よしだ さん プロフィール

  •  
よしださん: 教える仕事に勇気を
ハンドル名よしだ さん
ブログタイトル教える仕事に勇気を
ブログURLhttps://ameblo.jp/yumij301/
サイト紹介文「コーチングを活かした教え方、学習者とのコミュニケーションのコツ」について書いています。
自由文日本語教師で、パーソナルコーチです。
一押し記事
「上達のお悩みに、これ」
「やる気の出し方が知りたい」
「成功する教案に必要なこと」
「なかなか覚えられない学習者」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 128日(平均3.4回/週) - 参加 2017/05/14 16:26

よしだ さんのブログ記事

  • 勇気をくれる人がいる
  • みなさんにとって、無心に夢中になれることは何でしょうか。 私は「山登り」です! 高尾山レベルから始めて、奥多摩の山々、尾瀬で山小屋デビュー。 そして最近では北アルプスも一人で縦走しています(^^ (ここまで来るのに数年かかってます) 好きなことは夢中になれるし、続けられる。 続けて行くうちに自然にレベルアップしている感じです。 ところが、仕事となるとそこまで無心になれないのが現状 自分がやっていることが [続きを読む]
  • グループワーク嫌がる学生、どうする?
  • めっきり涼しくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 先週、北海道に行ったのですが、朝夕は暖炉に火が入っていました! このまま夏が終わるのか・・・過ごしやすいけど、さびしいです。 ところで、みなさんは学生の頃、グループワークってしていましたか。 私の時代は・・・・ たまに理科の実験と、家庭科の料理の日があったぐらいでした。 普通の授業とちがって、座って勉強しなくてもいい時間です。 他のクラスメートは喜 [続きを読む]
  • ついつい目が行ってしまうモノ
  • 残暑がじりじり続くこの頃、みなさんお元気でしょうか。 夏かぜや、疲れがでる時期かもしれません。 私は初めてする仕事があったり、ワークショップ、放送大学の試験など、なかなかハードな夏でした。 週末、久々に岩手の実家に帰省。 実家の窓から外を眺めると、目に飛び込んでくるのは山の緑が7割、空の青の色が3割。 車の車窓も同様。 ただ、ぼーっと緑を眺めるだけで、とっても気持ちがいい! 『私、そんなに自然を求め [続きを読む]
  • みんな違う、それがいいんだよね
  • 先週末、『学習者の本音を引き出すたったひとつのコツ』と題して、講師をさせていただきました。 サタラボという日本語関係者の集まりで、みなさん学ぶ意欲が高いです! 超ベテランの方や有名校の教務の方もいらっしゃるので、前日から緊張状態 でも、みなさんは教師としての私を見に来るわけではないです。 「教師がコーチングをするって、どういうこと?」・・・を聴きに来るのだと言い聞かせ、これまでの失敗談から、コーチン [続きを読む]
  • ティーチングにコーチングを取り入れるメリット その1
  • 今日も涼しい日です。 ・・・が、外を歩いてみると、けっこう蒸し暑い。 スーパーでパイナップルを買ったのはいいけど、夕食の材料を買うのを忘れてしまいました ところで、今日はティーチングにコーチングを取り入れるメリットについて書きます。 その1は、『学習者の自律学習が進むこと』 コーチングでは、学習者自身が決めた目標、やりかた、ペースを優先します。 自分で決めたことは、『やってみたくなる』のです。 もし [続きを読む]
  • この人とは合わない!と思ったら・・・『タイプの違い』を活かす方法
  • みなさんはお盆休みでしょうか? 私は普通に授業です。代講レッスンがあるので、普通より気が抜けない事態です(^^; 最近、『この人の仕事ぶりが好きだなー』と思っている人がいます。 『ありがとう!』、『おかげで助かる〜!』と言いたいことがたくさんあります。 私とは全く違うタイプだと思うんです。 ・・・が、何故かその人の仕事ぶりをみると、私もやる気がでます! 多くの人は、人間関係において『タイプが違うから合 [続きを読む]
  • 無料メール講座のご案内
  • こんにちは。吉田です。 みなさんは夏休みに入っているころでしょうか。 それとも、休みはまだまだ先の話という方も、 休みなんかない!という方もいらっしゃいますよね。 今日はちょっとしたお知らせがあります。 無料のメール講座を始めることにしました。 タイトルは『コーチングから学ぶ、教える仕事のコミュニケーション講座』です。 スキルアップしたい先生、悩みを持つ先生に手軽に読んでいただきたい、そんな気持ちか [続きを読む]
  • もっと自分を楽にさせてもいいですよ
  • 今日、東京は37度になるそうですね! みなさん、体調はいかがでしょうか。 冷房を使いつつ、冷え対策も気の抜けない季節ですね。 外の気温が暑ければ暑いほど、室内は冷えてます! ところで いつも全力で頑張っている人ほど、自分の疲れに気付きにくいって思いませんか。 あなたはよく『ありがとう!』『助かるよ!』と言われますか。 いつもみんなのために、よくやっているのだと思います。 でも実は、 『いつもムリをして [続きを読む]
