marukonorge さん プロフィール

  •  
marukonorgeさん: 北欧ツレヅレ絵日記
ハンドル名marukonorge さん
ブログタイトル北欧ツレヅレ絵日記
ブログURLhttp://hokuotsurezureenikki.exblog.jp/
サイト紹介文ノルウェーからの日常をつらつらと。ノルウェーや北欧についての豆知識も交えて・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 48日(平均3.5回/週) - 参加 2017/05/18 19:17

marukonorge さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ノルウェー王室について
  • ノルウェーの現在の王室は非常に新しく、現国王ハラルド5世陛下で三代目です。ということは、今の国王のおじいちゃんが今のノルウェーの初代国王ということになります。ホーコン7世陛下です。その長男が現国王のお父さん、先代国王(2代目)のオラフ5世陛下。現国王が3代目なのに、名前に5世とか7世とかついているのが変だとおもわれるかもしれません。これは、ノルウェーが1905年に独立する前、1... [続きを読む]
  • ジャム仕事
  • ノルウェーでは、自家製ジャムを作る家庭が結構あります。果物の旬に大量に作ることが多いです。脱気してちゃんと瓶詰すれば、未開封で1年くらい持つので〜。残念ながら、ノルウェーでもジャムを作る家庭は減ってきてはいますが、このいう伝統は大事にして欲しいなあ。日本でいえば、梅干しをつける「梅仕事」みたいな感覚でしょうか。ジャムを作る家庭ではジャム作りも季節の風物詩みたいになってます。... [続きを読む]
  • ノルウェー旅行を楽しむために
  • 日本からノルウェーに旅行に来られる方はあまり多くありません。ツアーもあまり多くないし、海外旅行が初めての方には訪問しにくい国だとは思います。大体、団体旅行にしても北欧4か国(フィンランド、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー)を周遊するツアーが多いため、値段も高くなり、旅行期間も10日前後と長いものが多いです。なかなか10日も休み取れないですよね。それでもノルウェーにいらっしゃ... [続きを読む]
  • 小旅行
  • 小旅行と言えば聞こえがいいですが、車で息子を合宿に送っていっただけです。でも、オスロを少し(といっても片道3時間ちょっと)でると、すごく景色がいいのがノルウェー。雄大な風景が広がります。フィヨルドの地域や、山岳地帯なんて感動的ですよ。ノルウェーに旅行に来られる方には、ぜひ素晴らしい自然を見ていただきたい。首都オスロ観光は、マニアな人以外1日で済みますから(暴論?)、是非地方に足... [続きを読む]
  • 白夜
  • オスロの夏の夜は明るいことは、前回書きましたが、ヨーロッパって日本の方のイメージより北にあるんですよ〜。フランスのパリなんて、実は北海道の稚内より北です。北欧ノルウェーはパリよりさらに北です。夏は緯度が高ければ高い場所ほど(北半球では北に行けば行くほど)、日が長くなります。それでノルウェー国内でも北の地方に行くと、だんだん日が長くなり、ついには一日中日が沈まない地域に入ります... [続きを読む]
  • 明るい・・・。
  • オスロ、夜11時です。明るい・・・(写真ボケボケ。スミマセン・・)10時過ぎまで鳥が鳴いていました。もうすぐ暗くなりますが、また夜中の3時過ぎには明るくなって、また鳥がチュンチュン鳴きはじめます。「鳥さん、君たち寝不足じゃないの?」と思います(私は君たちのおかげでしっかり寝不足よ)。ノルウェーは冬が長いため、住む人たちは日が長く、暖かい(時には30度超えます。でも乾燥してい... [続きを読む]
  • 納豆作ったよ。
  • 納豆を作ってみました。貴重な3パック600円(高級納豆じゃなくって、ノルウェーだから高いだけ)の冷凍納豆の一部で挑戦。大豆を圧力鍋で茹でて・・・。ゆで大豆に冷凍納豆から抽出した納豆液を加えてヨーグルトメーカーにセット。四角いのは変圧器です。ノルウェーは220vなので日本の電化製品(100v用)を使うには変圧器が必要です。45度を24時間キープで出来上がり!1日ほど冷蔵庫で寝... [続きを読む]
  • ノルウェーのお弁当・マートパッケ
  • ノルウェー人のお弁当。それはマートパッケ。単にノルウェー語で「食べ物の包み」という意味でしかありませんが、ノルウェーの人にとっては、大切なノルウェー文化であり、アイデンティテイの一部です。さて、気になる「食べ物の包み」の中身はというと・・・・薄ーい具の乗ったオープンサンドです。スライスチーズやサラミやハムなどがぺローンとバターを塗った薄切りのパンに乗っている、それだけ... [続きを読む]
  • シナモンロール
  • シナボンで一世を風靡し、「かもめ食堂」でその地位を確立したシナモンロール。焼きましたよー。ノルウェーでも定番のおやつです。カネルボッレ(Kanelbolle)と呼ばれます。うちでは、生地にいれる砂糖を極力少なくして、その分、巻きこむ分と上にかける分を多くしています。すると全体的には同じ砂糖の量を使っても、口に入れたときは甘く感じ、後味はあっさりする気がします。アイシングはかけ... [続きを読む]
  • イラスト要るかな?
