alone さん プロフィール

  •  
aloneさん: ココロ・ジグザグ
ハンドル名alone さん
ブログタイトルココロ・ジグザグ
ブログURLhttp://fivewrite.exblog.jp/
サイト紹介文紆余曲折な人生 ・ 孤独を埋める為の独り言
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 26日(平均8.6回/週) - 参加 2017/05/15 09:25

alone さんのブログ記事

  • 回覧板
  • 自治会の回覧板が面倒くさい 「地域交流のため手渡し厳守で」がかなりのストレス 何人家族なのかもどんな人が住んでいるのかも分からない そんな希薄な近所なのにこの回覧板は週一で回ってくる 出来るなら会費だけ払って回覧板は拒否したい  [続きを読む]
  • 容 赦
  • 決定的に欠けているもの 「赦す」ということ 「憎悪」を通り越し辿りつくのは「諦め」 静かに自分の中で決着を付ける 「見限り」   [続きを読む]
  • 能 面
  • 随分泣いてない 心のデトックスとやらが出来てない 笑う要素もない 笑い方自体忘れてしまった 感情を露わにすることも無くなった  [続きを読む]
  • 欠陥人間
  • 大嫌いな男の血を引いた子だと思うか それでも私が産んだ子だと思うか 大嫌いな男の要素ばかりが強くなる我が子 それでも理屈抜きの無償の愛とやらは 本来母親なら当たり前に湧いてくるものなのだろうか  [続きを読む]
  • ヤスモノ
  • 安い服を着て安い物を食べ安い家に住んでいると 自然に安いニンゲンが形成されそれは常態化する いくら悪足掻きしたって安いニンゲンは安い人生しか送れない 努力だけでは報われない安い血が生き方にも浸透してしまっている  生まれ落ちた時からもう既に決まってしまっている定義のように    [続きを読む]
  • 比 較
  • 先回りして動きいつも機転を利かせねばならない 常に母親の顔色を伺い優等生であることを強いられてきた子供時代 我が子にはそんなふうになって欲しくないという思いもありながら せめてその百分の一でもいいから少しは気を遣っても罰は当たらないんじゃない? 呆れるほどうんざりする現実につい自分の子供時代と比較し苛立ちは募る  [続きを読む]
  • 毒 母
  • 「あんたなんか産まなきゃ良かった」とは母は一度も言わなかったな 「一緒に死んで」とはよく言われたけど「一人で死ね」とは言わなかったな 自分が一番大切で身勝手で自己顕示欲の塊であるそんな母だったけど 今にして思えばそんな母の方が何倍もマシだったのかもしれない 私の方が最悪最低だ  [続きを読む]
  • 子供の泣き声が苦手で嫌い
  • 近所の子供の泣き叫ぶ声が聞えてくる 朝からうるさい 子供特有の甲高い耳をつんざくような泣き声が苦手で嫌いだ 何故に親のなだめる声は聞こえてこず窓を開けっぱなしで放置しているんだ? 子供の泣き声とセットでそういう親のことも苦手で嫌いだ  [続きを読む]
  • 承認欲求が強い人
  • 何処にでも「自分」をたくさん出し過ぎる承認欲求の強い人がいる 目立ちたがり屋ですぐ他人のせいにするくせに自分の身内びいきは凄く 他人の話を聞かないのに同意ばかり求めたり求めていないのに自分語りを始めたり 口では他人を褒めつつランク付けしたり自分の居場所やキャラに異常に拘ったりするのが特徴 そんな「圧」を受けるたび実は私の中にも潜んでいる要素だけに気を付けなければとハッとす... [続きを読む]
  • ネガティブ
  • ポジティブな人はいたってシンプルな思考で生きているらしい ネガティブな人は常に複雑に捉えるからマイナス思考になるらしい あれこれ考え悩み苦しむことを好きでやってるわけじゃなくても あれこれ考え悩み苦しむことは自業自得らしい 誰のせいでもなく自分自身の問題だということらしい  [続きを読む]
  • モノサシ
