もちお さん プロフィール

  •  
もちおさん: 40歳からの家具職人 もちおの日記
ハンドル名もちお さん
ブログタイトル40歳からの家具職人 もちおの日記
ブログURLhttp://motio1976.blog.fc2.com/
サイト紹介文40歳からの家具職人 もちおの日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 33日(平均4.0回/週) - 参加 2017/05/24 09:37

もちお さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 箪笥の修理&塗装(6月24日)
  • 【箪笥の修理】◆箪笥の塗装をサンドペーパーで削り取る 100目→150目で研磨する ・研磨は金ヘラを使ったり、ゴム素材の固まりにペーパーを巻き付けて行う ◆抽斗が横にガタつくので摺り桟 (すりざん)を作り直す 元々の擦り残が合板であったため、ムクで作り直す こういった負担のかかる部分に合板を使うのは良くないとのこと◆抽斗の出し入れをスムーズにする でっぱりのある部分を調整していきます①金づちで叩く [続きを読む]
  • プレーナー(手押しカンナ盤)の調整(6月23日)
  • 【プレーナー】◆刃の交換・刃が手前と奥で水平になるように調整 タイルを張る用のトンカチで叩いて調整・木が同じ距離動くように微調整する・押さえのネジは四角になっている (なめると外せなくなってしまうので、四角にしているのでは?と言われてました)◆プレーナーの使用方法◇木材の後ろが鉋に当たらない場合・刃とテーブルの高さがあっていない・プレーナーをかける時に、余計な力が入っている →軽い気持ちで押す・テ [続きを読む]
  • 板矧ぎ器(6月22日)
  • ◆板矧ぎ器・木材を置く面をスクレーパーで綺麗にする 刃物を研ぐように左手を添えると力を入れやすい・面を綺麗にした後、さび止めの処理をして、養生テープを貼っておく【椅子の修理】・隅木をつけて補強する ナラにチークを塗装してある【木取り手順】プレーナーで真っすぐ面を2面つくる   ↓厚みの定寸   ↓横型サンダー(精度が必要な場合)   ↓巾の定寸   ↓横型サンダー(通常)   ↓長のを定寸   ↓ [続きを読む]
  • 椅子の修理(6月21日)
  • 【椅子の修理】・メチを直す →ボンドがしっかりと効いているので、カンナで段差を無くす(メチを直す) →逆目の部分が荒れたので、デュアルアクションサンダーを使い研磨 ※メチとは少し間隔を空けた部材間の隙間・継ぎ目の部分【抽斗の修理】・以前修理した引き出しの前板が再び外れた →ダボを外して両方にボンドを入れる必要があった   ボンド+中前板を追加することで対処 [続きを読む]
  • 矧ぐ(6月21日)
  • 【矧ぐ】◆荒切り 横切りを使って荒切りをします その後の作業の間違いを防ぐため墨付けをしておく◆プレーナー・矧ぐ際のプレーナーの使用方法 きちんと矧げるように、接着面の角度が揃うように調整する※毎回カネテの確認はする事◇プレーナーをしっかりと活用するために ・プレーナーは後テーブルを基本として使用する ・ナイフマークの確認 ・使用前に木材の反りの状態を確認して、水平な面に置いてみる  使用後に水平 [続きを読む]
  • 箪笥の解体
  • 【箪笥の解体】・装飾金具を取り外すときはテコの原理を利用して、釘を浮かせ、 浮かせた後に釘を引き抜く。・無理やり装飾金具を引っ張ったりすると、釘が残りやすい・釘を引き抜くときは、釘が打ち込まれている方向を確認・作業しやすい態勢にこだわる・ビスの目がつぶれた場合、ドライバーをトンカチで叩いて目をつくる◆取り外した金具(一部) [続きを読む]
  • ベニヤをタッカーで留める(6月12日)
  • 【書棚】◆ベニヤをタッカーで留める棚板がある所にめがけて、裏からタッカーで留めていきます打つとベニヤがぺこぺこならなくなりました◆修復(私が)打ってはいけない部分にビスを打ち込んでしまい、板の一部がめくれてしまいました。めくれた部分を叩いても元の水準に戻らなかったので、ノミで削りました。その後、ペーパーをかけたのですが、その際マスキングテープで余分な部分まで削らないように養生しました。ビスは打って [続きを読む]
  • 椅子の修理 (6月12日)
  • 【ウィンザーチェアの修理】◆座板に割れがあるので補強板をつける →座板の割れはボンドでくっつけてあり、しっかりと止めてあるので問題なし  補強板をつける・補強板は矧いだ部分が割れることを想定し、ビスを打つ・座板がカーブを描いている場合は、補強板をあてた後、補強板の下部分をカット・背板、小立(こだて)を抜き取る時は、脚の片側を宙に浮かせてから木槌で叩く 叩くのは座板の上面の端。今回は横からビスも打た [続きを読む]
  • 塗装について(6月11日)
