Rieko さん プロフィール

  •  
Riekoさん: たたいても言葉しか出ない
ハンドル名Rieko さん
ブログタイトルたたいても言葉しか出ない
ブログURLhttp://ameblo.jp/riekofu/
サイト紹介文ぽわっと浮かんだ言葉が散らばるところ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 89日(平均2.3回/週) - 参加 2017/05/15 23:52

Rieko さんのブログ記事

  • 日常
  • まいばん気絶の練習とまいあさ覚醒の試練 たゆたう思い出は思い出だから毎日変わらない だけど小さな発見をしたり横顔を思い出したり ありがとうとごめんねを教えてくれた人ありがとうとごめんねを言わせてくれなかった人 まいばん気絶の練習とまいあさ覚醒の試練 繰り返し 繰り返し回る日常 ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 明けるかどうか分からない夜と毛布と文庫本 このまま朝が来なくてもそれはそれで楽しめそうだ 眩しくて細かい硝子みたいな光はたまに心を傷つける 元気な時は綺麗だと思えるもの全て だけど 楽しみにしているドラマ明日の朝のパン やっぱり明けた方が良さそうだ ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 有効期限
  • どこに行ってもいいよって私はこのソファとクッションの間が1番好きなのにどこか行っておいでってそれが人生において1番大事なことみたいだ 暗くなる前にとんぼ返り自分でも格好悪いと思ってる人が心配するくらいの冒険者になれたらな 大風呂敷を広げてその中に自分も埋もれて都合のいい現実にたゆたっていたけれどそろそろ有効期限が切れそうだ そのチケットは手の中にあるまだ今なら有効期限まで少しある ポチしてくれると嬉 [続きを読む]
  • 切り落とした髪の毛の先に想いを宿したのよ だからもういないの新しい私になったの 新しい私になった気分の少し変わった気分の私を見てほしいだけだねずっと同じ人にね 風になびく短い髪に古い想いが新しく宿ってる事も気づかずに ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 柴犬
  • 寂しい時にくうんと鼻を鳴らせたらこの世はどんなに便利だろう ずっと一緒にいたい時好きなだけ擦り寄っていられたらこの世はどんなに贅沢だろう 不便で貧乏な毎日は強がっていきがって肩で息をして涙も目の裏側で止まる 寂しい時にくうんと鼻を鳴らしてくれる生き物が大好きなのに あなたに会えるまで寝ないで待ちたいのに ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 見つけるのはとても難しいけれど見つけたならすぐ分かるの太古の昔にそっとわけ合った薄青い光り灯るから 永遠に続く孤独が忍び寄っても この体にはあなたの記憶がある 追いかけていきたいよ やっと見つけた光をたとえ蛍のように 儚くてもあなたの夢見たいよ 傍らで微笑む…たとえ何度壊れても 生きる限り 見つけるのはとても難しいけれどこの星にはあなたの匂いがする花曇りの日も雨雲たちこめる日も変わらずに会いたいと思 [続きを読む]
  • クッション
  • クッションの位置を変えて見える景色を変える 天井の模様小さな埃反対にあるドア 心の痛みの上に優しい想いを乗せる つまらなそうな明日辛そうな現実憂鬱な夜 変わるかもしれないもったいないよと言われた過去も取り戻せなくてもいいかもしれない 優しい想いがあれば表面だけでもあれば 前を向いて笑えるかもしれない ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • バイバイ
  • 忘れようとして忘れられる事なんて1回もない あの日の温度あの日の景色あの日の言葉 大事な事もあったけど忘れられるものなら忘れたい だから覚えていよう 覚えてやろう いつか忘れてしまったら言えなくなるから今のうちに言っておくね さようなら バイバイ ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 彼と彼女とあたし
