chinkai さん プロフィール

  •  
chinkaiさん: テスト勉強のネタ帳
ハンドル名chinkai さん
ブログタイトルテスト勉強のネタ帳
ブログURLhttp://way-of-learning.jp/
サイト紹介文現役東大生が主に中高のテスト勉強や受験、資格の勉強法について書いています。
自由文地方の県立高校卒業

東大理科一類を受験するも撃沈

1浪する

なんとか理一に滑り込む

現在、院で研究しつつ教育関係の仕事に従事

ブログでは中高生向けのテスト、受験対策を主に書く予定です。将来、大学受験に英検やTOEICなどの外部試験も導入される可能性があるので、それについても書いていく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 68日(平均7.3回/週) - 参加 2017/05/23 11:11

chinkai さんのブログ記事

  • 志望理由書を書く時にやるべきこと
  • 実際に志望理由書を書く時、これを書いておくとやりやすくなることについて書いていきたいと思います。書きたいことをリストアップするいきなり志望理由書を書く前に、まずは志望理由書に書きたいことを箇条書きでリストアップしましょう。これによって頭の中を整理することができますし、書き漏らすことを防げます。また、いきなり長い文章を書くと、書き慣れていない人でない限り、色々詰め込みすぎて何が言いたいのか分からない [続きを読む]
  • 志望理由書や面接でネタがない場合のヒント
  • 志望理由書や面接の対策でまず困ることは、「書くネタ・話すネタが無い」ということだと思います。無理もないです。いきなり「将来の自分について書け」「自分のやりたいことを書け」「大学に行ってなにをしたいのかを書け」と言われても、そんなことを常に考えている高校生は少数派だと思います。今回はネタがない場合、どうやって探せば良いかについて書いていきます。学校案内を見るそもそも、志望校について何も知らなければ書 [続きを読む]
  • 先生や親の意見は上手に使おう
  • 志望理由書や面接で志望理由を聞かれた時に「先生に勧められた」「親に行けと言われた」と答えるのはダメダメです。このような回答をした場合、採点官や面接官からすると「この生徒は自分の進路について真剣に考えているのだろうか」と思ってしまいます。大学は自分自身で勉強する科目を決めなければいけません。今までよりも主体性が求められます。なんでもかんでも教師や親に頼っているようでは心もとないです。しかし、教師や親 [続きを読む]
  • 卒業生がいたら積極的に話を聞こう!
  • もし学校の先輩が自分の志望校にいた場合、積極的に話を聞くべきです。これは就職活動でもそうなのですが、必ず中にいる人の意見は積極的に取り入れましょう。自分の志望校のイメージが正しいか分かる志望動機を初めて書く段階では、志望校に対するイメージが具体的でない場合が多いです。「なんとなく就職に有利だから」「ネームブランドがあるから」「自分の偏差値だと入れそうだから」といったものは少なくありません。もちろん [続きを読む]
  • オープンキャンパスはネタの宝庫
  • 前回の記事で志望校の実像をしっかり見極めるべきと述べました。そしてその見極め方ですが、オープンキャンパスは最高の手段です。これに参加しない手は無いです。志望理由書だけでなく、面接でもネタになりますし、様々なことが学べる絶好なチャンスです。以下はオープンキャンパスに参加するメリットについて書いていきたいと思います。資料にない情報を得ることができる志望校のホームページや学校案内を見るのは当然ですが、そ [続きを読む]
  • 志望校の印象をしっかり見極める理由
  • 志望理由書を書けない理由でよくあるのは書くネタがないことです。そしてこの原因の1つに、そもそも志望校についてよく分かっていないことがあげられます。なぜ志望校についてちゃんと調べなければいけないのか、そしてこのことがどうして重要かについて書いていきたいと思います。将来やりたいことと志望校をマッチングさせる例えば、通訳になりたい高校生は外国語教育を重点的に行っている大学を目指します。決して工学部や医学 [続きを読む]
  • 志望理由書を書く時にするべきこと
  • いざ志望理由書を書こうにも、何を書くべきかどうか分からないかと思います。こういったときはどうすれば良いかについて述べていきたいと思います。大学に入ってやりたいこと列挙するノートや紙などにひたすらリストアップして下さい。ただし、「合コンしたい!」「オールしたい!」といったものはなしです。本心でもダメです。志望理由なので、大学(もしくは高校)でどんなことをしたいのかをまず考えなくてはいけません。これは [続きを読む]
  • 一般入試の学生でも志望理由書を書くメリット
  • 志望理由書は、現段階だと推薦入試やAO入試などの時しか書かないと思いますが、一般入試で大学を受験する生徒にとってもメリットがあります。今日はそのことについて書いていきたいと思います。将来の自分を考えるキッカケになるこれはとても重要です。どの大学へ行くか、そもそも大学へ行くか行かないかを決めることは、今後の人生にもかなり影響を及ぼすことです。さらに、大学へ進学したのは良いものの、自分の好きなことや興味 [続きを読む]
