ふく さん プロフィール

  •  
ふくさん: ふく式〜みじめな私の愛おしさ
ハンドル名ふく さん
ブログタイトルふく式〜みじめな私の愛おしさ
ブログURLhttps://fukushiki.jp
サイト紹介文隠された私・不動の私・この私。3人揃ってアバウトに進め。
自由文自分がダメだと思ってる自分を受け入れた時、自分を変える必要なんてなかったんだと分かった時、人は変わることが出来るし、自分の力を信頼できる、分かり合える。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 86日(平均1.4回/週) - 参加 2017/05/18 18:38

ふく さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 相手は何も問題を感じていないのに、幻と戦っていた
  • 先日はセッションありがとうございました。セッション中はあまりインパクトを感じず、こんなものかなーという感想だったのですが(すみません…汗)その日の晩に、色々と八方塞がりで上手くいかないのは、自分で自分を「私は間違っている」と決めつけていただけじゃない?と胸に渦巻いていた霧が晴れたような気がします。相手は何も問題を感じていないのに、私が一人で「きっとこの人は私にこんな不満を持っていて、だからそれを解 [続きを読む]
  • 誰も責めず、症状にアプローチできる
  • 先日は、セッションありがとうございました。終わってから、何だかとてもウキウキした気持ちで帰りました。いつも心の底にあった、重いものがとれた感じで、「あぁ、こんなにも明るい気持ちになってもいいんだぁ」と嬉しくなりました。いつも見張られ、緊張して物事に集中出来ないことについて、親との関係を見直した方が良いのかも…と思っていましたが、病院の先生だったと言うことに気づく事ができ、そんな小さな時から、物事を [続きを読む]
  • 母親に対して持っていた恨みのような複雑な気持ちが軽く
  • 長年母親に対して持っていた恨みのような複雑な気持ちが軽くなってきました。母に「ああしなさい。こうした方がいい」と言われると怒りや悲しさがこみ上げて、胸の中が憎しみでいっぱいになる毎日でしたが「そっか。それもそうだね」と納得することは聞き入れて、不要なことは軽くスルーできるようになりました。また家事がとても億劫で、「こんなこともしない私はダメ人間」と責める→さらに家事が億劫になるのループだったのが、 [続きを読む]
  • 恋愛で「重い」と言われる所以が分かりました
  • いつも恋愛で「重い」と言われて振られてしまいます。セッションでは彼の視点から私を眺めてみるというのが面白かったです。私の圧の凄いこと!息苦しく押し潰されそうでした。重いと言われる所以がよく分かりました。自分の長所を隠すくらいで接すると、彼の方から私の良さを見つけてくれる。そうすれば余裕を持ってお付き合いを楽しめると自分の中から出てきたことに驚き、今まで何冊も恋愛本を読んできたけど、そういう意味だっ [続きを読む]
  • 問題の核心からズレたところを見て悩んでいた
  • 得意先とのコミュニケーションに自信をなくし、日々の業務にも支障を感じるようになっていました。カウンセリングでは数年前のあるクライアントとのシーンが出てきました。言葉遣いなど自分の態度に問題があり、それを治さないとならないと思っていましたが、自分の仕事が怠惰になっていたのが問題なのだと分かりました。当時クライアントから私とのコミュニケーションに不安があるとクレームが入ってしまったのですが、私がプロと [続きを読む]
  • 思考を静める魔法の言葉
  • セドナメソッドはいいメソッドだなぁ〜と思ってるんですが、私はなんせ面倒臭がりで、あのシンプルなメソッドでさえ、質問をして答えて〜という流れが面倒に感じることがあります(汗)それから理屈っぽくなってる時は「手放そうとするのって、その気持ちと戦うことにならない?」と思ってしまうことがあります。なので最近はどんな感情が湧いても湧くまま放っておく。湧くまま流れるまま。「はいはい、あんたもこっちおいで」とい [続きを読む]
  • 職場で煙たがられる。のほほんとした同僚は重宝されるのにー
  • 問題意識を持つことが良しとされている割に、いざ問題を伝えると煙たがられるだけで通じないことってありますよね。上司に問題を伝えれば伝えるほど鬱陶しがられて、目の前の問題に気付かないのほほ〜んとした同僚の方が重宝されていたりして「やってられんわ!」とさらにイライラが積もってしまう。。そんな時は伝え方を変えてみましょう。1つは問題ではなく「アイデアの提案」。こうすれば売れるんじゃないでしょうか、お客様が [続きを読む]
  • 自己矛盾ない値段設定で気持ち良い集客を
