マチルダ さん プロフィール

  •  
マチルダさん: 薬剤師マチルダの摂食障害日記
ハンドル名マチルダ さん
ブログタイトル薬剤師マチルダの摂食障害日記
ブログURLhttp://eatingdisorder8.blog.fc2.com/
サイト紹介文摂食障害になって、16年になります。 28kgの激ヤセから、回復に向かう現在を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 15日(平均3.7回/週) - 参加 2017/05/14 21:16

マチルダ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 初めて吐いた日
  • マチルダです。摂食障害になって、16年になります。初めて過食嘔吐をした時のことは・・・・・覚えていません。どんなことを、どんな風に考えて、過食嘔吐したのか、思い出してみたい。いつか、思い出す時が来るのかな?実は、私は、アルコール中毒でした。社会に出て、アルコールを覚え、その、飲んだ時の解放感といったら!アルコール最高!飲み会、大好き?飲みに連れてってくれる先輩、大好き?こんな、新入社員でした。ある時 [続きを読む]
  • 母親への復讐
  • マチルダです。摂食障害になって、16年になります。過食嘔吐は、「無言の抵抗」と、以前の記事で書きました。はっきり言って、母親への、 復讐 です。恐ろしいことを言っていますが、本当にそうなのです。復讐 とは。ひどい仕打ちを受けた者が、その相手に恨みをもって報復すること。---------明鏡---------子どもだって、ひとりの人権を持った人間です。ただ、身体が小さかったり、生活力がなかったり。それで、親に養っても [続きを読む]
  • 私の身体は、どうなってしまった?
  • マチルダです。摂食障害になって、16年になります。過食嘔吐をし続け、28kgにまで瘦せてしまった私。身体も、心も、栄養失調状態なので、まともな思考ではなかったと、今となっては、そう思っています。あれ? と思っているうちに、みるみる痩せて、 ん?何これ?何が起こっている?私の身体は、どうなってしまった?そのことに、とても興味がありました。世の中の 「摂食障害の専門家」 という人達は、この私に、どんな診断をする [続きを読む]
  • 心の問題 & 身体の問題 つづき
  • マチルダです。摂食障害になって、16年になります。摂食障害は、「心の問題」 と 「身体の問題」 があります。昨日の続き。私の経験から、感じてきたこと、個人的な解釈を書きます。身体の問題は、栄養失調です。ひとことで表現すると、糖質中毒による、 タンパク質 ・ 脂肪酸 ・ ビタミン ・ ミネラル 不足。私たちは、愛も栄養も、必要としています。愛情で心が満たされていなければ、現実を受け止めることができなくなります。 [続きを読む]
  • 心の問題 & 身体の問題
  • マチルダです。摂食障害になって、16年になります。摂食障害は、「心の問題」 と 「身体の問題」 があります。私の経験から、感じてきたこと、個人的な解釈を書きます。心の問題は、自信の喪失、自尊心の欠如ですね。これは、子どもの頃の環境 に大きく左右されると思います。ヒステリーな母親。過保護。 過干渉。子どもの感受性に対する、親の無神経さ。まじめで、脅迫的に頑張る 「いい子」自己犠牲が得意。私が 「いい子」 に [続きを読む]
  • 病院では治らない
  • マチルダです。摂食障害になって、16年になります。過食嘔吐を続け、「なんか、痩せてる・・・・・」 と思った時、もしかして、 これが、 摂食障害?と気付きました。こういうの、すぐには治らないよね。他人事のように思っていました。病院に行っても、治らない。心を病んだ人たちが、精神科、心療内科に受診し、1錠の安定剤を処方され、あっという間に処方薬が 20錠、30錠・・・と増え、廃人のようになってしまった例をたく [続きを読む]
  • みるみる痩せる・・・
  • マチルダです。摂食障害になって、16年になります。過食嘔吐を続けていると、体重がどんどん落ちます。ピッタリだったはずのジーンズが、ブッカブカ に。なんとなく、身体がゴツゴツした感じがして、鏡で見てみると・・・・・骨が浮き出ていた。「なんか、痩せてる」ジーンズは、24インチになった。身体が軽くなった気がして、不思議な感覚だった。吐くたびに、リセットされ、身体の中からピュアになり、そのうち、自分が透明にな [続きを読む]
  • 食べることの拒否
  • マチルダです。毎日、楽しいですか?幸せですか?そんなことを考えることなく、何かに夢中になったり、日々過ごしていることが、生きるということなんでしょうか?「食べること」 は、生活の一部であり、人間の 3大欲のひとつです。この 「食べること」 を拒否したり、「食べること」 に固執するということは、「生きること」 そのものを否定している、極端な言い方をすれば、「死」 に向かっているのでは?そんな風に感じています [続きを読む]
  • 過去の記事 …