物書き・スダ さん プロフィール

  •  
物書き・スダさん: 物書き・スダのシナリオブログ|シナリオ連載サイト
ハンドル名物書き・スダ さん
ブログタイトル物書き・スダのシナリオブログ|シナリオ連載サイト
ブログURLhttp://monokaki-ts.com/
サイト紹介文シナリオやコラムを連載しています☆ お気軽にご覧ください♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 88日(平均8.3回/週) - 参加 2017/05/24 00:59

物書き・スダ さんのブログ記事

  • ふくろうたちの羽伸ばし 第3羽 ふくろう夫婦漫才
  • <登場ふくろう>メンフクロウ(白) クリームちゃんメンフクロウ(黒) あずきくんふくろうカフェの営業時間中。クリームとあずきはいつも一緒。まるで夫婦のような二匹だ。クリーム「クリームでっせ」 あずき「あずきだぞ」 クリーム「二匹合わせて――」 あずき「クリームぜんざいで〜す」 クリーム「みんな、よろしくね」 あずき「ちょっと待ってくれよ」 クリーム「なにさ?」 あずき「オイラの名前が入ってないぞ」 クリーム「 [続きを読む]
  • ふくろうたちの羽伸ばし 第2羽 メロは空を翔ける
  • <登場ふくろう>ニュージーランドアオバズク メロちゃん目がまん丸なメロは何事にも興味津々。『あのお客さん、超イケメン!!』という声を聞こうものなら、メロ「え?どこどこどこどこ?!」ふくろうじゃらしを見かけると、メロ「え?なになになになに?!」http://monokaki-ts.com/wp-content/uploads/2017/08/LINE_V20170818_195633025.mp4このかわいいリアクションである。しかしメロにはどうしても知りたいことがあった。メロ「あ [続きを読む]
  • セリフはひと目でわかるように シナリオコラム⑧
  • ここはふくろうカフェ。お盆休みもあってか、店内は大賑わい。落ち着いた照明の下で何匹ものふくろうが木の枝に留まっている。静かなひととき。物書き・スダのお気に入りの場所だ。彼は記者・宇加賀井益代を待っている。今回のコラムのテーマは『セリフ』。セリフはとても奥が深いものである。ずばりドラマや映画のセリフはその言葉通りの意味をなさないことが多い。好きなのに「嫌い」と言ったり、ツラいのに「大丈夫」と言ったり [続きを読む]
  • シナリオ「野女と美獣」
  • 登場人物美山鋭子(22) 大学4年生並川均一(46) 大学4年生〇鋭子の部屋(早朝)棚の上にいくつもの賞状やトロフィー。そしてドレス姿の鋭子とタキシードの並川が組んで踊っている写真。スーツに着替えた髪上げ済みの鋭子がキャリーバッグにドレスをしまうと鏡に向かって化粧をし始める。〇**大学・外観(朝)「全日本学生競技ダンス選手権」の看板。入口はスーツ姿の学生たちで賑わっている。〇同・アリーナ学生たちが校旗を飾り付け [続きを読む]
  • 書き続けるための習慣 100記事達成記念コラム
  • 去る2017年8月7日。このサイトに衝撃(?)の展開が!それは物書き・スダの100記事達成。益代「いやいや、ほとんどのブログサイトは当たり前に達成してるから」記者・宇加賀井益代は驚かない。というより、そんなことについて詳しく書いて誰得なの?とさえ思った。そこで益代は思い立った。益代「中身の濃厚なコラムにしよう」しばらく作品の連載が続いたので、コラムはご無沙汰だったのだ。益代「彼を呼ばなくては!」2017年8月10日 [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」エピローグ
  • 家事のハジメさんがログインしました。どうも、家事のハジメこと梶野ハジメです。ご報告があります。いよいよこのブログも今日で最後です。良い意味で約1か月間も連載することになるとは思いもせず、読んで下さった皆様にはとても感謝しています。梶野家および若宮家で起きた数々の珍事。今でも胸の中に強く残っています。そしてオレは思うのです。人生に無駄なことは何ひとつない、と。会社で一生懸命仕事をしていたことも、婿入 [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode29
  • 真夜中の若宮家。閑散とした部屋がひとつ。そこはかつて、家事のハジメこと梶野ハジメが使っていた場所。婿入り先である梶野家から訳あって実家へと帰省してきた彼。一夜だけの若宮ハジメである。そのハジメはベッドで横になっている。そこから見える室内の風景。天井、窓、匂いすべてが懐かしい。家事のハジメさんがログインしました。どうも、真夜中に梶野ハジメです。まさか実家に泊まることになるとは思いもしませんでした。30 [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode28
