フォトフェス さん プロフィール

  •  
フォトフェスさん: 花が撮りたい。
ハンドル名フォトフェス さん
ブログタイトル花が撮りたい。
ブログURLhttp://fanblogs.jp/photofes/
サイト紹介文写真を趣味にしているフォトフェスです。 花を美しく撮りたいと日々精進しております。
自由文自己紹介
野鳥・花・風景を中心に写真を撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 72日(平均8.3回/週) - 参加 2017/05/14 18:40

フォトフェス さんのブログ記事

  • イヌゴマ
  • 別名はチョロギ花の時期は6~9月花の色は紫草丈10から50cm花の大きさは1cm内外の花が輪生に咲く日照 日向か半日陰耐寒性 強い花言葉は「楽しい人生」「驚き」など育て方は赤玉8に腐葉土2で苦土石灰を少し混ぜ中性気味の用土に地下茎が塊になったもの(茎塊)を5cmほどの深さに植える。写真を撮るなら草丈が低く花びらも小さいのでバリアングルまたはチルト液晶を装備したデジタルカメラの方が撮りやすいだろう。上から見て輪生(放射 [続きを読む]
  • ホトトギス
  • 花の時期は8~9月花の色は 白に紫の斑点、白名前の由来は斑点の有る様が野鳥の「ホトトギス」に似ているところからきている草丈 50から100cm花の大きさ 4cm内外日照 半日陰を好む耐寒性 強い花言葉は「秘めた意志」「秘めた恋」「永遠にあなたのもの」「永遠の若さ」など最初の二つの「秘めた***」は日陰の薄暗い所に暗めの色調の花が咲く所から由来しているのではなかろうか。育て方は風が通る日陰を好み強い日差しに弱い [続きを読む]
  • ハクチョウソウ(ガウラ)
  • ハクチョウソウの別名はガウラ、ヤマモモソウハクチョウソウの方は「白鳥草」と「白蝶草」の二通りの漢字が存在している。花の時期は6~10月花の色は白、赤、桃色草丈 30から150cm花の大きさは4~8cm日照 日向か半日陰耐寒性 強い葉っぱは尖った楕円形。花言葉は、「清楚」「負けず嫌い」「行きずりの恋」「我慢できない」など「清楚」は名前の白鳥・白蝶いずれに当てはめてもおかしくなく、「負けず嫌い」はどっちもどっちだろう [続きを読む]
  • オニユリ
  • 花の時期は7~8月花の色は橙に濃い茶色の斑点草丈 100から200cm花の大きさ 10~12cm日照 日向か半日陰耐寒性 強いオニユリは葉っぱの根元にムカゴをつくる。花言葉は「富の蓄積」「愉快」「陽気」「華麗」など育て方はムカゴでも球根でも秋ごろに植える。赤玉6に腐葉土4くらいの水はけが良い土で日当たりが良い所で育てるのが良い。植えてから2,3年で花が咲く。写真を撮るなら大き目の花で比較的離れて撮れる。野生のモノなら明 [続きを読む]
  • ハギ
  • 花の時期は7〜9月花の色は紫草丈は100から150cm花の大きさは1.5〜2cm日照 日向か半日陰耐寒性 強い花言葉は「想い」「思案」「内気」「柔らかな心」「柔らかな精神」など。育て方は日当たりと水はけが良い土を好む。土を選ばず やせた土地でも良く育つが、日当たりが悪いと花のつきが悪い。写真を撮るなら日中日当たりが良く朝夕は日陰になるようなところに咲くものが良いと思う。撮る時間帯は個人的には出来れば夕方から黄昏時 [続きを読む]
  • ブルーサルビア
