ultimate さん プロフィール

  •  
ultimateさん: Ultimateアルティメイト〜私の選択〜
ハンドル名ultimate さん
ブログタイトルUltimateアルティメイト〜私の選択〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/ultimate195/
サイト紹介文わたしから世界を変えよう!! あなたが変われば、世界は変わる 実践ライフクリエイション
自由文世界の創造はいつも、誰でもない あなた自身からはじまります。 わたしから世界を変えよう!! あなたが変われば、世界は変わる 実践ライフクリエイション
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 69日(平均8.7回/週) - 参加 2017/05/16 23:14

ultimate さんのブログ記事

  • 【 あなたの真実 】
  • じぶんのことは良く知っていると思ってしまいがちになりますが いがいなことに自分の変化や、自分のしらないところはほんとうに沢山あって そんな私の目の前にどうして、この人がやってくるのか どうして、こんなチャンスがやってくるのだろうかと事実を疑いたくなるときがあります。 それでも、それが真実でその人や、ものごとはあなたの知らないあなたの魅力を伝えにやってきてくれているのです。 いや、そんなはずはない [続きを読む]
  • 【 崩壊をまねく前に 】
  • 関係における真実はお互いでつくるあげるもの どちらか一方がこうあるべきを決めてしまったり どちらか一方がこういったら、こういうべきまで決めてしまうのでは いつか、味気ないものになり関係は破綻をきたす。 それでも、それが続いていくのならそれは健全な関係ではなく お互いが利用し、利用されることでニーズをみたしあいながら時にくるしく、いつも苦しくなっていく。 どうして、勝手にきめるのどうして、わたしの [続きを読む]
  • 【 あなたが咲けるばしょ 】
  • あなたにはしあわせになる権利がある まわりの誰が何と言おうと。 まわりの誰かがあなたを認めようとしなくても まわりの誰かがあなたのことを好きだなんて言わなくても あなたにはしあわせになる権利がある。 まわりの誰かがあなたのことをムリだといっても まわりの誰かがあなたのことを必要としてくれなくても まわりの誰かがあなたのことを気にもしていなくても さいあく、きらわれていても それでも、いつでもあ [続きを読む]
  • 【 トキメキの人生を 】
  • 自己信頼がないと 自分のほんとうに必要なものがわかりにくくなったりします。 なぜ、わかりにくくなるのか 純粋で、敏感なゆえに人の想念をひきつけては そのちからに振り回されたりまどわされたりしては 自分を見失うこうとがおこったり じゃまをされている間は自分のなかにつながることができなくなるので ますます自分がわからなくなる。 せっかく来たチャンスもほんとうに自分はふさわしいのだろうか ほしいけど、ほしく [続きを読む]
  • 【 ひかりのほうへ 】
  • あたらしいステージが目の前にあらわれたとき その眩しさに 一瞬、はっとして 自分にはふさわしくなんてないんじゃないのかと思っては 自信がなくなる時があります。 それでも、その光景に心ときめく何かがあるのなら すくなくともあなたのなかにそこへ向かうだけの ちからがあるということ。 自分のなかに見えないものは外側にもみえません。 感動やトキメキは、いまある世界から新しい世界への招待状です。 そのときがや [続きを読む]
  • 【 わたしのみち 】
  • わたしのみちを行こうとするとき どこかまでいくと どんどん細くなり 自分のなかの真実に近づけば近づくほど その道は細くなり 気が付いたら一人ぼっちで 歩かなくてはいけない時がほとんどだったりする。 まるで高所にかかった平均台のようで ときどき突風が吹いたり大雨もふったりで あーもういや こんなことにどんな意味があるんだろうと思う時もある それでも、それこそがトリックだとわかっているので 一度 [続きを読む]
  • 【 創造をとりもどそう 】
