bashi さん プロフィール

  •  
bashiさん: 描いて・作って
ハンドル名bashi さん
ブログタイトル描いて・作って
ブログURLhttp://bashi.i-ra.jp/
サイト紹介文「描いて・作って」水彩 パステル 色鉛筆を使用して手描きのイラストの発表
自由文オリジナルイラストの制作過程の他、ヤフオクや、ココナラでご依頼を受け、依頼者様の許可を得たイラストの制作過程や仕上がりも発表しています。描く事が好きなので、何でも描いてみようと思い、制作したオリジナル漫画も発表しました。
時折、描くと同じぐらい好きな、プラモデルのネタもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 128日(平均2.6回/週) - 参加 2017/05/19 15:59

bashi さんのブログ記事

  • LIFE2017総評頂きました
  • 8月の下旬に行われたLIFE2017の総評を頂き、出展作品も帰ってきました。初めての大舞台なのにサイズオーバーで描き直しとか とんでもないミスを犯したのに良く参加できたよな〜と我ながらデンジャラスなひと夏の経験をしてしまいました。(>o折角なので、本来 出展用にと描いていた「二人旅」をUPしようと思います。以前、A3でいつもと違う水彩紙に描いた物をリニューアルしてA2サイズに描き直しました。油彩をやった事が無 [続きを読む]
  • 24-TWENTY FOUR
  • 週末、一気放送見てド!ハマり〜!。未だ、記憶があるうちに描き描き。「俺を撃てークロエー!」「撃てー!」。数えきれない名台詞&名場面!。最後の、家族に向けたメッセージは、熱かった。自分の信念を最後まで貫き通すジャックの姿は、見習わなければと思った。 [続きを読む]
  • 「猫」と「孫」と「せんべい」&ダリってみる
  • チョッと、ネタとしてやりたい事がありまして、ダリの代表作の一枚「記憶の持続」を模写し始めました。模写しながら「初めての模写にダリ、ってどうなの?」と思いつつも描いてて かなり楽しいです〜(^o^)。本題の3点も段々色が入ってきました。縦描きの物とニャンコの配置が前後入れ替わってます。又、2枚目は、ご依頼者様から指摘された二匹の大きさの違いを意識しつつ、少し一枚目と違うタッチを狙ってみてます。「猫」の絵っ [続きを読む]
  • タイヤ交換!ホントに久し振りにバイクに触る
  • 主軸を「絵筆を動かす事」になって以来、ホントに久し振りで愛車のメンテ「フロントタイヤ交換」に手を付けてみる。フロント16インチ&ノーズダイブ機能付フォークは、熱き80年代の証!〜。見た目は、アレ(>v<)だけどチャンと機能してます。900Rのニンジャじゃないよ。あくまでもGPZ750R、GPZ750Rです。(大事なトコなので。)やっぱり「愛車は、何だ?」と聞かれたら、「750(ナナハン)」と答える。 [続きを読む]
  • 猫と孫と醤油せんべい〜
  • ボチボチと彩色を進め出しました猫と孫と醤油せんべい〜。水彩紙に下絵を写して制作を進めています。室内撮り、失敗して暗い写真になってます(ToT)〜。下絵を本紙に描き写し終わったところです。本紙に描き写す直前の画像。背景と人物、別々に描いた物を本紙で一つにまとめています。だいたい、ラフの段階で主役と背景を分けて描いて本紙で一つにまとめる方法を取ってます。何となく描きやすいので。二枚の絵をひとまとめにす [続きを読む]
  • 「猫」と「孫」と「おしょうゆせんべい」?
  • 九月になったと思ったら、もう7日〜早〜(>o<)。驚くばかりです。今月は、猫の2枚目と「お孫さん」と「焼き鳥屋さんのPOP」とオリジナルで攻めてみようかとおもいます。まずは、「お孫さん」です。成人されたら三代目として家業を継いで欲しいな〜などの思いを込めて描き出しました。(お団子も美味いが、他の品も美味しいお店です。)背景は、別紙にて描き出してます。思いっきり誕生月の花を飛ばしてみようと制作してま [続きを読む]
  • 久しぶりに戦車
  • ご依頼の制作が一段落したので、机の横でたたずんでた九七式日本戦車をサクサクと堪能してみました。完成まで実質半日ぐらいでしょうか。簡単仕上げを応用して、やった事は、「バリ取り」と「パーティングラインを整える」ぐらいです。コアな方には堪えられない仕上がりかな〜と思いつつ、僕は、単なる戦車好きなので「サクサク組み立てて楽しむ」で十分です。ついでに、戦車のアニメに影響され以前組み立てた戦車達。こちらもサク [続きを読む]
  • 「猫」と「着物」仕上がりました。