  • 花の時期は5〜11月花の色は青紫、白もある草丈 20〜60cm花の大きさ1.5cmくらいの小さな花が輪生で咲く日照 日向耐寒性 弱い花言葉は「永遠にあなたのもの」「尊重」など。「永遠にあなたのもの」は開花時期が長い所から「尊重」の方はブルーサルビアがセージの仲間で薬効があるところから来ているらしい。(たしかに花びらの形はサルビアと言うよりチェリーセージに似ている)育て方は日当たりが良く水はけの良い土で育てるのが良 [続きを読む]
  • アキノタムラソウ
  • 名前はアキノタムラソウだが、花の時期は7〜11月と夏から咲く花の色は薄紫草丈20から80cm花の大きさ 1cm無いモノが輪生で咲く日照 半日陰耐寒性 強い花言葉は「善良」「自然のままのあなたが好き」など日中日陰が長い場所でも咲き、小さな花がひっそりと咲いている姿が花言葉の由来だろうか。育て方は雑草に近いので特別気をつかう必要はないだろうが あまり市販されているのを見たことが無い。サルビアの仲間なので日差しが強 [続きを読む]
  • ナヨクサフジ
  • 花の時期は7~9月花の色はムラサキ草丈 つる性花の大きさ1cm×4cm内外日照 日向か半日陰耐寒性 強い帰化植物で牧草としてヨーロッパから持ち込まれたものが拡散し根付いた花。日本原産のクサフジより繁殖力が強く花の長さが長い。葉っぱは楕円形のモノが対になる。*** 今日も御覧 頂きありがとうございます。***ランキング参加中です、よろしければ1日1回 をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ゲッカビジン
  • 花の時期は5~10月花の色は白や複色草丈60から150cm花の大きさ10cm内外日照 日向耐寒性 弱い花言葉は「一目会いたい」「はかない愛」など一晩だけ咲く花から由来しているのだろう。育て方は日向を好むが砂漠に咲くサボテンとは違うため水が必要だし寒さに弱い。また真夏の強い日差しにも弱いので鉢植えなら真夏の日中は日陰に置くのが良い。水はけと水持ちが良い土を好むので腐葉土が多めの土で育てた方が良いだろう。冬の寒い時 [続きを読む]
  • アメリカフヨウ
  • [焦点距離10mm(対角線魚眼レンズ)]別名はクサフヨウ花の時期は7~10月花の色は白,桃色,紫,赤草丈 100から150cm花の大きさ 15から25cm日照 日向耐寒性 弱い[焦点距離700mm]花言葉は「繊細な美」「しとやかな美人」「派手な心」など育て方は種を撒くなら皮にキズを付けて4月頃にまく。市販の苗なら春か秋に植える。暑さに強いが寒さに弱いので寒い時期に霜が付かないように注意した方が良い。乾燥に弱いので腐葉土が多めな湿り気 [続きを読む]
  • ハナトラノオ
  • 別名は カクトラノオ,トラノオ花の時期は7~10月花の色は桃色,白,紫草丈 60~100cm花の大きさ 2~3cm日照 日向か半日陰耐寒性 強い花言葉は「望みの成就」「達成」「努力家」などスッと真っ直ぐ天に伸びるイメージから来ているのだろう。育て方は春か秋に市販の苗を植えるのが良い。日当たりと水はけが良ければ土壌を選ばず、花壇などでは地下茎で翌年以降も花が咲く。半日陰でも育つが日向の方が花のつきが良いと思う。写真を撮 [続きを読む]
  • キンシバイ
  • 花の時期は5~8月花の色は黄色樹高 1~1.5mの低木花の大きさ 7cm内外日照 日向か半日陰耐寒性 強い花言葉は「煌めき」「太陽の輝き」「秘密」黄色い花が太陽をイメージさせるためと「秘密」については花びらが開ききらないところから来ているらしい。育て方は日陰でも育つが花のつきが悪くなるので日当たりが良い所の方が良い。一般的な用土で充分育ち少々湿り気が多い方を好む。写真を撮るなら朝日や夕日の斜光で撮った方が輪郭 [続きを読む]
