alone さん プロフィール

  •  
aloneさん: ショウカジアイ
ハンドル名alone さん
ブログタイトルショウカジアイ
ブログURLhttp://fivewrite.exblog.jp/
サイト紹介文紆余曲折 頑張ろうとしていた頃もあった 現在… やっつけ仕事の余生 されど…の悪足掻き 吐き捨て感情
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 94日(平均3.3回/週) - 参加 2017/05/15 09:25

alone さんのブログ記事

  • ザワザワ・・・
  • 遊びに行く時であっても相変わらず子供達は朝からグダグダ 次第にイライラし始める旦那が更に追い討ちをかける 気持ち良く出発したためしがない奴らの残骸を当たり前のように押し付けられ 出払った後も休息なんてあったもんじゃない毎度のパターン このまま帰って来なければいいのにと思ってしまうこれも毎度のパターン  [続きを読む]
  • LIVE
  • 子供達と一緒に行って来た 子供達にとっては初めての体験 感情を表し難い子達の背をそっと押すようにとまどいを解すように・・・ 励ますように盛り上げながら 『日常の中の活力』 何日効果が続くか?とかはあえて考えたり期待したりせず でも確かに存在した心躍った共有の数時間  [続きを読む]
  • 使わない「脳」は退化する、更に。
  • これは本当 毎日目の当たりにしている実体験から断言出来る 元々滞っている脳の神経回路が更に愚鈍になる 「悪気は無いのだけど・・・の脳」ではなく「心の無い脳」が完成する 自分本位で面倒くさがり屋で努力する事を蔑ろにした者の成れの果て  [続きを読む]
  • 「それは絶対にないだろう!?」という事を考える奴
  • 「親父から今日甲子園へ高校野球を観に行こうって誘われたんだけど」 朝突然上の子が言う ハァッ!? 上の子と二人だけで!? 下の子達は家に置いて!? 私は仕事に行くというのに!? 翌日はこの夏休み唯一の大きなイベントを控えているというのに!? 思い付きでわざわざそんな遠方まで!? 部活を辞めて毎日家でノラリクラリやってる息子と同い年の結果を出してる子達が暑い中頑張ってる姿をわざわざ... [続きを読む]
  • ゾッとする10日間
  • 実家もお墓もない我が家は「お盆」のあれこれも無縁の家 私は今日も仕事だったし明日もそうだ 部活をやってる子供達は明日から数日だけ休みになる 戸籍上配偶者だけが10連休だとかほざいてる 何の意味があるのやら  [続きを読む]
  • 家庭生活不適合者
  • 「お盆に皆で観たい」 子供達が録り溜め楽しみにしていたドラマ 「俺は観ない」 一人自分の部屋で借りてきたDVDを観ようとする奴 「第一話ぐらい一緒に観てあげたら」 引き止めると渋々リビングに留まったが 仏頂面のまま無言で観た後 「こういうの嫌い」そう吐き捨てそのまま自分の部屋に籠る奴 【 一生その部屋から出てくるな 】 今まで何度思っただろう  [続きを読む]
  • 異 常
  • ムカついた事があったからと部活でラケットを壊して帰って来た者 自分だけ同窓会に呼ばれていなかった事をスカして話す者 毎日昼前まで寝て一日中引きこもり自堕落に過ごす者 帰宅して何の会話も無くただ食べて寝るだけの者 毎日毎日・・・ まともな奴が一人もいない家の毒素を吸い続け「平然」としていられたらそれも「異常」だろ    [続きを読む]
  • 諸悪の根源
  • 分かり易い例を一つ挙げるとしたら・・・ 家族五人分わざわざ五つ入りの物を買って来ても 悪びれる風も無くいつも勝手に一人で二個・三個平然と食べる奴がいる それがこの家の長であり父親なのだから そんな男の本質を典型的な在り方を見抜けなかった私自身も罪人なんだ  [続きを読む]
  • 嫌 悪
  • 台風の影響を危惧して部活が早い解散になったのに一人だけ帰って来ない我が子 「校庭を走ってた」とこんな日に普段しない事をわざわざする 駅まで車で送って行くと言っても「自転車で行くからいい」と聞かない父親ソックリ 障害ゆえなのか性格なのか人間性なのか・・・ いずれにしても 当人の事より誰かに迷惑をかけるような事があった時の方を気にしているのが本音の昨今  [続きを読む]
  • 無 駄 ?
  • この夏休みから始めた服薬 学校がない時に様子見しようと考えての開始の流れ 副作用はないけれど効果もない 薬は「自転車の補助輪のような役割」とか聞くけれど そもそもの自転車が不具合なら補助輪の意味もないということか  [続きを読む]
