piyo さん プロフィール

  •  
piyoさん: ひとり娘の成長記録〜発達障害児の子育ていろいろ〜
ハンドル名piyo さん
ブログタイトルひとり娘の成長記録〜発達障害児の子育ていろいろ〜
ブログURLhttp://hych3.hatenablog.com/
サイト紹介文発達障害。軽度の自閉症スペクトラム。女の子。一人っ子。アスペルガー、ADHD傾向。日々の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 30日(平均11.7回/週) - 参加 2017/05/23 00:47

piyo さんのブログ記事

  • 5歳(ピアノ)
  • もうすぐ発表会。前に娘と話をしてから、娘のレッスンへの取り組み方がガラリと変わりました。先生の言うことをちゃんと聞き、「強く」「もっとこうしてみよう」などのアドバイスも「わかった!」と素直に聞き入れられるように。最後の挨拶もしっかりできました。楽しくレッスンしていると30分はあっという間。帰りにシェイクを飲んで、買い物をして帰りました。良い1日でした。ブログランキングです。↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 5歳(頑張りノート)
  • 100均で買った厚めのノートに、娘が頑張ったこと、できるようになったことを記録していくことにしました。「頑張りノート」は前から聞いたことはあって、もっと早くやっていれば良かったし今更ですが、今からでも遅くないなと、始めることにしました。ノートが分厚くなった時、読み返した時に、娘の自信へ繋がったら良いなと思います。今のところ娘は出来ないとすぐ泣くとか、そういうことは時々ありますが、自分ができることに関 [続きを読む]
  • 5歳(学校見学)
  • 先日、娘と学校見学へ行って来ました。小学校の中へ入るのは初めてで、最初は緊張して半泣きでしたが、1年生の授業中の教室(国語)を覗くと、「楽しそう!」ととっても笑顔になり、あっちも行ってみたい!と、いろんな教室を覗き、1年生から6年生、支援級までまだまだ見たい!と言う感じでした。だんだん暴走し始めそうだったので良いところで帰って来ました。帰りには早く小学校行きたい!と言い、楽しみになったようです。娘の [続きを読む]
  • 5歳(アドバイス・指示されるのが嫌い/ピアノのレッスン)
  • こうしたら?こうすればいいんだよ。持ち方はこうだよ。こうすると簡単にできるよ。これでもっと上手になるよ。何か出来ない時の助言、上達するためのアドバイス、やり方を教える時、これらの言葉を娘は全て拒否していました。優しく言っても泣く、嫌だ!と怒る。娘にとってアドバイス=自分が間違ってると全否定されたように感じてしまうようです。私が小さい時は、両親や先生、大人は何でも知っていて、教えてくれる存在と当た [続きを読む]
  • 5歳(決定権の誤解)
  • 娘が発達障害と診断されてから色々調べていく中で、『決定権の誤解』という言葉を今まで何度か目にしてきました。自閉症スペクトラムの子は「決定権が自分にある」と誤解していることが多いらしいです。うちの娘は本当にその通り。どこに行く何をするこれはここでもう終わり次これをしようこれはやりたくないこれやりたいから今すぐやる全て娘が決めたがります。家庭の中でも、特に娘は一人っ子で、我慢する場面が人よりも少ないと [続きを読む]
  • 5歳(最近の幼稚園での様子)
  • 最近幼稚園へ行く機会があり、娘の様子も少し覗くことが出来ました。仲良しのお友達が出来たようで、2人で仲良く遊んでいました。どこへ行くにも手を繋いで、外で遊ぶときも、お部屋の中で遊ぶ時もベッタリでした。気の合う友達が1人でもいるというのは親としてはとても嬉しいことです。その子だけでなく、他の子とも楽しそうにしている場面も見られました。以前、療育センターの診察で、「1人が好きな子もいる。本人が1人でいる方 [続きを読む]
  • 2歳(診断がついた日のこと)
  • 療育センターよりも市内のクリニックで先に予約がとれたのでそちらで診察を受けることになり、テストも診断もしてもらいました。結果を聞く日。私と主人と子どもと3人で部屋に入り、子どもは最初主人とおもちゃで遊びながら待っていましたがグズりだしたので、途中から部屋を出て私がひとりで話を聞きました。診断は『軽度の自閉症スペクトラム』ということでした。そして「アスペルガーの特徴に当てはまる」とのことでした。診断 [続きを読む]
  • PMSと、可愛い嘘
