えむ さん プロフィール

  •  
えむさん: ふわふわん。
ハンドル名えむ さん
ブログタイトルふわふわん。
ブログURLhttp://ameblo.jp/rebirth-samshin/
サイト紹介文2016年に754gで誕生した息子の成長記録です。未熟児網膜症、鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、血管腫。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 24日(平均4.1回/週) - 参加 2017/05/17 09:58

えむ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • NICUでの様子①
  • ぼちぼちNICUでのことも書いていこうと思います。出産してからの続きです。さらっと書くと言ってましたが長くなりそうなのでお時間あるときにどうぞ。出産の翌日、つまり帝王切開の手術の翌日から、自由に歩けるようになった。傷の痛みはまだあるので、痛み止めの点滴を打ちながら、自分の足で回復室から大部屋へ移る。落ち着いたところで、看護師さんにNICUへ案内してもらうことになった。息子との初対面だ。NICUはわたしが入院し [続きを読む]
  • 鼠径ヘルニアと臍ヘルニアの手術日が決定
  • 先日、鼠径ヘルニアと臍ヘルニアのフォローのために小児外科を受診して来ました(また書きますがいちご状血管腫の小児外科での治療はもう終了してます)。息子が鼠径ヘルニアになったのは退院して2週間くらい経ったとき、臍ヘルニアは入院中になりました。どちらも正産期に生まれた子もなるものなので馴染みのある症状だと思いますが、両方とも未熟児だとなる確率が上がるそうです。理由としては、本来生まれるまでにお腹の中で育つ [続きを読む]
  • 断乳とコップトレーニング
  • そろそろ断乳をしようかな、と思うのですが、夏を迎えるにあたっての悩みは、まだ哺乳瓶以外で上手に飲めないことと、お茶や水なんかのミルク以外の飲み物はあまり飲んでくれないことです。ストローマグは修正8ヶ月の頃からトレーニングし始めて、最近ようやく一口二口は飲んでくれるようになったものの、ゴクゴクは飲んでくれません たまにミルクをマグに入れてあげると必死で飲むのですが半分以上は口から溢れてます...先日 [続きを読む]
  • 移動動物園がやってきた
  • 昨日のことですが、近所の公園に移動動物園がやってきました。動物園といっても、ライオンとかキリンなんかの大型のものではなく、ヤギやヒツジ、ブタ、カメなどで、餌を持参すれば餌やりができ、触ることもできる、といった触れ合い動物園ですそこに息子を連れて遊びにいってきました。ヤギの鼻に指を突っ込む息子。仕返しとばかりにヤギに指をハムハムされる。サワガニはまだ生き物だってことがわかってなかったっぽいです [続きを読む]
  • 早期教育をすると発達が追いつくのは早くなるか
  • 久しぶりのブログになってしまいましたが、書いてない間、急性胃腸炎にかかっていました息子ではなくわたしの話です…。土曜の昼を外で食べてから調子が悪くなり、月曜になっても回復しないので病院行ったら案の定胃腸炎でした。半年に一度はかかるんです ヘロヘロになりながらも息子に感染るのだけは阻止せねば、と思っていましたが、今の所大丈夫そうなので安心しています。保育園でも流行っているようです。帰って来た後の [続きを読む]
  • 今日の離乳食〜カミカミ期〜
  • 前回までの出産記事、いいね押してくださってありがとうございました日記を書く習慣がないので当時のことも記録を取ってなく、記憶を頼りに書きましたが、ことがことだけに鮮明に覚えてるものですね…!息子が生まれたときのことがぶわっと蘇ってきて、思わず涙が出そうに…次はNICUに入院していたときのことも書きたいと思います。さて、現在の息子くんの話も書いていこうと思います。すっかり大きくなった息子ですが、まだまだ月 [続きを読む]
  • 高位破水から出産するまでのこと④
