ひろと さん プロフィール

  •  
ひろとさん: 奴隷調教 徒然日記
ハンドル名ひろと さん
ブログタイトル奴隷調教 徒然日記
ブログURLhttp://slavetrainingjournal.blog.fc2.com/
サイト紹介文現在奴隷として飼育している「ゆみ」の調教記録を中心に、私のSM観などを徒然なるままに綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 10日(平均10.5回/週) - 参加 2017/05/18 14:28

ひろと さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 調教(2回目)の準備
  • 1回目の調教を終え、奴隷「ゆみ」は私から継続して調教を受けることを望んだため、1回目の調教から約3週間後に2回目の調教を行うこととなった。2回目の調教に向けて、1回目の調教後にゆみから届いた感想やその後のやり取りの結果、ゆみとしては下記のようなプレイを希望しているようであった。・目隠し・マンコとアナルへの同時玩具責め・クリトリスへのクルップ責め・イラマチオ基本的に私は奴隷に希望を聞くことはしないし、奴隷 [続きを読む]
  • 調教(1回目)を終えて
  • 今回は1回目の調教を終えての私が感じたことを綴ってみたい。1回目の調教は奴隷「ゆみ」と連絡を取り始めてわずか2週間というタイミングで行った。2週間の間でゆみの嗜好や希望などを色々メールでやり取りをしたし、ゆみからの質問に応じる形で私のことも色々と伝えたものの、完全にお互いを理解することは不可能である。もちろん強い信頼関係や精神的な結びつきといったものが存在する訳もなく、この時点においては、ただSMプレイ [続きを読む]
  • 調教(1回目) 奴隷「ゆみ」の感想
  • 前回まで5回に分けて、奴隷「ゆみ」の1回目の調教の様子を書いたが、今回は調教の翌日にゆみから届いた調教の感想を紹介したい。ーーー昨日はありがとうございました。お話ししたら優しくて安心できる人で、安心してSMができました。殺されなかったし(笑)はじめてSMができて良かったです。ずーっと動画とかブログとか見てあんなこととかこんなことされたいなーと思っていたことができて嬉しかったです。一人で動画見てても寂しいだ [続きを読む]
  • 調教(1回目) その5 <イラマチオ、アナルSEXなど>
  • ぐったりしている奴隷「ゆみ」のアイマスクを外す。アイマスクはゆみが暴れ回ったことですでに大きく外れている。ゆみをベッドの上に座らせ、水を飲ませて少し休める。本当は再び勝手に逝ったことに対して問い詰めたいところではあるが、今ゆみに言っても脳に言葉が届きそうな状況ではないし、初めての調教であることを踏まえ何も言わないことにした。そのかわり、私はベッドに立ってゆみの顔におちんちんを近づける。「咥えろ」ゆ [続きを読む]
  • 調教(1回目) その4 <アナル責め、連続絶頂など>
  • 連続して逝き果てた奴隷「ゆみ」はぐったりとしていた。ゆみは何度でも連続して逝ける体質のようであり、女性を逝かせることが大好きな私は今後責め甲斐があるなと考えていた。連結した手枷を外して自由な体勢にさせた上で、乳首に挟んだままのクリップを外す。ゆみは痛みで覚醒し悲鳴をあげる。「また勝手に逝っただろ。しかも、一度だけではなく連続で。逝った報告もしないし。私の命令が聞けないのか。」もちろんこちらは我慢で [続きを読む]
  • 調教(1回目) その3 <玩具責め、クリップ責めなど>
  • 許しを得て逝き果てた奴隷「ゆみ」は四つん這いを保つことが出来ずベッドにぐったりと横たわっていた。後手縛りをした状態であり、手に変な負担がかかると危ないので、ゆみを抱き起こして縛りを解いた。「逝った時は報告しろと言ったはずだが。」「すいません。逝きました。」「今度からはちゃんと報告しなさい。気持ちよかったか?」「気持ちよかったです。」「調教は始まったばかりだぞ。頑張れるか?」「頑張ります。もっとして [続きを読む]
  • 調教(1回目) その2
  • 縛られ、マンコにスティックローターを突っ込まれた状態で、一人ベッドで膝立ちさせられている奴隷「ゆみ」。初めての調教なので、ゆみがどの程度で逝くのか、どの程度まで逝くのを我慢できるかがまだわからないものの、その直前のクリ責めでこのままあと少し続けたら逝きそうな感触を私は得ていた。逝くことが許されないなか、逝かないようにと意識すればするほどスティックローターの振動はゆみにとっての刺激になっているであろ [続きを読む]
