野球 さん プロフィール

  •  
野球さん: 野球
ハンドル名野球 さん
ブログタイトル野球
ブログURLhttps://yakilyu.muragon.com/
サイト紹介文野球が大好きなのでそれに関した情報を書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 96日(平均6.7回/週) - 参加 2017/05/18 01:02

野球 さんのブログ記事

  • 3位に入るために
  • 巨人は先週DeNAに勝利したことで差を一気に2ゲームまで詰めることができた。 一時二桁あった借金も1になり、3位2位の背中は見えてきた。 しかし、差が縮まってもまだ4位である。 差が広がらないようにするため、巨人は連敗は避けなくてはならない。 連敗すれば、チームの士気は下がり、差も埋まらない。逆に広がってしまう。 そのため、菅野、田口、マイコラスが登板するときは必ず勝たなければいけない。 先週はこ [続きを読む]
  • 巨人3連勝
  • 巨人は6-1で勝利して同一カード3連勝となった。 先発の畠が8回1失点と期待を上回る投球をしてチームを勝利に導いた。 打線も好調をキープしてルーキーの濱口を打ち崩して、点を援護することができた。 チーム的にもここまで不調だった坂本にもヒットと打点がついたので良かったと思う。 他の打者も打席で良い内容だったと思うので、このまま連勝していきたい。 ゲーム差もこれで一気に2まで縮み、3位が見えてきた。 [続きを読む]
  • 菅野好投、マギー満塁弾で勝利
  • 今日の巨人は6-1で勝利して2連勝となった。 先発菅野はホームランで先制されたが、陽が逆転の2塁打を放つと、その後はマギーの満塁弾で試合を決めた。 マギーは追加点が欲しい場面で打ってくれるので、とても頼りになる。 陽も昨日の試合といい、勝負強さが際立っているので打線は絶好調なのが分かる。 問題は菅野が8回体の影響で降板したが、足がつっただけだというので問題はなさそうで安心した。 DeNAに2連勝し [続きを読む]
  • またしても接戦で敗北
  • 巨人は4-3で敗北した。 敗北の理由としては内海が踏ん張れなかったことが一つだ。 3ランを打たれた後に内海は踏ん張れずに一点を追加されたことが痛かった。 今回の投球内容を見ても通用するのが難しくなってきていると感じたので、内海としても厳しい内容だったのではないかと思う。 もう一つのポイントとしては6回の1死満塁で勝ち越せなかったこと。 代打で橋下を出したが、何もできずに三振。 代打としては相川や石 [続きを読む]
  • 巨人大勝
  • 巨人は8-2で勝利。 先発のマイコラスが7回無失点と期待通りの働きをしてくれ、打線も阿部、亀井、坂本のホームランが出て9安打で8点と効率よく点を取ることができた。 小林も2安打で一つが3塁打と監督との特訓が結果を出した感じになった。 広島との2連敗を引きずらず効率よく点を取れたことは大きいが、大差の点数になった時に勝利できる今のチーム状態そのままの結果とも言える。 ここで山口鉄が登板したが、2失点 [続きを読む]
  • 来季のことを考えてみて
  • 巨人の2軍では野手では吉川尚、岡本、青山、投手では池田、谷岡、戸根、高木といった若手がいます。 巨人は3軍制を敷いているため、若手はたくさんいますが、その若手を試す機会がなかなか出てこないところがある。 結果を出していても若手は一軍に行ってもほとんど使われず、結果がすぐ出なければまた2軍行きという感じだ。 2軍3軍の体制もGMが変わったことで少しずつ変化して行っているが、今の1軍の状況を考えてみる [続きを読む]
  • チームの成績のために
  • 巨人は阿部が2000本安打を達成するなど記録に残る試合を昨日しました。 しかし、先週の成績は3勝3敗と波にのることはできず、イーブンとなりました。 試合内容的には勝ち越すことができた内容だったので、少し勿体無いなと思いました。 打線は活発になってきたので、大量得点は期待できるようになりましたが、接戦で勝つことができない勝負弱さが出ていると感じます。 一つは同点に追いついた後に勝ち越すことができない [続きを読む]
  • 2000本達成
  • 巨人の阿部が最終回に2000本安打を達成した。 9回に見事ライト前ヒットを放って達成した。 ルーキー時代からずっと積み重ねてきて、今年ようやく達成することができた。 今回は阿部の2000本安打で勝利をしたかったが、試合は4-1と敗戦。 先発岡田から点を取ることができず、初回のノーアウト3塁で先制できなかったのが痛い。 先発の今村も初回にいきなり3点と予想通りの立ち上がりをして進歩が見られなかった。 [続きを読む]
