chinkai さん プロフィール

  •  
chinkaiさん: テスト勉強のネタ帳
ハンドル名chinkai さん
ブログタイトルテスト勉強のネタ帳
ブログURLhttp://way-of-learning.jp/
サイト紹介文現役東大生が主に中高のテスト勉強や受験、資格の勉強法について書いています。
自由文地方の県立高校卒業

東大理科一類を受験するも撃沈

1浪する

なんとか理一に滑り込む

現在、院で研究しつつ教育関係の仕事に従事

ブログでは中高生向けのテスト、受験対策を主に書く予定です。将来、大学受験に英検やTOEICなどの外部試験も導入される可能性があるので、それについても書いていく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 16日(平均26.3回/週) - 参加 2017/05/23 11:11

chinkai さんのブログ記事

  • 東大生なら知っている記憶術 ? 睡眠を上手に利用する
  • 合格体験記や社会人になってから自分の受験時代を振り返り、「私は東大に合格するために足を氷水に付け寝ないで勉強した」「医学部に合格するために睡眠時間2時間で頑張った」など睡眠無しアピールをするのをたまに目にしますが、愚かです。「なにイキってんだよ、こいつ?」としか思えませんし、こんなこと続きませんし、病気になっちゃいます。こういう「寝ないで必死にやる」というのは、1日限定でモチベーションを上げるため [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 書いてやる気を出す
  • よく勉強スタイルに関して「見て覚える派」と「書いて覚える派」が対立するのを目にします。これは昔からある対立で、どちらの言い分も分かります。例えば、英単語のような単語系は明らかに見て覚えた方が良いです。単語は学校で行われる小テストならまだしも、本番は単語の意味を一問一答で問うなどレア中のレアでしょう。あくまでも単語は文章を読むために学ぶのであり、仮に単語の意味を聞いたとしても、大抵は文章の中で意味を [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 分かったつもりを避ける
  • 勉強において「分かったつもり」ほど危険なものは無いです。「今日(平日)は5時間も勉強したぞ!」「今度の休みは10時間勉強するんだ!」と張り切るのは良いのですが、中身の無い勉強は何時間やっても無駄です。個人的に「無駄だなー」と思う勉強は「教科書をただ読む」「手間暇かけて綺麗なノートを作る」「単語をひたすら書く」みたいな奴です。基本的に作業で、頭を何も使って無さそうなことです。こういうのを何時間もやれる [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 東大生は昼寝が上手
  • 『現役東大医学部生が教える最強の勉強法』や『東大生が見つけた 世界一わかりやすい英単語の覚え方』など東大生が書いた勉強系の本を見ると、必ずと言ってもいいほど「昼寝」をしています。のび太ですね。しかし重要です。昼寝は上手に使うと勉強がとても捗ります。理論を説明すると長くなるので省きますが、昼寝の前にカフェインを取ると最高な目覚めになります。昼ごはんを食べた後にエナジードリンクやコーヒーを飲んで昼寝を [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 勉強場所を変える
  • 自分の部屋で勉強できるタイプっていますか?あっ、できます?素晴らしいですね。是非ともこのまま続けて勉強して下さい。できれば自分の部屋で勉強するコツとか教えてくれるとありがたいです。ご一報、どうかよろしくお願い致します。しかし今回の記事は自分の部屋や自宅で勉強する気が起きない人、余裕でできる人もたまには別の場所で勉強してみませんかという内容です。私自身、自分自身の部屋が小学生まで無かったですし、まし [続きを読む]
  • 暗記数学論争の違和感 ? 結局、数学はどうすれば得意になんの?
  • 「数学は暗記」「数学は暗記ではない」という論争は何十年も前から存在する。受験でお馴染みの和田秀樹に端を発するわけだが、未だにこのネタは喧嘩の元となる。「暗記数学」とググると、「数学は暗記とか言うから落ちる」「いや、暗記は必要でしょ?」など様々な意見を目にすることができる。ただ、これらの記事に違和感があったので、色々書いていく。なお、暗記数学は元々大学受験の数学について述べたものなので、ここでは高校 [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 模擬試験後の勉強は最高の時間
