tenten さん プロフィール

  •  
tentenさん: tenのfx 覚書
ハンドル名tenten さん
ブログタイトルtenのfx 覚書
ブログURLhttp://fanblogs.jp/fx00/
サイト紹介文忘れっぽい性格の人間が為替FXやインディーカーシリーズをはじめとする趣味の覚書を書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 94日(平均14.3回/週) - 参加 2017/05/16 22:11

tenten さんのブログ記事

  • 100PP取れたわけは・・・
  • さてさて仕事も午前で終わって暇になったので解説しますね。7月前半Lで114PPとった後7/12の必勝法で色々書きましたがこの時点でのポイントは1、今年頭からの下げトレンドが終わるかも?2、どこで止まるか?3、反転して上昇トレンドとなるか?というところでした。不確実性は残るものの上昇を期待していた状態です。この後の行動としては1、何度かLでINしてやられた。2、不安定状態と判断、トレードはユロルLに切り替え様子見 [続きを読む]
  • 達成キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
  • 今日は仕事が早く終わりました。行く前にチェックしましたが0時ごろ無事100PP達成しておりました。予定通りですね。先日は舞い上がって【正義は必ず勝つのだ】なんて書きましたが正確には×正義は必ず勝つのだ〇チャートは嘘をつかないのだですね。これについては週末詳しく解説しますね [続きを読む]
  • お疲れさまでした
  • 今週ははまりましたね。又同値で刈られました。今回も+60PPくらい行ってたのですが笑短期筋がかなり円売ってるようですねまぁユーロに対してドルがかなり安くなっているのでその反動もありましたね。今週は+-0PPです。何度も行ってますが負けなければいいんです。チャンスは又必ず来ます。今後の予想ですがどるが少し買われそうです。しかしここでは手出ししません。この後売られると思うのでその時がチャンスです。では来週も頑 [続きを読む]
  • お疲れです
  • 仕事から帰ってきましたぁああああ同値で刈られてるwww一時は+60PPまで行ってたんですけどね。又懲りずに100PP狙ってました。残念笑 [続きを読む]
  • お疲れさまでした
  • 今週も終了しましたね。私はまたまた反省しなければなりません。週初めに予想していた通りだったのですがおきてを破りドル円Lしてしまいました。なんで今週はマイナス20PPです。さて来週ですが・・・ユロルはそろそろ下げ転換しそうなのでINの機会はないかなぁドル円が面白くなりそうです。安値更新しましたので押し目来たら迷わずSです。来週も頑張りましょう [続きを読む]
  • お疲れさまでした
  • 今週もお疲れさまでした。今週は+130PPでした。ユロルで150PPとりましたがドル円でー20PPでした。大いに反省しなければなりません。先週の教訓として【ポイントは予想に迷いが出たらだいたい最初の予想が正しい事】これを自分に言い聞かせて今週は望みました。15日の予想としてはユロル上、ドル円下と予想しておりました。http://fanblogs.jp/fx00/archive/217/0予想通りになったのに。。予想通りにINしていたら200PPは取れた場面 [続きを読む]
  • ユロル
  • 昨日折り返したんで一旦利確しました。今また1.15でL入れました。あがれぇ〜 [続きを読む]
  • ただいまぁ
  • 仕事から帰ってきますたぁ今日は疲れた笑さてユロルは順調に上げてますね。L持ちはそろそえろ利確していいと思います。でかい抵抗がこの上にあるんで。私も折り返したらさっさと逃げます。ドル円ですがここまで下げてくるとL軍団が本気出してくる頃でしょうね。どちらにしても不安定なんで手出し無用です笑 [続きを読む]
  • お疲れさまでした
  • 1週間お疲れさまでした今週は+94PPで終わりました。ユロルは2年半続いたレンジを脱出しそうですね。来週も上げてくると思います押したら入るパターンですねドル安になることを考えるとドル円は下かなぁシカゴがあほみたいに円売ってるのが気がかりですが・・・ただシカゴのデーターはワンテンポ遅れるので急激な変動はあまりあてになりませんね [続きを読む]
  • このドル円の謎の下げ?
  • ドル円が景気よく下げてますね。ホールドしたままの方いるでしょうか?いるとしたらチャートをよく読めていないと思いますので解説します。まず私がなぜ114.4までホールドしすぐ離したかと申しますと右側の週足チャートを見てください。ドル円は今年1月よりずっと下げトレンドが続いていたのです。で、6月に初めて下値を切り上げました。この時点で下げトレンドが終わりを告げる可能性があったのです。こうなるとL軍団はがぜんや [続きを読む]