  • 泣き腫らした目 帽子で隠す今のあたしならば神様もたいていの事は許してくれると思ってた見なくてもいい現実なら見ないままでいい見なくちゃいけない現実でも涙乾いてからでいいそう思ってたのに前からやってくるのは自転車に乗ったあなた後ろからそっと顔を出した彼女信号は赤へと変わってだけど立ち止まるくらいなら死んだ方がマシと走り抜けた同じ場所で同じように会ってたはずなのにいつの間にか彼と彼女の距離だけが近づいて [続きを読む]
  • 相変わらず爪がもろくて少し伸びるとすぐ割れてそんな事で全てが嫌になったりするあぁブラックボックス抗う間もなく吸い込まれたら最後に何を思うのだろう欠けた爪が気になったり隣の爪も気になったりそんな事が脳裏をよぎるんだろうかくだらない些細な事が 今はいちいち服にひっかかる ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 合わない化粧品で肌が荒れた心だってそうなればいいのに分かりやすく軟膏を塗って原因が何だって考えなくたって治ればいいのに痛い痛い異常はないのにあなたに会えば治るのが嫌だ 嫌だ 嫌だ何年経っても あなたがどこで誰といてもそれでもいいと言えない自分も嫌だあぁ やだ ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 迷い人
  • 打ち上げられて ただそこに居たしばらく居た半開きの乾いた唇が咳をした時かすれた小さな音がしたなにかしたいなにかしたい喉が動いて声が出ていた打ち上げられて ただ泣いていたしばらく泣いた生きたいんだろうって思った ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 車の目が雨を照らす地面が黒く光る傘を持ってない方の腕がしとどに濡れていく路地裏に入れば 遠く近くぽちんぽちんと雨が響くいつもあんなにうるさい鳥たちはどこで眠っているのだろういつもすれ違うあの猫は本宅でゆっくり雨宿りしてるんだろう人間の私は何度経験しても雨を上手く避けられないいつもそうだった晴れたアスファルトから雨の匂いを感じてもまぁいいやって思ってた雨が踊る世界は全てが雨もう晴れる事なんてないちょ [続きを読む]
  • 約束
  • どこにいるの 聞こえないよお願い返事をして怖くないよ一歩一歩 近づいてくればいいよ私もそっちに行くから 真ん中で会おう僕の叫び声が聴こえるくらいには君の返事が聴こえるくらいには必ず近づこう頭の中で約束心の中で握手 ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • ご案内
  • 先が見えない上りエスカレーター煙に巻かれた世界にご案内目の前にあるドアはサクサクしていて齧ると少しチョコレートの味がした降りてしまえば現実世界にご案内下っていく人は今まで私がいた世界へとゆくあの人と私は何が違うんだろうすれ違う時は同じでも違う世界へ進んでゆく明日の私もここへはいない知らない世界へご案内 ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • だめなこと
  • 好きなように心を動かせたらどんなにいいだろうどれだけ訓練をしても鼻歌を歌ってもこの気持ちは動かないいやだいやだと うずくまってる何かがたくさんあってもすごく少なくても駄目なんだろう溢れたり乾いたりしたら駄目なんだろう光り降り注ぐあの昼下がりのソファでうつらうつらした日はもう来ないんだろうか何もかもがちょうど良かったあの日には もう ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 泡雨
  • ぽわん ぽわん私から飛んでいく 透明に浮かぶ泡ぱちんぱちんその度に割れて見ぬふりをしてだけど割れた残骸が 霧雨みたいに肩を濡らす私は今 現実を見ているけれど夢の中から見てるみたい雨が降っているのかな小さな小さな粒のささやかな雨あの日からずっと ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • ココロ