  • 諦 観
  • 「生きる」ことは「諦める」ことの連続 「諦める」ことを繰り返しながら それでも何らかの答えを選択し続けなければならない 限られた中からの 妥協の上での   [続きを読む]
  • 回覧板
  • 自治会の回覧板が面倒くさい 「地域交流のため手渡し厳守で」がかなりのストレス 何人家族なのかもどんな人が住んでいるのかも分からない そんな希薄な地域なのに無駄に多い回覧板 会費だけは払うけど可能ならばこれは拒否したいのが本音  [続きを読む]
  • 容 赦
  • 決定的に欠けているもの 「赦す」ということ 「憎悪」を通り越し辿りつくのは「諦め」 静かに自分の中で決着を付ける 「見限り」   [続きを読む]
  • 能 面
  • 随分泣いてない 心のデトックスとやらが出来てない 笑う要素もない 笑い方自体忘れてしまった 感情を露わにすることも無くなった  [続きを読む]
  • 欠陥人間
  • 大嫌いな男の血を引いた子だと思うか それでも私が産んだ子だと思うか 大嫌いな男の要素ばかりが強くなる我が子 それでも理屈抜きの無償の愛とやらは 本来母親なら当たり前に湧いてくるものなのだろうか  [続きを読む]
  • ヤスモノ
  • 安い服を着て安い物を食べ安い家に住んでいると 自然に安いニンゲンが形成されそれは常態化する いくら悪足掻きしたって安いニンゲンは安い人生しか送れない 努力だけでは報われない安い血が生き方にも浸透してしまっている  生まれ落ちた時からもう既に決まってしまっている定義のように    [続きを読む]
  • 比 較
  • 先回りして動きいつも機転を利かせねばならない 常に母親の顔色を伺い優等生であることを強いられてきた子供時代 我が子にはそんなふうになって欲しくないという思いもありながら せめてその百分の一でもいいから少しは気を遣っても罰は当たらないんじゃない? 呆れるほどうんざりする現実につい自分の子供時代と比較し苛立ちは募る  [続きを読む]
  • 毒 母
  • 「あんたなんか産まなきゃ良かった」とは母は一度も言わなかったな 「一緒に死んで」とはよく言われたけど「一人で死ね」とは言わなかったな 自分が一番大切で身勝手で自己顕示欲の塊であるそんな母だったけど 今にして思えばそんな母の方が何倍もマシだったのかもしれない 私の方が最悪最低だ  [続きを読む]
  • 子供の泣き声が苦手で嫌い
  • 近所の子供の泣き叫ぶ声が聞えてくる 朝からうるさい 子供特有の甲高い耳をつんざくような泣き声が苦手で嫌いだ 何故に親のなだめる声は聞こえてこず窓を開けっぱなしで放置しているんだ? 子供の泣き声とセットでそういう親のことも苦手で嫌いだ  [続きを読む]
  • 承認欲求が強い人
  • 何処にでも「自分」をたくさん出し過ぎる承認欲求の強い人がいる 目立ちたがり屋ですぐ他人のせいにするくせに自分の身内びいきは凄く 他人の話を聞かないのに同意ばかり求めたり求めていないのに自分語りを始めたり 口では他人を褒めつつランク付けしたり自分の居場所やキャラに異常に拘ったりするのが特徴 そんな「圧」を受けるたび実は私の中にも潜んでいる要素だけに気を付けなければとハッとす... [続きを読む]
  • ネガティブ
  • ポジティブな人はいたってシンプルな思考で生きているらしい ネガティブな人は常に複雑に捉えるからマイナス思考になるらしい あれこれ考え悩み苦しむことを好きでやってるわけじゃなくても あれこれ考え悩み苦しむことは自業自得らしい 誰のせいでもなく自分自身の問題だということらしい  [続きを読む]
  • モノサシ
  • 自分よりも優れているか劣っているか 対等に付き合える相手かどうか 人間関係は常にそういったモノサシで形成される 軽視されたり疎外されたり排除されたり こういう立ち位置だからこそ見える「良い人」とされる人の本質  [続きを読む]
  • カゾクッテナンダ?
  • 某局は観ない  キラキラとした絵に描いたような「家族」が放送されるから 世の中やっぱり正常に機能してる「家族」の方が圧倒的多数なんだよね 「かけがえのない存在」って言い切れるところがすごいよね 「絶対的」であるところが当たり前とかね  [続きを読む]
  • 学校行事
  • 行きたくない それが義務だから行くけど本当に行きたくない 誰にも会いたくない 主旨はそうじゃないでしょ?と解ってはいても 今まで一度も「行って良かった」と思ったためしがない  [続きを読む]