  • ヒマワリ
  • 別名 サンフラワー,ニチリンソウ花の時期は7~9月花の色は黄色,茶色草丈80~300cm花の大きさは、小さいもので5cm、大きいもので40cm日照 日向耐寒性 弱い花言葉は「高貴な心」「貴方を見つめる」花言葉の由来は華やかで少し上向きに咲く所と太陽に向かって咲くイメージから来ているのだろう。育て方は日当たりと水はけが良く霜が降りないような場所に4月上旬から中旬に種を直まきする。花が太陽追いかけて向くという情報が定着し [続きを読む]
  • ヤブカンゾウ
  • 別名はワスレグサ(忘れ草)ボウユウソウ(忘憂草)花の時期は7〜9月花の色は橙色草丈は80から100cm花の大きさは15から20cm内外日照 日向耐寒性 基本的に強いが冬越しは霜除けをした方が良い花の蕾や葉っぱは茹でて食べられる。根っこの方は生薬として用いられている。(マメ科の甘草ではなく、ユリ科の萱草)花言葉は、「憂いを忘れる」「悲しみを忘れる」「一夜の恋」など。万葉集でも憂いを忘れるという意味合いで和歌に使われて [続きを読む]
  • ムクゲ
  • 落葉低木花の時期は7〜10月花の色は赤,桃色,紫,白樹高1〜4m花の大きさ7〜10cm内外日照 日向か半日陰耐寒性 強い花言葉は「繊細な美しさ」「信念」育て方は、日当たりと水はけが良い場所に種か挿し木で植える。植え付けは12月から3月くらいまでが良い。特別な用土は必要としないが日当たりが悪いと花のつきが悪い。また剪定は秋から春までの花や葉っぱが無い時期に行うのが良い。(暖地では落葉しないこともある、その場合11月から [続きを読む]
  • ヒガンバナ
  • 別名はヒガンバナ,ショウキズイセン花の時期は9月花の色は赤,白草丈50から90cm花の大きさは5〜10cmの花が放射状に咲く日照 日向か半日陰耐寒性 強い花言葉は「悲しい思い出」でナツズイセンと同じく仏花として捧げられてきたことが由来と思われる。育て方は日当たりと水はけが良い所に球根を7から8月に植える。球根分けして育てた場合花が咲くまで2,3年かかると言われる。写真を撮るなら花が開ききって半球状に形が整ったものを [続きを読む]
  • ナツズイセン
  • 別名はヒガンバナ,ショウキズイセン,リコリス,キツネノカミソリ花の時期は7〜9月花の色は白,黄色,桃色草丈50から90cm花の大きさは3〜8cmの花が放射状に咲く日照 日向か半日陰耐寒性 強い花言葉は「悲しい思い出」で赤いヒガンバナと同じく仏花として捧げられてきたことが由来と思われる。育て方は日当たりと水はけが良い所に球根を7から8月に植える。球根分けして育てた場合花が咲くまで2,3年かかると言われる。写真を撮るなら [続きを読む]
  • シロツメクサ
  • 別名はクローバーシロツメクサの名前の由来は江戸時代にオランダから入ってくるガラス製品の緩衝材として この花や葉っぱを乾燥させたものを使っていた事から「白い詰め草」転じてシロツメクサ。花の時期は4〜10月花の色は白草丈10から20cm花の大きさ数mm未満の小さい花が集まって10から20mmくらいの球状にまとまる日照 日向耐寒性 強い子供のころに四つ葉を探したり花と茎を使って編み込んで冠を作る遊びをした経験が多いと思わ [続きを読む]
  • ランタナ
