おだひろこ さん プロフィール

  •  
おだひろこさん: 10年先もずっと幸せな関係
ハンドル名おだひろこ さん
ブログタイトル10年先もずっと幸せな関係
ブログURLhttp://ameblo.jp/hiroko--blue/
サイト紹介文パートナーとの関係を、子供がいなくても幸せな関係へ 未来を描ける関係になりたいと願うあなたへ
自由文望む未来を手に入れる美マインド構築コーチとして、パートナーとの関係に悩む女性へ向けての活動中です。
たとえ子供がいなくても、10年後もずっと幸せな夫婦関係を手に入れること

「自分との関係性」を見つめ直し「自分を育て磨くこと」によってパートナーとの関係も変化します。
女性として、内面からも外見からも輝き、生きる喜びを手に入れましょう❤
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 8日(平均11.4回/週) - 参加 2017/05/20 11:02

おだひろこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【人生が表情に現れる?】
  • 【人生が表情に現れる?】リンカーンの言葉で「40 歳になったら人は自分の顔に責任を持たねばならない」聞いたことありますよね。今までの人生が表情に現れるということです。それは目鼻立ちの造形だけでなく、その人の価値観や内面が顔に現れるということ。思い通りにいかないことがあると、自分への苛立ちを感じることもありますよね。そこで卑屈にはならない立ち止まり、自分の中にある想いと向き合うことそこには、長年付き合 [続きを読む]
  • 【心地よい関係を築くために】
  • 【心地よい関係を築くために】フランスのパートナーとの関係性はまず恋愛ありきで、結婚したとしても子供がいても女性としての努力を続けて恋愛関係でいようとするとそうです。それを、私たち日本人が同じようにというのは難しいかもしれませんが相手に対して心地よい関係を築くための努力は忘れたくないですよね。夫と過ごしていて感じるのは男性としての役割をきちんとしてくれることそれは、些細なことの積み重ねなんですが重 [続きを読む]
  • 【認められたい気持ちを手放すこと】
  • 【認められたい気持ちを手放すこと】・男性(パートナー)に愛されることで幸せになれる・お付き合いしている人がいないのは自分に何か足りないところがあるから・自立しすぎると、他の人を必要としないようなひとりで生きていく人間に見られるかもこういった思い込みを20代の頃まで思っていました。フィニッシングスクールのアドバンスコースで、「心の在り方」を学ぶまでは。これは自分の価値を他の人の判断に預けているとい [続きを読む]
  • 【パートナーにずっと大切にされる女性とは】
  • 【パートナーにずっと大切にされる女性とは】一緒にいる女性がキレイだと男性もきっと嬉しいはずです。見た目の美しさだけでなく大切だと思うのは・清潔感・身だしなみ・大人の女性としての立ち居振る舞い身だしなみを整えるのは相手を大切に思うからこそのコミュニケーションの大切な要素それは、ビジネス上でも同じです。パートナーにも、女性として大切にされたら嬉しいですよね。けれど無理をした美しさは清潔感からかけ離れて [続きを読む]
  • 【「量」より「質」を選び、高めること】
  • 【「量」より「質」を選び、高めること】自分では気づかない意外な一面を周りの人から教えてもらったことって経験ありませんか?自分のことって分かっているようで、分からないことが多いですよね。今はたくさんの情報があふれ次々と移り変わっています。そんな中で、大切なことは自分にとって本当に大切なこと、必要なことを選ぶこと多くを望むのでなく自分が出来ることを選んで、そして深めていくこと。それがその人だけの良さを [続きを読む]
  • 【大人の自立した女性のあり方とは】
