こむぎや さん プロフィール

  •  
こむぎやさん: 39歳にして婚活をやめました。
ハンドル名こむぎや さん
ブログタイトル39歳にして婚活をやめました。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/comgiya/
サイト紹介文39歳バツイチ女性です。 不惑を前に人生迷走してます。(´・ω・`)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 120日(平均2.2回/週) - 参加 2017/05/18 00:16

こむぎや さんのブログ記事

  • おじさまと同棲することになりました。
  • もう、子供は産めないかなとこんな捻くれたタイトルのブログを始めたのが5ヶ月前。 うっかり元亭を観てしまい、鬱屈した気持ちを打破する為に恋活パーティに参加したのが3ヶ月前。 そして今、わたしは毎日可愛いLINEスタンプをくれる、50代バツ2のおじさまとお付き合いをしています。 そしてアレヨアレヨの展開で、来月から、同棲することになりました。 夜のうちに玄米ご飯を仕込み今朝はサバを焼いてく [続きを読む]
  • 女子力の高いおじさま
  • 朝、目覚めたら、 「今日は早朝野球です。今、1試合終わりました^ ^」 という内容のLINEがおじさまから来ていました。 おじさま、 おじさま、 今、朝の7時です。。 ネコが寝てるスタンプ送ってもちろん、二度寝させて頂きました。 野球は9人でやるものだから、おそらく18人のおじさまが朝5時から野球やってるってことですね。 想像してちょっと笑いました。 正直、恋愛感 [続きを読む]
  • おじさまからのLINEが、3日で100件超えました。
  • 楽しかった食事デートはともかく寂しがり屋で筆まめなのか、矢継ぎ早にLINEが届きます。 とうとう、 おじさまからのLINEが、3日で100件超えました。 スタンプも写真もセンスが良いので、辛うじて不快にはなりませんが、 基本、わたしは面倒臭がりです。 マメじゃないです。 初日で通知をオフにしました。 (おじさまは好きだけど、LINEが嫌いなんです!!LINEの連絡って、気にはなるけど [続きを読む]
  • おじさまはバツ2。
  • 長文だけど誤字脱字の無いLINE、センスの良いスタンプを送ってくれる50代バツ2の男性と食事デートしてみました。 結論から言いますと、 めっちゃ楽しかったです!! この年齢になるとなかなか無いですが、ちゃんと「女の子」扱いしてくれるのが嬉しかったです。 汚い下ネタを言うわけでもなく、難しい世界情勢を言うのでもなく、自分語りは程々に、わたしの話に笑ってくれる。。。 [続きを読む]
  • 50代のおじさまにナンパされました。
  • 懲りもせず、都内のオトナパーティーに参加して来ました。 年齢は基本40代でしたが、前回の反省を活かし、格安居酒屋ではなく、ちょっとお値段高めのパーティに行ってみました。 そして何故か、 その会の、隣の会に参加されていた 50代のおじさまに(成人した息子あり)ナンパされました。 「子どもはいるの?」「いないです」「欲しくないの?」「欲しいです。だけど産める自信がないから、子どもを望む人 [続きを読む]
  • 気持ちを置く。
  • 「妻」時代に浮気をされた時、 とりあえず、コップに水道水を入れて、一口入飲んでから、 「殴らせろーー!!!」 と叫んで、パーでなくグーで拳を振るった記憶があります。(逃げられたので当たってないのですが) 泣きじゃくりながら元亭を引き連れ、死ぬほど買い物してやる!!と新宿ルミネを歩き回ったのに、ケチ過ぎて、石鹸ひとつ買えずに帰った記憶があります。 連日、2人で格安居酒屋で飲 [続きを読む]
  • 新婚旅行の夢は捨ててない。
  • 先日、女トレーラーじゃない方の幼なじみに、韓国旅行に誘われました。 自慢じゃないですが、海外なんて行ったことありません。てか、本州出たのも人生2回だけです。 「取り急ぎ、パスポート取ってね」「持ってるよ。名前違うけど」「あれ?海外初じゃなかった?」「初だよ。新婚旅行を夢見て10年取ったんだよ。行ってないけど」「なーるほどね!」 先月、とうとう大台に乗った彼女は、お嬢様大学出の同じく [続きを読む]
  • 母になれない。
  • 最近、赤ちゃんのムチムチ手足が可愛いくて仕方ありません。 ベビーカーやおんぶ紐から無防備に出された手足を、何度触りたくなったかしれません。 ペットだったら、「触っても良いですか?」と飼い主さんに了承を得て、撫でることもできますが、さすがに人間の赤ちゃんにはできません。 通りすがりに、ちょっと触れることはできるかも!と考えて、ふと我に返り、 これは、 痴漢と同じ心境じゃな [続きを読む]
  • おじさんを尋問した話。
  • いくらお寿司が美味しかったとは言え、帰宅後やっぱり、わんわん泣いたわたし。 百戦錬磨の幼なじみに、事の顛末をLINEしたところ、 「右を見たらウソと思え」 という有難いお言葉を頂きました。(慰めの言葉はなかった) なかなか切り出せないまま、数日後、お家に行って直接聞くことにしました。 「最近、誰か泊まりに来たよね」「え?」「多分、女の人だと思うけど」「え?泊まってない [続きを読む]