  • 日が明けて、月曜日。夫から「明日の準備のために仕事に行くけれど、何かあったらすぐに駆けつけるから」と連絡が入る。夫は明日から2泊3日で地方出張へ出る。もし明日、明後日に生まれるようなことがあれば、こちらにはすぐに戻ってこれないだろう。4日持ってくれるだろうか。それとも今日生まれるだろうか。 8時頃に医師が顔をだした。普段は診察に立たない部長の超音波検査を受ける。エコーを見てすぐに部長が「こ [続きを読む]
  • 高位破水から出産するまでのこと③
  • 医師から説明を聞き終わると、看護師さんに尿道カテーテルを抜いてもらった。挿入よりも抜くときの方が痛くて顔をしかめる。「これからは自由にトイレに行って大丈夫ですよ。ただあまりいきむのはよくないので、便秘気味なら便秘薬処方しますから言ってください」とのことだった。その後採血し、レントゲンや心電図をとり終わると、わたしは大部屋へと移動した。移動にはもう車いすは使わず、自分の足で歩いた。同室の入院患者は、 [続きを読む]
  • 高位破水から出産するまでのこと②
  • ろくに眠れないまま朝を迎えると、夫が荷物を抱えてやって来た。夫の顔も疲れている。どうやら夫も眠れなかったようだ。そのとき、たしか夫は今日仕事だったことを思い出した。「仕事どうしたの?」と聞くと、「上司に休んでいいか電話したら、奥さん最優先で行動しろ、だって」と夫が笑う。夫の会社に対しては不満も多いが、上司がそう声をかけてくれる人でよかったな、と思った。おはようございます、と看護師さんが、やたら豪華 [続きを読む]
  • いちご状血管腫の治療②
  • 前回までの記事に早速いいね!を押してくださってありがとうございました。通りすがりでもうれしいです いちご状血管腫の治療についての続き。退院1か月後に、小児外科の診察がありました。息子には鼠径ヘルニアと臍ヘルニアもあるので全部まとめての診察でしたが、ここではいちご状血管腫についてだけ書いていきます(たぶん他の2つについてもそのうち別の記事で書きます)。 先生からは、いちご状血管腫の今後の [続きを読む]
  • 高位破水から出産するまでのこと①
  • 出産のときのことをどうやって書いたらいいだろう、と書いては消し、を繰り返していましたが、最終的に小説風なものが出来上がりました(なおクオリティは)。少しの間お付き合いください。 「それ」が起きたのは土曜日の夜で、1時間ほどのうたたねから起きたときのことだった。体の違和感にはすぐに気付いた。下半身に濡れている感覚がある。少し、ではない。恐る恐るズボンの中に手を入れると下着はぐっ [続きを読む]
  • いちご状血管腫の治療①
  • 未熟児がなりやすいといわれている疾患が息子にもいくつかあります。 まずは、多くの超未ちゃんのブログで取り上げられている未熟児網膜症、鼠径ヘルニアと臍ヘルニア、慢性肺疾患、それからいちご状血管腫です。 息子に血管腫が出来てこの疾患を初めて知ったんですが、小児では比較的多いものなんですね。家にある育児本にもちゃんと解説が載っていました。正産期に生まれた子もなるポピュラーなもので(実際、子 [続きを読む]
  • 今の息子についてと保育園のこと
  • 息子について。 現在息子は1歳2ヵ月、明後日で修正11ヵ月になります。先月の修正10か月のフォローアップでは、身長69cm、体重8.1kgでした。 1歳の成長曲線と比較すると身長が追い付くのは当分先になりそうですが、体重は範囲内に入っています(つまりチビポチャ…)。10か月として考えれば、身長体重ともに成長曲線の範囲内です。この時から1か月弱経ってるのでもう身長が70cm超えてたらいいなあ 身体面と精神面で [続きを読む]
  • はじめまして
  • 2016年の3月、第1子の息子のアルを754gで出産しました。 23w7dに高位破水し、NICUのある病院へ緊急搬送され、何が何だか分からないまま入院。 不安な気持ちに押しつぶされそうな中、抗生物質にステロイド、リトドリンの点滴をしながらひたすら病院のベッド上で安静にしていましたが、1週間後に完全破水しました。その時点で逆子だったので、帝王切開での出産でした。 息子は現在1歳2か月、修正10か月(もうすぐ11か [続きを読む]
  • 過去の記事 …