  • 試験をこわがる学習者
  • 学生時代、私にとって試験というのは、ひたすら面倒なものでした。 あなたは試験のとき、『こわい!』『緊張する!』と感じますか? 私は何故か、『わくわく』するのでした。 これでイヤーな試験勉強が終わるからです。 放送大学の単位認定試験もそうなんです。 たしかに試験の日までの勉強は面倒ですが、当日は『わくわくっ』とするのです。 試験なんて、勉強すれば良い結果がでるし、しなければそれなりの結果。 私にとって試 [続きを読む]
  • 日本語レッスン
  • 日本語教師の吉田有美です。 東京都内で、外国人向けの日本語レッスンをしています。 教師歴15年で、初級・中級・上級レベルまで教えた経験があります。 特に、中級の会話レッスンと文法・語彙(ごい)が得意です。 会話力をぐんぐん伸ばしたい、 文法や語彙(ごい)をたくさん勉強したけど、いつ使うのかわからない、 試験に合格したけど、会話に自信がない、 興味のある記事や小説を読んでディスカッションしたい、 あなたが自 [続きを読む]
  • 授業料がもったいない!
  • 休みが多い学生がいると 「授業料、もったいないと思わないの?!」 と思いませんか。 私は以前、日本語学校に勤めていたころは 「授業を休むのは、留学の費用を出している親に申し分けないと思わないのか」 と憤りを感じて、お説教をしていました。 今、プライベートレッスンでは、当日急にキャンセルになった場合、 レッスン料は全額いただくことになっています。 急な仕事とか、体調不良が主な原因なのですが、 ドタキャン [続きを読む]
  • 他の先生と比べなくてもいいですよ
  • チームティーチングをしていると、ついつい気になることはありませんか。 キャラや経験がまったく違う先生と組んでいるとき、なんとなく思ってしまいます。 あの先生は、どんな感じで教えているのだろう? 学生たちは、このキャラの違いをどんなふうに思っているんだろう? やっぱり、若い先生のほうがいいのかなーなんて。 でも、気にしなくていいと思います。 どうしてかというと、 違っているのが当たり前だからです。 以 [続きを読む]
  • 学校で教える?それともフリーランスで?
  • 「仕事だから、やれって言われればやるんですけどね−」 日本語学校に勤めていたころ、 私は完全に『学校に雇われている身』という感じで働いていました。 最近では、どこの学校でも教師が不足しているらしいですね。 フリーランスとして働くにはいい機会かもしれませんね。 実際、フリーランスと名乗る教師も増えつつあります。 今の私は、社会人向けの学校で非常勤講師としてお世話になりつつ、 コーチングのお仕事はフリー [続きを読む]
  • OPIとコーチングのつながり
  • コーチング・ファシリテーターで日本語教師の吉田です。 みなさんは『OPI』ってご存じですか。 『OPI』は学習者の会話能力を測るインタビューのことです。(ACTFL Oral Proficiency Intervew) 『OPI』と『コーチング』はつながっている!と思ったのはこんなことからでした。 日本語教師になってから7年目くらいのころ、 『中級、上級の会話力を伸ばす良い方法がホントはわかっていない [続きを読む]
  • なかなか話してくれない学習者、隠された理由
  • みなさんは、オープンな性格でしょうか。 知らない人とでもすぐに打ちとけて、話すことができますか。 私も、そうならよかったのですが、実際は真逆。 英会話教室に行ったときも、 『会話が上手になりたい!』と思ってはいるものの、発言は少なかった。 たぶん、インストラクターは 『英会話にきてるのに、何で話さないんだろう?』 と思っていたにちがいないですね。 実際、『say、something〜!』とプレッシャー [続きを読む]
  • 学習者が上達しないと感じたら
  • プライベートレッスンは、どのぐらい続くモノでしょうか。 短期滞在の人の場合は、ほんの2週間くらいの場合もあります。 数年にわたって、継続してくださる方もいます。 担当する期間が長ければ、その間には山あり、谷あり。 ゆっくりゆっくり学習が進む人もいます。 レッスンを始めてからしばらくの間、 『どうしよう全然上達している感じがしない。』 とこちらが焦ってしまうことも。 でも、それは 『私が望むようなペース [続きを読む]
  • 学習者をイラッとさせる試験問題
  • まだ梅雨明けしていないって、ホントでしょうか。 ぎっくり腰にかこつけて、エアコンの効いた部屋でゴロゴロしてます。 ゴロゴロとは言っても、 月末に放送大学の試験があるので、勉強もしています。 今学期、受講している『人格心理学』は、とっても面白いです! 講義も内容がぎっしりで、説明もすごくいい。 放送授業なのに眠くならない! 1コマの時間があっという間に過ぎます。 しかし・・・ 課題の問題や過去問が難しい [続きを読む]
  • 授業は戦闘モードで?
