make さん プロフィール

  •  
makeさん: ドイツイエローと天の羽衣
ハンドル名make さん
ブログタイトルドイツイエローと天の羽衣
ブログURLhttp://asukapeace2.blog.fc2.com/
サイト紹介文ドイツイエロータキシードのサンセットやロングフィンの育種経験を、次の世代へ共有しておこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 95日(平均1.2回/週) - 参加 2017/05/15 15:47

make さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • サンセットドイツ リボン三兄弟
  • サンセットドイツ リボン三兄弟サンセットを育種している人であれば分かってもらえると思いますが、サンセットは非サンセットに比べ、作ることが難しい面を持っています。体躯、大きさ、尾開き、リボンの伸長、各鰭の厚み、そして目先もサンセットにしてはそう悪くないと思います。非サンセットであれば、私の飼育スタイルであと1ヶ月で完成するところですが、これは、ここから完成まで2ヶ月かかります。ボディーの出来に対し、 [続きを読む]
  • サンセットドイツイエロータキシード交配用の雌
  • サンセットドイツイエロータキシード交配用の雌コンテスト向けにドイツイエロータキシードを創るのであれば、普通はこういう雌にはならないでしょう。ドイツイエロータキシード雌サンセット交配用に平行して創ってきた1系統の中の雌。この雌は、サンセットドイツイエロータキシードを創るために、交配用としてサンセットと平行して創ってきた1系統の中の雌です。尾開きは普通より大きくとり、エッジはとにかく効かせ、尾鰭は大き [続きを読む]
  • 予見解説
  • 予見解説『 2017年、販売流通するサンセットドイツイエロータキシードの発現は、胸鰭が伸長しているタイプの個体が増えるようになるだろう。』と、以前予見しました。そうなるであろうと思う理由を、3種の二枚貝、『あさり』・『しじみ』・『ほたて』を例にして解説します。デルタテールやファンテールの尾鰭が展開する品種のノーマルフィン育種の場合は、尾鰭や背鰭に比べ、その他の鰭を同じ目線で視る人は少ないかもしれません [続きを読む]
  • 【後編(2/2)】ガルウィング
  • 【後編(2/2)】ガルウィングこの季節は時間が許せばフィールドへ出掛けたいので、更新が滞ってしまいました。遅くなりましたがガルウィング後編です。サンセットを用い伸長した胸鰭を持つドイツイエロータキシードのバリエーション画像です。今回は胸鰭の形状に焦点を絞り、余計な情報を省くために、画像の色彩を落としてみました。サンセットを用いたドイツイエロータキシードの胸鰭バリエーションバサバサと羽ばたき泳いでいる [続きを読む]
  • 【後編(1/2)】ガルウィング
  • 【後編(1/2)】ガルウィング先ずはサンセットドイツイエロータキシードの胸鰭の伸長と、サンセットの遺伝形質の関係(影響なのか!?)について、私見を述べようと思います。私が創った因子構成のサンセットガルウィングドイツイエロータキシードは、名前に”サンセット”と付けているように、サンセットの影響を利用し、ガルウィング形状の胸鰭を成立させています。言い換えれば、サンセットガルウィングドイツイエロータキシ [続きを読む]
  • 【前編】ガルウィング
  • 【前編】ガルウィングサンセットガルウィングドイツイエロータキシードに辿り着くまでに、何をどう考え、どんなポイントで育種してきたかを纏めます。育種経験に基づく私見です。体躯と胸鰭。先ずは胸鰭に的を絞ります。サンセットガルウィングドイツイエロータキシード胸鰭が白く染まりガルウィングの形状をした、シンプルな(5年以上ダンボやジャーマンホワイトプラチナム等のタイ産品種等と交配した系統達と交雑していない)ド [続きを読む]
  • 予見
  • 予見2017年 これからを予見しておこう。販売流通されるサンセットドイツイエロータキシードは、余計な因子は除かれ、或いは、余計な因子を混ぜなかったタイプにすり替えられ、その結果、販売流通するサンセットドイツイエロータキシードの発現は、胸鰭が伸長しているタイプの個体が増えるようになるだろう。喜ばしいことだと思う反面、やるせない現実に心も痛む・・・。ダンボがそうであったように、何事も無かったかのように、他 [続きを読む]
