山崎ケイ さん プロフィール

  •  
山崎ケイさん: 動画から広がる世界
ハンドル名山崎ケイ さん
ブログタイトル動画から広がる世界
ブログURLhttp://kkeeii.link/douga/
サイト紹介文人気の動画ドンドン紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 67日(平均10.4回/週) - 参加 2017/05/15 17:31

山崎ケイ さんのブログ記事

  • 人間には魂 がある。調査の結果、魂の重さは二十五グラムです。
  • 人間に魂が入っているかどうかそれを調ベようと、アメリカの心理学チームが百人ぐらいの人間を対象に臨床実験をしたことがあります。今まさに死んでいくというときに、秤に載せて量ったところ、亡くなった瞬間、平均的に二十五グラムほどその重量が軽くなった。百例からの調査です。その結果、人間には魂がある。魂の重さは二十五グラムという結論になりました。私たち人間には魂というものがあり、魂が肉体二入っているときは、「 [続きを読む]
  • 手塚治虫には子供の天才の芽を伸ばしてくれる母親がいた。
  • 手塚治虫という人がいました。漫画の天才です。六十二歳で亡くなりました。池田師範付属小学校(現大阪教育大学附属池田小学校)というエリートの通う学校の生徒だったのですが、そこは先生もすごく優秀で、エリートだらけです。生徒もエリート、先生もエリート、あるとき授業中に、治ちやん(本名は「治」)がノートに漫画を描いていた。すると先生が見咎めた。「授業中に漫画を描いているとはなにごとだ」と。当時は漫画は市民権を [続きを読む]
  • アインシュタインはなぜ脳細胞の40%を使えたのか?
  • 人間は、普通の人が死ぬまでの間に脳細胞の十五%しか使いません。東大、京大などを優秀な成績で出るような人は、だいたい脳細胞の二十五%です。アインシュタインの脳が永久保存されていますが、変色域が四十%です。電気が通り抜けると、人間の脳は変色します。アインシュタインは、脳細胞の四十%を使いました。だから相対性理論のようなものがわかってしまう。そのような理論を打ち立てることによって、光や電子の問題などがす [続きを読む]
  • 万引き女子大生の可愛そうな体験談
  • あいこ「アァ???アァ????ッ、イクッッ!イクッ! イクッ! イクッ! イクッ!!    イクゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンッッ!!!」あいこは、びっくりするほどの大音量で絶頂の叫びをあげるとギュンと仰け反り、そのまま後ろに倒れ込みました。あいこ「アァ、アァ…、ハァッ…、ハァッ…、ハァッ…、、」性感帯の全部責めを受けた後、あれほどの叫び声をあげたからでしょう。すっかり息が上がってしまい、倒 [続きを読む]
  • 借金返済のため裏ビデオに出た体験談
  • 私が19歳の専門学校生の時の話です。当時私は、学校での生活がうまく行かず、付き合っていた彼とも別れて精神的に参っていました。学校もサボりがちになり、ストレスで段々と浪費癖が付いて買物依存症になり、気付いたら多額の借金を抱えてしまっていました。どうにもならなくなり、普通のバイトでは借金は返せないので、意を決して風俗のバイトをすることにしました。毎日のように気持ちの悪い男や汚いオヤジ達に、体中を触られ舐 [続きを読む]
  • 超常現象の研究 スプーン曲げは東西より南北がいい。
  • 四十年ほど前に大学に入って超常現象の研究を始めたとき、スプーン曲げが流行っていました。そこでわれわれもスプーン曲げを毎日のようにやりました。私自身もこれまでに千本ぐらい曲げてきましたが、それくらいやると、ちょっとした傾向のようなものがわかってきます。たとえば、身体を東西に向けるよりも、南北に向けてるほうが曲がりやすい。南より北に向いてるほうが曲がりやすいと分かってきました。興味が湧いて礼文島とか稚 [続きを読む]
  • 運命は決まっている。「バラドアジヤ?リシの予言書」
  • Tさんはバラドアジヤ?リシの予言書を伝承するバラモンの家系の養子になった。新しく父となった人が、予言書の内容を少しずつTさんに読んでくれた。予言書は日記形式で書かれてあり、そのなかでTさんに伝えられた大事な部分は、ー九九六年十一月一日、死ぬような目に遭う」という予言だった。場所はピーペン(プノンペン)とあった。Tさんはまさかそんなことがと、さして気にも留めず聞き流した。ところが、語学の天才のTさん [続きを読む]
  • ヤクザ、ヤンキー、実はやさしい?
