ラファエロ さん プロフィール

  •  
ラファエロさん: らふぁえろ☆あくと
ハンドル名ラファエロ さん
ブログタイトルらふぁえろ☆あくと
ブログURLhttp://raphael-act.blogspot.com/
サイト紹介文笑いある美術史 Byラファエロ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 61日(平均6.5回/週) - 参加 2017/05/23 22:51

ラファエロ さんのブログ記事

  • ヴァチカン美術館【後編】
  • システィーナ礼拝堂の天井画ヴァチカン美術館後編は、システィーナ礼拝堂とピナコテーカについてだよ。1.システィーナ礼拝堂言わずと知れたヴァチカン美術館の最大のハイライト。天井から壁面へと続く絵は、あの三毛さんの描いたもの。中でもアダムの創造場面は有名で、いろんなところで引用されてるよね?アダムの創造ちなみに、この絵の依頼が来た時の三毛さんは、せっかく大きな仕事を回してもらったにもかかわらず超不機嫌だ [続きを読む]
  • ヴァチカン美術館【中編】
  • いつも大混雑なヴァチカン美術館Ciao!ヴァチカン美術館は、いつも人でごった返していると言われているけど、実はすいている時間が少しだけあるんだよ。それが、閉館間際。美術館の入場時間は午後4時までだから、それ以降は新規のお客さんが入ってこなくて、人の波が一気に引くんだ。もちろん広大な美術館だから、閉館間際の入館はおすすめしないよ。おすすめするのは閉館間際からの2周目さ!美術館は6時までオープン。実際にはぎ [続きを読む]
  • ヴァチカン美術館【前編】
  • Ciao!ベルニーニ☆ラリーが終わって一段落ついたけど、まだまだ、ローマ・ヴァチカンネタで引っ張るよ〜。今回はヴァチカン美術館めぐり!しかも3部作の前編。高い入場料を払って入った美術館だから、引っ張れるだけ引っ張るよ!アクセスメトロA線 Ottaviano駅下車5分ちょっとバス23/49/497日本語オーディオガイドあり 1.歴史ヴァチカン美術館の歴史はかなり古くて、僕らが生きてた教皇ユリウス2世の時代までさかのぼるんだ。 [続きを読む]
  • ラファエロ☆クイズ
  • Ciao!ベルニーニ☆ラリー、無事終わったね〜。今回はちょっと休憩を挟もうと思って、小ネタを用意したよ。名付けて、ラファエロ☆クイズ!!それでは、さっそく行ってみよう!第一問アニメ忍者タートルズの主人公4人の中で赤いマスクをつけているのは?A. レオナルドB. ミケランジェロC. ラファエロ第二問オペラ「フィガロの結婚」の中盤で明かされる主人公フィガロの本名は?A. 太郎B. 次郎C. ラファエロ第三問パリにある [続きを読む]
  • 【B☆R】ボルゲーゼ美術館
  • Ciao!今回のベルニーニ・ラリーは、美術館巡りも兼ねてるよ。行ってきたのは、ボルゲーゼ美術館。この美術館にはベルニーニさんの作品がたくさんあるんだよ。フィレンツェのウフィツィ美術館がルネサンスの殿堂なら、ここボルゲーゼ美術館はバロックの殿堂!カラヴァッジョさんの作品を集めたカラ部屋(読み:カラヴェヤ)もあるよ。ところで、僕の中の人はものすごくめんどくさがりで、なんでも後回しにする癖があるの。この美術 [続きを読む]
  • 【B☆R】S・M・ソープラ・ミネルヴァ教会とナヴォーナ広場
  • 朝7時くらいのコロッセオ。Ciao!夏のローマはほんとに暑かった!だから、昼間は出来るだけ美術館ですごして、外を観光するのは朝と夕方がおすすめだよ。朝のローマは人が少なくて、いつもはごった返してるコロッセオ付近もとっても静か。夕方は、朝に比べると人は多いけど、夕焼けの街も夜のライトアップされた街も、昼とはまた違った美しさ。バスやメトロは夜遅くまで走っているから、夜の外出も安心だよ。(ただし、人通りの少 [続きを読む]
  • 【B☆R】スペイン広場とポポロ広場
  • Ciao!今回のローマの旅では、移民が多いちょっとディープな地域に宿を取ったんだ。ある時、宿の近くのトルコ人が経営するピザ屋で、店主おすすめのマルゲリータを頼んだんだら、なんと出てきたピザにバジルが載ってなかったの!店主曰く、「今日はバジルない。探したけどなかった。でも、大丈夫。タイムを入れたし、タイムの方がおいしいよ」ちがーう!違うだろ!このハg・・・えぇっと、これ以上は自粛します。でも、ちょっと考 [続きを読む]