  • 20年前はじめて社会にでてOLになり パソコンの前にすわり仕事をしていた。 半年ごとに変わるみごとなシステムに いつか機械に使われることをおそれたわたしは うつになっていった。 わたしが私である意味なんてどこにあるのだろうか。 そして、どんどん自分の感覚や創造力、存在感や魅力が必要とされる仕事に変わるたびに わたしである意味をとりもどし変わっていった。 こんなにも、わたしという存在は世界から求められて [続きを読む]
  • 【 感動のクリエイション 】
  • 素直な心情でブログを書いたり 表現をしていると ときどき言われるのが ヒーラーなのによく悲しむんですね ヒーラーなのによく怒るんですね ということ こういうことをいわれると、 ああ、わたしの話は通じないだろうな。。といつも思うので そうそう、あきらめるのだけどきょうは書いてみようと思う。 人のこころには感情があって ここちいい感情もあればここちわるい感情もある そのどちらにも ものすごい強大な [続きを読む]
  • 【 決断のちから 】
  • よく、コミットがだいじですよ なんていうけれど ほんとだなーと思います。 コミットのちからは その人の人生の方向性をきめるだけでなく そのちからにより完全に引き寄せるものがちがうのだなーと感じています。 いまが、日常の停滞のなかにいるとすると そこから出るコミットは事実、半端ない力がいると思います。 ちょっと出るとかすこしやってみようでもかまわないと思うのですが 引き寄せるものがちがったりします。 [続きを読む]
  • 【 世界の選択 】
  • 世のなかをみていて面白いなあとおもうのは ぜったいに変わらないと決めている人が 何割かはちゃんといるということ。 自分が病気になったとき なぜ、世界はこんなに高度な医療が発達しているのに すくわれる人と、すくわれない人がいるのだろうと思った。 そして、病気にかぎらずいろんな人をみていると ある程度の割合のひとは 変わらないいま以上には良くはなりたくないということを決めているというところがある。 ほと [続きを読む]
  • 【 遠い記憶 】
  • よのなかは あべこべがいろいろあって なんでかなーそうかなー  とおもっているとついていけないようになっていて なんでかなーそうかなーもないままに 生きていくことが普通になっている するとだんだん自分のほんとうの気持ちなんて感じたところで どうしようもないものでしかなくなり よくわからないまま生きていくのが日常になり なにかに従うことがおおくなると どんどん、どんどん自分がわからなくなる。 自分 [続きを読む]
  • 【 夢の世界よ 】
  • 今朝、起きがけに ゆめをみた。 どうもいかん、この感覚 長生きできそうにない体感におそれをなして はっと目がさめた その夢は決してこわい夢でもなく なにかに追われるものでもなく すこし前までの自分がしずかに立っていた。 職場ではたらいていて はっと目にみる光景を観察していただけの。 すこし前まではありふれた日常で きらうものでもこわがるものでもなかったはずなのに。 その光景がいま目の前によみがえ [続きを読む]
  • 【 天国の創造 】
  • 怖れなのか、愛なのか 人は感情を増幅させることができる生き物だ それは選択にかかっている。 二元性の怖れから、対極の有るをもとめたとき、 人はいつまでも有るをみることができない。 よってどの時点でも怖れのなかにいて、 どこまでいってもない状態をつくりあげる。 たとえどんなに手にすることができても 失うことの怖れそして不充分からの怖れの中を生き いつまでも造りあげる世界はないを示す。 どんな小 [続きを読む]
  • 【 あなたのテーマ 】
  • がんばればいい がんばればいい そういうやり方もどこかまでは 通用する それでも、 行き過ぎると必ず、感覚を失うところがあって 現在地がわからないままがんばり続けると、 残念なことにポキっとこころ折れる がんばる心は大事だけど方法論をえらべば もっとスムーズに効果的に目的を達成することができるのだから 本当のところおなじ問題でも 必ずしも、同じやり方でみんながみんなうまくいくわけではなくて ほ [続きを読む]
  • 【 唯一のあなた 】
  • わたしがわたしである意味なんて どこにあるのだろう こどもの時にみんなの前で散々恥をかいてきたのに。 あたらしい世界はあなたを求めている なんて言われても ながいことピンとこないでいた。 おなじ様な仕事をしている人は沢山いるわけで べつに私じゃなくてもそう思ってふてくされていた。 それでも40年生きたところで わたしと同じ人に出会ったことは一度もない。 なんか、あなた会ったことがある気がするー  な [続きを読む]