  • PMSが毎月激しいです。イライラ、怒りっぽくなる、悲しくなる、辛い、朝起きたくない、なんのために生きてるんだろう、、という気分。あーなんかいつもより怒っちゃったな。なんでこんなことでイライラしちゃったんだろう。と思ってカレンダーを見るといつも生理前。年々酷くなってるような。婦人科へ行くか、漢方、サプリ等試してみようかな。怒っちゃいけない、成功体験を増やさなくちゃ、自己肯定感を高めなきゃ、、毎日毎日頭 [続きを読む]
  • 5歳(買い物中に勝手にどこかへ行ってしまう)
  • まだまだあります。勝手にいなくなる。何度か行ったことがあって売り場の場所がわかっていたり、おもちゃのある場所がわかっていたりする所だと、お店についてから1人でそっちの方へ行ってしまうことがあります。食料品売り場ではあまりありませんが、おもちゃ売り場は別。だいたい行くところがわかっているので良いのですが、追いかけて陰から見ていても、私を探す素ぶりはしていません。しばらくしてからようやく「あれ?ママい [続きを読む]
  • 5歳(予防接種)
  • 先日、予防接種を受けてきました。久しぶりの予防接種。娘は注射が大嫌いです。好きな人はいないと思いますが、3歳〜4歳の頃は何人かで泣き暴れる娘を押さえてようやく、と言った感じ。5歳頃からは、直前までは嫌だーと言ったり『がんばる!』と言ったりしながらもやっぱり注射をするときになると「無理!無理!」とパニックで泣き、終わってからも号泣、といった感じでした。そして今回はじめて!泣かずに注射できました。「泣い [続きを読む]
  • 2〜3歳(知らない人に話しかける)
  • 6ヶ月ごろから2歳頃まで激しすぎる人見知りがあり、それが落ち着いたと思ったら今度は誰にでも話しかける、すぐ懐いてしまう、他のグループに入ろうとしてしまう、という特性が出てきました。公園へ行って、知らないお母さんグループに「こんにちはー!」とすぐ話しかけてしまう。相手の人たちも気を遣って「何歳?」とか相手してくれると、もう止まらない。私の存在はまるで無視。「ねーこれ見てー!」「見てー!」と私ではなく他 [続きを読む]
  • 1〜3歳(内と外の区別がつかない)
  • 発達障害の多動と、定型発達児でただやんちゃな子の違いとして、例えばお店の中を走り回る子ども=走り回るから多動、ではなく、定型発達の子は走り回ってしまっても入ってはいけないところ(店員さんしか入れないバックヤード、レジの裏など)には入らないそうです。しかし多動の子の場合、目に見えてわかる明確な仕切り、ドアなどがない限り、内と外の区別がつかないため、入ってはいけないところへもおかまいなしに入っていって [続きを読む]
  • 母親(25%ルールとは)
  • 25%ルール。有名なのか、そうでないのかわかりませんが、私は療育センターの勉強会で初めて知りました。自分が子供にこうしてほしい、という子どもへの期待を100%だとすると、そのうち25%くらいできれば良い!という、親への気持ちの持ち方、戒めみたいなもの、だそう。(うろ覚えです。。)私も家ではなるべく、娘に1人でやらせるべきことはやらせるように心がけているのですが、時々、ちゃんとやってくれなくてイライラしてしま [続きを読む]
  • 5歳(勝ち負けへのこだわり、一番病、完全癖)
  • これは2歳か3歳くらいからあります。テレビに自閉症スペクトラムの男の子が出ていました。そのお母さんが『小さいときは、サザエさんの最後のじゃんけんで負けても泣いていました。笑』と言っていて、思い出しました。うちの娘と全く同じだ。サザエさんのじゃんけんや、データ放送で赤青黄緑のボタンで選ぶやつとか、外れただけで、大泣きしていました。癇癪レベルで。最近は泣かなくなりましたが、それでも負けてくやしい気持ちは [続きを読む]
  • 5歳(感覚過敏)
  • 今朝雨の中傘を差して登園した時、長靴ではなくスニーカーだったので、靴が濡れ、靴下も濡れてしまったようで、バス停に着いてから「靴下濡れちゃったーー」と若干パニックになりかけるような、でも泣くのをこらえるような感じになっていました。たぶん感覚的に気持ちが悪いようで、年中さんの頃にも、幼稚園で靴下が濡れた時泣いてしまった、という話を先生に聞きました。靴が汚れるとか、靴下が湿ってるのがどうも苦手なようです [続きを読む]
  • 1〜2歳(クレーン現象)