  • 起業した時、サービスの値段を決めるって重要ですよね。採算が合うかどうか、その業界での相場を調べるなど、頭を使って考える=思考の出番だと思います。けれど「思考」が変なふうに働くと「変な値段」になってしまう。変な値段にお客は来ません。思考を変なふうに働かせてしまうのは、や〜っぱり自分の価値を信じられない、自分への不信感から。そして2つの方向性がある。 1つは、自分の価値を上げたい&欲をかいた値段。 [続きを読む]
  • 空回りのアピールと滲み出る魅力
  • 婚活、就活、集客、普段の人付き合い等々、自分を魅力的に見せたい、自分の魅力を知ってほしいという場って色々ありますよね。自分の魅力を知ってどう見せるかというのは、人生の中でも何本かの指に入る大きなテーマかもしれません。人に褒められたこと、成功体験その他、「これが私の強み」というものを出して成功している人は多いと思います。けれど中には空回りをしている人もいるかもしれませんね。うまくいってたアピールが通 [続きを読む]
  • メソッド色々。目指すところは同じ。
  • いろんなメソッドがありますよね。私も幾つか試したことがありますが、どれも目指すところは隠されてしまった自分を受け入れること、出すこと。その先の深い意識と三位一体になることじゃないかなと思っています。意識の中には数々の信じ込みがあって、これらが本来の愛すべき自分を抑え込んでしまっているわけです。信じ込みの中には社会通念、親や教師その他の人から言われたこと、テレビや雑誌の情報、記憶、独自の解釈等々様々 [続きを読む]
  • 頭の理解と心の理解
  • 理解には2種類あるような気がします。頭で考える理解と自分の内側から湧き上がったりストンと落ちる理解。前回の心の仕組み図の記事は、私としては冒険的な記事でした。「心理学科とか出てない自分が心の仕組みなんて人様の目に触れるブログとしてアップして良いのかしら?しかも失敗だらけの私よ?」と。と言いつつ。確かにこの記事は私にとって冒険ではありました。でも、「私なんかが書いていいの?」という声は出てこなかった [続きを読む]
  • 心の仕組みを図にしてみました
  • 心ってこんな風になってるんじゃないかな〜と、図にしてみました。①の私が、普段生活の中で意識している自分です。「〜〜したい」「〜〜しなきゃ」「〜〜は◯◯だ」と思ったり考えたり感じてる自分。この意識の私の下には隠された②の私がいて、更にその奥には思考や感情を超えた不動の自分③がいる。この③の自分に在る時を、本当の自分、魂、愛と言ったり、完全、永遠、無限を感じるんじゃないでしょうか。ワンネスというのも、 [続きを読む]
  • 道筋を考えるのは制限をかけること。アバウトで行こう!
  • ずっと隠していた自分を表に出して、理屈抜きで自分を愛おしく感じられるようになってから変わったことがあります。欲しいものへの道筋を考えなくなったこと。これを叶えるにはあれをしなきゃいけないとか、こうしたらうまくいくはずとか。理屈抜きで自分を好きな感覚って初めてのことと言っていいくらいだから、この感覚で居たら何が来るか楽しみたいという気持ちになったんです。あれこれ予想を立てたり、道筋を考えることが勿体 [続きを読む]
  • 結果と自分の価値はイコールでない
  • 判断をつけない、答えを求めない強さって、どんな強さでしょうか。判断や答えを求めるのは何か支えるものがないと立ってられなかったり、アタフタしている状態。求めずに居られるのは、自分の足だけで立っていられたり、落ち着いた様子が思い浮かびます。自分の足で立てて、待てて、結果に執着していない。結果と自分の価値がイコールでない。そもそも自分の価値なんて考えることもないのかもしれません。(自分の価値に疑いを持っ [続きを読む]
  • 良し悪しの判断をしない強さ
  • 出来事それ自体には良いも悪いもなくて、良いこと、悪いことと判断しているのは自分とよく言われますよね。スピ系ではジャッジするしないって言のかな?私が隠し続けていた自分を晒け出すに至った出来事は、起きた時は最悪だと思いました。もう耐えられないって。でも、隠されていた自分が出てきた今となっては、このことがあったから出てこれたんですよね。もしその事がなかったら、それはそれで満足していたと思うんですが、仮に [続きを読む]
  • Hello world! Hello me!〜隠された私編〜
  • (前回の記事はこちらから)不動の境地に至って、これが本当の私なんだな〜と感じたのも束の間。「本当の私」と思える自分を感じた一方、この時点でもう1人の「隠されている私」はようやく目を向けてもらえて、存在を受け入れる気になってもらえた状態。「オイラも外に出たい!」とばかりに騒ぎ出しました。この隠された自分がいよいよ外に出るタイミング・場面は人それぞれだと思います。楽しさや喜びの中でファッと出てくること [続きを読む]
  • 過去の記事 …