Zekaken さん プロフィール

  •  
Zekakenさん: 記憶(行き場のない気持ち)
ハンドル名Zekaken さん
ブログタイトル記憶(行き場のない気持ち)
ブログURLhttp://zekaken.hatenablog.com/
サイト紹介文大学院生(博士課程)、ゲイ、真面目な話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 86日(平均0.3回/週) - 参加 2017/05/18 17:31

Zekaken さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自己発見の跡②ー 大学生時代
  • 最近の生活が忙しく、やるべきことが増えって、LGBTのこともどんどん頭に離れっていく。。また、日本語で書くのは難しくて、表したい内容はどうやって表現できるか悩んでいる間に、時間が過ぎ去ってしまいます。前回zekaken.hatenablog.com引き続き高校から卒業した後、ひとりで実家から飛行機で3時間以上離れったところで大学に進学した。全く新しい環境で、親戚も知り合いもいないところでわくわく新しい生活が始まった。クラス [続きを読む]
  • 自己発見の跡① ー 中高校生時代
  • 最近研究が忙しいので、なかなか更新できませんでした。今回、僕は「同性が好き」という気持ちの発見と発展の経過を共有します。中高校生時代、大学生時代、大学院生時代3つ分けて更新します。いつから自分は同性が好きなっているか、その確実の時点は自分もはっきり覚えていません。まるで「好き」という感覚がいつか分かるように聞かされています。小さいから、僕は人との感情を大事にする人間です。内向的な性格であるかもしれ [続きを読む]
  • ゲイであること①
  • 私がゲイである事実に気づいた後、気持ちの整理の過程です。変な日本語ですが、ご理解いただければ嬉しいです。ゲイに対する認識大学1年の時、自分はゲイではないかという気がしました。最初、すごく悩んでいました。だけど、悩んでも学生である生活が変わらないと思っていました*1。その後、1週間ほどに気持ちを整理しました。その時の結論としては、同性が好きか異性が好きか、あくまで自分自身の1つ特徴です。僕の人生はこれだ [続きを読む]
  • はじめに
  • Who am I日常生活において自己紹介の場面は多いですが、このネット世界では様々な人がいるから、どのように自己紹介すればいいか、少し難しく感じます。リアル世界で、ある人に対する印象は、見えない付箋にこの人の特徴を記入して貼り付けていくことが多いでしょうか。学生、社会人、太い、優しい、などのラベルほかの人の頭に、僕らはまるで商品についているのように存在しています。さて、僕はどうのようなラベルを持っているか [続きを読む]
  • 過去の記事 …