KOHINOOR SAIPAN さん プロフィール

  •  
KOHINOOR SAIPANさん: サイパン留学日記
ハンドル名KOHINOOR SAIPAN さん
ブログタイトルサイパン留学日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/kohinoor-jobmarket/
サイト紹介文南の島サイパンの留学事情をお知らせします。ここはポリネシアの僻地。でもアメリカ。ふふふ
自由文Kohinoorはサイパン留学をお手伝いする唯一のサイパン専門留学コンサルタントです。
サイパンで唯一の日本人留学生専用寮を完備しています。
日本から一番近いアメリカ
今ではハーバード大学にも合格する教育水準までになったサイパン
ハワイ?グアム?セブ?フィージー?
サイパンが今チャンス!
info@jobmar.comまで〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 128日(平均2.7回/週) - 参加 2017/05/19 19:52

KOHINOOR SAIPAN さんのブログ記事

  • 小学校卒業後に選ぶ英語圏の海外留学 サイパン留学KOHINOOR
  • 小学校卒業後に選ぶ英語圏の海外留学小学校を卒業して海外留学なんて早いと考えるのは、日本人的な発想と思う。ここ英語圏であるサイパンでは、早い家族は幼稚園から留学している。韓国のコミュニティでは、遅くとも小学3年生から留学することが認知され、父親は母国に残って仕送り、母子はサイパンに留学するというパターンが定着している。小学校での英語教育に関して賛否両論があるが、そうして論議しているうちにアジアの各国 [続きを読む]
  • 留学先にある英語圏の留学エージェント サイパン留学KOHINOOR
  • 留学先にある英語圏の留学エージェント2009年の幕開けは、アメリカの金融恐慌に端を発した世界的な不景気で始まった。日本のいや世界的な超優良企業と言われたトヨタやSONYのリストラや営業収支の赤字、1年前には考えられないことが起こってしまった。世界の経済が混とんとしている中で、英語圏であるサイパンも少なからず影響が出始めている。今まで元気のよかった韓国コミュニティに、ウォン激安の影響で暗雲が立ち込め、韓国資 [続きを読む]
  • 留学生における男女差の比較 サイパン留学KOHINOOR
  • 留学生における男女差の比較私が見ている限りにおいて、留学生の男女差はかなりある。ここで言う差とは、私の立場上、学習塾の先生という視点で見ているので、勉強に取り組む姿勢が主たる着眼点となる。まず勉強に対する意欲、この件に関して間違いなく女生徒の方が積極的である。判らないところを克服しようとする努力、向上心、集中力など、どれをとっても男子生徒の上を行く。なぜこのようなことが起こるのかは、個々の性格や [続きを読む]
  • 団塊の世代のESL(語学留学) サイパン留学KOHINOOR
  • 団塊の世代のESL(語学留学)今秋から4週間、団塊の世代と自らおっしゃる女医の先生がKohinoorに語学留学されている。英語論文なども発表されてる医師なので、日常会話についてはアメリカ人ともさほど苦労なくコミュニケーションを図ることができる。ブログといえども個人のプライバシーの問題があるので、英語レベルについての詳細は記述しないことにするが、私が感心したのは、もう一度英語のグラマーとライティングを基礎から [続きを読む]
  • 英語圏で帰国子女・大学受験生を養成する サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏で帰国子女・大学受験生を養成する帰国子女枠は、日本の各大学で広く採用されている。少子化の中、大学側も経営サイドで英語の堪能な帰国子女に対し、受け入れを拒む理由はあまり考えられない。国語力・他の教科が日本国内で勉学した子女に劣るからと言う理由で、頑なに受け入れを拒否する考え方もあるが、その大学の関係者たちは本気で帰国子女の学力が劣ると考えているのだろうか。英語力は大学受験で英語を釈迦力になっ [続きを読む]
  • 留学先のプレイスメントと聖書 サイパン留学KOHINOOR
  • 留学先のプレイスメントと聖書留学先の学校を決めるのは難しい。特に英語圏の場合は、カトリック系・プロテスタント系などキリスト教系の私立学校が多い。キリスト教系の学校で問題となるのは、Bible(聖書)が必須科目であるということだ。多くの日本人にとって、なじみの薄い聖書の授業は、もちろん英語で行われるからなおさら厄介だ。科学の授業では、ダーウィンの進化論を学びながら、聖書では神が創造したアダムとイブの世界 [続きを読む]
  • 英語圏の進学塾で名門大学入学を目指す サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏の進学塾で名門大学入学を目指す英語圏であるサイパンに今まで進学学習塾はなかった。ひょっとしたら留学生の人数が圧倒的に多い、韓国人が経営する補習塾はあったかもしれないが。私の思いは人種を問わず、本人が希望するアメリカの名門大学もしくは、帰国子女枠を利用した日本の名門大学へ入学するために、高レベルの教育を生徒たちに供給し続けること。日本の進学塾では当然のことが、ここサイパンではスローライフのせ [続きを読む]
