凡盆栽人 さん プロフィール

  •  
凡盆栽人さん: Bon Bonsai
ハンドル名凡盆栽人 さん
ブログタイトルBon Bonsai
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bon_bonsai/
サイト紹介文パセリから始まった盆栽ライフ。悪戦苦闘の中で小さな幸せを見出す超初心者の育苗記と備忘録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 41日(平均8.7回/週) - 参加 2017/05/18 23:52

凡盆栽人 さんのブログ記事

  • 素心ロウバイも針金かけ
  • 今日は花芽分化期に入っているであろう素心ロウバイも針金かけ。整枝と言うより単に花芽を付けさせたいだけなので、新梢を下げて、下げまくる。作業しやすい様に下枝から上の枝へと順次作業して行き、最後の2本目で・・・バキッ!!→ぁ゛・・・ぁ゛・・・(´・ω・`).;:…(´・ω...:.;::..(´・;::: .:.;: サラサラサラ..まぁ、ハプニングはあったけれど、めげない(`・ω・´)と言うのも、ロウバイは強剪定で枯れると言うことだったので、苗木 [続きを読む]
  • ブナ、次郎くんの整枝
  • 『素人盆栽なんです。』のまっつんさん曰く、幼い頃からの躾が大事とのことなので、ブナの実生苗、次郎くんに、ちゃちゃっと針金をかける。シャキ━━━(`・ω・´)━━━ン !!!!!ブナはブナらしく、直幹を目差す。一郎くんはまた今度。 [続きを読む]
  • きのこがががっ!!
  • 一日中雨が降った日の翌日。藤の鉢から・・・きのこが生えてキタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!ちょっと気持ち悪くて触りたくないので、そのままにしておいたら、本日2本目を確認・・・(´・ω・`).;:…(´・ω...:.;::..(´・;::: .:.;: サラサラサラ.. [続きを読む]
  • あえてタブーを冒してみる
  • 山もみじの実生苗たち。全葉刈りから、ちょうど1ヶ月。新しい葉が固まりつつある。やっぱり葉の大きさは揃わなかったぞヽ(*`Д´)/ ゴルアそれに芽摘みのつもりがどうやら稚児葉を残して本葉を取り除いたりしたらしく、形がおかしい葉が結構あったりして・・・今度は部分葉刈りをしてみた( ゜Д゜)y━プハァ━┛~~注:モミジの葉刈りは1年に1度だけが基本です。良い子はマネしないで下さい。Written, June 27, 2017. [続きを読む]
  • 傷の治癒促進
  • 先週カインズで買ってきた彫刻刀セット。100均でも彫刻刀あったけど、100均の刃物が危ないキガスルのは私だけ?wこれを使って、気になっていたボケの切り傷を綺麗にする。苗木購入時既に出来ていた傷は数ヶ月間見ていて全く変化がない。一方、その後剪定してトップジンMペーストを貼付しておいた個所はじんわりカルスが巻き始めている。と言う事で、古傷を削りなおす。カッターだと作業が捗らないばかりか、余計なところに傷が付 [続きを読む]
  • ルリビョウタンの育て方
  • ルリビョウタンの育て方についてのネット上の情報が少なく、まとめサイトがないので、ここにまとめておく。特徴アワブキ科アオカズラ属。和名は青葛(アオカヅラ)、盆栽界では別名の瑠璃瓢箪(ルリビョウタン)が一般的。3〜4月頃、展葉に先立ってひとつの花芽から黄色い小さな花が1〜2個ずつ咲く。5枚の花弁に5本の雄しべがあり、素心ロウバイと同じく全て淡い黄色一色。ひとつの花に子房が2室ある為ヒョウタン型の実が生る(6〜 [続きを読む]
  • 梅に花芽を付けさせる工夫
  • 入梅からしばらく経って、昨日は久々梅雨らしい一日となった。梅は花芽分化の時期に入っていると思うので、今日は梅に花芽を付けさせる為に、ひと工夫をしてみた。身近な植物『梅・梅の葉切り&芽伏せ・・・枝元に葉芽を作る手入れ』を参考にさせて頂いて、以前葉刈りを行った。新梢の根元の葉を2、3枚、葉柄の半分位で切り落とすと言う内容。葉刈りをした部分には来年の葉芽が出来る事になり、枝枯れを防ぐ方法なのだそうだ、すん [続きを読む]
  • ルリビョウタン仲間入り
