papakei さん プロフィール

  •  
papakeiさん: 素人目線で自動車ジャーナリストっぽく書くブログ
ハンドル名papakei さん
ブログタイトル素人目線で自動車ジャーナリストっぽく書くブログ
ブログURLhttp://www.papakei.com
サイト紹介文自動車ネタをメインとしています。自動車か大好きな素人目線でのブログで配信していこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 93日(平均6.5回/週) - 参加 2017/05/23 18:01

papakei さんのブログ記事

  • 遂に新型ハイパーセダンが発表【新型 BMW M5】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。本日は発表されたばかりの新型 BMW M5をご紹介したいと思う。今回の新型 BMW M5は6代目のモデルとなる。歴代M5は全てFRであったが、今回は初めて4WDが採用された。これはライバルとなる「メルセデスベンツ AMG E63S 4MATIC+」や「アウディ RS6」と同じく、溢れる程のハイパワーを効率良く路面伝達させる為である。エクステリアは先代までのBMW M5と同様にあまり派手にはなっていない。フロントバ [続きを読む]
  • 今だからこそ旧型のプリウスが熱い【トヨタ プリウス】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。本日は密かに中古車市場で人気となっているトヨタ 30系プリウスご紹介したいと思う。30系プリウスと言えば、今や当たり前となっているハイブリッドカーを大ヒットへと導いた車である。20系プリウスまでの「なんだかおじさん臭い」感じを一新したエクステリア&インテリアに加え、当時最新型となるハイブリッドシステム「THSⅡ」を搭載しているにも関わらず車両本体価格をかなり抑えた事で話題とな [続きを読む]
  • AUDIのお洒落な4ドアクーペと言えばこの車【AUDI A5 スポーツバック】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。先日モデルチェンジしたAUDI A5スポーツバックについてご紹介したいと思う。スポーツバックという名前は4ドアクーペまたはハッチバックモデルに付けられるAUDI特有の名称である。クーペフォルムでありながら、4ドアとなる為、お洒落でカッコよく、実用的であり人気が高い。ボディサイズは4750×1845×1390となっており、ワイド&ローが強調されたサイズとなっており、実用的なサイズでもある。エ [続きを読む]
  • スズキの世界戦略コンパクトSUV【スズキ SX4クロス】
  • 皆さん、こんにちは。papakeiです。本日マイナーチェンジしたスズキ SX4クロスについてご紹介したいと思う。日本ではSX4は聞いた事があるかもしれないが、SX4クロスという名前は聞き慣れないかもしれない。しかしデビューは2006年にしており、実は世界戦略車なのである。日本ではマイナーだが、世界的に見ると人気車である。ボディサイズは4300×7165×1575となっており、3ナンバーサイズのCセグメントである。駆動方式は2WD(FF) [続きを読む]
  • 国内最高峰のラグジュアリーSUVが改良【LEXUS LX】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。本日は改良が発表されたLEXUS LXについてご紹介したいと思う。国内最大最高級のSUVとしてLEXUSに君臨するLXが国内導入後、初の改良を実施した。変更箇所は5人乗り仕様の追加、外販色の追加、アルミホイールの意匠変更、3.0tまで対応するトレーラーヒッチの追加、バックアップランプのLED化、ナノイーの装備等である。5人乗り仕様の追加については兼ねてから要望が多かった事が予想できる。実際の [続きを読む]
  • 軽自動車ブーム作りの親は復権なるか【ダイハツ ムーヴ】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。本日はマイナーチェンジが発表されたダイハツ ムーヴについてご紹介したいと思う。軽自動車は小馬鹿にされる存在であった時代にダイハツ ムーヴとスズキ ワゴンRのコンパクトカーと大差ない品質によって軽自動車ブームは起こったに違いない。そんなダイハツ ムーヴも軽ハイトワゴン勢の人気により、1人勝ちは出来ない状況となっている。今回のマイナーチェンジにより、どこまで復権出来るかが注 [続きを読む]