  • 完封負け
  • 巨人1-0で敗れた 菅野は7回まで西川のホームラン一本に抑えていたが、打線は相手の薮田を捉えることができなかった。 1点差での負けだったので、相手を崩す策もして欲しかったが 、4安打ではしょうがないところもあるのかなと思います。 今回は菅野が先制点を与えてしまったところもあるので、やはり相手に先制点を与えると、厳しいかなと感じます。 昨日の田口の時は何とか逆転できましたが、今日は相手が良かったと諦 [続きを読む]
  • 田口完封
  • 巨人が9-2で勝利した。 巨人は田口が先発をして鈴木のホームランで先制される。 しかし、阿部が5回に3点2塁打を放つと、一気にこの回5点を取る。 6回も代わったヘーゲンズから3点を奪い、勝負を決めた。 打線も長野、村田、陽、マギーの4人が3安打と広島のお株を奪う猛打で圧勝。 投手も田口がしっかり後は投げ抜き9回を完投で締めた。 田口のコントロールは良く鈴木のホームラン以外ほとんど甘いコースにはいか [続きを読む]
  • 寺内の決勝打
  • 5-2で巨人が勝利した。 今日のターニングポイントはやはり寺内の場面であろう 村田が四球で歩かされ、2死満塁となったところで寺内。 守備は良くても、打撃ではあまり期待されない男が、決勝2塁打を放った。 しっかりとストレートに狙いを定めて、振り切ることを念頭に置いていたのか、ストレートをしっかり振り抜き、レフト線への2塁打になった。 この8回に寺内よりも前に、1死1,3塁で中井が打席になったが、悪い [続きを読む]
  • 最後力つきる
  • 巨人は5-4で阪神に敗れ、連勝とはならなかった。 先制された巨人だが7回に陽の好走塁とマギーのタイムリーなどで逆転に成功。 そのまま逃げ切りたかったが、カミネロが捕まり、勝ち切れなかった。 カミネロは最近打たれる傾向になってきているので、少し抑えに限界がきている感じもする。 球威だけでは抑え切れないので、何か武器になる変化球を覚えるなど改善点が必要かも。 現状打たれてもカミネロ以上に抑えができる選 [続きを読む]
  • 巨人投打かみ合い勝利
  • 巨人は6-1で勝利した。 巨人は2000本安打まで6本に迫っていた阿部のタイムリーで先制すると、石川のホームランによって追加点を入れます。 そして、その後も石川のタイムリーなどで追加点を入れると、マイコラスが安定的な投球を続け7回まで無失点に抑えた。 終始流れを渡さず巨人の勝利で終わったが、不安な部分もある。 9回に出てきた田原は簡単に2アウトを取った後に連打で失点して不安定な投球となった。 2軍 [続きを読む]
  • 投手の整備
  • 巨人が上位に上がるためには、菅野、田口、マイコラス以外の投手陣を確保することが必要です。 この3人の先発陣は安定感もあり、かつ勝利する確立も高いのですが、他の3人の投手陣との差がありすぎて借金完済がスムーズにいっていないことが分かる 先週も3勝3敗と一つも借金を減らすことができなかった。 中日とヤクルトという下位チームとの対戦で、3敗の内容も勝ち切ることができた内容だった。 負けるのはしょうがない [続きを読む]
  • 最後はミスで終了
  • 巨人は5-4で中日に敗れた。 巨人は1点をリードされた4回に相手のミスをついて4点を取ったが、直後に大竹は3ランを浴びて同点、7回にはマシソンが打たれ1点を取られそれが決勝点になった。 今回の敗戦は大竹だ。 逆転してもらってすぐにホームランで同点はいただけない。 5回までも満足に抑えられていない投球が続くので、私てきには宮國を先発にした方が良いのではと思う。 昨日菅野がいいピッチングで抑えたが、改 [続きを読む]
  • 打線が6試合連続3ホームラン
  • 今日の試合は巨人が8-2で中日に勝利した。 1点を先制されたが、長野のソロホームランで同点。 その後坂本のタイムリーと阿部の3ランホームランで勝ち越しに成功。 陽にも3ランが出るなど大量援護になった。 その後は菅野ということもあり安心して見ることができました。 菅野は12個の三振を奪うなど貫禄を出すこともできた。 打線も6試合連続で3ホームラン以上とホームランが出ないというチームのイメージを脱却し [続きを読む]
  • 追いつく粘り見せるも決めきれずに敗戦