  • 自閉症の特徴であるクレーン現象。1〜2歳頃、少しだけありました。何かを取って欲しい時、私の手をひっぱりそこへ手を動かします。私の顔なんてもちろん見ません。目も合いません。手しか見ていないし手しか見えていないような感じでした。「ママに求める」のではなく、ただの道具として「手を動かしてる」といった感じです。あ、これが『クレーン現象』ってやつか、とすぐにわかりました。この時私は咄嗟に娘の手をパッと振りほど [続きを読む]
  • 5歳(家での過ごし方)
  • 娘はひとりっ子なので、幼稚園から帰宅後、夕飯作りを始めるまでの1時間くらいは私が遊び相手になっています。私が夕飯の支度をしている間は1人遊びの時間になってしまうのですが、最近は雑誌を読むのにハマっているようです。1人で寝そべりながら黙々と読んでいます。アスペルガー的な要素からか、字を読めるようになったのはとても早くて、3歳の誕生日頃には絵本や雑誌などの文章もスラスラ音読していました。当時は絵本も雑誌も [続きを読む]
  • 5歳(ピアノ、先生との関わり)
  • ピアノの習い事を始めて2ヶ月、順調に続いています。まだ始めたばかりなので当たり前かもしれませんが、、楽しく通えていることがすごいなと思います。先生も褒め上手で優しくて娘も心を開いているので、本当にありがたいです。むしろ開きすぎて時々先生にもワガママを言ったりして毎回ヒヤヒヤします。なので最近はレッスン行く前に「先生に言われたことをやる」「ワガママ言わない(かなり曖昧な指示ですが理解している様子)」 [続きを読む]
  • 母親(ブログについて)
  • このブログを始めた時、思ったのは 自閉症スペクトラム、軽度、グレーゾーンの子の親が、もし検索してこのブログへたどり着いた時、 目も合わない、多動、癇癪、こだわり、コミュニケーションがうまく取れなかった子が、集団で浮いてた子が、ここまで成長するんだ、というのを知ってほしいと思ったのと、 自分でも昔を振り返り「こんなに成長したんだから大丈夫!」と思えるように、という気持ちがありました。 グレーゾーンや軽度 [続きを読む]
  • 5歳
  • 今日も幼稚園で仲良くお友達とたくさん遊んできたみたいで安心しました。年中の頃一時期ひどかった登園拒否も今はすっかりなくなり、楽しく通えています。自由遊びの時も、一人遊びではなく、お友達と遊ぶことを楽しんでいる様子。こおりおに、どろけい、だるまさんがころんだ、などルールのある遊びも好きみたい。その方がわかりやすいからかな。 [続きを読む]
  • 5歳(事前予告、お約束の効果は抜群)
  • 年長さんにもなると、お友達と遊ぶ機会や親の用事に付き合ってあちこち回ったりすることも多いと思います。そんな時、娘はなんでも自分で決めたがります。遊びも、行く場所も、遊ぶか遊ばないか、も。少しは人に合わせてくれーと思うけど、降園後、お友達に「あそぼー」とか「おうちおいでー」とか誘われても、「あ、大丈夫ー!」と軽〜く断ってしまいます。親同士で遊ぼうと話していても、「えー行きたくない帰ろー」とか言っちゃ [続きを読む]
  • 2歳(発達障害の診断と幼稚園決め)
  • 療育センターへ相談へ行き、発達テスト(田中ビネー検査)をすることになったのが2歳9ヶ月。療育センターは相談の予約を取るのに数ヶ月、半年もかかり、ようやく相談できてもそこから次がまた半年後、、となっていくと、当然ですが焦ります。この頃保育園に通っていましたが、小規模保育事業の認可保育所で、0歳〜2歳児まで(年少さんの前まで)しかいない保育園でした。なので卒園後はみんな他の認可保育所や幼稚園へと移っていく [続きを読む]
  • 2歳〜(テレビで主人公がピンチのシーンで泣く)
  • これは前よりは程度が軽くなったものの、未だにあります。プリキュアが敵にやられる!誰かがいなくなる、探しても見つからない!ヒーローがピンチ!のようなシーンは、びっくりするくらい大泣きします。映画館など外では頑張って抑えているようで、ポロポロ泣く程度ですが、やっぱり泣きます。家だと号泣です。「どうしよー!プリキュアがぁぁぁ!!うわーーーん!」みたいな感じです。笑2歳頃なんて、はなかっぱが「うわぁ〜〜」 [続きを読む]
  • 2歳〜(行事を楽しめない)
  • 保育園や幼稚園では色々な行事があります。入園式、運動会、発表会、参観日、スイカ割り懇談会、親子遠足、餅つき、、など。細かいものを入れたらお母さんが幼稚園へ行く機会はもっとたくさんあると思います。保育園の頃は発表会や卒園式くらいでしたが、幼稚園は親の出番が多い。『はじめての発表会』というと、楽しみにされてるお母さんも多いと思いますが、発表会や運動会を見に行くことを純粋に楽しみに思えるなんてことは、小 [続きを読む]