  • 阪神大震災で、警察や消防など救助隊の車が入れず、やっと駆けつけたときには、がれきの中から助けられそうな人はほとんど助けられていたそうです。じつは救助隊の前にそれをやったのは、茶髪の兄ちやん姉ちやんたちだった。ゴムぞうりで出てきた茶髪の兄ちやん姉ちやんたちが釘を踏み抜いて自分の足が血だらけになっているのに、手で引っぱり出せる人たちを大勢助け出した。救助隊が入ってきたときにはすでに多くの人が助け出され [続きを読む]
  • 魂が出て行ったら元気であっても死んでしまう。
  • 原住民か行き交わるジャングルのある場所に大木があって交通の邪魔になるので、この木を倒すことにしました。しかし鉄器?金属器などない。十人ぐらいの住民が大木を取り囲み「おまえなんか死んでしまえ」と叫ぶのです。「おまえなんか役に立たない、おまえなんか嫌いだ」と悪口雑言を一斉に浴びせかけます。それを、三十日ぐらいで枯れる。直径二、三メートルの大木がドーンと倒れるそうです。そうやって大木を取り除きます。木に [続きを読む]
  • プロの画家が水彩画を描く全工程が全部丸わかりです。
  • 思わず人前でサラサラっと描いてみせたくなる。”下手の横好き”と言われていた母の絵が”飾りたいほど味のある”素敵な絵に生まれ変わってました。プロの画家が水彩画を描くコツをノーカットで余すところなく公開しています。初心者でもカンタンで上手に水彩画が描けるようになる上達講座です。DVDを観て、まねをするだけ、という手軽さ。なぜなら、上西先生の描く様子が「ノーカットで」収録されているのです。おそらく、かつて [続きを読む]
  • サックスレッスンの中身をコチラからお試し視聴できます。
  • 初めてでも、楽譜が読めなくても吹ける!初心者でも歌うだけでかっこよく名曲を吹けてしまう方法とは!?大人気アルトサックスレッスンサンプルをご視聴下さい。「楽譜を読めなくても、簡単にサックスが吹けた!」多くのお客様に喜んでいただいた吉野先生のサックスレッスンの中身をコチラからお試し視聴できます。⇒https://www.youtube.com/watch?v=F-YM3bn4gnE「歌うだけでサックスがぐんぐん上達する 音楽経験ゼロでもできる [続きを読む]
  • 自由な人生を味わって欲しい、みんなに!
  • 「24」全シーズン観てやろうと夢中で観てて夜があけてきた、ちょっと休むかと昼過ぎまで寝てしまった、いっけねえ「24」続きを観なきゃ・・・っってあんたいつ働くのって言われそう。とかちょっと温泉めぐりしようと思いついて家族や近所の人誘って付き合ってくれる人とレンタカーで予定立てずに行き当たりばったり旅に出かけたり・・・テレビ観てて弘前いいなあ・・・で行っちゃう博多のラーメンうまそう・・・で行っちゃう。 [続きを読む]
  • 好奇心を解放すれば恐怖も楽しめる。
  •  ジェットコースターもバンジージャンプもスカイダイビングも高いところに登ったりぶら下がったりもどんな景色が見れるんだろう。なんか気づきがあるかもなんか発見があるかもなんか学ぶことがあるかも喧嘩や事故や病気でもどんなふうに痛くなるんだろうどんな体の変化がおこるんだろうその先に死が待ち受けていようとどんなふうに死んでいくんだろう死んだらどうなるんだろう好奇心を持てばそれはそれで楽しみ方があるんですよね [続きを読む]
  • 空海の親の最も有意義なお金の使いかた
  • 空海が好き勝手に修行して十年ぶりにひょっこり親の前に現れました。中国行って仏教を学びたいから渡航費、滞在費、学費を出して欲しいと言ってきました。親は何を考えてるんだお前はとは言わずに承諾します。親が空海に投資したことでこの後の空海の大進撃が始まります。日本を変える投資でした。学ぶべきスキルが分かったら投資も行動も最優先にしないとこの後の人生が回り道になると思います。⇒アンテナサイトにほんブログ村人 [続きを読む]
  • 釈迦も空海も竜馬も三蔵法師も人たらしでした。
  • 初対面でいきなり惚れられるという特性を釈迦も空海も竜馬も三蔵法師ももっていた。三蔵法師は天竺への途中立ち寄った国立ち寄った国で話を聞かせてくれわが国にとどまってくれと足止めされて、それが2ヶ月3ヶ月と積み重なって往復するのに17年間もかかりました。出会う人出会う人すべてに好かれる人だった。これは釈迦にも空海にも竜馬にも共通しています。魂が同じだからです。彼らの人生は出会う人出会う人すべてを見方につ [続きを読む]
  • 空海も竜馬と同じ人たらしでした。
  • 空海は一年で大学を辞めてしまい山にこもって好き勝手に修行します。突然十年ぶりに親の前に現れて中国に渡って仏教を学びたいから渡航費、滞在費、学費を出して欲しいと頼みます。親はこんな何を考えてるか分からない息子の頼みを承知します。恵果阿じゃ梨という高僧が初対面で会った空海に「あなたを密教の後継者に指名する」と言います。「そんなことでいいんですか」と空海が驚くと「貴方がどれほどの人物か見抜くくらいの修行 [続きを読む]