わってん さん プロフィール

  •  
わってんさん: 国語教育と自然言語処理
ハンドル名わってん さん
ブログタイトル国語教育と自然言語処理
ブログURLhttp://nanashikokugoya.blogspot.jp/
サイト紹介文読むこと・書くこと・生きること
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 10日(平均31.5回/週) - 参加 2017/05/19 13:27

わってん さんのブログ記事

  • 何のための教育:初めから閉ざされる学び
  • 朝4時に起きる。最近は日の出が早い。早速、大学に向かう。コンビニでおにぎりを買い、研究室に入る。と、留学生が一人机で寝ている。彼女は大体この時間にいる。なぜなら、彼女は私がさっき寄ったコンビニで夜勤しているからだ。彼女は学費は免除されており、生活費のためにバイトをしている。最近は就活の移動費がかかって大変らしい。東京まで3000円の高速バスらしい。大体、他の留学生というと、何十万のバッグや時計、カメラ [続きを読む]
  • 大事なことは目に見えないんだよ……
  • 研究が進むにつれて、自分が「これはすごい!」と思って発見したつもりになったものは、全て、前指導教官がやっていた、、ことに気づく。問題意識なしに読んでも分からんのやね。そして、そんなすごいことを1〜2ページでしか書かない前指導教員……。大事なことは目には見えないんだよ。心で見なくちゃ……orz [続きを読む]
  • 語・文
  • 語は・同義・類義・対義(・関連)といった意味関係があります。では、文は?節だと・条件・例示・様態・理由・並列とかありますが、これがヤバイ。どういう単位で、どういう意味を見出しているのか不明。節って何やねん。節の取り方で、抽出できる意味が異なります。そもそも、「理由」は文法からくるものではないとする人も(認知厨)。根本問題ですねぇ……。私の目的達成にはそれほどいらない議論ですが、ぜひとも知りたい問題 [続きを読む]
  • 理想の教師像:三人の恩師
  • 私には三人の恩師がいます。それは大学の学部の頃の方々です。文章を理解するにはどうすればよいか明らかにしたく、それでも「なんとなく」のレベルで、何をしたらよいか訳も分からずとにかくもがいている状態でした(今もですが)。3年のとき、一人の先生に通院していなかった大学病院まで運んでいただき、待合室の椅子で「続けていれば絶対できる」(正確には忘れましたが)という言葉をいただきました。「頑張る」のではなく、 [続きを読む]
  • 立命館とpixivと、時々、倫理
  • 立命館の論文がネットで騒がれているようです。言語処理で、立命館……とすると、福本先生(文章構造・要約・対話)のところか!?と思いましたが、別の研究室のようで。それにしても、論文にする前に、サンプルデータは共同研究者で皆でしっかり確認したのでしょうね。「うん、ここは文脈的にダメなワードだね。こっちは問題ないワードだね」と、真剣に会議したのでしょうね。もしかしたら、ファーストオーサーだけが作業して、教 [続きを読む]
  • みんな仲良し研究
  • かなりの数の論文や本があります。テーマは同一・類似です。でも、みんな一長一短があります。みんなの力を合わせたら、良い手法ができそうです。お茶の水お得意の方法ですね。とにかく対応表を書くアレです。見たことあるでしょう? [続きを読む]
  • 就職の相談:仕事の善し悪しとは?
  • 就職の相談をしました。相談される側です。私は内定をもらったことがないので、私に相談を持ち掛けるのは謎ですが、一応話を聞いてあげました。彼、Tくんの言うことには、「なんのために仕事をするか分からない」「仕事に善し悪しをつけられない」という悩みでした。私は吹き出しそうになりましたが、笑い出すのを堪えて、考えることにしました。Tくんにいくつか質問した結果、以下のことが分かりました。①仕事っていうのは、金を [続きを読む]
  • 教育私観:言葉の乱れ
  • 教育は聞かれたら答えることです。教育というと一般には先生が生徒に教える、研修講師が新人に教える、というイメージがあります。これらは一方向的なものです。教育を一方向的とみなすと、問題の中心になるのは教師の立場です。教師がどうすれば生徒が意欲を出すのか、教師がどうすれば生徒がより理解するのか、こうしたことが問題になります。賞罰を与えたり、成功体験を持たせたり、体力の余裕をもたせ考えるパフォーマンスを上 [続きを読む]
  • 言葉が分からない、という嘘
  • 言葉が分かるというのは、「一致すること」ではない。どう頑張っても違いばかり見えてきて、どうしても一致はしない……。こんな悩みは糞くらえだ。言葉が分かるというのは、なんでもいいから相手の意図を汲むことだ。言葉を使おうが、阿吽の呼吸だろうが、なんでもいい。相手が何かサインを送った。私は何か行動した。相手が満足した。これだけの話である。言葉と行動を一寸違わず結び付けようとすることから、全ての誤りは生じる [続きを読む]
  • 型に嵌った世界へようこそ
  • フレーム意味論を全く勉強していない状態ですから、これから書くことは全くの妄想です。世界のすべての発話がフレームに収まった。我々の発話は、全て枠に収まるものである。差異が存在するように見えるかもしれない。しかし、その差異は、ただのフレームの組み合わせなのである。理解とは、フレームに下位概念が嵌ることだ。世界は上下の階層である。階層から独立したものはない。こうして、世界の特異点はなくなり、すべて階層に [続きを読む]
  • モヤモヤを正確に語ろうとすること