  • 【 ふつふつはチャンスの訪れ 】
  • 梅雨があけたのか 朝からお天気日和のため 一斉おおそうじをした。 布団を干し、シーツをあらい クーラーをクリーニング カーテンも洗って 電気のかさから、お風呂場 水場、棚の上のほこりもとって いまは家じゅうがアロマのかおりで満たされていて なんだか心地よい。 こころの方は朝早くから家族の立てる音にふつふつきて なんでもテレビの音が苦手なのでまたふつふつ あー困るなあこんな日は そんな時こそ浄化 [続きを読む]
  • 【 停滞か発展か 】
  • そんなことして どうなるの? おそれの中にいる人からそういわれることもある。 でもね。 おそれのなかにいる以上どんなにあがいても それ以上にもならないことの事実もあるんだよね。 強力な輪のなかにいるがゆえにでられないことも分かるけど そこにこの先の発展があるかどうかなんだと思う。 人としての発展人生のひろがり 向上もなければ変化もなくて ふくじゅうと、怠惰先のみえない未来と発展性のない現実 ぐるぐる [続きを読む]
  • 【 ぐるぐるの輪 】
  • 使命をいきなさいって そんなに難しいことじゃない。 じぶんのやるべきことからじぶんのちからをもって できることから始めて その出来ることの質を よりあなたの本質に寄り添うように近づけていくだけだったりする。 いま、やれることをやらないで 運命をだれかのせいにして 使命を生きればいいんでしょって 絵にかいた餅をながめていても はじまらなかったりする。 どうして、じぶんはいつまでたっても使命に出会えな [続きを読む]
  • 【 ラッキーの波にのる 】
  • 人生をややこしくしているのは誰でもない じぶんだ メッセージが受け取れるようになり 流れが見えてくると 本当のところ この世界はうまくいくようにしかできていない。 それなのに、やるべきことをやらなかったり それなのに、問題をかき乱したりおおきくしては ああ、やっぱり人生はふこうの連続じゃないかとなげいたり 真実をかたる人のことばにみみをかたむけつつ 否定をしたくなる。 気が付くと頑固なほどにうたが [続きを読む]
  • 【 上昇気流と下降気流 】
  • じぶんの時間を もっといえば人生の時間を 誰と過ごすか、どこで過ごすかってすごく大事 いっしょにいることでいつも世話をすることになったり いっしょにいることでなぜか、おたがいが上昇気流にのれないような関係は どんどん、自分を見失うだけでなく ほんとうに自分がやらなきゃいけないことから自分自身を遠くにおいたり なにがやりたいのかわからなくなったり たにんの世話ばかりで疲れてしまっては 自分のエネ [続きを読む]
  • 【 幻想から放たれるとき 】
  • しあわせとは目的地ではなくて 過程なんだとおもいます 目的地にするとあまりにも遠く、幻想になりがちだけど 過程にしたとたん いまからでもしあわせはつかみ取り、創造することができるのです。 いまの自分にはないと思えるものを 宝さがしのようにさがすのではなく 日常にあるささいなよろこび慈愛、祝福から 共鳴し、世界をつくるとき 今の身のまわりにしあわせな世界がひろがるのです しあわせを遠い夢ものがたりに [続きを読む]
  • 【 ヒーラーが廃業する日 】
  • それぞれのひとが じぶんのなかのちからに めざめたら、 ヒーラーなんていらないのかもしれない。 最近では多くのひとの意識がかわっているだけに 白雪姫のまじょのようなヒーラーは少なくなった あなたにはちからがある そのちからを どうか、明け渡さないで あなたには、しあわせを創造するちからがあるのだから。 ちからのあるだれかに追従する生き方からは オリジナルな豊かさはうまれない ほんとうの豊 [続きを読む]
  • 【 世界の創造主 】
  • この世界っていうのは ほんとうのところ しあわせでできている。 枯れることを目的として 花の芽がでないように。 もし、不幸がおこるなら それは、人の描いたシナリオのプロセスによる 人にはちからがあるんだ。 ほんとうのところ なんでもないと思っているひとにこそ、ちからがあって この世界を創造していくことができるんだ。 とくべつな誰かが必要なくなったとき 世界が変わる。 いつも、世界の創造主はだれ [続きを読む]