  • おじさんに浮気された話。
  • ある休日の朝、使い捨てコンタクトの空ケースを捨てようとして、自分以外の空ケースを見つけるという見事な浮気発覚体験をしてしまいました。 おじさんは眼鏡でド近眼でしたが、釣り用に使い捨てコンタクトも持っていたので一応度数を調べました。 明らかに度数の違う、コンタクトの空ケース。 おじさんはまだ寝ていたので、ベランダに出て「外眺める用椅子」に座りました。(この家は椅子ばっかりあった) [続きを読む]
  • おじさんと付き合った話。
  • 個室お見合いパーティで知り合い、離婚後、初めて付き合ったおじさんがいました。 おじさんといっても40代半ばで、髭があって禿げてたからか、実年齢より老けて見えました。 見た目はおじさんでしたが、某新聞社のデスクの人で、年収も3桁あるらしく、こういう会ではカップリング慣れしていたようでした。 「選んでくれてありがとう」 おじさんは、慣れた足取りで喫茶店に連れて行き、名刺を渡すとわたしの事 [続きを読む]
  • 酔っぱらって恋活パーティに応募してしまいました。
  • 朝起きたらスマホの画面に、 アラフォー恋人 作る簡単 クックパッドのレシピ検索みたいな入力履歴が残っていました。飲み過ぎて頭痛いです。うー とりあえず、茹で大根半身浴の準備しつつ部屋を片付けながら、 あれ…あれ、何か忘れてる?? 昨夜の自分の行動に不安を抱きました。 すき家で茄子アラビアータ丼を買ったこと?ファミマで食べもしない高級プチデザートを買ったこと??ん、違うな。。 [続きを読む]
  • よし、彼氏を作ろう。
  • 婚活をやめて以来、引きこもりがちだった部屋を一気に掃除。 部屋干ししてた洗濯物を片付け、今さらだけど冬服から衣替え。冷凍庫の霜取りしつつ冷蔵庫を磨き、久々に常備菜を買ってきて、ポテトサラダとひじきの煮物を作り置きしました。 衝動買いした服を着て美容院に行き、半年ぶりに、他人に前髪を切ってもらいました。 今朝は4時起きしてお弁当を作り、朝ヨガ行って出勤しました。 アドレナリン全開 [続きを読む]
  • ひねり無しに言います、ツラかったです。
  • 帰還しました。 無事かどうかは分かりませんが、とりあえず帰りに渋谷のINDEXで、 シャツ4枚とスカート2枚とサンダル1足 ボーナス払いで買いました。試着室に7回も入りました。 大した金額では無いですが、普段、穴の空いたGパンと壊れたサンダル履いて、自分で前髪切ってる超級ドケチ女にとっては異常事態です。 生まれて初めて、白のスカートを買いました。 現実に戻る為の必要経費です。 [続きを読む]
  • 元夫を観に行く。
  • 今から数時間後、数年ぶりに、元夫を「観に」行かなければなりません。 何というか、例えて言うなら、 元夫が奇跡の復活ライブをするとかで、それを観に行く感じです。 人間関係は複雑です。本人とのやりとりは皆無でも、周りから来い来いと散々連絡が来ます。 再婚して子連れで優雅な生活でもしてたらまた違うとは思いますが。 こちらは結局、恋人も子どももいない独り身のまま。パーリーピーポーと仲良くなれ [続きを読む]
  • キリギリスでも幸せになれる。
  • 会社に近かったと言う理由で、突如大型シェアハウスにデビューした30半ばのわたし。 そこにいるのは、パーリーピーポーの集まりでした。 連絡事項は全てFacebook。 みんな下の名前で呼んでいる。週末はラウンジでダンスミュージックかけてパーティ→夜中にClub。ハロウィン、クリスマスは盛大に。カップルは共同スペースで普通にいちゃついてケンカ。(たまにセックスしてる)夜はバスローブ着てる。 Fac [続きを読む]
  • カブさん
  • ままま、時系列を気にせず書いておりますが。 近所のコンビニの夜勤にカブさん(仮名)という方がおります。 カブさんはわたしと同世代か、ちょっと下くらいだと思うのですが、 いつも丁寧ですばしこく、そして仏様のように優しいです。 どれくらい優しいかというと、 夜中に大量の食品買いをする女に対して、ちゃんとお箸を2膳以上つけてくれます。 彼は聞きません、「お箸何膳つけ [続きを読む]
  • わたしの中は矛盾だらけ。
  • わたしには、 キャバ嬢からスナック経営者になって、エステサロンで倒産して、トラックの運転手になった、不倫歴20年の幼なじみがいます。(もう、ツッコミどころ満載です。) 彼女がどんな人間かと言うと、 わたしが18歳で家出した時、不動産屋のキャバ客のマンションに、無断で住まわせた女です。 わたしが落ち込んだときは、わたしをトレーラーの仮眠スペースに突っ込んで、コンテナの荷物の積 [続きを読む]
  • 冷蔵庫を買うのが嫌でシェアハウスに引っ越しました。
  • 勢いで離婚して実家に帰ったものの、通勤2時間半という現実に半年でギブアップ。 ちょうど妹が里帰り出産するということで、2DKの実家の団地には長居はできず、引っ越しを決意しました。 ただ、如何せん、家具をひとつも持っていない。 しかも、45ℓゴミ袋12袋分、自転車置き場が埋まるくらいの家具家電、最後は業者に頼むくらいの超絶断捨離をした後だったので、 正直、もう「モノ」は買いたくない…(虚 [続きを読む]