  • 「なんで志望理由書なんか出させるの?」と思ったら読んで下さい
  • 推薦やAO入試で志望理由書を提出する必要が出ると、正直めんどくさいと思う生徒が多いです。書くネタが無いとペンが止まりますし、そもそも長い文章を書いたことがない場合、とてもハードルが高いです。シンドイのは分かります。しかし、志望理由書を大学が求める理由を考えると書くネタが浮かぶ場合もあります。今回はそのことについて書いていきたいと思います。入学した後に活躍してくれそうな人物を取りたい当たり前ですが、志 [続きを読む]
  • 志望理由書で何を聞きたいのか?
  • 前回の記事で志望理由書について簡単に述べました。今回は具体的にどんなことを聞きたいのか述べていきたいと思います。この志望校が聞きたいことは、あなたが大学へ行く目的を考える良い機会になります、なので、推薦入試などを用いなくても、是非とも一度考えて見ることをオススメします。これからの勉強が少し変わるかもしれません。あなた自身のことそもそも大学(高校)からすれば、志望する生徒についての情報はかなり少ない [続きを読む]
  • どうして大学は志望理由書を書かせるのか?
  • 2020年の大学入試改革によって、推薦や面接で大学受験(高校受験)をする生徒が多くなるかと思います。そうなると、学力の他に、志望理由書(就職活動で言えばエントリーシート)や小論文を志望校に提出しなければいけません。この志望理由書や小論文。いきなり書けと言われて書ける生徒はかなり少ないです。ペーパー試験とは異なる能力が試されており、ちゃんと対策をしなければいけません。しかし、ちゃんと対策すれば合格を掴み [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 睡眠を上手に利用する
  • 合格体験記や社会人になってから自分の受験時代を振り返り、「私は東大に合格するために足を氷水に付け寝ないで勉強した」「医学部に合格するために睡眠時間2時間で頑張った」など睡眠無しアピールをするのをたまに目にしますが、愚かです。「なにイキってんだよ、こいつ?」としか思えませんし、こんなこと続きませんし、病気になっちゃいます。こういう「寝ないで必死にやる」というのは、1日限定でモチベーションを上げるため [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 書いてやる気を出す
  • よく勉強スタイルに関して「見て覚える派」と「書いて覚える派」が対立するのを目にします。これは昔からある対立で、どちらの言い分も分かります。例えば、英単語のような単語系は明らかに見て覚えた方が良いです。単語は学校で行われる小テストならまだしも、本番は単語の意味を一問一答で問うなどレア中のレアでしょう。あくまでも単語は文章を読むために学ぶのであり、仮に単語の意味を聞いたとしても、大抵は文章の中で意味を [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 分かったつもりを避ける
  • 勉強において「分かったつもり」ほど危険なものは無いです。「今日(平日)は5時間も勉強したぞ!」「今度の休みは10時間勉強するんだ!」と張り切るのは良いのですが、中身の無い勉強は何時間やっても無駄です。個人的に「無駄だなー」と思う勉強は「教科書をただ読む」「手間暇かけて綺麗なノートを作る」「単語をひたすら書く」みたいな奴です。基本的に作業で、頭を何も使って無さそうなことです。こういうのを何時間もやれる [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 東大生は昼寝が上手
  • 『現役東大医学部生が教える最強の勉強法』や『東大生が見つけた 世界一わかりやすい英単語の覚え方』など東大生が書いた勉強系の本を見ると、必ずと言ってもいいほど「昼寝」をしています。のび太ですね。しかし重要です。昼寝は上手に使うと勉強がとても捗ります。理論を説明すると長くなるので省きますが、昼寝の前にカフェインを取ると最高な目覚めになります。昼ごはんを食べた後にエナジードリンクやコーヒーを飲んで昼寝を [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 勉強場所を変える
  • 自分の部屋で勉強できるタイプっていますか?あっ、できます?素晴らしいですね。是非ともこのまま続けて勉強して下さい。できれば自分の部屋で勉強するコツとか教えてくれるとありがたいです。ご一報、どうかよろしくお願い致します。しかし今回の記事は自分の部屋や自宅で勉強する気が起きない人、余裕でできる人もたまには別の場所で勉強してみませんかという内容です。私自身、自分自身の部屋が小学生まで無かったですし、まし [続きを読む]
  • 暗記数学論争の違和感 ? 結局、数学はどうすれば得意になんの?
