タケシ さん プロフィール

  •  
タケシさん: チャリで攻めるブログ
ハンドル名タケシ さん
ブログタイトルチャリで攻めるブログ
ブログURLhttp://www.charidesemeru.com
サイト紹介文自転車でユーラシア大陸横断をします。 その他、一人旅の記事や自転車に関する情報など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 122日(平均4.4回/週) - 参加 2017/05/20 23:14

タケシ さんのブログ記事

  • 64日目 トルコ:ギュミュシュハネ → トラブゾン
  • この日の野宿中に事件が起きました。早朝3時くらいにテントの外で物を漁られている音がして目が覚める。ブルガリアでの経験もあってか、意外と冷静でした。盗られたら困るようなものはテントに入れてるし、完璧。ゆっくり音を立てないようにリュックを身体の前に装備し、護身用のサバイバルナイフを握りしめ、恐るおそる声をかけてみる。が、反応なし。思い切ってテントから出てみると、犯人の正体は、、、なんだコイツは…? [続きを読む]
  • 61日目 トルコ:スィワス → ギュミュシュハネ
  • 朝ごはんはパンとハチミツ。次の目的地は黒海沿いの港町トラブゾン。イランビザを取得するのが目的です。といっても、以前は申請してその日のうちにゲットできていたものが、近年ビザ取得の難易度が上がったみたいです。なので運良く上手く取れればいいな、取れなかったらそれはその時考えよう、くらいのノリで進みます。少し漕いでスィワスに入ります。トルコ生活史上3番目くらいに大きい街だったけど、特に何もせずに出ま [続きを読む]
  • 59日目 トルコ:ギョレメ → スィワス
  • ギョレメ出発。出発してからも一面にRPGの世界のような風景が広がってました。海のそばを走るのが一番気持ちいいと思ってたけど、どうやら自分の知ってる世界が狭すぎたみたいです。気持ちよく漕いでたら、道路脇のお店のおっちゃんが声をかけてきてくれました。美味しいブドウとチャイをいただいて、ついでにあらかじめ買っておいたロールケーキでちょっとリッチなお昼ご飯です。貴重なビタミン源、ものすごくありがたかった [続きを読む]
  • 57日目 トルコ:ギョレメ
  • 「カッパドキア」で有名な町、ギョレメです。おそらく暫定でこの旅1番のワクワクな町だったので、ぼちぼち紹介して行きたいと思います。こじんまりとしていながら、ゲームの中に迷い込んだんじゃないかと思わせるような、どこで写真撮ってもチョベリバにフォトジェニックな感じの町です。カッパドキアと言えば気球ツアーで有名らしいですが、お金が結構かかるのでパス。早起きできたときに丘の上から見に行こうと決意。その光景 [続きを読む]
  • 55日目 トルコ:ボル → ギョレメ
  • 山道がどんどん険しくなって来ました。アンカラまで140km。9月に入ってから朝昼晩の寒暖差がすごいことになってきました。朝は寝袋あっても肌寒いくらいなのに、昼は平気で39度になったりします。おまけに乾燥もすごい。おかげでちょっと風邪気味です。クルバンバイラムなので営業していないお店も多いです。なんとかやってるお店を見つけて、パンを買い溜めしておきます。こんなこともあろうかと、イスタンブールの宿の朝食 [続きを読む]
  • 152日目 トルコ:イスタンブール → ボル
  • イスタンブール、広すぎるし道に迷ったのもあって脱出に時間かかりました。イスタンブールだけで20kmちょっと漕がされたし。写真はトルコが誇るサッカーチーム、ガラタサライのホームスタジアムです。たぶん。なんとか大きい道にでて、ここをまっすぐいって海峡にかかる橋を渡ればついにアジア突入です。と思ってウキウキで漕いでいたら、パトカーに止められました。そしてなんのことかわからないまま結構な勢いで怒られる。ど [続きを読む]
  • ヨーロッパまとめ
  • おかげさまでヨーロッパ編を無事に(?)乗り越えることができました。いや、ほんとに色々あった、特に終盤のおっちょこちょいが。。落ち込んだりもしたけれど、私はげんきです。魔女宅はちゃんと観たことありません。ということで、いろんな観点からさらっとヨーロッパを振り返っていきたいと思います。ルートと走行距離、日数パリからイスタンブールまで、通ってきた町をGoogleマップで印付けてみました。こう見てみるとうおお [続きを読む]
  • 50日目 トルコ:イスタンブール
  • イスタンブール、4泊しました。最初は3泊の予定だったんだけど、居心地いいし楽しいし4日目の朝ちょっと雨降ってたしで急遽延泊決定。宿も安いし沈没するにはもってこいの場所です、イスタンブール。しかも朝ごはん付きです、毎朝狂ったようにパンをおかわりしてました。1日目はお散歩という名の観光。宿で知り合った まごさんという日本人の方にイスタンブールをさらっと案内してもらいました。上からアヤ・ソフィア 、スルタン [続きを読む]