  • お風呂上がりは何故かいつもネガティブな気分になるテレビをつけても携帯をいじっても不安が身体に染み込んでいく「大丈夫だよ」言われたいのはたぶん自分自分の心と仲良くなりたいんだ私たち手を繋いだら最強なのに何で別々で頑張ってるんだろうね何にそんなに怯えてるんだろうね夜が怖くても朝が怖くても晴れた昼間が怖くてもどうしようもないなら濡れた髪の毛そのままでベッドに潜り込んでじっとしていようよ大切に 大切にしな [続きを読む]
  • フレンズデート
  • あたしがどれだけこの日を待っていたか それがあなたに分かりますか?憧れの赤いピンヒール思いきり買って 履きならしにコンビニ行ったり夏休みは長くて 我慢できず さり気なく取りつけた約束久しぶりのフレンズデート つかず離れずボーイフレンド学校で見るより素敵ね 少し焼けたみたい盗み見てるあたし 呑気に笑うあなた無理して履いたヒール もっとちゃんと見てよ慣れずによろけたあたしを掴んでくれた その手にアリガ [続きを読む]
  • ハッピートーク
  • 雨上がり 光の渦 輝く自転車飛び立つハトの群れ 萌える雲の下思うは君との待ち合わせ時間久しぶりの逢瀬でもマメなメールのおかげでだいたいの近況は分かっているからさぁ これから迎えるハッピートーク隅から隅まで聞いてやる幸せなんだ 彼は最高に優しいよでもまぁ何てニヤけた顔どこを掘っても闇がない何だかハリがない だから上手くいかないあたしの疫病神 分けてやるって投げて笑った夢や将来だとか大人な話も真面目く [続きを読む]
  • 白い糸
  • 青い空 走るひこうき雲ずっと向こうまで 続いていて君の街まで届くかな?本気でそんな事 考えたんだよ電車のドアの内側で 丸い光に目を閉じて思い描いてみれば あの頃の君がいる前を向いて歩かなきゃな 分かっているけどたまにこうして思い出させていつも傍にいた笑顔が 今夜だけでも夢にそっと 来てくれたら遠い空 同じ季節の風ふいに立ち止まる 君を撫でて懐かしく 思う心にほんの僅かでも あたしは居ますか?何も恥 [続きを読む]
  • 潜水艦
  • バスタブで目だけ出して潜水艦指を走らせ生まれる波のシワ孤軍奮闘の毎日で後で払おうと思ってた埃もそのままでいつか勝てたらいつか勝てると 思えたらいいなぁ目の下に隠れた体は指はふやけてお湯は芯が少し冷たいお風呂をあがろうそして服を着て人間に戻ってテレビを見よう ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]
  • 面倒
  • 何に悩んでいるのか分からなくなってそれが悩みになるこじれてこじれて細い糸が絡まっていくのをただ睨んでいたエアコンが少しきつい二の腕とつま先を冷やしながら動く事すらできずに息継ぎも面倒くさいあの知恵の輪欲しいって言ったのに出来ないからそのまんまもう欲しいものがないよそれか全部欲しいのか面倒くさい眼鏡がソファにひっかかる外すのも面倒くさい身支度を整えてリップを塗って電車に乗って映画を観ようきっと気が晴 [続きを読む]
  • 失夢
  • あなたの親指平べったくて大きな爪の親指隣りに座るたびに触れたいと思ってた頭の中で連写するほどあの日あなたと私の想いが全く違う色だと知って泣いた日あれから何が変わったのだろう恋は簡単になくならないし相変わらずあなたも私もここにいる隣りに座って思い知るあぁそうか夢がなくなったのか触れたいと夢見る事と決して触れられないと知る事夢の袋が破れて中からさらさら流れたのは大好きなあの親指を連写した思い出の束だっ [続きを読む]
  • 疑心
  • 何もかも疑ってばかり必死で間違いを探している見つけたら落ち込むくせに鏡に鼻先1mm近づくと向こうから怒られそうな気がして怖いから微笑んでみる明日を考えない今を生きる猫になりたい何の疑問も持たずに信じる犬になりたい皮をむき続けて消えてしまう果実のように私も消えてしまわないように ポチしてくれると嬉しいです♪ [続きを読む]