  • 6-5で巨人は敗戦した。 先発田口は6回4失点と本来の投球は出来なかった。 マシソンもソロホームランを打たれるなど、中継ぎと先発が打たれる機会が多くあってきた。 打線はホームランを4本を放つもすべてソロと点を多くとることができなかった。 何回も勝ち越されるも追いついてきたが、最後はカミネロが打たれて終了となった。 打線が追いつく粘りは素晴らしいが、8月に入りペナントも後半になってきている以上勝利の [続きを読む]
  • 継投に失敗し痛い逆転負け
  • 巨人は7−5で逆転負けを喫し、連勝は5でストップした。 初回に2本のホームランで4点を先制し、2回にも1点を入れて大量点で投手を援護したにも関わらず、中継ぎがリードを守れなかったといえる。 先発の内海は5回3失点とまずまずの内容。 内海の5回までの3失点は予想通りの内容なので、問題はない。 5回まで8安打打たれて3失点ならば内海の調子は悪いなりに良くまとめたと評価できる。 問題は系統の部分だ。 後 [続きを読む]
  • 2試合連続2桁得点
  • 巨人は10−4でヤクルトに大勝 2試合連続2桁得点と打線が爆発してヤクルトに勝った 阿部の3安打猛打賞に村田の2本のホームランなど、ベテラン打者がしっかりと仕事をしたことが今回の勝因かと思う。 村田も阿部も状態は悪くは無いにしろ、目立った打撃は無かったので、今回この2人がしっかりバットで存在感を示したのが今後の試合でもいい収穫となりました。 1番に座っている陽もしっかりとチャンスメイクできるように [続きを読む]
  • 巨人今季初2桁得点で勝利
  • 巨人は10−3で大勝、2桁得点を挙げた。 初回に2点を先制された巨人ですが、3回にマイコラスの今季初ホームランで1点返すと、阿部のタイムリーと亀井の3ランホームランで一気に逆転。 その後も追加点を取り、10点を取ることができました。 マイコラスは8回まで初回の2点で抑える好投。 打線も坂本が復帰して3安打放つなど、今日に関しては心配なかったので良かったです。 亀井が5安打6打点と爆発したのも、予想 [続きを読む]
  • 巨人の正念場
  • 巨人は先週を3勝2敗で勝ち越すことに成功。 DeNAとの差も4ゲームに縮まり3位を狙える位置にまで接近できました。 しかし、4ゲーム差は小さいようで大きい差です。 3位に入れることを巨人は今の目標にしてそうですが、その分若手の起用を控えベテランの起用を続けるという犠牲もあります。 監督の采配によるところですが、もし、これで4位になりCSを逃すと、監督の責任も問われかねない事態になります。 そのため [続きを読む]
  • 巨人劇的なサヨナラ勝ち
  • 巨人が5対4でサヨナラ勝ち。 最後は相川がよく打ちました。 高めの初球を1振りで決め1塁ランナーの亀井も帰って来ることができました。 相川は今季バッターとしてはあまり期待してはいなかったですが、このような伏兵が打ってくれるとチームは盛り上がります。 8,9回とDeNAのりリーフ陣を崩したことはチームとして評価できます。 これで今週は3勝2敗で勝ち越しに成功しました。 来週は下位のチームとの対戦です [続きを読む]
  • 菅野の圧巻の投球と長野久しぶりのタイムリー
  • 今日は5−1で巨人が勝利した。 初回に村田、亀井、長野の3連続適時打で4点を先制することができました。 井納から初回に4点は菅野にとっては大きなリードとなったので、菅野もランナーは出すものも点を与え無いピッチングを続けます。 菅野はピンチになるとギアを上げるピッチングができるため、頼もしいですね。 ランナーは井納よりも出しましたが失点は自身の暴投による1点のみ。 強力なDeNA打線にタイムリーを与 [続きを読む]
  • 巨人の課題
  • 巨人は広島戦を1勝2敗という結果でした。 私的には予想通りでしたので、3連敗しなかっただけでも良かったと思っています。 今回の試合を見て思った一つはマイコラス、田口、菅野の3本柱でしか勝ちが計算できないことです。 他の4番手以降とは質にかなり差があり、他の3人の投手が計算できなければ3勝3敗という計算で、借金を返していくことは出来ません。 大竹や畠も不安定な投球が続き、宮国もまだ安心感があるわけで [続きを読む]
  • 投打に圧倒され完敗
  • 巨人は7−2で広島に敗れた。 巨人の先発は先回良い投球をした畠。 ですが、初回に2点を先制されると、3回にも2点、5回にもマギーの失策による1点を失い、6回で降板となった。 打線も大瀬良に6回まで0点に抑えられ、7回8回に1点づつ返すが、反撃はそこまでで2連敗となった。 巨人の先発の畠は5点を喫したが、11個の三振を奪うなど、ポテンシャルの高さは疲労できた。 今回は大量失点したが、次回も先発として [続きを読む]