  • 47日目 トルコ:クルクラレリ → イスタンブール
  • 朝、ニワトリの鳴き声で目覚めました。しっかり朝7時前後に雄叫びを上げてくれるんですねニワトリって。1匹連れて行こうか迷いましたが、まぁ普通にやめておきました。よーし出発するかってときにサングラスが壊れる。幸先悪いです。カンカン照りなのに。でも気にせず出発します。この日は地味なアップダウンがひたすら続く日でした。加えて向かい風が強い。上りがキツイです。丘を越えてもひたすら同じような風景がずっと待ち [続きを読む]
  • 45日目 ブルガリア:ブルガス → トルコ:クルクラレリ
  • 朝はまぁなんやかんやありました。あとでしっかり確認したら、今まで滞在した国のコインを入れてた予備の財布と、ノートパソコンのケースに入れてた各観光地のポストカードなども盗られてました。財布は数百円分しか入ってなかったからまぁよしとします。超絶なんとも言えない気持ちで、黒海から昇る日の出を見るために海岸でスタンバイ。ボキャブラリーが乏しすぎるけど、すごく綺麗でした。青黒く淀んでいた東の空に、徐々に [続きを読む]
  • 43日目 ブルガリア:ブルガス・ネセバル
  • 9時ころ起床。そのまま漕いでブルガスに向かいます。念願の海です。海見えた瞬間叫んじゃいました。ブルガスは2泊しようと思ってたので、本格的に海見るのは次の日の楽しみに回しておきます。難なく昼前にブルガス到着です。写真じゃいまいち伝わらないけど、結構賑わってます。宿にチェックインする前に、朝&昼ごはん。そこら辺のファストフードだけど、ご飯にポテトにチキンが3本ついて190円くらいというお手頃価格。野良 [続きを読む]
  • 41日目 ブルガリア:プロブディフ → スレデツ
  • 近所のガソリンスタンドで朝ごはんです。そろそろどうしても海が見たくなってきたので、ひたすら東に進んで黒海沿いのブルガスという街を目指します。やっぱり町と町の間はなんにもない田舎道です。ロバいました。初ロバ。ちっちゃい商店で青いファンタ買って休憩したり。このファンタ結構美味いです。日本でも売ってるのかな?ちょっと大きめのチルパンという街に入ります。16時ころ、お昼ごはんなのか夜ご飯なのか微妙な [続きを読む]
  • 盗難被害にあった話
  • 本当についさっきの出来事なのですが、タイトルの通りです。カフェのWi-Fi拾えたので、自分の気持ちを整理する意味でも投稿します。現在、ブルガリアはブルガスという黒海沿岸の港町におります。現在AM5時前。海から上る朝日が見たくてこの街に来まして、ホステルで2泊したんですけども、見そびれちゃったので3泊目を砂浜で野宿しておりました。写真のように。砂浜で寝たら寝坊もしねえだろ!って思ったので。3時すぎ頃にガサ [続きを読む]
  • 39日目 ブルガリア:ソフィア → プロブディフ
  • ソフィア出発です。朝ごはんは缶詰のシチュー。あっためるだけです。そのあともスタバでブログ書いたりしてたので、なんだかんだソフィア出たのは16時くらいになっちゃいました。ソフィアの街から10kmも漕がないうちにこんな感じで何もなくなます。メリハリすごすぎです、ブルガリア。そういえば自転車旅をしている人の言葉で「自転車旅はドラクエに似ている」っていうのを聞いたことがあるんですけど、最近すごくそれわかり [続きを読む]
  • 37日目 ブルガリア:ソフィア
  • この日はソフィア観光デーです。とりあえず何個かアタリをつけて、市街中心部へ。の前にスーパーマーケット。さすがブルガリアって感じのヨーグルトの品ぞろえです。まずはバーニャ・バシモスクへ。これまでのヨーロッパで散々大聖堂とか教会をみてきてちょっと飽きが来てたので、このタイミングでのモスクは超新鮮でした。定刻になると男の人の綺麗な太い声でコーランが流れます。ユダヤ教の教会。中には入れませんでした。 [続きを読む]
  • 36日目 セルビア:アレクシナツ → ブルガリア:ソフィア
  • ホテルの庭で起床。アレクシナツ市内のパン屋さんで朝食をとってスタートします。体調悪めなのでちょっと良さげなヨーグルトも買いました。セルビア第3くらいの都市Ниш(ニシュ)に到着します。が、写真1枚も残ってません。珍しくちょっと頑張って観光したのに。ユーゴスラビア初のナチスの強制収容所や、オスマン帝国時代の独立決起に敗れたセルビア人の頭蓋骨が数多く埋め込まれてるスカルタワーに訪れました。どちらもイ [続きを読む]
  • 34日目 セルビア:ベオグラード → アレクシナツ
