ランスタ さん プロフィール

  •  
ランスタさん: ランスタのブログ
ハンドル名ランスタ さん
ブログタイトルランスタのブログ
ブログURLhttp://www.lanstar-blog.com
サイト紹介文実験や検証、Cinema4Dのモデリングや使い方、Unityでのゲーム制作の記事です
自由文その他での活動サイト

「ランスタのフリーBGM、効果音、ゲーム素材、3DCG」↓
http://www.lanstarfreebgm.com

「ニコニコ動画」↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/33286044

「pixiv」↓
https://www.pixiv.net/member.php?id=4486077
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 32日(平均10.5回/週) - 参加 2017/05/23 22:18

ランスタ さんのブログ記事

  • 【Cinema4D】動画を.mov形式で出力する方法【講座】
  • 動画を作成するアニメーションを作成して完成した作品はAfterEffectと連携していなくてもCinema4D側で動画を出力させる事が出来ます。以下の赤枠内のボタンを します。するとレンダリング設定になるので以下のような手順で【保存】を して隣にあるチェックを入れるところにチェックを入れましょう。次に【ファイル】の隣にあるボタンを して出力させる動画の保存場所を決めます。今回はデスクトップに [続きを読む]
  • 【Cinema4D】環境の使い方【講座】
  • 環境の使い方環境は霧がかったような演出の効果を加える事が出来ます。今回はその基本的な使用方法を紹介します。まず上にあるマークを しながら【環境】を選択します。以下のように設定します。マークを しながら【立方体】を選択してオブジェクトを生成します。。以下のように設定しましょう。この立方体を後2つ作成します。再度マークを しながら【立方体】を選択します。設定は以下になります。 [続きを読む]
  • 【Cinema4D】インスタンスの使い方【講座】
  • インスタンスの使い方今回はインスタンスの使い方を解説します!マークを しながら【立方体】を作成します。マークを しながら【インスタンス】を選択します。次に【参照するオブジェクト】の横の部分に「立方体」を しながら、ここの中に離して入れて下さい。すると以下の様に「立方体」が入っています!インスタンス文字の横にあった赤い×印が消えました。これはオブジェクトの設定が入った時に [続きを読む]
  • 【Cinema4D】配列の使い方【チュートリアル】
  • 配列の使い方今回はCinema4Dの配列の基本的な使い方をしていきます。マークを しながら【配列】を選択します。マークを して【立方体】を選択します。「配列」の中の階層に「立方体」を入れます。こういった入れ方をしないと配列は機能しないのです。以下のように設定します。すると立方体が円状に8個出来ました!【複製数】の数値を上げるとさらに個数が増えます!次は【周波数】を1の数値に設定しま [続きを読む]
  • 【Cinema4D】対称の使い方【講座】
  • 対称の使い方今回は非常によく使う【対称】の使い方について解説していきます。是非マスターして活用していきましょう。最初に上の所にあるマークを しながら【対称】を選択します。これではまだ何も起きません。新規でオブジェクトを作成していきます。マークを しながら【立方体】を選択します。「立方体」の設定を以下の様に【X方向の分割数】を2の数値に設定します。左側の上辺りにあるマークをクリ [続きを読む]
  • 【Cinema4D】ブールの使い方【講座】
  • ブールの使い方ブールの使い方について解説します。マークを しながら【立方体】を作成します。再度マークを しながら【円柱】を作成します。そして以下の様に設定します。今回ブールを使って正方形の中心に穴を開けたいと思います。設定後は以下の様に正方形の中心に円柱がめり込んだ状態になりました。真ん中を丸く開けるマークを しながら【ブール】を選択します。「ブール」の階層の中に「立方体 [続きを読む]
  • 【Cinema4D】メタボールの使い方【講座】
  • メタボールの使い方今回はメタボールの使い方の詳細を解説していきます。メタボールはオブジェクトとオブジェクトをくっつけた様な機能になります。マークを しながら【球体】を選択します。再度マークを しながら【球体】を選択します。以下の様になります。「球体.1」の設定を以下の様にします。以下の様に球体が2つ並んだ状態になりました。マークを しながら【メタボール】を選択します。そ [続きを読む]
  • 【Cinema4D】アトムの使い方【講座】
