稽古人 さん プロフィール

  •  
稽古人さん: 続!稽古人、徒然日誌
ハンドル名稽古人 さん
ブログタイトル続!稽古人、徒然日誌
ブログURLhttp://ameblo.jp/bunotaiiku-kogakusha/
サイト紹介文空手とシステマを稽古するオヤジ。日々の稽古のことを中心に徒然にいろんな思いを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 6日(平均19.8回/週) - 参加 2017/05/19 12:32

稽古人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ヨーガ、静かなる衝撃。
  • 静かなる衝撃が広がっています。私の中の変化…なのかもしれません。それをもたらしたのは稲垣多朗太のサットヴァヨーガでした。去る14日に実施したワークショップ。正直、この時は、いつものように過ごしたのですが、翌日から出された課題をやっていくと、明らかに気分が安定して、やれなかった日は不安感が募る、そんなことが起きました。ただ違和感も、恐怖もなく、外見上には何も表れません。1週間もしたら、やれなかった [続きを読む]
  • 自然のままに、が難しい。
  • アップが遅れましたが土曜の最後は19時からパピオスタジオでのセルフディフェンス教室(システマ九州福岡教室)でした。10名での稽古は久々でやりごたえ十分です。特にパートナーからのコンタクトを芯に響かせず、受けて動くことで、パートナーの死角(視野または意識、ときにはその両方)に自然と手足が入って触れている…そんな状態を確認するために、一対一から一対複数、またはナイフ、棒(杖や竹刀)も使ってコンタクト‐ムー [続きを読む]
  • 5月22日〜28日の稽古予定。
  • 22日・ 月曜日1.1730〜1830⇒サンテ飯倉 空手教室23日・火曜日1.1710〜1810⇒セントラル天神ソラリア 空手教室2.1900〜2215⇒建立寺にてダニール・リャブコ師システマ福岡スペシャルクラス ※詳細は後項にて24日・水曜日1.1730〜1900⇒アクトスウィル箱崎 空手教室2.2000〜2200⇒福岡市民体育館 システマ九州福岡教室25日・木曜日1.1630〜1730⇒セントラル野間大池 空手教室2.1730〜1830⇒セントラル [続きを読む]
  • きっと報われる。
  • セントラル天神ソラリアでの空手指導を終えて、今度は千代にあるパピオスタジオに向かいました。地下鉄の千代県庁口駅で降り、繋がっている上階のパピオン24を通ると閑散とした中で誰かが話してる。特徴のある声。先週は、私も声を掛けられました。ペッパーくんです。時間があれば話したい!が、次の稽古の時間が迫ってるし、ごめんね。断腸の思い(?)でペッパーくんを振り切って国道を渡り、パピオ入り、2階のスタジオへ。こ [続きを読む]
  • 35億。
  • 20日の続きです。セントラル野間大池での空手指導を終えたら、すぐに家に戻ります。思いの外、汗をかいて、道着がびしゃびしゃになったからです。13時に帰宅して、軽くランチしてから替えの道着を持って14時にはセントラル天神ソラリアに向かいました。近いので45分からの稽古には余裕だったのですが、クラブのあるソラリアプラザに入ったらギョッと驚くほどの人だかり。有名人が来ていたようでザワザワ。漏れ聞こえてき [続きを読む]
  • 心の行く先は。
  • 19日金曜日はニコスコではなかったのですが佐世保入りして、もろもろのことを…。役員会議は大抵、21時すぎから1時間から2時間。頭をクールダウンさせて、ここでは早寝早起き。健康的ですが、身体を動かす時間がまだ作れず、関節の動きがぎこちない気がします。20日土曜の朝、博多へ。この朝の気分は、すでにアップ済み(笑)一旦、家に戻り、9時前。洗濯機を回しながらバスタブに湯を張り、ゆっくり浸かり、身体を清めま [続きを読む]
  • 土曜の朝に想う。
  • 我ながら不器用だな、と思います。一稽古人として、空手を稽古し、システマを学び、ヨーガを習う。悪くありません。できるできない、ではなく、強いとか弱いとか、上手い下手でもなく、自分と向かい合うことに鈍くなると、こういう出会いや巡り合わせになるからです。そして、改めて、そう思うのです。例えば、仕事であれ、恋愛であれ、うまくいくのもいかないのも要は自分だな、と(笑)うかうかしてると死んじゃうので、やりたい [続きを読む]
  • リアルタイム。
  • 町田義人、戦士の休息。ジョー山中、人間の証明?ララバイ・オブ・ユー。前野曜子、蘇る金狼。クレイジーケンバンド、タイガー&ドラゴン。小林麻美、雨音はショパンの調べ。アン・ルイス、あゝ無情。沢田研二、時の過ぎ行くままに。桐谷健太、海の声。クリスタルキング、大都会。村下孝蔵、初恋?踊り子。Shogun、男達のメロディー?Bad City。ちあきなおみ、喝采。久保田早紀、異邦人。上田正樹、悲しい色やね。河島英五、酒と [続きを読む]