  • 4日間過ごした愛しのベオグラード、重い腰を上げて出発です。市内に通るEUROVELO 6をみつけたので、それに沿ってまずは東のСмедерево(スメデレヴォ)という町へ、それから南下というルートをとります。EUROVELOがEUROVELOじゃないくらいボッコボコの道でした。あと、ここらへんから体調ちょっと崩します。のどの痛みと鼻水が少し。すこし田舎のほうに行くと、めずらしいのかいろんな人が声をかけてくれるようになり [続きを読む]
  • 32日目 セルビア:ベオグラード
  • ベオグラード、なんだかんだで3泊しました。ちょっと世紀末感あふれる路地のゲストハウスだったけど、いいところでした。でもやっぱりiPhoneで撮った写真が少なすぎて、なんか物足りません。あぁ。。まずはぶっ壊れたキャリアの交換。1件目に訪れた自転車屋さんに奇跡的にディスクブレーキ対応のキャリアの在庫があり、即購入します。5000円くらいでした。素材はアルミですが、持ってみた感じも前のキャリアより頑丈で、耐荷 [続きを読む]
  • 30日目 セルビア:スボティッツァ → ベオグラード
  • 悲しいお知らせがあります。リアルタイムでは今ブルガリアに入国し、首都のソフィアで2泊したところなのですが、セルビア出国前にデジカメ無くしたことに気づきました。普通に死にたいです。おれの思い出が…あぁ…iPhoneにギリ移していたデータと、iPhoneで撮った写真をもとにセルビアの思い出をつづっていきたいと思います。気を取り直して。スボティッツァの宿、ダブルベッド気持ちよすぎて普通に寝坊しました。朝食の時間 [続きを読む]
  • 28日目 ハンガリー:Kiskunhalas → セルビア:スボティッツァ
  • 朝早めに起床。セルビア国境まで20kmくらいです。ものすごくどうでもいいんですけど、野宿生活もなかなか慣れてきてこの日はテントをめちゃくちゃキレイに収納することができました。いつもは丸めるときもっとグチャグチャってなるので、これは本当に一流シェフが作るオムレツ並みの出来栄えです。うれしかったのでただの報告です、はい。なにごともなく国境前のTompa(トンパ)という町に入ります。こじんまりとしたちっちゃ [続きを読む]
  • 27日目 ハンガリー:ブダペスト → Kiskunhalas
  • 「おめえさ、なんでポーランド行かねえの?グッドガールいっぱいいるよ?」「いやだって向かってるのアジア方面だし、今から行くにしても山多すぎるもん…」「なんだよ、フ〇ックジャパニーズ!俺も日本ぜってえ行かねえ!」そんな彼もカメラ向けるとちゃんとポーズ撮ってくれます。ちょっとだけ騒々しい1日の始まりです。嫌いじゃない。朝になってもまだパラパラと雨が降っていました。めんどくさかったのでもう一泊できるか [続きを読む]
  • 26日目 ハンガリー:ブダペスト
  • 8時半ごろに起きてちょっと漕いで、すぐに首都のBudapest(ブダペスト)入りです。何日かぶりのドナウ川。ちょっと感慨深いです。予約していたホステルに荷物を置いて、ちょっくら市街観光に向かいます。ウィーンでの反省を踏まえ、ちゃんと自転車で観光しました。あと、ホステルのスタッフのお兄さんが大阪に来たこともある方みたいで、けっこう良くしてくれました。おススメの宿です。Hostel Bella Vita聖イシュトヴァ― [続きを読む]
  • 24日目 ハンガリー:ヘジュシュロハム → ブダエルシュ
  • 日差しが暑くて9時半くらいに起床しました。テントなし泊の弊害、直射日光。あとはハエもめちゃくちゃやかましかったです。100mも漕がずに、早速ハンガリー入国です。入国してすぐのところの両替所で両替をします。通貨はFt(フォリント)、1フォリントだいたい0.4円くらいなのでまだ計算は楽っちゃ楽です。ユーロ通貨圏はたぶんもう通らないので、持ってるユーロ全部両替しました。5600フォリント弱になりました。入国し [続きを読む]
  • 22日目 オーストリア:ウィーン → ニッケルスドルフ
  • この日はホッコリ話からのスタートです。と言ってもまたまたトラブルのお話なんですけども。今度は荷台右側の、フレームと固定するためのボルトが折れていました。それもねじ穴の内部で。この時ひらめいたのは、折れたところを接着剤でくっつけてから回して取り除くという手法。とりあえず5kmくらい先にホームセンターがあるみたいなので向かいます。結論から言うと、接着剤ではどうにもなりませんでした。途方に暮れていると [続きを読む]
  • 21日目 オーストリア:ホラブルン → ウィーン
  • オーストリア、チェコと打って変わってまたまた自転車に優しい国っぽくなってきました。自転車道が整備されてるし、googlemapにも自転車の項目が再登場してきたし。にしてもクソ暑いし向かい風は強いしなので、自転車こぐ人にはあんまり優しくない日々でした。あとは物価も普通に高めです、できるだけ早めに脱出しようと心に決めます。ドナウ川に合流します。おれ前世でそんなに悪いことしたか?ってくらい向かい風強かったで [続きを読む]