  • ブログ名に絵日記とついているので、毎回しょーもない下手なイラストをつけております。イラストなんか何十年ぶりに描くのでホント難しいです。でも、子供の時にやたらと絵を描いていた感覚をまだ手が覚えているなと感じる瞬間があって、体が覚えている感覚って長持ちするんだな〜と不思議な気持ちになったりしてます(若い皆さん!体に覚えさせるって大事よ。やっぱり。)さて、このブログのイラストは、サイ... [続きを読む]
  • ノルウェーワッフル
  • ノルウェー人のソウルフード。ワッフルです。大阪人がタコ焼き器を持っているレベルで、ノルウェー人はワッフルメーカーを持っているのではないでしょうか(ビミョーな例えですが、「本当かどうかはわからないが、一家に一台なイメージ」という感じをわかって〜)。ワッフルはノルウェー人が「我が家のレシピ」にこだわりを持つ、伝統的なお菓子です。しっとり系からサクサク系、それぞれの家庭で味が違う。... [続きを読む]
  • 中世フェスティバルに行ってきました。
  • あー いいお天気!爽やかな日です。中世をテーマにしたフェスティバルがあるというので、家族で出かけました。会場はオスロの中心街にある要塞、アーケシュフース。ハンドクラフトや食べ物を売るテントが、たくさん出ています。中世の戦士が戦っていたり・・死屍累々です。日差しが強いので騎士さんの金属鎧は暑そうです。お城を散策していたら、いきなりビル?と思ったら・・・停泊中のクルー... [続きを読む]
  • ツバキ文具店のこと
  • 以前に書いた「リバース」の他に、もう一つノルウェーから見ているテレビドラマがあります。それは「ツバキ文具店・鎌倉代書屋物語」。さて、ノルウェーの良いところは、肩ひじはらず、リラックスしているところです。形式にこだわらず、いろんなことがインフォ―マル。人間関係にしても何にしても、かなりドライで個人主義。とても気楽。でも、こういう国に長く住んでいると、情緒的で、抒情的でウェットな... [続きを読む]
  • シンガポールのこと
  • ノルウェー生活も、ン十年になりますが、少し前、シンガポールに2年ほど住む機会がありました。この2年は大きかった!!ノルウェー生活ですっかり忘れていた、日常の外出にある小さな楽しみの感覚 を思い出しました! 特に食べ物!シンガポールでのインスピレーションは、ノルウェーに戻った今でも心の支えになっています(大げさかな)。もちろんシンガポール滞在前もたまに日本に里帰りをして、お店... [続きを読む]
  • ムール貝のスパゲティ
  • 物価の高いノルウェーで安いと思うもの第一弾。ムール貝。1キロ600円〜700円くらいで買えます。白ワイン蒸しにするとおいしいよ。スープはスパゲティに絡めて食べるのが好きです(写真のお皿のそこにスパゲティが隠れてます。ムール貝、ノルウェー沿岸で普通に取れるらしいです。潮干狩りじゃないですが、「海水浴にいったら岩場で結構取れるよ」というレベルだそうで、値段が安いのも納得。ただ季節... [続きを読む]
  • 海外生活あるある
  • うっかり油断すると、調味料が切れてたりします。日本の調味料は海外では貴重です。近所のスーパーで買える物って醤油くらいかな。あと、10年くらい前にお寿司が流行り初めてからノルウェーメーカーが米酢とかわさびとか、寿司材料を出してますね。少量で高いので(ノルウェー人でお寿司を家で作るなんていうのは、値段は気にしないタイプのグルメさんが多いので、それでも売れるんでしょう)日本食料品... [続きを読む]
  • 物価高いよ!!