  • 3連休のみなさんはいかがお過ごしでしょうか。 私はぎっくり腰のため静養中です(^^; 昼は放送大学の試験勉強、夜は録画したテニスのウィンブルドンの大会を見て過ごしてます。 ロジャー・フェデラーの決勝進出、嬉しいです! 数年前、偶然テレビで試合を見たのがきっかけで大ファンに。 どんなショットも本当にフォームが美しい。 テニスのことを全く知らない私でもスゴイ人だとわかりました。 私自身は勝負ごとに向かない [続きを読む]
  • ぎっくり腰、試練の登校
  • 月曜の夜にぎっくり腰になりました。 火曜と水曜は家で安静にしていたら、ゆるゆると動けるようになってきました。 今日はプライベートレッスンが3コマだけなので、意を決して登校。 いつものほぼ倍近くかかって支度をしたものの、駅までの道が遠い。 行きの電車の中では、痛みがひどく 「やっぱり、家の中とは違う今日も休めばよかった・・・」 悔やみました。 ・・・が今更、代講の先生は頼めません。 手すりを頼りに地下 [続きを読む]
  • 必要になったら、いつでも言って
  • 月曜の夜から、ぎっくり腰になってしまいました。 立ったり、座ったりのとき激痛です。 初めて家のトイレやお風呂についている手すりが、役に立っています。 今日はゆっくりなら動けますが、高齢のおばあちゃんみたいな感じです。 しごと、どうしようと思いました。 でも、動けないので 昨日から日本語レッスンもコーチングセッションも休みをいただいています。 学校やコーチングの関係者の方に 「身体が大事だから、ゆっくり [続きを読む]
  • 逆に勇気をもらいました
  • 昨日はサタラボという日本語教師のコミュニティで講師をさせていただきました。 「学習者の本音を引き出すたったひとつのコツ」と題して、学習者とのコミュニケーションとか聴くことの大切さについて話しました。 セミナーの準備をしているとき、 「聴くこと」について私がどんな話をすれば、参加者の方の役に立てるだろうか。 喜んでもらえるだろうか、と考えていました。 ところが、やってみて感じたのは 参加者の方はみなさ [続きを読む]
  • もっと大きな声で!って言われてもですね・・・
  • 私は声が小さいです。 しかも、通りの悪い声。 なので、居酒屋で「すみませーん!」と叫んでも店員さんが気付いてくれません 子どもの頃は学校では 「もっと大きな声でハキハキと」 「もっと大きな声で歌いましょう」 とか先生に言われてきました。 確かに 声がぼそぼそと小さいと、印象は暗く、元気がなく、自信もなさそう。 逆に 声が大きくはっきりしていると、明るく、元気で、自信がありそう。 やる気もある感じがして、 [続きを読む]
  • スマホ、取りあげることの影響
  • スマホが壊れてから1ヶ月半が過ぎました。 実家に電話するとき、公衆電話も久しぶりに使ってみました! タブレットを持ち歩いているので、連絡はメールなどでこと足ります。 でも、タブレットがなかったら、おしまいですね。 仕事のメールやちょっとした調べもの。 レッスンでも写真や動画を見たり、リスニングに使いますから。 だから、なくなったらぜったい困る。 ところで、最近驚いたことは、 授業の前に学生のスマホを取 [続きを読む]
  • サボってしまいました
  • 授業をサボってしまいました。 昨日も今日も、放送大学の面接授業の日でした。 通信だけど、登校してクラスで受ける授業もあるのです。 それを 2日間ともサボってしまいました。 家族に「なんで行かないの?単位、取れなくなるんでしょー?!」 と言われつつも。 今まで真面目にやっていたけど、 急にがっくりきちゃった、としか言いようがないです。 だるい、ただただ授業に行くパワーがなかった。 学生が突然、授業を休む気 [続きを読む]