  • 自然体を取り戻すのが型稽古です。
  • 5月14日、日曜日は私の内部に変化…と言えるだけの確信はありませんが、一石が投じられた日になりました。まずはパピオスタジオでの空手教室(1000〜1130)でのこと。体操から壱漣、体運び、弐漣、参漣を経て、ピンアン初段、二段、三段を打って前半を終えた時、珍しく山部初段、三舩初段の愛弟子ふたりの動きがギクシャクしていたように感じました。聞けば、ふたりともピンアン三段に違和感があるとのこと。実は、私も、かつて [続きを読む]
  • 知ってる、が落とし穴です。
  • 私の手が生涯空手へと変化したのも、セルフディフェンスを文字通り、護身(心)と自己防衛術として捉え、心身のコンディションまで考えて、システマに向かい合ったことも起因のひとつです。今さら、と笑う人もいるでしょうが、私も、そんなことは知っていました。が、知っていても、気づかないし、気づかないから出来もしないのが、凡なる才の哀しさです。知っていたら、人は満足します。できる、と勘違いもします。世の中に達人名 [続きを読む]
  • 流行り廃りに左右されない。
  • 競技から護身、さらに生涯空手へと変化し、移行した“今”です。13日、土曜日のセントラル野間大池も、セントラル天神ソラリアでも、パピオスタジオでも、稽古の核は型(形)に据えました。体操で、身体操作を身に付けます。壱漣で、基本技と立ち方、動作の繋がりを学びます。体運びで、体捌きと足運びを一致させて。弐漣で、間合いの詰め方と推進力を活かした基礎発力、それを通すための背中から腕(拳)の一致と。参漣では、弐漣 [続きを読む]
  • 週末は疲れてる暇もありません。
  • 5月12日、金曜日は6時起きして朝早く佐世保入り。ニコスコ健康教室で講師して、ランチしたら、会社役員としての仕事を少々こなして、夕方にお世話になっている病院に今回は受診しにお邪魔しました。なかなかタイトなスケジュールです。で、夕食は久々にお袋様の手料理を味わいました。それにしても、塩コショウを利かせただけの豚肉のステーキなんですが、なぜか、この味が出ません。不思議です。と同時に、それが嬉しく懐か [続きを読む]
  • 5月15日〜21日の稽古予定。
  • 15日・ 月曜日1.1730〜1830⇒サンテ飯倉 空手教室※建立寺でのシステマ九州福岡教室は急用のため、お休みとなります。ご容赦ください。16日・火曜日1.1710〜1810⇒セントラル天神ソラリア 空手教室2.2045〜2215⇒パピオスタジオ セルフディフェンス教室17日・水曜日1.1730〜1900⇒アクトスウィル箱崎 空手教室2.2000〜2200⇒福岡市民体育館 システマ九州福岡教室18日・木曜日1.1630〜1730⇒セントラル野 [続きを読む]
  • 私がいるところが即道場です。
  • 私がいるところが即道場です。そんな台詞がぴったりな方々を数人知っています。私もそうなりたいと思って参りました。が、なかなかそうはいきません。稽古場ありきになってしまいます。そういえば野外稽古の再開を打診されました。故郷での週一の稽古会(空手&システマ)も考えています。今年は案外、稽古場が増えていくのかもしれません。そして、そこには新たな出会いがある…それも、また楽しみです。 [続きを読む]
  • 生活も見直します。
  • 暴飲暴食はしませんが、偏りすぎることがあります。これに連日3〜4時間の睡眠不足が重なり、さらに運動過剰となると貧血症状が出ます。5月10日、水曜日は2週間ぶりのアクトスウィル箱崎の空手教室(17時半〜19時、11名参加)から福岡市民体育館でのシステマ九州福岡教室(20時〜22時、5名参加)。翌11日、木曜日は午前中から昼まで久しぶりに空手の個人稽古を3時間やって、セントラル野間大池(16時半〜17時半 [続きを読む]
  • 私がシステマから学んだこと。
  • 空手教室の後はシステマというのが定番になった私です。5月8日、月曜日は20時半から建立寺でのシステマ九州福岡教室(赤木さん、岩岡さん、私の3名)で、翌9日、火曜日20時45分からはパピオスタジオのセルフディフェンス教室(花田さん、岡田さん、私の3名)での稽古でした。システマを稽古するときに今、私が重要視してるのは『汝を知ること』。正確に言えば、今日この時の自分がどうなのか、を把握することであり、それ [続きを読む]
  • 伝承と検証のカタチ。
  • 5月8日、月曜日17時半からのサンテ飯倉の空手教室(7名参加)でも、翌9日、火曜日17時10分からのセントラル天神ソラリアの空手教室(9名参加)でも《弐漣?参漣?ピンアン初段》をある程度、詰めて行いました。弐漣にある腕受けから虚実歩や寄せ足を使った正拳突きや、参漣にある手刀受けから同じ体運びでの前蹴りも、ミットに打ち込み威力を計ります。大抵の場合は力んで打ち込み、弐漣、参漣の原形などありません。そこ [続きを読む]
  • 過去の記事 …