tesshi さん プロフィール

  •  
tesshiさん: 起業を目指す凡人の書評ブログ
ハンドル名tesshi さん
ブログタイトル起業を目指す凡人の書評ブログ
ブログURLhttp://www.kigyou-syohyou-blog.com/archive
サイト紹介文起業を目指している僕が、日々読んでいるビジネス書から学んだことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 42日(平均10.0回/週) - 参加 2017/05/17 14:32

tesshi さんのブログ記事

  • あなた今、目の前のことに100%全力で取り組んでいるか?〜【100%】書評
  • こんにちは、tesshiです。 自分がやっている仕事、作業に対して全力で取り組めている人は、どれくらいいるでしょうか。たぶん、社会人全体で1割に満たないと思います。 やはり、心のどこかで楽をしたいと感じてしまいますし、手を抜けるところは手を抜くと思います。 しかし、自分の夢に対しての行動は、それではいけない。手を抜いたり、楽をしようとすれば、それだけ夢は遠のいていきます。 自分の夢に対しては100%の全力を [続きを読む]
  • 引っ越しのお知らせ
  • こんにちは、tesshiです。色々考えた結果、はてなブログからWordpressに引っ越しをすることにしました。おそらく引っ越し作業は週末、早ければ金曜日の夜にでも行うと思います。引っ越しを決意した一番の理由は、個人的に、はてなブログよりWordpressでのブログのカスタマイズに慣れているから、です。サイトのURLやブログ名を変える予定はありませんので、もしこのブログを継続して読んでくださるのであれば、URLをブック [続きを読む]
  • 不朽の名著から悩みの解決法を学ぶ〜【道は開ける】書評
  • 『道は開ける/D・カーネギー』過去を建設的なものにする方法は、天下広しといえども、ただ一つしかない。過去の失敗を冷静に分析して何かの足しにする―あとは忘れ去ることだ。こんにちは、tesshiです。経済的に満たされて、物質的な貧しさが無くなった現代において、人を苦しめるようになったものは何でしょうか。それは『悩み』です。人は悩むことにより、人生の大切な時間を無為に過ごしてしまうかもしれません。また [続きを読む]
  • 不朽の名著から悩みの解決法を学ぶ〜【道は開ける】書評
  • 『道は開ける/D・カーネギー』過去を建設的なものにする方法は、天下広しといえども、ただ一つしかない。過去の失敗を冷静に分析して何かの足しにする―あとは忘れ去ることだ。こんにちは、tesshiです。 経済的に満たされて、物質的な貧しさが無くなった現代において、人を苦しめるようになったものは何でしょうか。 それは『悩み』です。 人は悩むことにより、人生の大切な時間を無為に過ごしてしまうかもしれません。または、そ [続きを読む]
  • 斎藤一人のお金の哲学を学ぶ〜【斎藤一人の百戦百勝】書評
  • 『斎藤一人の百戦百勝/小俣貫太』自分がお金のなかった頃のことを忘れて、昔の自分と同じ立場の人をいじめるような奴は、絶対にお金を持っちゃいけない。そんな奴からは、お金は必ず離れていくこんにちは、tesshiです。以前『斎藤一人の百戦百勝 商売編』の書評記事を書いたのですが、商売編と銘打ってあるので、本書『斎藤一人の百戦百勝』はまた別の事が書かれているのであろうと思い購入しました。結論から言うと、ほとん [続きを読む]
  • 斎藤一人のお金の哲学を学ぶ〜【斎藤一人の百戦百勝】書評
  • 『斎藤一人の百戦百勝/小俣貫太』自分がお金のなかった頃のことを忘れて、昔の自分と同じ立場の人をいじめるような奴は、絶対にお金を持っちゃいけない。そんな奴からは、お金は必ず離れていくこんにちは、tesshiです。 以前『斎藤一人の百戦百勝 商売編』の書評記事を書いたのですが、商売編と銘打ってあるので、本書『斎藤一人の百戦百勝』はまた別の事が書かれているのであろうと思い購入しました。 結論から言うと、ほとんど [続きを読む]