  • 別名はシチヘンゲ花の時期は5〜11月花の色は ほとんどが複色草丈30から200cm花の大き1cm未満の花がまとまって5,6cmの大きさになる日照 日向耐寒性 やや弱い花言葉は「厳格」育て方は水はけが良い日向を好み寒さに弱いので霜が降りない場所に植えた方が良い。植え付けは春から秋の期間が良く、挿し木を作って通常土に植えると良い。挿し木は新しい枝を15cmほどで切って湿らせた川砂に指しておけば1ヶ月ほどで根が出る。特別な用土 [続きを読む]
  • アガパンサス
  • アガパンサスの別名はムラサキクンシラン花の時期は6~7月花の色は白,薄青,薄紫草丈60から200cm花の大きさ3〜5cm日照 日向耐寒性 普通からやや弱い花言葉は花の名前がギリシャ語で「愛の花」から由来しているようで「優しい気持」「恋の訪れ」「ラブレター」など育て方は日当たりと水はけが良いなら土壌を選ばずよく育つ。病気や害虫も無く育てやすい。植え付けは市販の苗や球根を春(3,4月)か秋(9,10月)に植え付けるのが良い。 [続きを読む]
  • フウロソウ
  • 花の時期は5~9月花の色は白,青,紫,桃色,紅色など草丈20から60cm花の大きさ1から4cm日照 日向耐寒性 強い花言葉は「変わらぬ信頼」「陽気」フウロソウと一口に行ってもノハラフウロ,ゲンノショウコ,アケボノフウロ,ヒメフウロ,アメリカフウロなどがあり高原などに咲いているモノは山野草と言うより雑草。育て方は,雑草と揶揄されるくらいなので ほどほどの環境でも育つ。基本的に日当たりが良く水はけが良い場所を好むらしいが,私 [続きを読む]
  • ツリガネニンジン
  • 名前の由来は釣鐘のような花が咲き、根っこの形が朝鮮ニンジンに似た花から来ている様だ。別名は、ツリガネソウ花の時期は7〜9月花の色は薄紫、白草丈40から100cm花の大きさ2cm内外日照 日向耐寒性 強い花言葉は「詩的な愛」「感謝」「誠実」実物と対比してもイメージが浮かばないので花言葉には うかがい知れない由縁があるのだろうか。育て方は日当たりや水はけ風通しが良い場所を選び やや酸性の鹿沼土をベースに [続きを読む]
  • シシウド
  • 名前の由来は、イノシシが食べるウドのような植物から来ている。別名はアンジェリカ別名は強壮剤に似た働きが有り蘇らせる能力を持った天使(エンジェル)を思わせるのラテン語が語源らしい。花の時期は8〜10月花の色は白草丈は1〜2m花の大きさ  極小さな花が放射(球)状に咲き さらにそれが線香花火の様に細い枝で連なる。日照 日向耐寒性 寒暖差が激しい高原で見かけるため強いと思われる花は甘い香りが漂うため花に虫が集 [続きを読む]
  • サルスベリ
  • 名前の由来は、幹がサルが滑って落ちそうなほどスベスベなところ。別名は、ヒャクニチコウ(百日紅)で花が百日ほど続けて楽しめるところから来ている。花の時期は7〜10月花の色は、白、桃色、赤、紫樹高は1〜10mほどの落葉低木花の大きさは3cm内外の花が密集して咲く日照 日向か半日陰耐寒性 普通花言葉は、「雄弁」小さめな花が密集して咲く様が「雄弁に語る」をイメージさせるからではなかろうか。育て方は、植え付け [続きを読む]
  • オシロイバナ
  • 花の名前は種の中にある粉が「おしろい」の様である事が由来。別名にフォー・オ・クロック(英名)やユウゲショウ(夕化粧)があるが これは夕方ごろに花が開いて朝まで咲き、その後しぼんでしまうところから来ている様だ。花の時期は7~10月花の色は、濃い紅色、紫、白、桃色や混色が有る。草丈は60から120cm花の大きさは3から6cm日照 日向耐寒性 普通花言葉は、「臆病な愛」「内気」「恋を疑う」夕方に咲いて朝にしぼ [続きを読む]