  • ご依頼を頂き制作しておりました「猫」と「着物姿の似顔絵」昨日、無事にご依頼者様のOKを頂きそれぞれが、ご依頼者様のお手元に渡る事になりました〜。何時もは、「猫」からUPしてますが、今回は、「着物ガール」から、似顔絵なので、お顔は、伏せた状態です。着物の柄は、僕のオリジナルです。ホントに、ファッション関連に疎い人間が、よく描いたよな〜と自分でビックリ!(>oニャンコは、こんな感じで仕上がりました。ニャ [続きを読む]
  • 水彩画のマスキング作業
  • ご依頼を頂き制作してます「着物姿の似顔絵」。背景の青空に鳥を飛ばせてみました。で、この「鳥」を表現するのに水彩マスキングを使用して「白抜き」にトライしてみました。マスキングインクは、以前紹介した物で、隣の小瓶に希釈&小分けして使用しています。インクは、そのまま使用できますが、使いやすさを考慮し僕は、希釈して使ってます。希釈の比率は、5(水):1(インク)ぐらいです。別紙にテストでマスキングを施した [続きを読む]
  • Life2017。東京銀座ギャラリーアートポイントにて開催
  • 時折、記載してました「生命」をテーマにした展示会「Life2017」が、昨日から東京銀座の画廊 ギャラリーアートポイントにて始まりました。偶然にもお声をかけて頂き、自分も出展する事になりまして、初日の昨日、東京へ行ってきました〜!。いや〜もう凄いです。ギャラリーアートポイントを中心に半径100m圏内に5件の画廊がある。人波に溺れそうになる。短時間にエラい刺激的な経験をしてきました。(笑)肝心の、展示会ですが [続きを読む]
  • 猫と着物ガール
  • 猫を描いてみるとオリジナルの着物ガールを一色単にして「猫と着物ガール」でございます。ニャンこは、目鼻立ちがハッキリしました。トラジマ&黒ブチの毛並みもそれらしく、背景のぼかしも薄いピンクを入れてみました。アニマルプラネットで子猫の特番を見ました。子猫は、ホントやばすぎ〜あの可愛らしさはマジで人類を滅ぼしますね!(笑)。骨抜きにされて間違いなくクラゲ人間化一直線です。(><)「着物姿の似顔絵」でご依頼 [続きを読む]
  • ソフビ怪獣劇場
  • 子供の頃、誰でも一度は手にした事があるかと思うソフビ怪獣人形。大人になった今も、懐かしさと造形の魅力に釣られ目にすると、つい手を出してしまいます。筆休め、で飾ってあったソフビ怪獣を並べ替えてみたら並べ具合でもの凄く「物語」を感じてしまい、ついパシャリ〜。題して「平穏な日」ラゴン「あああ〜まったく可愛いよな〜お前って奴は〜」 ゴジラ「グルルルル〜」 ラゴン「あ〜こらこら足を引っ張るなよ〜」ラゴン「しょ [続きを読む]
  • 「猫」を描いてみる再始動&水彩画の話
  • ご依頼者様から「二匹の大きさが違うのよ〜」と話を聞かされ、二枚制作のうち一枚は、下絵から描き直しを始めました。二匹の大きさの違い等チャンと確認しなかった自分が悪いのです(ToT)。でもタイミングが合わず、描き直した下絵を中々確認してもらえなかったのですが、この程無事OKが取れて制作を再開しました。この一枚は、OKを頂いた物で、今日、瞳を入れてます。「目は命」、人だろうが動物だろうがやっぱり「目」で作品 [続きを読む]
  • オリジナルの着物を彩色&ライフ2017
  • 昨夜より、「似顔絵&オリジナルの着物」ご依頼の一品に黒を入れだしました。当初から帯は、黒&赤とイメージしていましたので、自分的には、良い感じと思うのですが、ご依頼者様の目にどう映るやら正直 不安なトコロ。全体的には、全てに色が入りましたので、眠たくなった柄を起こしつつ、更に彩色を進めて行きます。これと並行して、月末にギャラリーアート・ポイントで行われる出展作品を制作してました。やっぱり、着物ガール [続きを読む]
  • ウルトラ劇場(続・生田スタジオ)
  • ウルトラエッグ(卵に変形する怪獣玩具、メッチャ可愛いです)のピグモンを、やっと入手しました。未だ、手元に届いていないのですが、「ピグモンゲット〜」の嬉しさにジオラマ?を勢いで展開してみる。ウルトラマンも撮影が終われば腹が減る。オムレツ(自分が食べたい(笑) )の材料買い出しに市場へGO!セブン「オッちゃん、全部こうたるや〜安すうして〜な」ジョー「ワッシュワシュ〜」ウルトラマン「ウルトラアイ〜ヂュア〜 [続きを読む]
  • オリジナルの着物を彩色
  • 下絵が上がったので、ボチボチと彩色を進めてみた。水彩マスキングを使用して塗り分けをしようかとも考えたのですが、マスキングを剥がすより乾燥を待って塗り分けしていった方が早いかな〜と思い、頑張って塗り塗り。現在、2回目の塗りが終わったところで、まだまだ色を入れて行きます〜。少々、企み事で始めたオリジナルポストカードの第一版ができてきました。未だ、チョッと色合いが原画より弱いので、再度 撮影〜補正〜とチャ [続きを読む]
  • 着物をデザインする