  • 以前、研究領域不明の話をしました。考える以前の思考訓練:外国語教育、国語教育、言語学、哲学のハザマフレ〇ム意味論というヤバそうな領域を見つけました。何がヤバいか。どのレベルで抽象化すればよいのかが分からないことです。「太郎がイワシを食べる。」フレーム化すると→〈人〉が〈魚〉を食べる。→〈生き物〉が〈生き物〉を食べる。←(1)→〈生き物〉が〈食べ物〉を食べる。←(2)(1)の主格の「生き物」は、(2 [続きを読む]
  • 世代間対話不能→自己中
  • 若者(何歳?たぶん30代まで)が言います。「今が良ければいいかなって」ある程度社会的地位のある50代〜が言います。「そんな享楽的な生活じゃだめだ。将来をしっかり考えろ」こうして、両者は理解不能のまま、世界が断絶されていながらも、同じ日本で生きます。重要なのは、「今が良ければいい」の意味です。付け足して「将来」の意味です。若者にとって、「今」とはある程度満足できる「今」です。つまり、贅沢は知らないけれど [続きを読む]
  • 考える以前の思考訓練:外国語教育、国語教育、言語学、哲学のハザマ
  • 言葉を使って考えること、の支援がしたいとずっと思っています。ところが、そんな研究分野はほとんどないようです。もちろん、全ての専門分野において、その過程で思考の訓練は必要とされます。だから、そもそも「思考訓練」は謎に聞こえるかもしれません。「思考」って、何を思考するんだよ。曖昧だよ。特定の分野でできればいいじゃん。この批判は超もっともです。大体、こういう批判をする人は、高学歴の中でも研究者よりの人で [続きを読む]
  • 大学受験の現代文参考書:これ一冊で東大まで!
  • 大学受験現代文の参考書を紹介します。現代文の参考書は山ほどあります。有名な予備校講師の本といっても、読んで解いたところで、何かできるようになった気がしない……。次の参考書を買ってみる→分からない→買ってみる→……こうして、時間とお金だけを浪費してしまいます。Q.絶対力がつく、そして、できるだけ少ない頁数の参考書はないか!?A.ありません。じゃあ、タイトル詐欺かよ?いいえ、大学受験の参考書にはまともな [続きを読む]
  • 僕も豚です
  • ある飯屋。ついさっきの出来事。大学生A「お会計お願いします。」店員「別々にしますか?」大学生A「はい」店員「頼んだの仰ってください」大学生A「焼き鳥丼」店員「720円です」大学生B「僕は豚丼です」もう1人急いで付け足して大学生C「僕も豚です」大学生D「お前、ブタかよw」一同「wwwwwwww」私(コピュラキタ――(゚∀゚)――!!豚構文ッ!ブヒィ!)私「私も豚です」(措定文) [続きを読む]
  • 友とは?
  • 「明けていく青葉山にかけがえのない今を想う」この解釈は簡単だッー!!!ラボからの朝帰りだーッーーーーー!!!!!!かげがえない今とは、睡眠時間だっーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!でも、実際、「青葉燃ゆ」のごとくきれいですよ(眠い)。 [続きを読む]
  • 指導教員について
  • 言語系から情報系に移りましたので、「どんな先生についてるの?」と、しばしば質問いただきます。正直、あまり情報系を勉強していないので、指導教員の専門を把握しきれていないのですが、ここで回答しておきます。指導教員は二人いまして、お二人とも情報系で色々されています。特に、当部局ではポータルサ〇トの人です。研究の方は、私はあまり把握できていないのですが、想像で言います。特に、私に関わるところは、主教員デー [続きを読む]
  • 教員という仕事
  • なぜ私は読みにこだわり始めたのか。それがいつだったとははっきりわからないが、強く自覚し始めたのは高校生のころだっただろう。生きていると問題が生じる。些細な日常の次の行動をどうするか、から、死んだらどうなるとか、考えても無意味そうなことまで。問題の大小に関係なく、問題があると動揺する。心が乱れる。落ちつけたい。周囲の人間に聞いても、まともな返答はない。そこで役に立つのが読書である。これまで集積された [続きを読む]
  • 旧帝大卒HJ従事
  • タイトル通りです。勉強するだけ、無駄な世の中です。「未体験」の「知的な」「頑張り屋さん」で「興味津々」……私たちは何のために学ぶのですか?仕事を得て、生活するためですか?勉強したところで、その仕事は文字通り手作業ですよ。少なくともその人の場合、勉強は必要なかったのです。 [続きを読む]
  • 理系の「4℃」
  • 4℃というブランドがある。若い女性向けのバッグ、アクセサリー等のブランドだ。学歴とお金はあれど、顔がない理系は女の子のプレゼントにこれを選んだ、としよう。問題は、読み方だ。化学系「I got it ! It's "four degrees celcius" !」情報系「違う。"よんしー"だ」化学系「そんなわけないだろwwwww」情報系「グーグル先生に聞いてみよう……。"よんどしー"だってよwwwwwwww」化学系「ファーwwwwwおしいじゃんww [続きを読む]
  • 一日を二つに分ける
  • 年、月、日という単位があります。一日の生活で、1〜2時間の昼寝を挟んで、一日を二つに分割すると24時間で今まで出来ていた作業よりも、長い時間、かつ効率的にできることが判明。夜の11時でも、結構捗る。 [続きを読む]
  • aikoさん
  • さっきの出来事。私「研究疲れたー!!!!」aiko「疲れてるんなら〜止めれば〜♪」私「ッ!!!」aiko「夏の星座にぶら下がって、ラボから花火を見下ろして〜♪」ヒュ〜ン、ど〜ん!!!(笑)ワロタwwwwwwwww今年の夏祭も良い花火が見れそうです。ラボから(死) [続きを読む]