  • 「模試が終わったー、さあ遊ぶぞー!」「模擬試験なんてしょせん模擬だろーwww」のような受験生。絶対やめて下さい。金と時間をドブに捨てているようなものです。非常にもったいない。模擬試験ほど成績を伸ばす絶好なチャンスは無いです。これを逃してはいけません。模擬試験には様々なメリットがあり、これを上手に使うことで知識を増やし、成績を伸ばすことが出来ます。是非とも積極的に利用しましょう。質の高い本番の予想問 [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 1日こなす量と勉強の終わる時間を決める
  • 成績が伸び悩んでいる生徒は「1日何時間勉強すれば良いですか?」という質問や、「今日は○時間勉強しました!」みたいな報告をよくします。「1日何時間勉強すれば良いですか?」と言われても、「起きている時間ぶっ続けでやれば?」と答えてやるはずもなく、またやらずとも東大や医学部に合格することも可能です。「今日は○時間勉強しました!」という報告も、だらだら頭を使わず机にいるだけでは意味はなく、ちゃんと学んだこ [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 勉強以外にやりたいことがあるとき
  • 勉強している時に「これはどうしてもやりたい!」「勉強よりも先に片付けてしまいたい!」みたいなことが起こります。「友達と連絡したい」「見たいテレビや動画をみたい」「今やっているゲームをクリアしたい」など、思い当たる節がたくさんあるはずです。そして逆に、特になにも起きていないのに、ふと猛烈に勉強したくなる時だってあるはずです。通学通勤途中のバスや電車の中でボケーとしている時や、ご飯を食べているときなど [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 3つの息抜きを設定する
  • 前回の記事で脳は気分屋で、こいつにやる気を出させなければいけないと書きました。もちろん、ドラッグを使うみたいなクソみたいなやり方ではありません(そもそもドラッグをやった後に勉強なんかやれるのか?)。短期・中期・長期の目標を達成するごとに息抜きを与えるまず、ぶっ続けで勉強できるほど脳は真面目じゃないです。基本的にだらけており、気分が乗らないと最高のパフォーマンスを出せない奴です。ニートみたいな奴です [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 脳は気分屋である
  • 東大生の中には本を一度読んだだけで暗記してしまう化物がいますが、こういうのは超少数派です。全体で1割どころか数%いるかいないかの逸材です。「フォトリーディング」といって、絵を覚えるように記憶できるらしいのですが、こういう人材だけが東大に合格するわけではありません。こんな化物たちを目標にしていると人生不幸になります。病気になっちゃいます。東大生の大半はフォトリーディングができる特別な脳をしているわけ [続きを読む]
  • 古文単語を極めるならこれ -『古文単語FORMULA600』
  • 古文を極めたいという変態向けです。この単語帳はセンター試験レベルは当然のこと、二次試験でも記述で点数を取れるレベルじゃないと使いこなせない、いや、そもそも使う必要は無いと思います。東大や京大のような難関大で文理問わず古文で満点を狙いたい人向けです。単語数は基本的な単語も含めて600あり、この網羅性は素晴らしいです。センター試験レベルで単語に困るどころか、東大ですら読むのに困らないレベルです。完璧に消 [続きを読む]
  • 古文単語の最終兵器 ? 古文単語ゴロゴ
  • 「下ネタでもなんでも良いから、古文単語を確実に覚えたい!」という方にオススメです。「えー、ずっとできないの?」や「あーだー、浮気はだめよ、はかないわ」や「おーきなじいさん、せおうなばあさん」など、何年経っても忘れられません。ゴロのクオリティーは絶妙です。「めちゃくちゃ上手い!」というわけでもなく、かといって「無理やり!」というわけでも無いです。手作り感を残しつつ、一定の質を保っている。まさにB級グ [続きを読む]
  • 現代文を勘から卒業できる一冊 ? きめる!センター現代文
  • 定期テストや模擬試験をフィーリングで解いて一喜一憂している受験生は絶対に読むべき参考書です。当たり前なのですが、マークだろうが記述だろうが現代文はテストである以上、客観的な採点基準が存在します。答えには根拠がありますし、それを素早く見つけ出すのがマーク試験、見つけたものを書くのが記述試験になるわけです。本書を読めばその見つけ方が分かるようになります。もちろん、何かインチキな「解法暗記」や「ここさえ [続きを読む]
  • 漢文と言ったらまずはこれ ? 『漢文のヤマのヤマ』
  • 書店にある参考書コーナーにいけば必ず置いてある名著です。『漢文のヤマのヤマ』は日常学習から二次試験までずっと使えます。入試に出題される漢文を読解するために必要な句法を厳選されており、学習効率がかなり良いです。この本をちゃんとやればセンター漢文で満点を取るどころか、東大の漢文でも高得点を叩き出すことができます。厳選された句法は片面1ページで解説し、もう片面1ページで問題演習していきます。解説はかなり丁 [続きを読む]