  • 【B☆R】バルベリーニ広場とS.A.D.F教会
  • 街中の給水所。命の水!Ciao!7月のローマはとにかく暑かった!ローマの街中には、いろんなところに給水所があるから、小まめに水分補給をしながら歩いてね。知らない人との会話のきっかけは、やっぱりお天気の話題だよね。ローマでも、電車で隣になったお姉さんに「今日も暑いですね〜」って話しかけたら、涼しい顔で「あら?そうですか?」って言われちゃった。話をしてみると、彼女はイラン南部の街の出身で、夏には気温が50度 [続きを読む]
  • 【B☆R】聖テレジアの法悦
  • Ciao!さて、前々回は、三毛さん捕獲の一件で全く触れる機会がなかったんだけど、三毛さんがブログを乗っ取ってる間にローマに行ってきたよ。思い出がたくさん詰まったローマ!僕の住んでいたころと変らない部分ももちろんあるけど、やっぱり変わった部分の方が大きいなぁ。その一つが、ベルニーニさんの作品群。今じゃ、ローマの有名な見どころで彼の作品を目にしないのは、トレビの泉と真実の口くらいだけど、彼はバロック期の芸 [続きを読む]
  • 登場人物の紹介
  • ・・・Ciao!!うっ・・・あたま、痛い。いやぁ、昨日は飲んだよ。先輩のお酒は断れない主義だから、5次会まで付き合っちゃった。どんだけ飲むんだ、あの人たちは。さて、三毛さんも登場してくれて役者がそろったところで、あらためて登場人物の紹介をするね。これまでのブログのあらすじ(byネタバレする男)天才ピアニスト銀河進は、やっと本編に登場できるという風のうわさを聞きつけて小躍りをするが、暗黒王ジョンからその情 [続きを読む]
  • 工房だ?ただの量産ラインだろ!
  • 以前にあやつが勝手に作った、わしの人生のアップダウングラフを覚えておるか?わしの45歳の時のへこみ。これは、確かにあやつの死に起因しとる。しかしそれは、決してあやつが言っておったように強敵書いてトモと読む北斗理論で、友の喪失を嘆いたからではない。とはいうもののラオウの最期はよかったわい。これさえ読んでおけばおぬしの生涯に一片の悔いなしじゃ!あやつは、死後もわしにイライラの種を残して逝きおったんじゃ! [続きを読む]
  • 芸術家?それなら彫刻彫ってみろ!
  • 芸術家?それなら彫刻彫ってみろ!わしが、ルネサンス3巨匠としてラファエロと同じにラインに並ばされるのが嫌なもうひとつの理由は、あいつは、絵しか描けんが、わしは彫刻も彫れるということじゃ。むしろ本業は彫刻の方で、わしは彫刻に専念したかった。まさか、あの小童からの無茶ぶりでシスティーナ礼拝堂に天井画を描くことになるとは、若いころは思いもせんかったぞ。システィーナ礼拝堂 天井画byわし綺麗にしてもらってあ [続きを読む]
  • コミュ力が なければただの 嫌なヤツ!
  • 物言いその2わしら、ルネサンスの画家が、今でも知られているのは、一つにジョルジョ・ヴァザーリの書いた「芸術家列伝」という本に理由がある。こやつはわしの弟分でもあり、本当にいいやつじゃった。ただ、いいやつすぎて信じられんことに、あのラファエロまでもをほめたたえておるんじゃ!じゃがわしは、見つけたぞ!ジョルジョの書いたこの本に、ラファエロの本質をとらえた一文を!(ラファエロの持つ)その美徳の数々には、 [続きを読む]
  • ラファエロに物申す!物言いその1
  • ヤコピールに描いてもらったわしの肖像テスト、テスト。こちら、ミケランジェロじゃ。ミケランジェロ・ブオナローティじゃ。あやつめがローマだ何だと浮かれとる間に、わしが一泡吹かせてやろうと思ってブログを乗っ取ってやったわい。ラファエロのやつめ、わしが見とらんと思って、ブログで好き勝手に書き立ておって!それから、人の詩を勝手に引用したあげく、詩を書くこと自体が恥ずかしいことのように書きよって!まあ、あやつ [続きを読む]
  • ジヴェルニーのモネの庭(印象派めぐり終)
  • Ciao!印象派めぐりもついに終わり。カズコさんはアラセブ(アラウンドセブンティ)だから、疲れたらどこか飛ばそうと思ってたんだけど、山で鍛えた健脚を生かして、全部回りきっちゃったからびっくりしちゃった。おかげ様で、このブログでもたくさんの美術館を紹介することができたね。さて、カズコさんとは合計6つの美術館とジヴェルニーのモネの庭に行ったんだけど、一番喜んでくれたのはこの庭だったんだ!昔NHKでやってた、假 [続きを読む]