  • 「数学は暗記」「数学は暗記ではない」という論争は何十年も前から存在する。受験でお馴染みの和田秀樹に端を発するわけだが、未だにこのネタは喧嘩の元となる。「暗記数学」とググると、「数学は暗記とか言うから落ちる」「いや、暗記は必要でしょ?」など様々な意見を目にすることができる。ただ、これらの記事に違和感があったので、色々書いていく。なお、暗記数学は元々大学受験の数学について述べたものなので、ここでは高校 [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 模擬試験後の勉強は最高の時間
  • 「模試が終わったー、さあ遊ぶぞー!」「模擬試験なんてしょせん模擬だろーwww」のような受験生。絶対やめて下さい。金と時間をドブに捨てているようなものです。非常にもったいない。模擬試験ほど成績を伸ばす絶好なチャンスは無いです。これを逃してはいけません。模擬試験には様々なメリットがあり、これを上手に使うことで知識を増やし、成績を伸ばすことが出来ます。是非とも積極的に利用しましょう。質の高い本番の予想問 [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 1日こなす量と勉強の終わる時間を決める
  • 成績が伸び悩んでいる生徒は「1日何時間勉強すれば良いですか?」という質問や、「今日は○時間勉強しました!」みたいな報告をよくします。「1日何時間勉強すれば良いですか?」と言われても、「起きている時間ぶっ続けでやれば?」と答えてやるはずもなく、またやらずとも東大や医学部に合格することも可能です。「今日は○時間勉強しました!」という報告も、だらだら頭を使わず机にいるだけでは意味はなく、ちゃんと学んだこ [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 勉強以外にやりたいことがあるとき
  • 勉強している時に「これはどうしてもやりたい!」「勉強よりも先に片付けてしまいたい!」みたいなことが起こります。「友達と連絡したい」「見たいテレビや動画をみたい」「今やっているゲームをクリアしたい」など、思い当たる節がたくさんあるはずです。そして逆に、特になにも起きていないのに、ふと猛烈に勉強したくなる時だってあるはずです。通学通勤途中のバスや電車の中でボケーとしている時や、ご飯を食べているときなど [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 3つの息抜きを設定する
  • 前回の記事で脳は気分屋で、こいつにやる気を出させなければいけないと書きました。もちろん、ドラッグを使うみたいなクソみたいなやり方ではありません(そもそもドラッグをやった後に勉強なんかやれるのか?)。短期・中期・長期の目標を達成するごとに息抜きを与えるまず、ぶっ続けで勉強できるほど脳は真面目じゃないです。基本的にだらけており、気分が乗らないと最高のパフォーマンスを出せない奴です。ニートみたいな奴です [続きを読む]
  • 東大生なら知っている記憶術 ? 脳は気分屋である
  • 東大生の中には本を一度読んだだけで暗記してしまう化物がいますが、こういうのは超少数派です。全体で1割どころか数%いるかいないかの逸材です。「フォトリーディング」といって、絵を覚えるように記憶できるらしいのですが、こういう人材だけが東大に合格するわけではありません。こんな化物たちを目標にしていると人生不幸になります。病気になっちゃいます。東大生の大半はフォトリーディングができる特別な脳をしているわけ [続きを読む]
  • 古文単語を極めるならこれ -『古文単語FORMULA600』
  • 古文を極めたいという変態向けです。この単語帳はセンター試験レベルは当然のこと、二次試験でも記述で点数を取れるレベルじゃないと使いこなせない、いや、そもそも使う必要は無いと思います。東大や京大のような難関大で文理問わず古文で満点を狙いたい人向けです。単語数は基本的な単語も含めて600あり、この網羅性は素晴らしいです。センター試験レベルで単語に困るどころか、東大ですら読むのに困らないレベルです。完璧に消 [続きを読む]
  • 古文単語の最終兵器 ? 古文単語ゴロゴ
  • 「下ネタでもなんでも良いから、古文単語を確実に覚えたい!」という方にオススメです。「えー、ずっとできないの?」や「あーだー、浮気はだめよ、はかないわ」や「おーきなじいさん、せおうなばあさん」など、何年経っても忘れられません。ゴロのクオリティーは絶妙です。「めちゃくちゃ上手い!」というわけでもなく、かといって「無理やり!」というわけでも無いです。手作り感を残しつつ、一定の質を保っている。まさにB級グ [続きを読む]
  • 現代文を勘から卒業できる一冊 ? きめる!センター現代文
  • 定期テストや模擬試験をフィーリングで解いて一喜一憂している受験生は絶対に読むべき参考書です。当たり前なのですが、マークだろうが記述だろうが現代文はテストである以上、客観的な採点基準が存在します。答えには根拠がありますし、それを素早く見つけ出すのがマーク試験、見つけたものを書くのが記述試験になるわけです。本書を読めばその見つけ方が分かるようになります。もちろん、何かインチキな「解法暗記」や「ここさえ [続きを読む]