  • 古文単語最初の一冊 -『マドンナ古文単語230 パワーアップ版』
  • 知識が中学レベルすら怪しい場合や、古文が苦手で単語すら見るのも嫌という受験生にオススメの一冊です。単語数が230とかなり少なめですが、これから教科書や参考書、問題集を読み進めていく上で必要な単語が載っています。もちろん、これだけでセンター試験レベルでも満点が狙えるという訳ではないので注意して下さい。まず、例文が現代語を混ぜているのでかなり覚えやすいです。古文単語も英単語のように例文ごと暗記できれば効 [続きを読む]
  • 古文アレルギーを消し去る -『マドンナ古文 パワーアップ版』
  • 学校で文法は一通りやったけれども、識別はできないし、ましてや読解すら無理という受験生向けです。知識0から始めるのはおそらく無謀だと思いますが、ある程度やったなら『マドンナ古文』に手を出しても成果を得られるでしょう(本書にも学校のドリルなどで学んでから手を付けろと書いている)。助動詞の識別ですが、かなり分かりやすく、そして使えます。別冊で識別のチェックがあるので、自力で書けるレベルになるまで繰り返し [続きを読む]
  • 東大受験生必携の一冊 -『東大数学で1点でも多く取る方法』
  • 東大の過去問に取り組むならば、教学社の『赤本』や駿台予備校の『青本』をやるよりもこちら方が圧倒的に良いです。夏にある東大模試までに最低でも5年ほど解いて形式に慣れておき、レベルの高い問題集を解き終えたら一気に消化してしまうのがベストです。この本ではエレガントな解法や才能を必要とする美しい解法といったものを極力排除し、受験生が本番で使えるだろうと想定される解法で解説します。受験生目線に立っているのが [続きを読む]
  • 『2週間で完成!整数問題』
  • 【優れている点】すぐ終わる安い使える問題しかないまとまっている書店で見かけた時はビックリしました。ペラッペラです。合計128ページ。めちゃくちゃ薄いです。著者の髪の毛みたい。問題だけのページもあるので、解説のページはもっと少ないです。そして安い。税抜き600円です。600円でこの内容はかなりお得です。整数は他の分野と違って、何をやったら良いのか見えにくい単元です。一つ一つの問題が独立しているように思えます [続きを読む]
  • 確率のバイブル -『ハッとめざめる確率』
  • P(パーミテーション)やC(コンビネーション)をよく分からず、なんとなく適当に使っている人は絶対に読んだ方が良い参考書です。確率ができない受験生はもれなく重複なく数えることが苦手です。これがちゃんとできるようになると、たとえ東大であっても確率は得点源にすることができます。構成ですが、確率の問題でよく見かける良問を解きながら、どうすれば確率が得意になるのか解説していくスタイルです。得意でない生徒ならば [続きを読む]
  • 微積分基礎の極意の書評と使い方
  • 中身はとても面白いのですが、正直、受験生は読む必要は無いです。Amazonのレビューはものすごく高いですが、学校や予備校で数学を教えたことがあると、「あんなものに手をだす受験生は基本的に落ちる」と思うはずです。おそらく、読んでためになるのは受験が終わってこれから家庭教師などをする大学生や現役の教師くらいだと思います。数学好きな受験生なら大学の教科書を読んだ方がためになるはずです。本書は3部構成になってお [続きを読む]
  • 別解が神レベルで豊富 -『やさしい理系数学』
  • やさしくないです。本当にやさしくないです。大事なことなのでもう一度言いますが、やさしくないです。タイトル詐欺の『やさしい理系数学』ですが、これは最低でも『青チャート』や『1対1対応の演習』を完全に消化していないと厳しいレベルです。偏差値は最低でも60ないとまず無理だと思います。本書の素晴らしさは、どこでも言われていますが、別解の多さです。1題に7個の別解を載せている問題もあり、これを初めて見た時は感動し [続きを読む]
  • 標準問題の定番 -『1対1対応の演習』
  • 昔からある良問を集めた問題集です。東大をはじめとする難関大学合格者がよく使用している問題集です。教科書の内容がある程度分かっている受験生が入試の標準レベルまで底上げするのに役立ちます。『1対1対応の演習』は厳選された良問と洗練された解説が売りです。ページ数もそんなに多くなく、「こんなに少なくて大丈夫か?」と思うかもしれません。しかし、全く問題ないです。入試に必要な解法はしっかり網羅されており、非常に [続きを読む]
  • 難問もこれで解決 -『頻出レベル数学』『ハイレベル数学』
  • 難しめの典型問題を集め丁寧に解説した問題集です。文系なら『頻出レベル』と『ハイレベル』の2冊、理系なら文理共通のもあわせて4冊でセットです。基本的に問題を解いて解説していくスタイルです。問題が別冊じゃなく、問題のすぐ下に解説がある構成は少し不便ですが、解説の質は相変わらず高いです。このレベルの問題集にしてはものすごく丁寧な解説がついており、読んで訳が分からなくなる可能性はかなり低いはずです。解法はと [続きを読む]