chihirou さん プロフィール

  •  
chihirouさん: wanderlust | 旅ゴコロを刺激する
ハンドル名chihirou さん
ブログタイトルwanderlust | 旅ゴコロを刺激する
ブログURLhttp://chihirou.wixsite.com/wanderlust/
サイト紹介文旅好きによる、旅を反芻するサイト。旅ゴコロを刺激する情報や写真(主に海外)を、趣味でのんびり更新中。
自由文OLしながら年に1,2回のペースで海外を旅しています。海外出張もそれなりに。
旅から帰って来た瞬間には「次はどこに行こうかな〜」って考えてます…。
これまでに渡航80回以上、40カ国以上訪問。

ウェブサイトには、ブログ(日記)以外にも、写真やおススメの本、旅のヒントなども掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 24日(平均3.2回/週) - 参加 2017/05/18 18:00

chihirou さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • フィンランドサウナの愉悦
  • フィンランドといえば、ムーミンとサウナ。2大名物といってもよいだろう。私自身はもともとそんなにサウナに思い入れがある方ではない。嫌い、ということもないが、大好き!と公言するほどでもない。それでも、韓国に行けば必ず汗蒸幕(ハンジュンマク:麻の布をかぶって温度の高い土や石でできたドームに入る韓国式伝統サウナ)には行くし、トルコに行けばハマム(トルコ式蒸し風呂の公衆浴場)に行く。なので、当然、フィンランド [続きを読む]
  • 旅先ビンゴ
  • 旅の行き先はどうやって決めているの?と聞かれて驚いた。そんなこと、考えてもみなかった、というか、行きたいところに行っているだけだからだ。そんなことに疑問を持たれるなんて思いもしなかった。他の人はそうではないんだろうか?まぁ、私の行き先があんまり普通ではないからだろうが、それにしても、あまりにも何度もこの質問を受けるので、改めて、自分が旅の行き先をどのように決めているのか考えてみた。簡単に言うと、ビ [続きを読む]
  • 私がアイスランドについてお伝えしたい5つのこと
  • 2015年8月に旅したアイスランドのことをkindle用の本としてまとめてみました。 実用的なガイドではありませんが、まだ日本ではマイナーな地、アイスランドの魅力を少しでもお伝えしたかった。初のkindle direct publishing でよくわからないことも多かったので写真は表紙のみ。中味は文字だけです。写真はウェブサイトの方からご覧ください! 是非ご笑覧いただければ幸いです。『私がアイスランドについてお伝えしたい5つのこと』h [続きを読む]
  • シベリア鉄道で行こう
  •  旅好きならば一度は考えたことがあるのではないか。「シベリア鉄道に乗ってみたい!」と。 シベリア鉄道といえばユーラシア大陸を横断する長距離列車。最長のモスクワ−ウラジオストク間を往くには1週間の乗車が必要。さすがにそれはちょっとハードルが高い。そこで、偶然知った、シベリアのイルクーツクとモンゴルのウランバートルを結ぶ区間のシベリア鉄道。2泊3日の旅だ。これくらいならちょうどいい!シベリアもモンゴルも [続きを読む]
  • More Than Travel, Less Than Adventure.
  •  日常が吹き飛ぶような冒険…なんてものはそう簡単にできるものではない。若い時ならともかく、仕事が休める時期も期間も決まっているし、怪我や事件事故も困る。仕事に穴を開けられないから、あらゆることは基本的には前もって予約、準備。出たとこ勝負なんてもっての他。だけど、それでも、できるだけ日常から遠いところに身を置きたい。見たことのないものを見たい。経験したことのないことを経験したい。その衝動は押さえられ [続きを読む]
  • オオカミに会いに行く
  • 世界最北の動物園、Polar Parkはノルウェー北部の北極圏最大級の町トロムソにある。正確に言うと、トロムソから車でさらに3時間ほどかかる僻地にある。思えばこの日から遡ること2年程前、「世界ふしぎ発見!」で放映されていたPolar Parkを見たのがきっかけでこんなところまで遥々やって来た。ここでは、オオカミと触れ合えるプログラムがあるというので、強烈な印象が残っていた。その後、オオカミにとても強い興味を持ったきっか [続きを読む]
  • 犬ぞり疾走記
  • オーロラ爆発でオーロラの見える確率がかなり高い、と言われていた2013年冬。どうしてもオーロラをこの目で見てみたかった私が選んだのはカナダのホワイトホース。日本人にメジャーなのはイエローナイフだったが、あえてホワイトホースを選んだのは、オーロラが見える確率が高いということ、イエローナイフよりは観光客が少なそうなこと、ユーコン野生動物保護区があることが理由だった。しかし、オーロラを見るのはもちろん夜なの [続きを読む]
  • 野生動物と遭遇する幸運
  • アンカレッジから水上飛行機で40分ほど、広大な緑のツンドラやタイガを越え、霧深い入り江に着水。湿地を縦横に流れる細い水の流れは空から見ると大地を走る血管のように見える。大地の隅々まで水を届ける。この水は氷河からきているのだろうか。それともツンドラ、永久凍土の奥底から溶け出してきたのだろうか。少し灰色がかった色に見える。もしかして、この湿地にも熊やカリブーがいるのではないかと目を凝らして見たが、上空か [続きを読む]
  • 私が極北を愛する理由
  • 町を渡る風は、北極の青白い氷を抜けて来たのか、清冽で気持ち良い。白っぽい灰色の空でも、びっくりするくらい青い空でも、そのひんやりとした空気は颯爽としていて気持ちが良い。一方、寒さは怖いものだ。もちろん暑さも過ぎれば同じく怖いけど、やはり寒さの方がより死に近いイメージがある。特に冬の北極圏は死が身近にあるのがよくわかる。最初に極北を訪ねたのは、オーロラを見るために訪れたカナダのホワイトホース。日本人 [続きを読む]
  • 物語のある風景
  • スコットランドの風景には気配がある。手つかずの自然に見えるが、そこには何かの気配を感じるのだ。それが何かはわからない。単に霧のニュアンスのせいかもしれない。絶え間なく動き流れて行く雲とその雲が落とす影のせいかもしれない。でも、もっと何か密やかなるものが、ずっとずっと太古の昔からそこにいるような気がしてならない。ヒースやアザミの茂る湿地の荒野を、低く垂れ込めた雲が、早い風に乗ってぐんぐんと移動してい [続きを読む]
  • 旅の空気
  • 北極圏の凛とした空気。熱帯雨林の息苦しいくらい湿った空気。黄砂の混じった埃っぽい空気。真夏のカラリと乾燥した空気。結局のところ、旅で一番印象に残って懐かしむのはその土地の空気だ。写真や映像、本などで、世界中のいろいろな場所を疑似体験することができる。だけど、空気だけは、リアルにその場所に行かないと体験できない。旅先に着く。まずは飛行機のボーディング・ブリッジやタラップ。空港の到着ロビー。空港の空気 [続きを読む]
  • 過去の記事 …