虎ノ門虎之助 さん プロフィール

  •  
虎ノ門虎之助さん: 虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ
ハンドル名虎ノ門虎之助 さん
ブログタイトル虎ノ門虎之助のベランダ・ラボラトリー ft.メダカ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tora15433-biotope/
サイト紹介文屋外(ベランダ)ビオトープでの水生生物や植物、野菜や花といったガーデニングなどの記録を残しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 60日(平均14.8回/週) - 参加 2017/05/19 17:56

虎ノ門虎之助 さんのブログ記事

  • 日照条件が大事な植物のハスを育てる
  • ハスがうまく育たない。原因は明らかで日照不足だ。ハスのタネから根が出て浮き葉が一枚で植えたけど、その後は全く育たない。二つ目の浮き葉が開かないし、そのうち藻が茎や葉に付き始めた。仕方がないので4つ目のタネを投入することにした。もう暖かいのでタネをは水につけて屋外に容器を置いた。2日経たずに芽が出た。やはり日光が大事だ。ただ水につけた容器で育てても、植えるべき用土の容器の日照条件がよくない。特に浮き [続きを読む]
  • 【初心者向け】鈴虫の飼い方
  • 鈴虫を飼育しており、いわゆる累代飼育をしていた。昨年まで順調であったが産卵環境を全面マットではなく、小さな容器を入れてそこにマットを敷いて産卵させようとした。今年6月に孵化はしたもののうまく育たずに死んでしまった。鈴虫は近くで捕れる昆虫ではないのでホームセンターで購入した。値段はまあまあ安いと思ったので2ペアカップを2つで4ペア購入した。さて持ち帰った鈴虫は、今回は容器全面にマットを敷いてどこでも [続きを読む]
  • 【初心者向け】エンマコオロギの飼い方
  • エンマコオロギを飼育しており、いわゆる累代飼育をしていた。昨年まで順調であったが産卵環境を全面マットではなく、小さな容器を入れてそこにマットを敷いて産卵させようとした。これがものの見事に失敗し、今年6月、7月とはいくら待っても全く孵化しなかった。エンマコオロギは以前少し歩いた河原付近で捕れたので、さっそく同じ場所に捕りに出かけた。目的の場所は水辺(側溝だけど)付近で草刈りをかなり前にしたので枯れた [続きを読む]
  • 【簡単】産卵木からのオオクワガタの幼虫割り出し
  • 昨年から置いてある産卵木であるが、産卵木に傷跡があるので産卵しているのだろうなとは思ってはいたものの放って置いてしまいそのまま冬を越してしまった。また菌糸ビンの中で飼育していた幼虫たちは今年無事成虫になった。いずれも菌糸ビンを取り換えた直後に蛹になったので、ちょっと捨てるのはもったいないかなと思い、そのまま使用することにして夏前でもあるし産卵木は新しいクヌギの木を購入するとして割り出しを行うことに [続きを読む]
  • 一撃必殺!オオクワガタ死す...。
  • オオクワガタのメスが死んだ。寿命というより、ケンカに負けてやられてしまった感じだ。これはついこの間、羽化したばかりのメスだろうか?本来は1頭ずつわけてケースに入れたほうがいいんだろうが、我が家の環境ではそうもいかない。オスメス一緒に入れての多頭飼育をしている。それでも飼い始めてから、こんなことはなかったので、やはり多すぎるのかもしれない。写真ではメスに近くにオスがいるので、このオスにやられてしまっ [続きを読む]
  • 脱走?羽化したカブトムシ!