  • 英語圏で教える日本語と、学ぶ英語 サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏で教える日本語と、学ぶ英語年末も押し迫った頃、サイパンのローカルであるチャモロ人の女子高生から、日本語のプライベートレッスンを頼まれた。日本人の高校生が交換留学で、サイパンにホームステイで1週間来ることになったということだ。最初に母親から電話があり、政府に勤務していますというで実際に会ってみると、なんと警察官。確かに政府関係ではある。日本語をしゃべれるようになりたいからと、週2回4時間の集 [続きを読む]
  • 英語圏の親子留学は幼稚園時期から サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏の親子留学は幼稚園時期から留学の低年齢化は留まることを知らない。日本の例だと、大学生・高校生から中学生・小学生へとどんどん低年齢化が進み、今や幼稚園・保育園の園児がお母さんと留学する時代になってきた。今までは親子留学といっても、1週間から1ヶ月間くらいの短期留学が主流だったが、そのような短期間で英語をマスターすることはまず不可能だ。実際に参加した人に話を聞いても、ただの海外旅行じゃつまらな [続きを読む]
  • イギリス留学よりサイパンを選んだ女子高生 サイパン留学KOHINOOR
  • イギリス留学よりサイパンを選んだ女子高生今日はお正月、Kohinoorで勉強したことのある生徒から年賀メールが多数届いた。その中で、3年程前にESLをプライベートレッスンした、当時女子高生のメールがあった。活発なお嬢さんで、いつも周りを明るくさせてくれたことが今でも印象深い。今は、日本の大学で英文科を専攻している。もともとサイパンが好きで、マリンスポーツや休息のため、年契約でコンドミニアムを所有し、毎月のよ [続きを読む]
  • 英語圏の留学とホームステイ サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏の留学とホームステイ以前アメリカの最大手ESL(英語研修機関)の日本総代理店のマネージメントをしていた経験からすると、ホームステイは当たり外れが大きいと言わざるを得ない。ステイする家庭がすべて、よくアメリカの映画に出てくる白亜のビッグハウスではないからだ。学校単位で交換留学している場合は、留学先の学校の生徒にホームステイする例が多いので、送迎も含めあまり問題は起きないのだが、一般の家庭の場合、 [続きを読む]
  • 英語圏への留学で学校の教師になる サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏への留学で学校の教師になるアメリカに端を発した世界的金融不安は、1929年の世界恐慌に匹敵するくらいになるのではないかと言われている。昨年度は下降していた失業率も急激に上昇しだした。日本でも派遣社員はもちろん正社員の人員削減が毎日のようにマスコミを賑わし、経済は不況まっしぐらに向かいつつある。円が強いので輸出産業は大変だが、資源の輸入という意味ではまだ救われている。不況に強い職業はなんだろ [続きを読む]
  • 英語圏で帰国子女枠に特化した海外留学(2)サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏で帰国子女枠に特化した海外留学(2)英語圏に海外転勤などで留学するお子さんの対策についてはもう述べたが、中退や登校拒否などで高校の卒業資格を持っていない人のためにも、この帰国子女枠の制度をうまく活用した海外留学の方法がある。それは海外の高校を卒業すること。日本ですでに取得した単位の互換性を図ることのできる高校を選択し編入する。もし無理な学校の場合でも、高校編入は可能なので2〜3年をかけて卒 [続きを読む]
  • 英語圏で帰国子女枠に特化した海外留学(1) サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏で帰国子女枠に特化した海外留学(1)保護者の転勤等のために、海外に移住するお子さんは相当数に上る。会社の辞令だからサラリーマンの宿命として、単身赴任するか家族で移住するしかない。しかしものは考えよう、お子様がいる家庭は英語圏に移住した場合、現地の学校に通学し、生きた英語をマスターできる絶好のチャンスとなる。Kohinoorにも昨年転勤族のお子さんが姉弟でいたが、通学し始めたころは大変だったが、慣れ [続きを読む]
  • 英語圏の高校生交換留学とTOEFL サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏の高校生交換留学とTOEFLTOEFLの集中レッスンを、現在日本の中学3年生に行っている。TOEFLは、アメリカの大学入試に必要な英語力判定テストなので、おやと思われるかもしれない。しかし英語圏の高校に入学するためには、授業についていけるだけの英語力は不可欠である。中学〜高校と6年間学んだ英語力だけで、TOEFLでハイスコアをマークすることは、非常に難しい。現在のテストシステムはTOEFLiBTとなっているため、英語 [続きを読む]