  • 夜のハイウェイをタクシーが走る。家事のハジメこと梶野ハジメはそのタクシーの中にいる。彼は大急ぎで向かっていた。そう、かつて自分が住んでいた町へ。家事のハジメさんがログインしました。どうも、家事のハジメこと梶野ハジメです。今回は車の中から失礼します。いよいよ物語は佳境へ突入です!ドラマならば45分くらい過ぎたクライマックスシーンといったところでしょうか。黄門様なら格さんが印籠を出したり、暴れん坊な上様 [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode27
  • 重なるときは重なる。それは望ましくない物事ほど起こる。夕暮れどき。梶野家最寄りの駅の改札口。中年の男が改札で引っかかる。後ろにいたハジメはその男とぶつかる。ハジメは目の前にいるその男を見て驚きを隠せなかった。ハジメ「父さん?!」目の前にいるその男は父・亮助。実母・圭子に続き、今度は父と遭遇。重なるときは重なってしまうものだ。亮助「……お前か」ハジメ「どうしてここに?」亮助「ママを探しにな」ハジメ「母 [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode26
  • ハジメ「か、母さん?!」ハジメの前に現れたのは母・圭子。ハジメ「どうして?!」圭子「どうしてって言われても、昨日の電話のことで心配になったから来ちゃった」ハジメ「来ちゃった、じゃないだろ」朝の梶野家の玄関先。義父の芯太郎、義母の勝代、妻の実乃里そして後輩の沼川広樹が親子のやり取りを見ている。圭子「実乃里ちゃん!ひさしぶり」実乃里「どうも」勝代「はじめまして、実乃里の母です」芯太郎「父です」広樹「ついで [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode25
  • ハジメの休職期間の最終日。寝室の枕元でスマホを操作している。家事のハジメさんがログインしました。どうも、家事のハジメこと梶野ハジメです。本日も梶野家式・花婿家事修行フルコースを命からがら何とか終えました。いよいよ明日でひとつの問題が終わりを迎えます。それは会社に退職の意思を伝えること。梶野家に婿入りして早数か月。主夫として妻を支えるという義父との約束を果たすつもりです。約10年近く勤めた会社とお別れ [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode24
  • 亮助の声「今さら何の用だ?」ハジメは驚きを隠せない。突然スマホにかかってきた電話。声の主は実父・亮助だった。ハジメ「父さん?!」亮助の声「ママがずっと今日そわそわしてるから何かあったんだろうと思って様子を見てたんだ」ハジメ「…………」亮助の声「こんなことだろうと思った」圭子の声「ごめんね、ハジメに電話しようとしたらバレちゃった」電話口、遠くで母・圭子の声がする。相変わらず声が大きい。『うん。その大声 [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode23
  • 圭子「もしもし?ハジメ?」オレは母・圭子に電話をした。ハジメ「こないだはありがとう」圭子「いえいえ。で、どうしたの?」ハジメ「ん?何となく」圭子「なんとなくならわざわざ電話してこないでしょ」ハジメ「そうだけど……」圭子「で?なに?」ハジメ「あのさ、今度そっちに顔出すよ」圭子「え?何よ藪から棒に」ハジメ「いろいろ話あるから」圭子「そっちで何かあったの?」ハジメ「とにかく話すから」圭子「ちょっとハジメ [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode22
  • 家事のハジメさんがログインしました。どうも、家事のハジメこと梶野ハジメです。ここ数日、義父・芯太郎が出かけます。これまでは毎日のように家事のことで婿のオレをいびっていたのに。草むしりのスピードが遅いだの、ホコリがしっかり取れてないだの、臨機応変に皿洗いできてないだの、シャツにわずかなシワがあるだの、足腰が弱いからヨガで鍛えろだの、その他もろもろ。それが今は前のような覇気が感じられず。数日前のあの反 [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode21
  • 芯太郎「ハジメ君?」夕方過ぎ、梶野家は真っ暗。ハジメの義父・芯太郎が帰って来る。芯太郎「いないのか?」芯太郎が電気を点ける。と、ハジメが座っている。驚きを隠せない芯太郎。芯太郎「いたのか?!」ハジメ「おかえりなさい」芯太郎「た、ただいま」ハジメ「…………」芯太郎「いるなら電気くらい点けなさい」ハジメ「連絡したんですね」芯太郎「いきなり何だ?」ハジメ「オレが入院したときですよ。さっき母が教えてくれまし [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode20
  • 『1件のメッセージがあります』その送り主を見てハジメは驚いた。何と母・圭子からだった。『近くまで来てるけど会える?』若宮ハジメが家事のハジメとして梶野家に婿入りしてから一度も両親は連絡をしなかった。いや、正確には連絡できなかった。自分の意思で婿入りをした息子を止めたとしても、彼は戻らないとわかっていたからだ。まさに断腸の思いでふたりは受け入れた。またハジメも両親を半ば捨てる形で家を出たのだ。親子の [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode19