  • 予習 〆(..;;;カキカキ
  • 予習 〆(..;;;カキカキ2012年1月にサンセットレードテールを導入後、同2012年6月から、”所沢熱帯魚店のグッピー大好き画像掲示板”へ、サンセットに関する私見を投稿するように努めてきた。サンセットを使った交配結果、サンセットの判別方法、サンセットドイツの体色と胸鰭の染まり方の経過(特徴)、etc、・・・・。RRE.ADY雌×サンセットレッドテールF1(RRE.Aヘテロ)雄 ※2012/11投稿より長年飼育していたスワロー [続きを読む]
  • サンセットドイツイエローの作り方
  • サンセットドイツイエローの作り方2017年現在のサンセットドイツイエロータキシード達サンセットハイドーサルドイツイエロータキシードハイドーサルにしたサンセットドイツ。胸鰭への影響はさほどないことを改めて確認できた。サンセットドイツイエロータキシードこちらの体躯は普通のドイツイエロータキシードとほぼ変わらない。見えないが胸鰭も伸長している。ただ、やはりサンセットの悪影響が目先には残る。サンセットは癖があ [続きを読む]
  • 『サンセット』の面白さと魅力
  • 『サンセット』の面白さと魅力サンセットの形質は面白く、その発現はとても魅力的です。難点を言えば、その遺伝形質は単純ではなさそうだ。と、いうところでしょうか。元来ロングフィンが好きな私は、ドイツイエロータキシードのガルウィングを創る方向で、サンセットで遊んで来た。そんな私でも、「サンセットの面白さ、魅力を一つ紹介してもらえますか!?」と、もし聞かれたとしたら・・・。「そりゃ〜、サンセットによる体色発 [続きを読む]
  • 『非サンセット』について
  • 『非サンセット』について”サンセット”に対して、”非サンセット”という単語がよく使われます。この、”非サンセット”について、私の育種経験とサンセットを維持し続けてきた人達たちより見聞きしていた情報を踏まえ、少し触れておこうと思います。尚、サンセットの起源は1996年(平成8年)頃と日渡氏よりお聞きしており、それ以降から、2017年(平成29年)に至るまでの交配結果(データ)であり、結論ということではありませ [続きを読む]
  • サンセットと染色体3本の矢
  • サンセットと染色体3本の矢Y染色体上の優性遺伝子の矢。X染色体上の優性遺伝子の矢。常染色体上の優性遺伝子の矢。私が入手したサンセットは、1匹の非タキシードのサンセットレットテール雄(2A+XY)のみ。その後、新たにサンセットを導入したことはない。サンセットドイツイエロータキシードは、雄は2A+X(Tu)+Y(Tu)、雌は2A+X(Tu)+X(Tu)にしてからリリースしている。現在も3本の矢が其々の染色体に残り、その [続きを読む]
  • 16分の3伝説
  • 16分の3伝説。私の周りでは、昔そんなふうに呼んでいたが、今は知る人の方が少ないかもしれない。RRE.Aドイツイエロータキシード ハイドーサルスワローリボンの様に見えなくもないが、リボンは持っていない。今も昔も、スワローを累代していれば、その発現率は一定ではないことを経験する。それでも その昔は、スワローの発現率の解説といえば、主流は決まって16分の3(16匹に3匹の割合でスワローが発現する)オンリーであり、それ [続きを読む]
  • Gull wing(ガルウィング)
  • サンセットガルウィングドイツイエロータキシード(非リボン)サンセットを利用したドイツイエロータキシードで、胸鰭を白く染め、その形状をガルウィング状に仕上げた個体。2枚の画像は同じ個体を撮影したものです。6年前の2011年。いつも興味深いグッピー記事を綴るブログ Guppy@Dazedさんで、胸鰭に初めて見る形質を持ったグッピーが紹介されていた。その形状はGull wingで、胸鰭全体は綺麗に染まっている。そして、それは非リ [続きを読む]
  • ドイツイエローと天の羽衣
  • 公開予定が随分と遅れてしまいました。ブログタイトルは、私が得意とするRRE.Aドイツイエロータキシードスワローの理想イメージ。雌の天女。サンセットガルウィングドイツイエロータキシード成魚サンセットレッドテール雄から5年かかった、サンセットを用いたガルウィングタイプのドイツイエロータキシード。complete!!サンセットガルウィングドイツイエロータキシード若魚上の成魚の次世代の中の1匹(2017年5月)。さて!!サ [続きを読む]
  • 過去の記事 …