  • パリ国立ピカソ美術館
  • Ciao!カズコさんとのパリ美術館巡りの旅の最終日に行ったのが、パリのピカソ美術館。でも、この時僕は風邪をひいちゃって頭がぼーっとしてたから、何を見たかあんまり覚えてないんだよね。なので、今回はアクセスの仕方とか、主要作品をさらっと触れるだけにしておくね。アクセスメトロ:1番線Saint-Paul駅 下車徒歩10分弱8番線Saint-Sébastien-Froissart駅 または Chemin Vert駅 下車徒歩5分バス:20, 29, 65, 75, 69, 96住 [続きを読む]
  • ルーヴル美術館
  • 冨樫義博先生、HUNTER×HUNTERよりスペイン階段とゴンとキルアCiao!こんにちは。来週、ローマに行くよ!2年ぶりのローマ!永遠の都ローマ!今からドキドキしてるよ〜。そのために、お金のやりくりを続けてきたわけなんだけど、土曜日に買ったHUNTER×HUNTERの34巻の展開があまりにも「?」だったから、復習用にヨークシンシティ編もついつい買っちゃった。予定外の出費を後悔しきりさ。 前に、もう読まないと思ってブックオフに売 [続きを読む]
  • プティ・パレ(パリ市立美術館)
  • プティ・パレ webページよりCiao!パリの美術館巡りも折り返し地点の4か所目。今回はプティ・パレことパリ市立美術館だよ。印象中心の美術館ではないんだけど、19世紀の作品も多くそろえているよ。この美術館嬉しいところは、なんといっても常設展が無料なこと!パリでは珍しいよね。Petit Palais, City of Paris Fine Art Museumメトロ・・・1, 13番線 Champs-Elysées Clémenceau下車 徒歩3分RER・・・C, Invalides下車 徒歩 [続きを読む]
  • マルモッタン・モネの家美術館(印象派めぐり3)
  • モネ、印象・日の出Ciao!印象派めぐり第3弾は、パリのマルモッタン・モネ美術館。この美術館は世界でも有数のモネコレクションが収められているんだ。印象派の名前の由来になったモネさんの「印象 日の出」も展示されているよ。もちろんモネ以外の印象派画家の作品もあるから、印象派が好きな人にはぜひ訪れてほしい美術館だよ。Musée Marmottan Monetメトロ・・・ 9番線 La Mustte下車 徒歩10分くらいバス・・・ 32住所: [続きを読む]
  • ギヨーム家の悲劇〜嫁の狂気〜
  • ありし日のポールとドメニカ真実は小説より奇なりとは言うけれど、昨日、興味本位で調べてみたギヨーム家の真実がめちゃめちゃ興味深かったから、特に何の足しにもならない豆知識だけど紹介するね。語り手は、あらすじを語り始めたら止まらない、ネタバレする男さんだよ。↓ギヨームコレクションについてはこの記事をみてね↓オランジェリー美術館(印象派めぐり2)1.ギヨーム家、悲劇までのプロローグ自動車整備工として働いて [続きを読む]
  • オランジェリー美術館(印象派めぐり2)
  • Ciao!こんにちは。そういえば、以前に自己紹介で「立川在住」って書いた気がするけど、実は僕、立川在住じゃないんだ。本当は、緯度でいうとイルクーツク(ロシア)と同じくらい、経度でいうとオグボモショ(ナイジェリアらしいよ)と同じくらいの場所に住んでるよ。「聖☆おにいさん」にあこがれて、なんとなく立川在住っていう設定を作っちゃったけど、設定なんて面倒なだけだって気付いたから、これからは真実に寄り添ってブロ [続きを読む]
  • もしも彫刻が話したら(オルセー美術館)
  • Ciao!世の中、完璧な人なんていないよね。ルネサンスの申し子といわれる僕も、絵を描かせれば天才といわれたけど、彫刻はからっきし駄目だったんだ。そう、いわゆる彫刻ダメ男ってやつだね。世渡り上手で、リア充で、3次元の嫁(彼女)もいた僕だけど、芸術に関してだけは2次元限定。まあ、3次元好きにろくな人はいないっていうしね。それでいいんじゃないかとすら思っているよ。3次元好きな人そんなわけで、彫刻のことが全くわか [続きを読む]