  • 一昨日、私の元にやってきたルリビョウタンの2.5号ポットの苗木。我が家ではこの子が初めての実もの。狭いベランダでの育成上、鉢に限りがあるので悩みに悩み、両性花なので1本で実が生るこの子をチョイス。しかも、その色は様々に変化すると言うので1本で何本分も楽しめる訳だw緑(赤を帯びることが多い)から青緑、青を経て濃青色となる福原のページ(植物形態学・生物画像集など)『アオカズラ(アワブキ科)』ではでは、植え替え植 [続きを読む]
  • 気持ち良さそうだなぁ
  • 今日は一日中雨が降り続き、心配していた強風もなく、みんな気持ち良さそう〜昨日我が家にやってきた新入りふたりが植え替えを控えているけれど、あまりに気持ち良さそうなので、雨がやむまで後2、3時間このままに・・・ [続きを読む]
  • さらば、三郎くん
  • ブナの実生苗の寄せていない寄せ植え。よく見ると、実は2本ではなく3本目がいます。3本目の三郎くんがお亡くなりになったのは4月20日の事。三郎くん死去後の鉢替えについて『ミニ盆栽の作り方』の怪長さんにご相談頂き、来春までこのまま行くと決めたのだけど・・・やっぱり鉢替えしちゃいました。なぜって、樹種が増える予定なので。4号1鉢より2.5号2鉢の方が置き場が確保できるんですよねぇ・・・以前2番芽が出てきたと思っていたのは [続きを読む]
  • カツラをいじる、頭の方じゃないのよ。
  • 今日は6月17日に購入し、寒冷紗かけで登場した桂の苗木をいじる。最近楽しくやり取りさせて頂いている、じぃじさんのブログで、以前下記の様な桂の木の記事を拝見。秋から冬にかけては、その枯れた葉からは独特の甘い香りがして来て、またまた良い気分にしてくれます。香りの元は「マルトール」という香料成分だそうで、この香料はキャラメルなどにも使われているそうですから、なるほど甘い香りがしてくる訳ですね。「じぃじ」の [続きを読む]
  • サボテン黄花2種、開花中
  • サボテンの黄花2種が開花中。こちらは6月15日撮影のオルタカンタス・・・のはずw午後に開き始めて2時間程で閉じてしまう為、私はほぼ見逃すw2日目はあまり開かないけれど、一輪につき二日楽しめて、蕾によっては1週間程開花がずれ込むので、結構長期間楽しめる。こちらはレモンイエローの貴宝青。なんちゅー花びらの多さっ!!Σ(゚Д゚≡゚Д゚)午前中遅い時間から開き始めて夕方には閉じる。 [続きを読む]
  • 例のお題のハイビスカスが咲く
  • 昨日朝もはよからせっかく寒冷紗を設置したのに、今日はめっさ曇りの朝を迎えた・・・( ゜Д゜)y━プハァ━┛~~花もの類の鉢に骨粉・魚粉の大サービスをしたり、今日は色々作業をする予定なので、涼しくて助かるけどw盆栽にしろと言う例のお題のハイビスカスが咲いて、どんより〜な朝もちょっぴり楽しげな棚になった。花は勿論のこと、葉っぱも照りっ照りの良い色艶をしていて元気を分けてもらえる様なキガスル。とりあえず、無理難 [続きを読む]
  • 寒冷紗をかけてみた。
  • 梅雨明けまで待とうと思っていた寒冷紗。今年は梅雨入り後も晴天の日が続き、カンカンデリデリのベランダでは既に葉焼けが見られる様になり、ロウバイやブナが悲痛な叫びを上げ始めたので寒冷紗をかける事にした。昨日買ってきた遮光ネット。100円ショップでは店舗によりけり70%か75%で遮光率が高過ぎると思ったので、ホムセンに足を運び、45%で¥1,380のものを手に取り、たっけぇニダヨ━━━━━━━━━━!!!!と思っていたら、60% [続きを読む]
  • ハイビスカスを盆栽にしろと言うお題
  • 昨日母がホムセンからお持ち帰りしたハイビスカス。サマーブリーズ サニーウィンドと言う、こんがらかりそうな品種名。口にしなかったけれど、以前から欲しかったらしい。そして、盆栽にしろと押し付けられるw南国の花のイメージしかなかった私は、ハイビスカスなんて盆栽になるかYO!!と思ったものの、良く見たら木なのね。しかも、調べてみたらアオイ科フヨウ属。あら?割と馴染み深い様な・・・で、耐寒性がないのは分かるけど [続きを読む]
  • 落葉後まで待てませんでした。
  • 花後に何度も徒長枝の剪定をしているボケ、ルージュ。ま〜たぼっさぼっさですわぁ・・・( ゜Д゜)y━プハァ━┛~~ん〜んん〜〜んんん〜〜〜本当は強剪定は落葉後なんだとか。でも、どうしても上の方ばっかり新梢が伸びるのよねぇ・・・新しい枝を作っても、どうせ秋には剪定しちゃうから意味ないし、まぁまぁな位置に新梢が伸びて来そうなのが確認出来たので、バッサリ。来年は花が殆ど期待出来ないかもしれないけれど、よかんべー。今 [続きを読む]
  • 山もみじ、葉刈りから3週間弱