  • 6月14日に蛹になったカブトムシであるが、すでに成虫になりマットから出てきていた。最初にケースの蓋が開いていたのが2日前。あれ?閉めたはずなのにおかしいな?と一瞬思ったが、開けっ放しにしちゃったかなと思い、あまり気に留めなかった。本日、夕方に会社から帰ってきて、ビオトープの世話をしていると、『ギ〜ギ〜』という音が一定間隔で鳴っている。お隣さんかな?なんて思い、ここでも気に留めなかった。ビオトープの [続きを読む]
  • アメリカカブトエビの累代飼育
  • 昨日(7月04日)であるがアメリカカブトエビの最後の1匹が亡くなった。これで孵化した5匹全てが亡くなった。最後は3?ぐらいまで体長が大きくなった。亡くなる前の1週間は水面にあまり出ずに泥を巻き上げていたので産卵していることを期待している。6月11日に孵化して幼体を確認したので、やや生存期間が短いのが気になるが来年孵化することを期待したい。そもそもこのアメリカカブトエビの卵はYAHOOオークションで [続きを読む]
  • 【絶滅危機】住処を追われていくドジョウたち
  • 毎年、この時期になると息子と必ず行く場所がある。私は千葉県市川市某所に住んでいる。なかなか近辺に魚の採れる場所がなく捕れるのは、ザリガニ、ヌマエビ、ウシガエルのオタマジャクシなどヌマエビを覗けば外来種だけであり、ドジョウやメダカ、タニシといった類の日本古来の生き物が捕れる場所が残念ながら全くない。私が子供の頃に経験したことを息子に経験させてあげられない。近くにそのような場所がないか探しに探してよう [続きを読む]
  • 簡単にできる?オオクワガタの育て方
  • オオクワガタが2匹成虫になった。菌糸ビンで育てていた幼虫が蛹になって1ヶ月、菌糸ビンから成虫の黒々した姿が見えたので取り出してみた。片方は昨年の夏に産卵したものが孵化、もう片方は一昨年の夏からの幼虫がようやく蛹になり成虫になった。実に18ヶ月目もかけて成虫になったのだ。オオクワガタというよりはクワガタ自体の飼育がカブトムシに比べて非常に難しく感じるのは、マットに5〜6匹まとめて入れておけば(マット [続きを読む]
  • 予備のハス、一進一退
  • 予備のハスの種を鉢に植えけど、うまく育っていない。ただ新しい芽は出ているので希望はある。今年にいきなり咲かすなんて目標が高すぎたかー。普通に立ち葉までいけばいいかな。ハスの鉢。ウォータバコパのほうが元気。2つ目の芽がでている。軌道にのってくれれば。 [続きを読む]
  • 親と子供のメダカたち
  • 梅雨になり蒸し暑い日が続いているがメダカたちは元気だ。我が家は例年梅雨になると消えていくメダカが多いのだが今年は少ない方だと思う。このまま夏を迎えてほしい。白メダカやヒメダカの子供達は、だいぶ個体差がでてきており、もう親のいる容器に入れても大丈夫そうな大きさの子供もいる。チョウセンブナの子供がいる容器にも水草についていた卵から孵化した子供たちは元気に泳いでいる。よく泳ぎ廻っているのでチョウセンブナ [続きを読む]
  • 植物たち、よく頑張ったなー。
  • 我が家は海に近く強風でビオトープが壊滅的な状態になることがある。昨日はその強風が発生し、かなりの被害がでるかと思い諦めていたが植物たちはかなり踏ん張ったらしく壊滅的な状態にはならなかった。ただちょっとコガマが斜めになったり、茎の細いブルーイグサやヨコシマフトイは折れてしまったが、なんとか持ちこたえたほうだろう。折れてしまったものはカットしたり、斜めになったものは縦に直したりした。植物の生命力は強い [続きを読む]
  • 強風に負けるなー!!!
