初心者ナビ さん プロフィール

  •  
初心者ナビさん: FX初心者向けファンブログ
ハンドル名初心者ナビ さん
ブログタイトルFX初心者向けファンブログ
ブログURLhttp://www.beginnersfxfan.com/
サイト紹介文FX初心者の方に知ってほしい、失敗談、おすすめのトレード方法(デイトレ、スイング)など解説
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 9日(平均14.0回/週) - 参加 2017/05/18 08:41

初心者ナビ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ドル円 為替 チャート 5月25日予想
  • おはようございます。相変わらず方向感のない相場が続いていますね。 トレード結果につきましてはメルマガ→ http://www.mag2.com/m/0001625856.htmlで公開しています。 昨日の見通しでも書いたように、ドル円は112円近辺でしっかり上値を抑えられました。→ ドル円 見通し 2017年5月24日 当面110.20〜112.20のレンジを意識すれば良いでしょう。そろそろ動いて欲しいところですね^^;それでは今日も良いトレー [続きを読む]
  • ドル円 見通し 2017年5月24日はFOMCも注視
  • おはようございます。今日は東京へ向かう新幹線の中から書いています。 昨日のドル円は少し円安ドル高に動きましたが、112円台では上値を抑えられやすいと考えます。市場(マーケット)は6月のFOMCでアメリカの利上げを80%程度織り込んでいるようです。 【参考】FOMCとは連邦公開市場委員会(れんぽうこうかいしじょういいんかい、英語:Federal Open Market Committee、略称:FOMC)とは、アメリカ合衆国の金融政策の [続きを読む]
  • ドル円 予想(5月23日)今日の相場感は??
  • 昨日のドル円は全般的に小動きでした。トレード結果につきましてはメルマガ→ http://www.mag2.com/m/0001625856.htmlで公開しています。 方向感がなくなり膠着状態です。ざっくりと110.00〜111.50のレンジに収まっていますので、内側を狙うかブレイクを狙うかは意識した方が良いですね! 材料探しの相場では一つの材料で一方的に動く可能性もあります。流れが出たらついていこうと思います。それでは今日も良いトレー [続きを読む]
  • ドル円 予想(5月22日) 今日もブログ更新♪
  • さて、今週も始まりました。今朝のドル円はほとんど窓もなく、平和なスタートです。 9時の銀行オープン(ゴトウビ)で実需の買いが入ったようですので、勢いを見守りたいと思います。北朝鮮のミサイルも今のところ相場にはほとんど影響ありませんが、突発的なリスクオフに注意して今週も相場にあたっていきましょう! ドル円の意識すべきポイントは110.20付近にあります。今週もよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • MACDとは
  • 今回は、トレードの参考指標となる「MACD」について、紹介したいと思います。 米シグナラート・コーポレーション社のG・アペル氏が考案した分析方法で、「MAC・D(マック・ディ)」と呼ばれ、特に人気のあるテクニカル指標の一つです。短期と中期の2本の指数平滑移動平均の差を「MACD」、MACDを移動平均したものを「シグナル」と呼びます。この2本の線の方向性・乖離・絡み具合に注目して相場の周期とタイミングを捉えるため、 [続きを読む]
  • RSIとは何?RSIを使うことでどんな事が分かるの?