  • 自分よりも優れているか劣っているか 対等に付き合える相手かどうか 人間関係は常にそういったモノサシで形成される 軽視されたり疎外されたり排除されたり こういう立ち位置だからこそ見える「良い人」とされる人の本質  [続きを読む]
  • カゾクッテナンダ?
  • 某局は観ない  キラキラとした絵に描いたような「家族」が放送されるから 世の中やっぱり正常に機能してる「家族」の方が圧倒的多数なんだよね 「かけがえのない存在」って言い切れるところがすごいよね 「絶対的」であるところが当たり前とかね  [続きを読む]
  • 学校行事
  • 行きたくない それが義務だから行くけど本当に行きたくない 誰にも会いたくない 主旨はそうじゃないでしょ?と解ってはいても 今まで一度も「行って良かった」と思ったためしがない  [続きを読む]
  • 卑 屈
  • 無理して笑って取り繕って引きつった顔で媚びへつらう その癖を骨の髄まで染み付けてずっとそうして生きてきた 「愛想を振るアンタの黄色い甲高い声を聞いてると頭が痛くなってくる」 子供の頃に母親に言われた言葉を大人になった今も思い出す 誰のせいでそうなったのかもきっと死んでも解からないであろう張本人   [続きを読む]
  • 深夜のスーパー
  • 陽の出ている時の買い物が億劫で もっぱら24時間営業スーパーの深夜に行くのが常 この時間帯だと見知った顔に出くわすこともないし 多少怪しい格好でも浮かないし誰も私のことなんか気にしてないし  陰性になるばかりだけど余計なストレスを負うよりはマシだから  [続きを読む]
  • だらしない女
  • 近隣で揉める発端になるありがちなことはゴミ問題 出す場所・時間・分別・マナーを守らない身勝手な家は案外多い カラスの方が賢くてだからいつも狙われる いくら綺麗に着飾って上品ぶっていたって 本当はだらしない女だってことはゴミの出し方を見たら分かる  [続きを読む]
  • 晴天続きは憂鬱
  • 晴天続きの昨今 本来は気分が良くなり気持ちが上がる要素なのだろう なのに反比例してる私 あれもしなくちゃこれもしなくちゃと焦燥感に駆られ 次第にドンヨリと襲う憂鬱  [続きを読む]
  • 隕 石
  • うちを狙ったって何のメリットもないけどミサイルとか爆弾とか何でもいいから 我が家限定で落ちてくれないかなとか時々そんなことを思ったり それよりもある日突然隕石が落ちてくるのが一番良いか ドカンと跡形もなく訳も分からないまま一瞬で消えれるのにな 不可抗力なんだから仕方ないよねって一瞬で終われるのにな  [続きを読む]
  • 親子断絶
  • 神経をすり減らしながらそれでも共依存を続けていくか 覚悟を固め親子(血縁)関係の断絶を決意するか 私は後者を選んだ 心の奥底には一片の悔い無しとは言い切れない思いもある でももう後ろは振り返らない生き方を貫くしかないんだ  [続きを読む]
  • エンドレス
  • 発達障害児の子育てはしんどい 生まれた時からしんどい 大きくなったら大きくなった分しんどい この先もずっとしんどい でも私には「逃げる」という選択肢はない  [続きを読む]
  • 朝うつ
  • 毎朝目覚めた瞬間に絶望感が襲ってくる また一日が始まるというとてつもない憂鬱と共に もうずっとそんな朝しか迎えていない それでも無理矢理起き出していつものように始動する やらなきゃならない事から逃げれないその習性が染み付いているから  [続きを読む]
  • 電話・インターフォンが怖い
  • こちらの都合は関係なくの「突然」が理由 かといって居留守を使うのも怖い 誰かが「突然」侵入して来るかも!?と更なる不安を伴うから こんな些細なことに都度ビクついて 当たり前に日常生活を送れない自分自身に嫌悪・・・  [続きを読む]
  • 一番苦手なタイプ
  • 常に愛想の悪い人や威圧感のある人はまだいい 最初からそういう人なんだと割り切れるから 出来るだけ近付かないし何の期待もしないし  一番苦手なタイプは『気分屋』 不本意ながら翻弄されるそんな自分自身にも吐き気がする  [続きを読む]