  • 調教(1回目) その①
  • 奴隷「ゆみ」と初めて食事に行き、ホテルに行くところまで書いてから、しばらく調教の準備のことを書き連ねていたが、今回は奴隷「ゆみ」を初めての調教について報告したい。但し、調教の情景を想像させるような生々しい描写を書くことは私には出来ないのであくまで記録として読んでいただければと思う。食事した店から比較的近くにあるラブホテルに入り、まずはゆみに調教時における最低限のルールを伝えた。・逝くそうになった時 [続きを読む]
  • 調教(1回目)の準備
  • 3回にわたり調教に向けた準備について書いてきたが、今回は奴隷「ゆみ」の初めての調教に向けた具体的な準備について書くこととしたい。先日書いたとおり、ゆみと初めて会い、食事をした後、ホテルに向かうことになった訳だが、まだ会ってもいない相手であり、会ってみて実際に調教に至るかどうかもわからない中で準備することは非常に難しい。道具の準備にしても、当然道具は複数の女性で使い回すようなことはしないので、すべて [続きを読む]
  • 調教に向けての具体的な準備
  • 前々回、前回と調教にあたっては準備が大切で、準備をするためには奴隷を深く理解することが大切だということを書いてきたが、今回は具体的に私がどのような準備をしているかを書くこととしたい。私は調教にあたっては必ずその奴隷が過去一度もやったことがないことを盛り込むようにしている。それは時によって、奴隷に快楽を与えるものであったり、痛みや苦痛を与えるものであったり、羞恥心で煽るものであったりする。いずれにし [続きを読む]
  • 調教準備としての奴隷の理解
  • 調教の準備にあたっては奴隷のことを深く理解していることが重要である。調教であるから奴隷が悦ぶことだけをするようなことはしない。悦ぶことと嫌がることを織り混ぜるのだが、例えば電マをクリトリスに押し付ける行為は最初であれば気持ち良いが何度も逝かされ続けると快楽と苦痛が同居するようになって徐々に苦痛が強くなっていくし、アナル開発などは最初嫌がることが多いが慣れてくると快楽に変わっていくことが多い。調教に [続きを読む]
  • 調教にあたって準備が大切と思うこと
  • 私は奴隷を調教する上で、準備が非常に大切であると考えている。調教する上では色々な道具を使いながら、色々なプレイを行う。奴隷が単純に快楽を覚えるプレイ、奴隷として扱うことで被虐心を高めるプレイ、羞恥心を煽るプレイ、深い快楽を得るための準備となるプレイ、本来苦痛であるが快楽と組み合わせることで悦びを感じさせるプレイ、お仕置きとして単に痛みを与えるプレイなどである。プレイの順番によって同じことをしても奴 [続きを読む]
  • 初めての食事
  • ゆみと初めて会ったのは最初にやりとりを始めてから2週間後のことであった。平日の夜、お互いの仕事終わりに会って食事をすることとなった。ゆみの臆病な性格により、待ち合わせはゆみが知り合いと会う可能性が少しでもある場所が徹底排除され、とある山手線の駅となった。待ち合わせ場所に現れたゆみは、良く言えば落ち着いた大人の女性であり、悪く言えば少し地味な女性で会った。そして、明らかに緊張している様子が見て取れた [続きを読む]
  • 奴隷「ゆみ」との出会い
  • 出会いのきっかけは某アダルト系の掲示板であった。ちょうど出張が連続で続いていた時期で、普段は移動中本を読んでいることが多いが、本を読み終わったり、少し頭を休めたい時にその掲示板を読んだり、書き込みを行ったりしていた。そんななか、私に連絡してきたのがゆみであった。最初の連絡は非常に素っ気ない感じだったので、冷やかしかなと思いつつ返信してみるとしっかりと返事は返ってくる。これは後でわかったことなのだが [続きを読む]
  • はじめに
  • 私はこの10年くらいの間に3名の女性を調教してきた。しかし、ブログ等で調教の記録を残そうと思ったことはない。正確に言えば、記録を残そうと思ったことはあるが、仕事が多忙を極めていたこともあり、記録を残すということに労力を割く気力がなかった。そんな私が4人目の奴隷を調教するにあたり、ブログという形で記録を残そうと思い立ち、少しずつにはなると思うが、調教記録、SMに関する私の考え、その他思いついたことなど、徒 [続きを読む]
  • 過去の記事 …