  • 英語圏の留学斡旋 サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏の留学斡旋ゲートウェイ21の破産のニュースを聞いた際に、留学を志して資金を支払ってしまった人は、本当に困ったのだろうなと心が痛んだ。留学先も決め、ビザを心待ちにして、留学準備の旅支度をしている真っ最中の人が多かったのでは。このようなことが起こると留学斡旋に対しての不信感が広がっていく。留学先の学校先等への手続きやビザなどをすべて自分で行えば、そのようなことは起こらないのだが、なかなか一般の [続きを読む]
  • 英語圏の中学・高校一貫教育の進学校 サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏の中学・高校一貫教育の進学校日本では、国立大学や有名私立大学を目指す小学生たちは、進学実績で定評のある中学・高校一貫の進学校に入学するため、難関中学受験を突破しようと日々頑張っている。ゆとり教育のさなか、小学校の授業の1年先を進学学習塾で勉強し、演習問題を山ほどする。確かにそこまでしないと、有名な中高一貫校には合格できない。私も昨年、父親の転勤のため小学6年生1学期の時点で、英語圏であるサ [続きを読む]
  • 英語圏のテニス留学 サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏のテニス留学留学生のニーズも様々だ。今年の夏は、日本から高校生と中学生の兄弟がテニス留学のためサイパンにやってきた。ホームページを見て英会話のブラッシュアップとテニス連盟の選手権にむけて(どの大会かは聞いていなかった)のトレーニングのためだと話していた。英語圏であるサイパンには様々な人種が居住しているので、元プロのテニス選手やプロのコーチ当然のことながら居住している。彼らはアメリカ人のデビ [続きを読む]
  • 英語圏の親子留学 サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏の親子留学最近Kohinoorに問い合わせが増えているのが、親子留学(母子留学)だ。お子さんは幼稚園から小学生低学年が多い。来年1月にも1組、幼稚園生を持つ母子が長期留学することになっている。この時期から英語圏であるサイパンに正規留学して、英語をマスターしようと考えておられる。これは非常にお子さんにとっては恵まれた環境で、5〜7歳の時期から英語圏で英語を勉強し始めると、約2〜3年間で英語の基礎をマ [続きを読む]
  • 英語圏でESLのある小学校・中学校・高校 サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏でESLのある小学校・中学校・高校幼稚園や小学校低学年の時期に海外留学を始めた生徒はともかく、小学校高学年・中学生・高校生ともなると、入学・転入する英語圏の学校にESL(英語研修プログラム)が準備されているかどうかは、生徒の死活問題となる。授業中、先生の言っていることはおろか、クラスメートとの会話さえ満足にコミュニケーションできない状態に陥ってしまう。こうなると、授業中何の教科を勉強しているのか [続きを読む]
  • 英語圏のフリースクール サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏のフリースクール登校拒否や中退、身体的・精神的な理由等に依り、学業を途中で辞めざるを得ない状況に陥ることが、最近の日本では増えてきている。この状況をどのように考え、改善していくかは教育の根本的な問題に絡むことになるので一概にこうすれば良いとは軽々しくは言えない。ただひとつ、そうなった場合の保護者の精神的な気苦労と、生徒本人の挫折感・倦怠感をどのように取り除くかにあると思う。もし様々な理由に [続きを読む]
  • 英語圏のゴルフ留学 サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏のゴルフ留学日本のゴルフ界では、石川遼君の最年少1億円プレーヤー誕生の話題で持ちきりだ。たしかにタイガーウッズでさえプロトーナメントで優勝したのは20歳だったか?そのことを考えると日米のプロゴルファーのレベル差を差し引いてもすばらしい快挙だ。テレビでしか石川プロのプレーを見たことはないが、なかなかあれだけのプレーをティーンエージャーが続けていけるというのは並大抵の才能と努力ではないと感心す [続きを読む]
  • 英語圏のジュニア・キャンプ サイパン留学KOHINOOR
  • 英語圏のジュニア・キャンプ小学生・中学生が春休みや夏休みなどの期間を利用して、英語研修やアクティビィティを楽しむために、英語圏で開催されるジュニアキャンプに参加する話はよく聞く。通常1週間から1ヶ月位の開催が多いようだ。英語圏というとアメリカ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドをはじめとするれっきとした英語圏だけではなく、ヨーロッパやアジアでも英語研修ができるジュニアキャンプがある。私の [続きを読む]