • 「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』好評発売中!続き物を、復活させます。ギターの歴史を振り返る。第三弾。「モテたい!」から初めて「自分を癒す」ギターになり。(「自分癒し」は当分続くけど)この頃から、弾き方の幅が、広がっていきました。ストローク一辺倒だったのに、アルペジオ系も弾くようになり。コードフォームが描いてあれば、 [続きを読む]
  • ”◆子どもの「問題行動」や自分の「問題」とのつき合い方”
  • 「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』大好評発売中! FBで紹介されていたこちらのブログ。 色々と考えることがありました。「よい」「悪い」だけで判断をしないこと。自分自身が「なぜいけないと感じたのか」を素直に子どもに伝えること。 そんなことを、考えました。時には、なにがあってもダメ!という態度もとるけどさ… 子ども達にとって [続きを読む]
  • 7/28 アコースティックナイト@荻窪出演!
  • (photo by xie okajima)「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』大好評発売中!ギター遍歴ブログはいったん休止。過去記事はこちら。ギター遍歴①「動機は「モテたい!」」ギター遍歴②「「モテたい!」から「癒し」に」シンガーのmiluhaさんと一緒に、またしてもステージに立ちます!7/28荻窪のLIVE BAR BUNGAで行われる「アコースティックナイト [続きを読む]
  • 「モテたい!」から「癒し」に
  • 「生きる楽しさを伝える」小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』大好評発売中!僕のギター遍歴を振り返る第二弾。きっかけは、中三の時。「モテたい」からだったのです。今思えば、中三の当時、誰でもいいから彼女ほしい!モードになっていました。仲良かった後輩が、大人し目で性格いい子にアタックして、お付き合いしだして…という話を聞いていたので。マネしておとな [続きを読む]
  • 動機は「モテたい!」(僕の場合)
  • (photo by xie okajima) 「生きる楽しさ」を伝える小学校教師×ギタリスト江越喜代竹です。『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』大好評発売中です!信頼すべきシンガーのmiluhaちゃんが、僕との出会いをブログに書いてくれています。3カ月前のことなのに、遥か昔のことのようで、懐かしい…なんだか、嬉しいなあ。ありがとう。そんなmiluhaちゃんに刺激され、僕は僕なりに、ギターの歴史をふり返ってみたいと [続きを読む]
  • 脳の仕組みが違う?
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。 子ども達の様子を見ていると、持っている「前提」が違うというか、脳の仕組みが全く違うのでは?と思うことがあります。 今日は、図工の時間。完成した作品を、お互いに鑑賞しあいます。今回はちょっとチャレンジな試み。付箋に「いいところ」を書いて、友達の作品に貼る、という鑑賞会をしました。 立ち歩きたいお年頃。教室内をあっちへふらふら、 [続きを読む]
  • 自分を信頼してみる
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。PCの前に座って30分。全く記事が思い浮かばない!ので、自分の手に任せる、という手段に出ました。書き出してみると、意外と書けるもので…なんだかんだ記事ができていく。今、僕の家(部屋?)には、数年前に作ったコラージュが貼ってあります。ヒーラーズヒーラー本郷綜海さんの新春ワークショップ?に参加して作成したもの。よくよく写真を見ると、ス [続きを読む]
  • 囚われている「見方」に気づく
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。気づかないうちに、自分の「見方」って、ずいぶん、囚われてしまっている。今日の帰り道。「早く帰りたい!」と焦る僕の前に、ノロノロ運転の軽自動車。しかも、曲がり角でウィンカー出さない!「なんだコノヤロー!」と車間距離を詰めようとしました。先日、車を擦ったばかりなのに!(笑)と、ふと、我に返りました。「あ、煽ったからって速くなるとは限 [続きを読む]
  • 「もしも の 想像で」自分の奥にある怖さが見えてきた。
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。スピプロ同期、本質メイクアップ∞アーティスト角伊代ちゃんのブログが、胸に響きました。 今僕は、小学校の先生をしながら、「ギタリスト」としての活動を行っています。どうしても、仕事がかさみ、帰宅が遅くなることもあり、、、ギターに触れない日もあります。じゃあ、先生を辞めてしまったらどうなるの?自分のやりたい「ギター」にのめり込めるの? [続きを読む]