  • アトムの使い方Cinema4D講座、今回はアトムの使い方について解説していきます。マークを しながら【アトム】を選択します。以下の様に、まだ「アトム」のみでは何も起こりません。新規でオブジェクトを作成します。マークを しながら【正多面体】を選択します。そして以下の様に「アトム」の階層の中に「正多面体」を入れます。すると以下の様に正多面体の形が線と丸のみの形になりました。デ [続きを読む]
  • 【Cinema4D】スプラインマスクの使い方【講座】
  • スプラインマスクの使い方Cinema4D講座、今回はスプラインマスクの使い方について解説します。まずマークを しながら【スプラインマスク】を選択します。このままでは何も機能しません。次にスプラインツールのマークを しながら【円形】を選択します。再度スプラインツールのマークを しながら【長方形】を選択します。以下の様にXとYの位置を変更します。設定後、以下の様になります。「円形」と [続きを読む]
  • 【Cinema4D】法線のある意味について【講座】
  • 法線についてCinema4Dでの使い方講座。今回は法線のある意味や扱う際の注意について解説していきます。まず【立方体】を作成してマークを します、その後に左上のメニューから【選択】→【全て選択】を してポリゴンを選択状態にします。法線には表と裏があり、以下の様に通常の法線の向きはオレンジ色(表)側で表示され、全てオレンジ色にさせておく必要があります。では以下の様に仮に法線が裏返っていたとします。 [続きを読む]
  • 【Cinema4D】マテリアル作成とテクスチャ設定のやり方【講座】
  • マテリアル作成のやり方マテリアルの生成方法について書いていきます。まず【立方体】を作成します。次に左の【作成】→【新規マテリアル】を してマテリアルを作成します。そして作成したマテリアルの部分をダブル してマテリアル編集画面を開きます。マテリアルの名前部分をダブル する事で名前を変更できます。左上側にある【カラー】の文字部分をを して色を白色に変更します。以下の様に「 [続きを読む]
  • 【Cinema4D】テキストの使い方【講座】
  • 前まではCiname4Dに関するモデリング方法の解説のみだったのですが、Cinema4Dに関する各種ツールの使い方の詳細も解説していこうかなと思います。テキストの使い方今回はテキストの立体物を作成するやり方を書いていきます。まずマークを しながら【テキスト】を選択します。以下のように「テキスト」が作成されました。下のスクショを見て下さい。赤枠にあるように一番上にあるメニューの【テキスト】の内容を「ABCDEF [続きを読む]
  • 【Cinema4D】椅子を作成してみる【モデリング】
  • 椅子のモデリングCinema4Dで椅子のモデリングを行なっていきます。最初は椅子の座る部分から作成します。マークを しながら【立方体】を作成します。名前を「イス」に変更します。右下のメニューから【作成】→【新規マテリアル】を選択してマテリアルを作成します。椅子の木材っぽさを出す為に、茶色系の色に設定します。そしてマテリアルを「イス」に追加します。そして以下の設定にします。これで座る部分の完成で [続きを読む]
  • 【Cinema4D】ナイフを作成してみる【モデリング】
  • ナイフのモデリング今回はCinema4Dでナイフのモデリングを行なっていきます!まずマークを しながら【立方体】を選択し作成します。名前を「持ち手」に変更します。「持ち手」を以下のように設定します。設定後以下のようになります。次にマークを しながら【膨張】を します。そして「持ち手」の中に「膨張」を入れて下さい。そして一番下にある「親に合わせる」を一度 して以下のようなサイ [続きを読む]
  • 【Cinema4D】ボールを作成してみる【モデリング】
  • ボールのモデリング今回は料理に使うボールの作成をしていきましょう。スプラインツールのを して点を打っていきます。まず大体で以下のような位置に点を7個打って下さい。各点の細かい位置は後に掲載しています。打ったら以下の黄色を して選択して下さい。座標を以下のようにして下さい。次に左から2番目の黄色い点を選択して座標を合わせます。以下のように設定します。Xが9cmになっています。左 [続きを読む]
  • 【Cinema4D】はしごを作成してみる【モデリング】
  • 梯子のモデリング今回は梯子のモデリングについて解説していきます!まずスプラインツールのマークを して下さい。以下のように大体で点を打って下さい。(後に各ポイントの座標値を表示しています)以下の黄色の点を選択します。座標値を以下のように設定します。以下の黄色の点を選択します。座標値を以下のように設定します。以下の黄色の点を選択します。座標値を以下のように設定します。以下の黄色の点を [続きを読む]