  • 18年振りに復活した北欧のステーションワゴン【VOLVO V90】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。本日はVOLVO V90についてご紹介したいと思う。2017年2月に現行モデルが発売された。これは先代の販売終了から18年の時を経ての新型登場となる。V90と言えばVOLVOのフラッグシップステーションワゴンとなり、先代もコアなファンが付く人気車であった。しかし、V70の方が人気があった為廃盤となっていた。ファンは復活を心待ちにしていたに違いない。ボディサイズは4935×1880×1475となっており、 [続きを読む]
  • 自動運転のレベルを知ってますか?意外とあなたの車はレベル○だったりする。
  • 皆さんこんばんは。papakeiです。本日は今更ながら自動運転についてご説明したいと思う。自動運転という言葉を聞くことは多くなってきたが、一言で自動運転と言ってもレベルが違い過ぎない?と感じる事があるだろう。その考えは正解で、自動運転もレベル0〜レベル4までにレベル分けされている。〓?レベル0まずこれは従来の普通のクルマと考えて頂きたい。加速、操舵、制動などの全ての動作をドライバーが行うものを表す。万が一の [続きを読む]
  • スバルの本格派SUVに特別仕様車追加【スバル フォレスター】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。本日はスバル フォレスターについてご紹介したいと思う。今回、特別仕様車「スマートエディション」が追加された。特別装備の内容としては、エクステリア、インテリアに専用パーツが装備されている。フォレスターのボディサイズは4560×1780×1675なっており、大きすぎず小さすぎず実用性の高いサイズとなっている。エクステリアは本格派SUVである事を主張するかの様に、クロスオーバーテイスト [続きを読む]
  • ミニの中で1番お洒落なモデルは?【ミニ ペースマン】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。本日はミニ ペースマンについてご紹介したいと思う。エクステリアを見て気づく方も居るかもしれないが、ペースマンはクロスオーバーの派生モデルである。スポーツアクティビティクーペ(SAC)という位置づけのもと2013年3月にデビューした。ペースマンという名前は「先を行く者」という意味の造語である。クロスオーバーは5ドアコンパクトSUVであるが、ペースマンは3ドアであり、クロスオーバー [続きを読む]
  • あのスポーツクーペに上位グレード登場【BMW M2 CS】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。Mの最小クーペモデルであるM2はボディサイズの小ささを生かして最高の走りを演出しているモデルである。そんなM2にM3/4と同じエンジンが搭載されたモデルの登場が発表された。M2のボディサイズはベースとなる2シリーズがワイドボディ化されており、全幅は75mmワイドの1854mm、トレッドはフロント55mm、リヤは80mmもワイドトレッド化されている。エクステリアはMならではのワイドフェンダーや専用 [続きを読む]
  • ホンダのフラッグシップセダンが北米で発表【ホンダ 新型アコード】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。本日は北米で新型が発表されたホンダ アコードについてお話ししたいと思う。プラットフォームはシビックと共用しており、ボディサイズはシビックより全高が低い事が発表されている。エクステリアはレジェンド譲りのスタイリッシュなフォルムとなっており、9連フルLEDヘッドライトの採用や、ビルトインテールフィニッシャーを搭載し、スタイリッシュで高級感のある仕上がりになっている。インテリ [続きを読む]
  • 人気のSUVが満を持してマイナーチェンジ【レクサス NX】
  • 皆さん、こんばんは。papakeiです。本日は待望のマイナーチェンジが発表されたレクサス NXについて紹介したいと思う。ボディサイズは4630×1845×1645となり、現行モデルと同じとなる。エクステリアはキープコンセプトであるものの、細部にテコ入れがされている。まずはスピンドルグリルが大型化され、ヘッドライトには3眼LEDヘッドライト、L字型LEDポジションランプ(シーケンシャルターンランプ付)の採用で、よりアグレッシブな [続きを読む]