  • ここは駅前のスポーツジム。東京・成城周辺にある梶野家から歩いて数分のところ。現在、ヨガのレッスン中である。生徒はたくさんの女性たち。そして……ハジメと義父の芯太郎。男は彼らふたりだけ。インストラクターの動きに合わせて生徒たちがポーズを取る。綺麗なフォームの芯太郎。アンバランスなハジメ。ハジメ「イテテテ」芯太郎「しっかり使う筋肉を意識してるかい?」ハジメ「は、はい」芯太郎「いつも思うが、君はフォーム [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode18
  • ハジメ「実乃里」芯太郎「……起きてたのか」梶野家のリビング。ハジメと義父・芯太郎の前に妻の実乃里がやってくる。実乃里「婿に来てもらうだけ、それ以上はないってそう約束したじゃん」芯太郎「…………」ハジメ「実乃里?それはどういう――」実乃里「父さんと約束したの」ハジメ「……え?」実乃里「ハジメくんはアタシと結婚したらここで主夫をすることになる。それは父さんもここへ来てそうなったように梶野家の伝統だって [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode17
  • 梶野家、ハジメと実乃里の寝室。パジャマ姿の実乃里がやってくる。ハジメはベッドで横になっている。実乃里はルンルン気分。ハジメ「なんか生き生きしてる」実乃里「そう?」ハジメ「うらやましいよ。ずっと休んでばかりだとツラくて」実乃里「仕事ばっかでも疲れちゃうよ」ハジメ「それもそうか」実乃里「ところで夕飯は?」ハジメ「とりあえず」実乃里「そっか」ハジメ「もうちょいしたら動けるんだけど」実乃里「無理しないでよ [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode16
  • 若宮家のハジメの部屋。母・圭子がやってきてカーテンを開ける。明るくなるとともに、荷物がキレイに片づいているのがわかる。圭子「…………」室内を見渡す圭子。ハジメの父・亮助がやって来る。圭子「――パパ」亮助「写真、ないな」圭子「え?」亮助「机の上にあったはず」圭子「そういえば……」亮助「持って行ったのか」圭子「ハジメ……」亮助が落胆する圭子の肩を抱く。涙を浮かべる圭子。ちょうど同じころの梶野家。ハジメ [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode15
  • ハジメ「ただいま戻りました」スーパーでの買い物を終え、梶野家に戻ったハジメ。義父・芯太郎が待ち構えている。花婿の主夫修行は今日も忙しい。芯太郎「では確認するよ」ハジメ「お願いします」その名も、超!!徹底的チェックだ。梶野家主夫代々伝統行事その17である。メモと買い物袋の中身が合っているか隈なくチェックする芯太郎。・にんじん 3本入り ・卵 10個入り1パック ・キャベツ 1玉 ・トマト 2つ ・ひょっとこ納豆 2つ [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode14
  • ハジメを乗せた救急車が病院に到着。彼は検査のため緊急入院することに。後輩の沼川広樹ことヌマは仕事のため会社へと戻った。入れ替わるようにやってきた梶野家の人々。病棟の個室。ベッドの上、ハジメが天井を見上げている。彼を取り囲むように妻・実乃里、義父・芯太郎、義母・勝代がいる。ハジメの腕は点滴が繋がれている。実乃里「過労だって」芯太郎・勝代「…………」ハジメ「……そうか」実乃里「ここのところ、徹夜だった [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode13
  • ハジメが倒れるまで残り2日。家事のハジメこと梶野ハジメは、婿入りしても今まで通り会社に勤務していた。義父の芯太郎が専業主夫をしていたことには驚いたものの、まさかその伝統を自分が継ぐことになろうなんてこの時の彼は夢にも思っていなかった。すべてはあの入院に端を発したのだ。彼の住まいが埼玉南部の実家から都内の一等地に変わっても長時間勤務は同じ。むしろ家が近くなったことで仕事を遅くまでするようになった。も [続きを読む]
  • シナリオ「婿入り主夫 家事のハジメ」episode12
  • ハジメが近所のスーパーから出て来る。両手に買い物袋を抱えて、、、遠くのほうから聞こえるサイレン。やがて救急車が近くの道を走っていく。ハジメ「…………」家事のハジメさんがログインしました。どうも、家事のハジメこと梶野ハジメです。救急車を見るといつも思い出します。そう、あの日のことを。実はオレ、倒れちゃったんです。前のヌマ(後輩の沼川広樹)のセリフにもありましたが、まだ会社を休職中なんです。episode6を参 [続きを読む]