  • 先週、ココナラにて新しいご依頼を頂きました。大変嬉しく、ありがたいです〜b(^o^)d。ご依頼の内容は、「似顔絵+着物」。との事で、手元の資料を見ながら着物の柄をデザインしてみました。線画なので見にくいかもしれませんが、「夏+夏の生命感」を意識して自分なりに表現してみました。こちらは、鉛筆ラフ。黒線なので此方の方がハッキリ分かるかと思います。手描きをデジタル化すると淡い色が飛んでしまうのが、悩みどころ(ToT) [続きを読む]
  • 祝プラモ化〜
  • 人間、生きているとどんな事に遭遇するのか?本当にビックリ「バーザム」プラモ化〜!子供の頃、初めてバーザム見た時、正直ディジェと並んでカッコ悪る〜と思いました。でもその日、チョコスナック買ったら出てきたオマケが、バーザム。パチパチ組み立てて眺めてるとびみょ〜に感じる何かが湧いてきて、以来ちゃんとしたバーザムのプラモ欲しかったので、この発売は、本当に嬉しいです〜b(^o^)d.。並べてみると、とてもベースがMk [続きを読む]
  • 「猫」を描いてみる&UFO戦士ダイアポロン
  • 極端に変化したしてませんが、黒い部分をハッキリさせて段々ミケ猫らしくなってきたのかな〜。猫って時々、二匹が絡み合って、得体の知れない不思議な状態になってたりしますよね。本当に不思議な生き物だよな〜と思うのです。犬と猫、どっち。と聞かれると悩みます。どちらも魅力的な存在で江戸時代(?)から人間と共に生活してるみたいで、大事な家族の一員なんだな〜と思うのです。アニマルプラネットで時折、野生動物の生態な [続きを読む]
  • 「猫」を描いてみる3とその他
  • 目鼻立ちのラインと輪郭線を整えつつ毛並みを意識して塗り塗り。「猫」は、現在こんな感じになってきました。何とか、「猫」らしく本人ならぬ本猫?様になる様心掛けてまだまだ色を入れて行きます〜。ご依頼の「猫」を描きながら、80年代のロボットアニメ、なるお題目?を参加しているミニコミ誌で見かけ、みょ〜な火が点火しましてこんな物をガリガリ描き出してます。80年代、葦プロ制作「宇宙戦士バルディオス」から、主役ロ [続きを読む]
  • 「猫」を描いてみる 2&筆が進むBGM
  • 新規でご依頼を頂き 制作を開始しました「猫」。ボチボチと色を乗せだしてます。日頃、ヤフオクのアート系に出品したり、ココナラ&ココナラハンドメイドや手作り市場などで「あなただけの一枚 制作いたします。オリジナル物もOK!」的な活動をしておりまして、だいたいネットワークを介して ご依頼をいただいてますが、今回は、直接 お会いできる方からのご依頼で、何時もとチョッと勝手が違うのかな〜と心ムズムズ?。「猫」 [続きを読む]
  • [プラモ日記」やっぱりXが大好き!
  • 祝!ガンダムX サンライズDX枠にて放送開始〜。色々なシリーズがある中で、一番大好きガンダムX〜(^ ^)です。今回、引っ張り出したのは、ほんの一部。いつキットが絶版になってもいいように全シリーズ2セット分以上持ってます。単にXバカです。MGと旧キットの揃い踏み〜。旧キットは、当時 買ってパチ組してボロボロだったものを組み直した物です。MG発売以前に、「絶対MG化されないだろうな(ToT)」と思い、組み直し [続きを読む]
  • 「猫」を描いてみる
  • 「猫」と制作依頼を頂きまして、先週ラフOKを頂いたので本紙にて制作を始めました。制作を開始する前に、皆さんどんなふうに「猫」を描かれるのかな〜と色々調べてみると、8〜9割で「猫」の正面顔の物が多くて、やっぱり角度の付いたアングルは、難しいのかな〜と思いつつ やってみた。ホントに難しかった(ToT)~どぉぉぉぉぉぉ〜。これは、本紙にトレースが終了直後の物で、青い線画が水彩本紙の物。その下に薄っすら見える黒 [続きを読む]
  • オリジナル・ぷちSFマンぐわ~リニューアル化
  • オリジナル漫画の「惑星の住人」をUPして以降、ペン画を 又、描き初めまして、それなら「住人」以前に手を付けて放置してた物を描き直そうと思い、コソコソ始めました。表紙絵は、こんな感じで、中身は、こんなです。昨夜、3P目にチョコっと手を付けました。原稿用紙の左横にあるのが、コンテと設定画?です。本職の漫画家さんが、どんなふうに制作しているのか知らないので、これも自己流です。描き上がった物は、クリアーフ [続きを読む]
  • 浮世絵の世界をのぞいてみた
  • 実は、結構好きで 興味津々な大江戸浮世絵の世界。佐野美術館で現在展示開催中〜を耳にして行ってきました〜!当然のことながら、展示作品の写真は撮れないので、脳ミソ(白味噌風味?)にしっかりと焼き付けてきました〜。当時を考えると、使用している顔料・筆・紙・その他いろいろと不便だったんじゃないかな〜と思っていたのですが、現物を見たらそんな考えは間違いだと痛感しました。もう その彩色豊かな世界。精密に描かれた [続きを読む]