  • 直訳すれば『相対するものの力関係を比較した指数』であり、米国のチャート研究家の W・ワイルダー氏によって考案されました。RSIは、相場の買われすぎ、売られすぎを示すテクニカル指標であり、オシレーター分析の中では最も活用されている分析方法と言えます。日本では「相対力指数」とも呼ばれて広く活用されております。 RSIの見方は、指数が100%に近いほど買われすぎ、0%に近いほど売られすぎを示し、9日間や14日間が [続きを読む]
  • ドル円 見通し 2017年5月19日午前中に考えた事
  • おはようございます、今日のドル円の動きや振り返りをしてみましょう。昨日は欧州時間から崩れドル円も18時台に110円の前半をつけました。ただ、ポイントと思っていたニューヨーク時間で反転。ダウも56ドル高と下げ止まりました。 個人的には「底を打ったとは言い難い」ので、まだ売り込んでいます。少なくとも112円をしっかり上抜けるまでは、売り目線で行こうと考えています。 今日は金曜日ですので、ヘッジも含めて持 [続きを読む]
  • ドル円 見通し 2017年5月19日に向けての展望
  • 午前中のドル円は111.00を挟んで踏ん張っている印象です。10:30 豪雇用統計は強い数字でした。豪 雇用者数変化(4月)[前回値:6万人]予想: 5000人結果: 3万7400人豪 失業率(4月)[前回値:5.9%]予想: 5.9%結果: 5.7%豪ドルは堅調な動きになるかもしれませんが、アメリカ発のリスクオフですので、今日もNYタイムが鍵となるでしょう。ストップ管理を徹底して、午後からも慎重にいきましょう! [続きを読む]
  • ドル円 見通し 2017年5月18日
  • おはようございます、今日はドル円の見通し(2017年5月18日)をお届けしたいと思います。17日と言えば、秋篠宮(あきしののみや)家の長女眞子(まこ)さまの婚約が新聞の一面を飾り、華やかなムードに日本が包まれたか・・・と思ったのも一転、相場は大きく揺れています。発端は、いつものトランプ大統領のゴタゴタかもしれませんが・・・「前日にドル円の下げの兆候はでていました。」私もユーロドルショートで踏み上げられて、 [続きを読む]
  • 平均足手法について
  • 前回にも書きましたようにデイトレードでは15分の平均足を主に使っています。特にこだわっているからではなく見やすいからだけの理由です。 スマホで一日の流れがよくわかるので、高値で売ってみたり安値で買ってみたりしやすいです。多くの通貨ペアは平均すると1日1円(100pips)動きます。 もちろん20pipsしか動かない日もあれば、200pips動く時もありますので、あくまでも平均ですが、一日の値幅の半分ぐらいを目標 [続きを読む]
  • 移動平均線(MA)とは
  • ある一定期間の為替レートのそれぞれの終値を平均化し、その数字をつないだ線の事です。種類はSMA(単純移動平均線)やEMA(指数平滑移動平均線)、ほかいくつかありますが、私はSMAのみを使っています。その度に変えてみるような事もしていません。理由は・・・「そんなに大きくは変わらないから」です。 先程のMAというのはSMAの事を指しています。例えば・・・ 5日移動平均線でしたら。1日目の終値 86.802日目の終値 86 [続きを読む]
  • ボラティリティとは
  • ボラティリティとは、一般的には「価格の変動率」のことを指します。例えば、相場が上下に大きく動いた時に「ボラが高い」と言ったり、逆に、ほとんど動かない時に「ボラが低い」と言ったりします。 ボラティリティが高くなる主な要因としては、「経済指標や要人発言などによる相場の急変」が挙げられます。特に注意したいのは、夏休みやクリスマス休暇等で相場の参加者が減っている時です。この時期は極端に流動性(リクイデ [続きを読む]
  • 平均足とは
  • 平均足とは、ローソク足の実体にあたる部分(色がついている部分)で上辺と下辺の平均値を採用した足の事を言います。始値=(前時間の平均足始値+前時間の平均足終値) ÷ 2高値=その時間足の高値安値=その時間足の安値終値=(その時間足の始値+高値+安値+終値) ÷ 4前回の15分足チャートのように、ある程度の値動きがあってから、次の色が出る特徴がありますが、トレンド時には、同じ色が連続する事になります。また平 [続きを読む]
  • 15分足とは?大事なのは時間足を使い分ける事なのです
  • 私は日足のローソク足を意識しながら、デイトレードでは15分の平均足をメインに使っています。平均足については改めて書くとして、15分足を使う理由について書いてみたいと思います。日足の項目でふれたように、15分足は15分ごとにできるので1時間で4本できます。 下記のチャートをご覧いただければわかりますが、スマホ画面の端から端までが大体12時間分なので、半日の動きが一画面で把握しやすいからです。 よく [続きを読む]
  • 高値安値とは
  • 私のトレード手法は高値・安値を最も重要視しています。特に日足ベースでの高値安値に水平線を引いてそのラインを意識しています。 画像のように水平線を引くことによって、レンジ(一定の場所で行ったり来たりする)やトレンド(一方方向にブレイクする)が分析できますので、そこがトレードチャンスと考えてください。 私はレンジブレイクのトレンドフォロー(順張り)が好きです。特に安値割れのショートが得意なので [続きを読む]
  • 日足 読み方
  • 個人的には、「私は日足が一番大事」だと思っています。理由は、ローソク足が一日で一本できるというシンプル性と、世界で見ている人が多いので集団心理が働きやすいという点です。 最初に日足のローソク足を簡単に説明しておきます。提供しているFX会社によって色等が違ったりしますのでcymoで話を進めます。 まずローソク足の仕組みですが、一日のオープン値(標準時は7時、サマータイムは6時が多い)から始まり、その [続きを読む]
  • 過去の記事 …