  • 今日は梅雨らしい一日になった。一日中弱い雨が降ったり止んだりしていたみたいだけど、とんでも寒かった!!ここ、東京青梅は最低気温14度、最高気温18度。雨が降るのは万々歳だけど、これだけ寒いと樹たちが心配。だけども、春に寒の戻りで室内に取り込んだり出したりを繰返した結果、ブナが死亡した事もあり、こんな日もスパルタンで外に出したまま。がむばれ、樹たち(`・ω・´)ママンは温かい室内から見守っているからね(ぇ [続きを読む]
  • 花梅の葉刈りをやってみた
  • 花梅の葉刈り&葉切りについては、詳細が良く分からず手を付けずに来た。そこへ来て、とっても参考になるブログ記事を発見!!梅は花を咲かせると枝元に葉芽が出来ないので 間延びして先枯れすることがあり、よく枝が枯れます。それで、枝元に葉芽を持たせる方法として6月に元葉 2〜3葉を切り取り、その部分に葉芽が出るようにし、落葉後葉芽が判るようになった時点でそこから先を切り込む方法が取られています。身近な植物『梅・ [続きを読む]
  • チョウジザクラをいじる
  • GW位からちまちまと咲き続けていたチョウジザクラがようやく開花終了。・・・したのは左の株。右の株は1ヶ月位前までは枯れたかと思っていたが・・・2週間位前からじんわりじんわり動き始めた(遅株立ち状に育つと言う性質から最初は別株だとは思っていなかったが、この状態、明らかに別株よね。元々この樹種は樹勢が弱く、あまり丈夫ではないらしい。強剪定も根を切られるのも嫌うと言う事で購入直後の3月初旬の植え替えの時はどこも切 [続きを読む]
  • 藤、骨折。
  • 昨日針金をかけたばかりの藤。帰宅後ベランダに出てみると、そこにあるはずの姿がないっΣ(゚Д゚≡゚Д゚)強風でベランダから落下。下から仰ぎ見ると玄関の屋根の雨どいから半分姿を見せる形で父に救出されるまで2時間半程横たわっていたらしい。ウ・・・。゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д´ ゚)ノ゚。。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウワァァァン!!これは藤の台詞だよね・・・無残にも根元から折れてしまった大事な右一の枝と左一の枝と蔓1本・・・ショックなので樹の様子は [続きを読む]
  • 藤は今が曲げ時?
  • 家で最大の苗木、野田一才藤。6号鉢で樹高80cm、幅85cm程。蔓の先端を剪定してから丁度1ヶ月。新しい蔓を順調に伸ばしてはいるが、それ程大きくなっていない。藤は根粒菌との共生により葉・茎・枝等の育成に必要な窒素化合物を自給自足している為、花をつけなかった今年は置肥をしていない。そのせいか蔓もまだ暴走せず、また自然に芽止まりして短枝となっているものもある。置肥していたら、今頃はもっと巨大になっていたに違いな [続きを読む]
  • 今年は黄花だけ
  • 孔雀サボテンは例年この黄花のツタンカーメンと白花も4〜5輪ずつ咲くのだけれど、今年は母が強剪定してしまったので、悲しい事にこの1輪のみ(´・ω・`)にも関わらず、1週間程前にアブラムシが蕾に大量発生。スミチオン乳剤があまり効かず、ここ数日間ハシデトールを繰返していたwアブラムシに負けず、綺麗に咲いてくれて良かった。しかし、これまた名前に違和感を感じる程、その姿は柔和な感じw誰が命名したんだよ、全く・・・ [続きを読む]
  • お嫁に行けなかった子
  • 母の市民農園用になぜか私がベランダで育てていたミニトマトの黒ポット苗10本。植え付け場所が確保出来なかったとかで、ひとりお嫁に行けず、売れ残ってしまったw可哀相なので引き続きベランダで育てることに。用土は赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1。牛糞堆肥300gにかきがら石灰・油粕・骨粉・魚粉を各10gずつ混ぜて9号深鉢に植え替え完了。ミニトマトは初めてだけど、上手く行くかしらん・・・ [続きを読む]
  • 紐サボテン 白檀開花
  • 紐サボテン開花。花は朱色なのに、その名は白檀。紫蘭の白花姫以上に矛盾しているw花径は3〜4cmだけど、見ごたえがある。孔雀サボテンのミニと言った感じ。ただ、孔雀と違って何日も閉じたり開いたりするので長く楽しめる。サボテンって最初はちっちゃくて可愛いんだけど、大概数年すると図体がものごっつでかくなって、すんごい憎たらしい姿になっちゃうのよね・・・( ゜Д゜)y━プハァ━┛~~だけど、この子は草丈も枝垂れて15cm位 [続きを読む]