ひろ改めひろポン さん プロフィール

  •  
ひろ改めひろポンさん: 僕の体の半分は音楽で出来ている
ハンドル名ひろ改めひろポン さん
ブログタイトル僕の体の半分は音楽で出来ている
ブログURLhttps://mymusicforlife.com
サイト紹介文80年代洋楽からアニソン、声優アーティストまでアルバムやライヴをレビューします。
自由文80年代洋楽を聴いて青春を過ごしてきたアラフィフのおっさんです。
今は、声優アーティストやアニソンにはまっています。
CDやDVD、ブルーレイなどを紹介していきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 130日(平均5.1回/週) - 参加 2017/05/14 14:15

ひろ改めひろポン さんのブログ記事

  • 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.95 ZZ TOP − AFTERBURNER
  • 泥臭いブルーズロックとシンセサイザーのケミストリー ZZ TOP − AFTERBURNERZZ TOP(ZZトップ)との出会い80年代、MTVは自分の知らないアーティストを知るには絶好の機会だったと思う。次から次に、趣向を凝らしたPVを通して、いろんなバンドに興味を持った。 その中で、1983年、一つのコミカルなPVを見つけてしまいました。ZZ TOPというバンドのLEGS(レッグス)という曲です。内容は大して語るほどのものはありませんでしたが [続きを読む]
  • 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.94 NIGHT RANGER − BIG LIFE
  • 過小評価されてるが、実はなかなか良いハードポップ作品 NIGHT RANGER − BIG LIFE(ビッグ・ライフ)前作からの流れ1985年リリースの3rdアルバム、7 WISHES(セヴン・ウィッシーズ)はなかなか良いアルバムであるにも関わらず、バラードシングル重視のレコード会社の戦略の失敗で、小ヒットにとどまります。それでもなんとか、ビルボード誌アルバムチャートで第10位を記録、アメリカで100万枚を売り上げます。彼らの持つポテンシ [続きを読む]
  • バンドリ! Vol.20 両A面 6thシングル 前へススメ! / 夢みるSunflower
  • Poppin’ Party 武道館への道のりPoppin’ Party 6thシングル前へススメ!/ 夢みるSunflower2017年5月10日、Poppin’ Party(通称:ポピパ)の両A面 6thシングル、「前へススメ! / 夢みるSunflower」がリリースされました。これもリリースからだいぶ経ってしまってますが、7thシングルTime Lapseリリース前に、一応内容を整理しておきたいと思って、いまさらながら投稿したいと思い立った次第です。 まずは「前へススメ!」。 [続きを読む]
  • バンドリ! Vol.18 Roselia 3rdシングル 熱色スターマイン
  • 加速していく「バンドリ!プロジェクト」の2番手 Roselia1stライヴ「Roselia 1st Live Rosenlied」からアニサマ出場まで2017年6月30日、なんとシングルは2枚しか出していないロゼリアが、1stライヴを行なった。それも2ndシングル「Re:birth day」のリリースの二日後である。 バンドリ!プロジェクトの特にバンド、ライヴに関する大胆な戦略には驚かされてきてますが、今回もやはりびっくりたまげましたね。Poppin’Party(通称: [続きを読む]
  • 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.90 ASIA − ALPHA
  • プログレ職人たちの華麗なポップアルバム ASIA − ALPHAASIA(エイジア)との出会い1983年暮れ、FMラジオで超絶にかっこいい曲を見つけた。バンド名はASIA(エイジア)。その曲のタイトルはDON’T CRY(ドント・クライ)。 特にイントロが衝撃で、ドラマティックな展開に何度も繰り返し聴き続けました。そして、ドラムのかっこよさに、絶対いつかドラムを叩くぞ、とも夢を見るようにもなった曲です。超絶ドラマティックなのに、ス [続きを読む]
  • 僕を形作った洋楽アルバムたち Vol.82 HEART − BAD ANIMALS
  • バンド黄金期へダメ押しの作品 HEART − BAD ANIMALS前作 HEART(ハート)からの歩み1985年、低迷していたハートは状況打破のため、これまでのカラをぶち破るアルバムを作り出そうとした。そのために、80年代の売れっ子プロデューサー、Ron Nevison(ロン・ネヴィソン)を迎え、徹底的に売れるアルバムを狙った。それとともに、アルバムの曲の大半を外部の売れっ子ライターに発注。 これらの策は効を奏し、自らのバンド名をタイ [続きを読む]