  • 【大人の自立した女性のあり方とは】かつてフィニッシングスクールで学んだこと「自立した女性のあり方」〇自分を知り、自分を育て磨くことで、生きる喜びを感じること〇自分を見つめ、自分の成長を積み重ねることでそれは自信となりますそれは内面の輝きになり、落ち着きと気品となってその人を美しく包みますそれは、内面と外見も同じように磨くことの大切さでした。おしゃれをすることも大切な自己表現のひとつ選ぶ服の色やライ [続きを読む]
  • 【パートナーとの関係で大切なこと】
  • 【パートナーとの関係で大切なこと】結婚して、いろいろな出来事が二人の間でありました。けれど悩みながらもどうにか、なんとか自力で乗り越えてきました。現在は、夫婦二人でとてもよい関係性を築いてます。それは初めからでなく積み重ねた自分と向き合う時間が今の幸せを作り上げたと感じます。自分にも他人にも厳しい夫が時々くれる夫の言葉が、幸せの種です。パートナーとの関係で大切なことは、まずは、ありのままの自分を認 [続きを読む]
  • 自分に手をかけるのは、自分を大切にすること
  • 「自分に手をかけるのは、自分を大切にすること」おしゃれをすることもそうです。自分自身を知り、似合うもの、肌をきれいに見せてくれる色を知ること。年齢を重ねても、キレイでいたいと思う気持ち。それは、自分に手をかけること。投げやりになったり、あきらめないこと。その積み重ねが、その人だけの個性(美しさ)を作っていくのです。また、身に付けるものによって、気分も変わることありますね。服を手に取って、自分に合わ [続きを読む]
  • 【女性としての感性を育てる】
  • 【女性としての感性を育てる】福岡で学んだフィニッシングスクール 先生はもちろん多くの素敵な女性と出会えた場所でした。年月が過ぎた今でもテキストを時々見返しては学んだことを読み返しています。『素敵な女性は精神的・身体的・情緒的・知性とともに活き活きとして調和のとれたセンスを備えた人』『飾り気のない品のよさ 思慮深さ 誠実さ 落ち着きなどのエレガンスの要素を身に付けること』辞書によるとエレガンス【eleg [続きを読む]
  • 年齢を重ねても忘れたくないこと
  • 年齢を重ねても忘れたくないことフランスの次期大統領となったエマニュエル・マクロン氏が史上最年少の39歳というのも話題ですが、奥様が25歳年上というのも大きな話題ですよね。フランスの女性は権利を主張することは大切にしながらも「男性化」せず女性として生まれてきたことを楽しむことを得意としているそうです。年齢を重ねても、ずっと「女性」であり続けるための努力をしている。だから、年の差なんて関係ないのかもし [続きを読む]
  • ひとりひとりの個性が、他者を豊かにする?
  • 「ひとりひとりの個性が、他者を豊かにする」こういう言葉を最近目にしました。ひとりでは成し遂げられないこともたとえば夫婦や家族全体での単位あるいは仕事などひとりではなく他者とだから出来ることもありますよね。今いる環境や立場で自分だから出来ることを考え最善を尽くすことで気持ちの変化が起こったり得られることもあるはず。その結果、自然と状況が変化することも。また、その場全体の可能性も広がります。今の環境は [続きを読む]
  • 帰省での感謝の想い
  • GWで、ただいま帰省中です。今日は、実家で一人で、現在学んでいるアカデミーの復習などで過ごしました。この実家は、母のために手すりを付けたり、段差を減らしたりなどのリフォームをしましたが、母を3年前に見送った後は、私たち姉妹が集まる場所となっています。東京の家とは違い、広い庭があります。姉が実家の庭も手入れし、たくさんの草花を植えてくれています。今日はその庭もひとりで楽しみました。実家に戻ると、懐かし [続きを読む]
  • 義理の両親との付き合い方
  • 義理の両親との付き合い方義理の母はとても自立した女性だと感じています。結婚当初、言われたことは「私は姑で苦労したからあなたにはそんな思いはさせないから」という言葉です。義理の母から私に「何かして欲しい」とか言われたことはありません。夫と電話で話す義理の母は「ひろこさんに、よろしくね。」といつも最後に言ってくれるのが聴こえてきます。直接は話さなくても義理の母のあたたかい思いが電話越しにいつも伝わりま [続きを読む]
  • 過去の記事 …