岡地正敏 さん プロフィール

  •  
岡地正敏さん: 役に立つ向精神薬のサイト
ハンドル名岡地正敏 さん
ブログタイトル役に立つ向精神薬のサイト
ブログURLhttp://indea-pod.blogspot.jp/
サイト紹介文随時更新中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 30日(平均11.2回/週) - 参加 2017/05/15 11:20

岡地正敏 さんのブログ記事

  • 睡眠薬
  • ■昨日、ユーロジンとロヒプノール飲んだから、こんなに今朝は「起きない」ないのか。昨日結構聞いてたから、まだ脳内のレセプターに残留しててもおかしくはない。■それとアトモキセチンを多く飲んだので、胃が焼ける感じだ。減量中だが、仕方がない。400kaclする栗入りあんぱんを食べるか。 [続きを読む]
  • トレドミン
  • ■選択的ノルアドレナリン・セロトニン再取り込み阻害剤■摘要  うつ病、うつ状態応用   不安障害、慢性疼痛における鎮痛補助■通常、成人は、ミルナシプラン塩酸塩として1日25mgを初期用量とし、1日100mgまで漸増し、1日2〜3回に分けて食後に経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。tだし、高齢者は、1日25mgを初期用量とし、1日60mgまで漸増し、1日2~3回に分けて食後に経口服用する。 [続きを読む]
  • 不眠症の概要その1
  • ■不眠症は、必要に応じて入眠や眠り続けることができない睡眠障害である。それが持続し、臨床的に著しい苦痛、または社会的、職業的、またはほかの重要な領域における機能の障害を引き起こしている場合に精神障害となる。■不眠症は、入眠や睡眠持続が難しかったり、睡眠の質が悪いといったことが続いているという特徴をもつ、いくつかの医学的な兆候を伴う医学的また精神医学的な障害であると考えられている。不眠症では一般的に [続きを読む]
  • うつ病の概要その1
  • ■うつ病は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である。■『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版(DSM-5)には、うつ病の診断名と大うつ病障害(だいうつびょうしょうがい)が併記されている。これは1日のほとんどや、ほぼ毎日、2,3時間は抑うつであり、さらに著しい機能の障害を引き起こすほど重症である場合 [続きを読む]
  • 過食性障害
  • ■過食性障害は反復する過食エピソードを示す障害です。神経性大食症とは異なり、自己誘発性王都や下剤濫用などの浄化行動を伴わない。■アメリカ精神医学会では、2000年に発酵された診断マニュアル(DSM-Ⅳ)では、神経性食欲不振症、不完全型、反復性嘔吐症などとともに特定不能の摂食障害の一つとして研究用基準案に記載されていましたが、2013年発表のDSM-Ⅴドラフトには、神経性無食欲症、神経性大食症、特定不能の摂食障害に [続きを読む]
  • ポルノ依存症診断
  • ■ポルノ依存や問題のあるポルノ閲覧について、現在一般に承認された診断基準は存在していない。■行動嗜癖に対する現在の「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM-Ⅳ)に記載された診断基準はギャンブル依存症に関するもののみであり、それらは、薬物乱用、依存に見られるような、没頭行動、行動抑制の低下、耐性、撤退、社会心理的害などとの類似も見られる。■性行動過剰障害に対して提案されている診断は、ポルノ依存を問う疾患の [続きを読む]
  • 性依存症の概要
  • ■性的対象に依存している間は、脳内より快感物質が放出されるため、不安から一時的に逃れられるメカニズムにより起こる。■幼児期や成人への成長過程で肉親からの愛情が得られなかったことに起因する場合が多い。そのほかにも性善説を基本とし成人となり、通常の生活をしていたものが、常識の範囲を超えた人間たち(私利私欲のためなら何でもする)により、 人間不信となり、そのメンタル的なストレスを取り除く為に知らず知らず [続きを読む]
  • 性依存症の定義
  • 性依存症は、性的な行動に対する嗜癖であり、精神疾患である依存症の一つです。主に性行為(性交渉)への依存が多いため、セックス依存症と称される。■頻繁に「セックス依存症」という呼称が用いられることがあるが、依存する対象は実際に亜相手のある性交渉だけでなく、自慰行為やポルノへの過度な耽溺(たんでき)及び収集、紅白的な売買春、乱交、露出や覗き行為、性的ないたずら電話、インターネットを介したアダルト・チャッ [続きを読む]
  • 嗜癖と依存の用語