  • ノルウェーの物価は大体、感覚として日本の2倍から3倍という感じです。高い〜。物価の高い国ランキングでは、大抵1位スイスの次の第2位です。はっきりいってノルウェーに住んでる身でも、「物価高っ!!」となります。日本からの旅行者の方にとっては驚愕の物価でしょうね。とはいっても、今はノルウェークローネ安(1クローネ=14円くらい)なので、一時に比べたらノルウェー旅行がお得です。クロー... [続きを読む]
  • ドラマ「リバース」の衣装が!!
  • 「リバース」というドラマにハマっています。スリングボックスという機械を通して実家のビデオを使わせてもらい、毎週見ています 番組をご覧になってない方にドラマの内容を軽く説明させていただくと、主人公(藤原竜也さん)が自分と友人たちに届いた脅迫状をきっかけに、10年前、友人たちとの卒業旅行の際に自動車事故で亡くなった親友(小池徹平さん)の死の謎に迫っていくというお話です。ストーリー... [続きを読む]
  • バゲット焼いてます。
  • 週末は、バゲットを朝食にすることが多いので、少なくとも週一回はバゲットを焼いてます。でも、なかなかうまく焼けなくて。それなりにおいしいのですが、クープの開き具合も今一つだし、穴ぼこぼこのタイプのバゲットにはなりません。いろいろなレシピを試してみたんだけどなー。独学なので捏ね方や成形が間違っているのかも。2次発酵が長すぎるとか・・。ところで、ノルウェーの小麦粉は基本的に中力粉の... [続きを読む]
  • お弁当
  • 昨日の息子のお弁当です。憲法記念日のディナーをラムのローストにしたので、残ったお肉でジンギスカン弁当にしました。タレにりんごジュースを入れると書いてあったけど、うちにはなかったので、ミックスジュースを使っちゃいましたが、大丈夫でした。息子は小さいときから、ずっと日本のお弁当です。学校で日本のお弁当をからかわれて嫌がる子もいると他の日本人のお母さんから聞いたので、「ノルウェ... [続きを読む]
  • 憲法記念日レポート!
  • 憲法記念日のお祭りの朝、目が覚めると外でジョボジョボ雨音がしていたので、「うわー天気最悪・・」と思いましたが、何とか少しづつ持ち直し、オスロは曇りの一日となりました。もう子供も大きくなったわが家では、こういう日は外出せずにおうちでまったり〜。一応国旗を飾って、テレビで憲法記念日の行事を見物です。延々と続く憲法記念日特別番組に飽きた息子が「退屈だしアイス買ってこようかなー。新製... [続きを読む]
  • 5月17日
  • 5月17日はノルウェーの憲法記念日。「ソッテネ・マイ」と固有名詞のように呼ばれますが、単純にノルウェー語で5月17日という意味です。ノルウェーがスウェーデンからの独立を宣言したのは、1905年の6月7日ですが、ナポレオン戦争の終戦処理に関連して1814年に一時的に独立のチャンスがありました。その際にノルウェーの有志が憲法を制定したんですね。その憲法制定の日が5月17日です。結局その時点での独... [続きを読む]
  • ノルウェーの民族衣装
  • もうすぐ(5月17日)ノルウェーの憲法記念日です。この日はあちこちでノルウェーの民族衣装(ブーナード)を身に着けた人を見かけます。民族衣装を着たノルウェー人女性もすてきなのですが、何といっても男性陣のイケメン度が倍くらいにあがります。普段、ネクタイしてる人もめったに見ないようなインフォーマルな国なので、ピシッとした格好をするといきなりかっこよく見えるわけですよー。さて、ノルウェーの民族衣装は... [続きを読む]
  • ごあいさつ
  • はじめまして。Marukoと申します。ノルウェーで何ということもない平凡な日常を過ごしてますが、ちょっと立ち止まってノルウェーのこと、生活のことなど書き留めてみたら、また新しい発見があるかも・・と思い、ブログを始めてみることにしました。このブログを通してどなたかが北欧、ノルウェーに興味を持ってくださるようなことがあれば、とてもうれしいです。あ、残念ながらオシャレな北欧... [続きを読む]
  • 過去の記事 …