  • 自分の人生を、自分らしく生きるために〜【手紙屋】書評
  • 『手紙屋/喜多川 泰』止まっている人は、止まり続けようとする。動いている人は、動き続けようとする。こんにちは、tesshiです。本書の内容を、僕なりに簡単に要約してみると、『なあなあで人生を決めずに、自分の人生と真剣に向き合い、何を目指すのかを決める』という感じです。喜多川泰著『君とあえたから…』『上京物語』『賢者の書』を通して一貫して伝えているテーマであり、今回は例に挙げた書籍とはまた異なる切り [続きを読む]
  • 自分の人生を、自分らしく生きるために〜【手紙屋】書評
  • 『手紙屋/喜多川 泰』止まっている人は、止まり続けようとする。動いている人は、動き続けようとする。こんにちは、tesshiです。 本書の内容を、僕なりに簡単に要約してみると、『なあなあで人生を決めずに、自分の人生と真剣に向き合い、何を目指すのかを決める』という感じです。 喜多川泰著『君とあえたから…』『上京物語』『賢者の書』を通して一貫して伝えているテーマであり、今回は例に挙げた書籍とはまた異なる切り口で [続きを読む]
  • 斎藤一人の成功法則を学ぶ〜【成功脳】書評
  • 『成功脳/斎藤一人』脳に対して、自分が損になることを言っちゃダメなんだよ。脳は『偉大なるコンピューター』なんだよ。ここに不利なものをつっこんじゃダメなんだよ。こんにちは、tesshiです。 本書は、斎藤一人流の成功哲学について語られています。自分の脳とどう付き合っていき、どう活用していけばいいのか、簡単に分かりやすく書かれています。 ただ、不満な点が1つあるとすれば、本一冊にするほど量がないこと。本文が1 [続きを読む]
  • 斎藤一人の成功法則を学ぶ〜【成功脳】書評
  • 『成功脳/斎藤一人』脳に対して、自分が損になることを言っちゃダメなんだよ。脳は『偉大なるコンピューター』なんだよ。ここに不利なものをつっこんじゃダメなんだよ。こんにちは、tesshiです。本書は、斎藤一人流の成功哲学について語られています。自分の脳とどう付き合っていき、どう活用していけばいいのか、簡単に分かりやすく書かれています。ただ、不満な点が1つあるとすれば、本一冊にするほど量がないこと。本文 [続きを読む]
  • 心が病んでいるときに読んでほしい本〜【地球が天国になる話】書評
  • 『地球が天国になる話/斎藤一人』今から、みんなが幸せになる話をします。これしか不幸から抜け出す道がないということで、この話をします。この問題に気がつくと、全ての謎が解けます。こんにちは、tesshiです。 メンタルヘルスケアとして、よく斎藤一人の本を読んでいますが、本書ほど心を揺さぶられた本はないと思います。劣等感を持つことが、悲しみの連鎖を引き起こしてしまうから、それをやめましょうという話。 スピリチュ [続きを読む]
  • 心が病んでいるときに読んでほしい本〜【地球が天国になる話】書評
  • 『地球が天国になる話/斎藤一人』今から、みんなが幸せになる話をします。これしか不幸から抜け出す道がないということで、この話をします。この問題に気がつくと、全ての謎が解けます。こんにちは、tesshiです。メンタルヘルスケアとして、よく斎藤一人の本を読んでいますが、本書ほど心を揺さぶられた本はないと思います。劣等感を持つことが、悲しみの連鎖を引き起こしてしまうから、それをやめましょうという話。スピリ [続きを読む]
  • 日本人が翻訳書を読みづらいと感じる3つの理由
  • こんにちは、tesshiです。普段色々な種類の本を読んでいるのですが、得意なジャンルと苦手なジャンルがあります。苦手なジャンルの中でも、特に『洋書・翻訳書』は何故か読みづらいと感じます。文体が難しいという訳でも、凝った表現をしているわけでもないんですが、なかなか一度で理解することが出来ないんですよね。最初は僕だけなのかな〜と思っていたのですが、知り合いに聞いてみても同じ感想で『なんか読みづらい』とい [続きを読む]