  • ■嗜癖(しへき・アディクション)ー有害な結果にもかかわらず、報酬刺激に対しての強迫的関与を特徴とする脳障害。■嗜癖的行動ー報酬と強化をもたらす行動■習慣性医薬品ー表州都強化をもたらす薬物■依存(Dependance)−反復暴露している刺激の中止時に、離脱を引き起こすような適応状態。■逆耐性ー投与用量が反復によって、医療が漸増していくこと■離脱ー反復しようしている薬物の中断時に起こる症状■身体的依存ー身体的・ [続きを読む]
  • 行動嗜癖(こうどうしへき)
  • ■行動嗜癖、プロセス嗜癖、家庭嗜癖(かていしへき)とは、嗜癖の一形態であり、当人の身体的、精神的、社会的、金銭的な幸福に対してネガティブな結果を招くにも関わらず、報酬刺激をもたらす非薬物関連行動へ強迫的に従事している丈太い。自然報酬とも呼ばれている。これには、△FosBという転写因子が関与することが判明しており、行動と薬物の両方の嗜癖に関与すっる共通因子であって、報酬系における神経適応セットに関連する [続きを読む]
  • 線条体の性質その2
  • ■線条体は、大脳新皮質からの運動にかかわる神経伝達物質(グルタミン酸)を受け作動し、黒質ー緻密部(こくしつーちみつぶ)から神経伝達物質(ドーパミン)を受け興奮を抑制。 他からは、視床、淡蒼球(たんそうきゅう)外部、視床下核から神経伝達物質の確認が報告されています。 [続きを読む]
  • 線条体の性質
  • ■線条体線条体は、大脳基底核の主要な構成要素の一つです。運動機能への関与が最もよく知られています。 また意思決定(依存や快楽)など、その他の神経過程にもかかわると考えられています。■線条体が機能低下により、対人恐怖、社会不安になるケースが多いといわれています。(例:人前に出ると手が震えたり、手のひらに汗をかいたり、顔の筋肉が硬直したりする。) [続きを読む]
  • プロラクチン
  • Prolactin provides the body with sexual gratification after sexual acts:プロラクチンは性交の後の性的満足を与える。The hormone counteracts the effect of dopamine,このホルモンはドーパミン効果を妨害する。which is responsible for sexual arousal.性的な覚醒を通じて。This is thought to cause the sexual refractory period.これは性的無反応期の [続きを読む]
  • カフェイン
  • ? Increased blood flow to smooth muscles and vasoconstriction血管収縮と筋の働きを容易にするために血流を増やす。? ? Inhibition of gamma-aminobutyric acid (GABA) and excitation of the CNSGABAの抑制及びCNSの興奮を [続きを読む]
  • ドーパミンD2受容体
  • Dopamine receptor D2, also known as D2R,ドーパミンD2受容体はD2Rとしても呼ばれる。 is a protein that, in humans, is encoded by the DRD2 gene.このたんぱく質はヒトのDRD遺伝子としてコード化されている。Function[edit]This gene encodes the D2 subtype of the dopamine receptor,この遺伝子はドーパミン受容体のD2サブタイプを持っている。which is coupled to [続きを読む]
  • ドーパミンD1受容体
  • The D1 subtype is the most abundant dopamine receptor in the central nervous system.D1サブタイプは中枢神経に置いて最も豊富なドーパミン受容体である。 This G protein-coupled receptor stimulates adenylate cyclase このG蛋白質はAdenylate cyclase(AC)を刺激するand indirectly activates cyclic AMP-dependent protein kinases.そして間接的にProtein kinase [続きを読む]
  • ドーパミン
  • Dopamine (contracted from 3,4-dihydroxyphenethylamine) is a neurotransmitter of the catecholamine and phenethylamine familiesドーパミンはカテコールマミンやフェネチルアミンに属する神経伝達物質である。 that plays a number of important roles in the human brain and body.それは人間の体と脳に多数の重要な役割を担っている。 Its name derives from [続きを読む]