  • 今日の風はすごい!会社から帰ると駅前はものすごい強風であった。ビオの心配をしながら帰宅した。玄関のドアがなかなか開けられずに苦労した。隙間風のビュービュー鳴っている。恐る恐る見ると、所々『被害』がでているものの、まだ水生植物達は強風に立ち向かっていた。我が家の環境は南西に位置し、海から1.4キロと近く度々強風の洗礼を受ける。我が家のビオトープの植物は抽水植物が多い為、強風でモロにダメージを受ける。 [続きを読む]
  • 鈴虫の赤ちゃん誕生
  • 鈴虫の赤ちゃんは孵化した。よかったー。鈴虫は昔から飼っているけど、おととしまでは全面に用土を入れて自由に産卵させていた。ただコバエの発生や用土入れ替えのタイミングが難しいなど、いろいろ問題があったので去年からは産卵床の箱を設けて全面に用土を入れるのはやめてみた。心配だったけど見事に孵化してくれた。昨年の親たちが産卵していてくれたんだ。うれしいー。ただ2匹しか確認できていないので、もっと生まれて、夏 [続きを読む]
  • チャレンジ・ザ・アメリカカブトエビ(11)
  • 毎日記録を書いている。なんせアメリカカブトエビの飼育でここまで成功した(大きくなった)のは初めてで手さぐり状態だから、これが最後の記録になってしまうかもしれないからだ。鉢を見ると、死んでいる!やはり水の汚れでか!?とよくよく見たら脱皮した殻だった。冷静に見ると5匹泳いでいる。よかったー。餌をあげると食べに来た。水が茶色になっており汚れているのか荒木田土を巻き上げているのか、よくわからない。実は水が [続きを読む]
  • また、ヒメダカ死去
  • ヒメダカが死んでいた。今年亡くなっているのはこの容器だけであり、やはり容量が少ないので水が汚れやすいのか、またはドワーフフロッグビットとマツモが繁茂しているので、これが泳ぎの邪魔をしてストレスになったのかもしれない。どうしようか?生き残りは移動しようか?すでにレッドラムズホーンの餌になっているヒメダカ。 [続きを読む]
  • 【無念】主様、死去
  • 今日会社から帰宅すると主様が亡くなっていた。亡くなった主様を見ながら、しばらく呆然と立ち尽くしていた。この主様は釣り堀でもらってきた3匹のうちの1匹だ。残り2匹はもらってきた時点ですでに病気になっており薬浴がうまくいかずにあっという間に亡くなってしまった。しかしながら、この主様だけは元気であり病気になっていなかったので白メダカを飼育している大箱に一緒に飼っていた。容器に入れた直後に奥に逃げてしまい [続きを読む]
  • チョウセンブナの稚魚にメダカの稚魚が混じっている
  • 今日、チョウセンブナの稚魚を飼育している容器を見ると、見慣れない黄色い稚魚が何匹か泳いでいた。よく見るとヒメダカの稚魚であり何匹か混じっている。おそらくヒメダカを飼育していた容器からマツモとホテイ草を入れたのでどちらかに卵がついており孵化したんだと思う。後から孵化したヒメダカのほうが体が大きく、元気に泳ぎ回っているので目立つ。左の黒いのがチョウセンブナ、真ん中の黄色いのがヒメダカ。 [続きを読む]
  • チャレンジ・ザ・アメリカカブトエビ(9)
  • 今日も元気に泳いでいる。ただ餌の残りか若干水が濁っている。餌の量がつかめないし、餌不足で共食いで少なくなるのを気にしてしまい、多めに与えてしまっているのも影響している。水質にデリケートなエビなので大量に水を替えるのは危険と判断してタニシを投入することにした。本当はイネが元気なら微生物が分解後に浄化していくのだけれど、あまり元気でないので思ったより浄化もすすんでいないようだ。とりあえずタニシで様子を [続きを読む]
  • 1ヶ月後に最後のアサガオが発芽
  • アサガオが5月18日に5つの種を植えて6月1日に1つ、6月7日に2つ、6月9日に1つと合計4つ発芽しており残り1つが発芽待ちと観察していたが、今日見たら最後の一つが発芽していた。我が家の日照環境では、もともと他の植物含めて発芽が遅いのはわかっていたが1ヶ月経っての発芽であり、今年プログを始めたので正確な日にちがわかった。最初の6月1日も14日後の発芽なので、待ちきれないで次の予備の種を植えてしまい [続きを読む]
  • トマト元気で実が沢山ついてきた
  • トマトが元気に育っている。ミニトマトは収穫して、せっせと自分の口の中に放り込んでいる。美味しい。大?トマトは久しぶりなので楽しみで、だいぶ大きくなってきた。早く収穫してかぶりつきたいなー。美味しいだろうなー。ミニトマト。たくさん実が熟してきた。大?トマトも大きくなってきた。 [続きを読む]