  • 飛び入りセッション!裏話(笑)
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。昨日聴きにいった「のりしん」&「サンマリーモ」ライブ。飛び入りでセッションに参加させてもらいました。まだまだ持ちネタが少ない僕ですが…ずっと練習してきた「Fly Me To The Moon」を演奏させてもらいました!僕がリードギターでテーマを取って、ベース&ギター&パーカッションという編成!僕以外は、様々なライブやセッションに参加されている超 [続きを読む]
  • 「ギタリスト」として
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。今日は、LIVEを聴きに行ってきました。市原は五井にあるBar Villaでの「のりしん」&「サンマリーモ」ライブ!いい音楽を聴いて、エネルギー充電!…のつもりが、ギター&ベースの森さんが、「今日はお客さんの中にもたくさんのミュージシャンがいます!」と言うMC。次々と「お客さん」として来ていた方々が、ステージへ。もちろん、僕も呼んでもらいまし [続きを読む]
  • 止まり木であっても(その③)
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。 先日書いたこのブログ なんだか、やっぱりあるんだよね。他人の幸せを願いながらも、どこか寂しい思いが、さ。 ふと、この曲を思い出したよ。「愛されたいと願ってしまった世界が表情を変えた(略)冷たい水を下さいできたら愛してください僕の肩で羽根を休めておくれ」(ポルノグラフィティ アゲハ蝶) この歌の意味が、じんわりじんわり、沁み [続きを読む]
  • 見えないところに、こそ
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。 学期末。成績をつけるの、毎回悩みます。子どもへの評価は、自分の「指導」への評価。自分を振り返る時間でもあります。 子ども達のノートを見ながら、普段の様子を思い浮かべながら、通知表を書いていきます。 そんな時、ある子のノートが目に留まりました。 授業中はおとなしく、発表も発言もあまりしない子。周りがみーんな、手を挙げても、1人、 [続きを読む]
  • 文字が溢れてきた!
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。今日は、職場近くの公共施設見学へ。台風が心配されたけど、外に出た瞬間陽が差してくる晴れ男っぷり見学を終えて、紹介パンフレットにまとめ、帰りに「ふり返りジャーナル」を書いてもらいました。そしたらある子の感想に、「すぐに終わると思ったけど、書き始めたら字がどんどん溢れてきて、全然終わらなかった!」という内容が。もう、エネルギーの乗 [続きを読む]
  • 夢の途上?
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。 ふと、頭の中を流れた曲。 「陽炎のように揺らいでる約束の場所 はるか遠くの街誰かが全部幻だと教えてくれたら僕は どこへ行くだろう」(「名前のない鳥」 山崎まさよし) 自分が目指してる場所が、幻だったら…どうなるんだろうなあ。 そんなことを考えた夜。 いつも応援ありがとうございます。ランキングに参加しています。 !お [続きを読む]
  • 休んでいいんだよ
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。 「今日はブログをアップしません!」という更新をしようとしていた矢先。 LANAさんのブログが目に留まり… 今日は、疲れたぞー。プールに入ると、しんどいぞー。昨日熱くてあまり寝れてないぞー。しんどいぞー。 という訳で、今日は早めに、おやすみなさい♪ ☆いつも応援ありがとうございます☆今日もポチ!とよろしくお願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • また、思い出せばいい
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。自分を満たす、をどれだけ意識しても、ついつい忘れてしまうことがある。学校は今、学期末。「かきいれ時」と冗談めかして言う方もいるくらい、繁忙期です。そうすると、どうしても、「あの仕事をやって、次にこれ…」となってしまい、「こないだの件、どうなった?」なんて次々に仕事が。頭だけが先行して、「自分」が置いてかれる感じ。そんな時こそ、 [続きを読む]
  • 見えにくくなった「本音」
  • 『たった5分でクラスがひとつに!学級アイスブレイク』の江越喜代竹です。 最近のテーマは、「自分のニーズを伝える」こと。自分の心の奥にある本音を、表現できるか?が密かな課題でした。 先月まで行われていた「スピリチュアル・プロフェッショナル養成コース」でも、言われていたこと。 午前中、膝のリハビリで病院へ。リハビリを終えて帰ろうと、駐車場から車を出そうとしたところ。 ちょうど、通り道に停めてある1台 [続きを読む]