  • 【塗装】塗料をふき取るタイミングルビオモノコートを塗布してすぐふき取るパターンと5分待ってふき取るパターンの比較をしてみました。写真ではわかりづらいですが、左半分は塗布後にすぐにふき取り、右半分は塗布後、5分待ってからふき取ってます。塗布後、5分待ってから塗料を拭きっとったパターンの方が色が濃く、塗料がしみこむせいなのか、仕上がりにムラが少なかったです。白い塗料の場合は色が薄くなりがちなので、濃い方 [続きを読む]
  • チョコレートを塗装する(6月10日)
  • 【塗装】本日は一日、書棚の塗装をしてました。販売価格 16,200円(1ℓ)・ふき取り時にべたつく場合、仕上がりにムラが出やすいような気がしてます (ふき取る労力もかかるので非効率)・仕上げの時に力を入れて擦るのではなく、 回数を重ねながら均一にふき取ることを意識する・1回目のふき取り時、ウエスで十分にふき取れないと仕上げが大変・塗った後に均一にふき取るのではなく、まず均一に塗ることを考える (広い面を塗 [続きを読む]
  • メモ
  • ・被害者ではなく、体験者になった。                          地下鉄サリン事件 駅員・新しい音なんてどこにもない 鍵盤を見てみなさい すべての音はそこに既に並んでいる でも君がある音にしっかり意味を込めれば、それは違った響き方をする 君がやるべきことは、本当に意味を込めた音を拾い上げる事だ                                 セロニアス・モンク [続きを読む]
  • パーチクルボード
  • ◆ホモゲン?パーチィクルボード particle board木材を砕片(チップ)にし、接着剤を混ぜて熱圧成形した人工の板で、チップボード(chip board)とも言う。材の狂いは小さいが、水湿や剥離に弱い。また、商品名から「ホモゲン」とも言われる。メリット材質が均一になっているので、方向性がなく、狂い、反り、割れの心配がない。厚み・大きさを自由に加工できる。主に木質廃材などを再利用しているので、エコロジカルな素材である。遮 [続きを読む]
  • 自分を操る超集中力(DaiGo) matome
  • ◆疲れたままでも集中できる仕組み  ①1つのことにフォーカスして最速で身につける  ②集中力を使わずに自動的にできるようになる  ③余った集中力で新しい1つを身につける大切なのは1つの行動にふぉーかすして、1つずつ着実に習慣化していくこと。すると究極の集中が手に入る◆ウィルパワー思考や感情をコントロールする力集中力を使うたびに少しずつ消耗していく◆集中力を鍛えるアプローチ①日々のトレーニングでウィ [続きを読む]
  • マーク・ザッカーバーグ
  • フェイスブック創業者マーク・ザッカーバーグさんのスピーチの訳を見ました。経済思想家・経営コンサルタントの倉本圭造さんの訳です。「ザッカーバーグのハーバード卒業式スピーチが感動的だったので日本語訳した。 」↑ 言わずと知れたフェイスブックですが、これを見ると、単に面白いサービスなので広まったという事ではなく、社会的な背景があったので広まったということになります。感想です。・社会の不足分を見つけ [続きを読む]
  • 安西水丸
  • ブログのプロフィール画像を何にしようか?と悩んでいた時に、安西水丸さんのイラストはどうだろう?と思った。昔から水丸さんのイラストは目にしていたのですが、「正直どこがいんだろう?」と思ってました。ただ今回、自分を表す画像(等身大の自分)としてイラストを見たとき、その抜け方がすこぶる素敵でいいなぁと思いました。今は水丸さんのイラストは大好きといっていいくらいです。視点を変えるだけでぐっと、ものの良さに [続きを読む]
  • 背中と腰のストレッチ
  • 一番の資本は身体ということで、お気に入りのストレッチをアップします。【背中のストレッチ】このストレッチだと上手に背中が伸ばせます。【腰のストレッチ】 腰のストレッチは色々あるのですが、ストレッチをした為に腰を痛めてしまうことが良くあります。 このストレッチはそういった危険が少ないような気がしてます。◆体のタイプを判断するまず、自分の体のタイプを判断します。「後屈体操」で腰の痛みが改善した場合は「壁 [続きを読む]
  • 初めに
  • 初めまして、もちお(40歳)です(`・ω・´)40歳にして、新たに家具職人としてスタートしました。教えてもらったこと、想ったこと、気になることを忘れないように、ブログという容れ物を使い、記録をしていこうと思います。個人的なメモとして活用するので、非公開記事も多いです。(アップした写真の中には、会社の方の写真とか、会社の中の写真とかあるので)他、プライベートの事や食べ物の事とかをアップしていきます。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …