腸内環境ドットコム さん プロフィール

  •  
腸内環境ドットコムさん: 腸内環境ドットコム
ハンドル名腸内環境ドットコム さん
ブログタイトル腸内環境ドットコム
ブログURLhttp://www.tyounaikankyou.com/
サイト紹介文腸内環境ドットコムでは、腸内を健康に保つことでのメリットやメカニズムを紹介します。
自由文腸内環境ドットコムでは、腸内を健康に保つことでのメリットやメカニズム、善玉菌や悪玉菌について、腸内を健康にし続けるためのノウハウを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 85日(平均1.6回/週) - 参加 2017/05/24 14:35

腸内環境ドットコム さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アトピー改善は腸内環境を整えよう
  • 腸内環境が悪化すると、アトピーも悪化すると様々な研究がされています。これは、ストレスや暴飲暴食などで腸内環境が悪化すると、腸内で有害な物質やアレルギー物質が多く生成され免疫細胞が低下するためといわれています。また、皮膚を健康に保つ上でビオチン(ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種)などの必要なビタミンの生産量も低下してしまいます。それらが要因となりアレルギー・アトピーを繰り返す体質になって [続きを読む]
  • アトピー完治したいなら腸内環境を改善しよう。
  • アトピーではない方でも、雑誌・TVの特集で、腸内環境と健康が密な関係であることは明確です。アトピーの改善もしかり、腸内環境が良いことでアトピーの改善にもつながると考えられています。腸内環境の良し悪しのポイントは便です。・毎日排泄があるか・赤や黒などの色は混ざっていないか・硬すぎず柔らかすぎないか・多すぎ少なすぎていないか・匂いは臭すぎないかこれらのポイントを見ながら健康な状態かどうかを見極めます。 [続きを読む]
  • 腸内環境とアトピー予防
  • アトピーに悩む方は非常に多いと聞きます。この予防・改善策として有効なのが「腸内環境を整える」ということ。女性誌や健康雑誌でも「腸内環境を良くすると美肌効果がある」とうたわれていることが多いですね。これは「体のメイン機能である腸内環境を良くして、肌・健康を維持しよう」という内容のものです。 [続きを読む]
  • 悪玉菌を増やさない食生活
  • 食生活や生活習慣が乱れると、悪玉菌が増えだし、便秘や下痢などの症状を引き起こします。便秘をすると便が腸内に長く留まっている状態なので、有害物質を発生させ更に悪玉菌を増加してしまう悪循環に陥ります。便秘解消のために、食習慣を改善しましょう。便秘といえば食物繊維。食物繊維には大きく2種類あります。 ・水溶性食物繊維 こんにゃく 海藻類 など ・不溶性食物繊維 穀類 さつまいも かぼちゃ など『水溶性食 [続きを読む]
  • 腸内には善玉菌
  • 善玉菌は腸内で日々私たちの身体を守り、修復してくれています。もはや善玉菌のおかげで健康でいられるのかもしれません。善玉菌を多く体内で増やそうと、手軽な乳酸菌サプリで補っている方もいるでしょう。しかし、善玉菌は働ける総量の上限があって、一定の量を超えると体外へ排出されてしまいます。サプリをたくさん摂ればその分善玉菌が増え健康になる訳ではなく、理想のバランスがあるのです。腸内細菌の健康的な割合は【2:1: [続きを読む]
  • 玉菌が増えると困る 3つのこと
  • 悪玉菌が増えるということは、単純に善玉菌が減っている状態で、腸内環境が悪化しているということです。悪玉菌が増えることで、身体には大きな変化が表れます。・病気にかかりやすくなる  免疫細胞の力が弱まり病気に対するす抵抗力がなくなります。  抵抗力が弱まると、ありとあらゆる病気にかかりやすくなり、  治りにくくなります。・体臭や口臭がきつくなる  便が便秘などで腸内に長く留まることで、腐敗が進み  有 [続きを読む]
  • ヨーグルトで腸内環境は改善されない!?
  • 『発酵食品』は善玉菌を増やし悪玉菌を排除してくれます。ヨーグルトはその発酵食品の代表格ではないでしょうか。しかし、ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌は胃液等の消化液に弱く腸に届く前に死滅してしまいます。味噌や漬物などの植物性乳酸菌は生きたまま腸に届くといわれていますが、こちらも腸に留まるのは2、3日程度とこちらも定着しづらく、多くは体外へ排出されてしまいます。もともと、腸にいた善玉菌達は外部から [続きを読む]
  • ヨーグルトで腸内環境は改善されない!?
  • 『発酵食品』は善玉菌を増やし悪玉菌を排除してくれます。ヨーグルトはその発酵食品の代表格ではないでしょうか。しかし、ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌は胃液等の消化液に弱く腸に届く前に死滅してしまいます。味噌や漬物などの植物性乳酸菌は生きたまま腸に届くといわれていますが、こちらも腸に留まるのは2、3日程度とこちらも定着しづらく、多くは体外へ排出されてしまいます。もともと、腸にいた善玉菌達は外部から [続きを読む]
  • 腸内菌御三家 善玉菌・悪玉菌・日和見菌
  • テレビや雑誌などで、腸内に住む善玉菌と悪玉菌の存在は知られていますが、腸内細菌には健康に良い善玉菌 有害な悪玉菌ともう一つ、善玉・悪玉のどちらでもない『日和見菌』が存在します。 腸内に善玉菌が多い時には全く無害ですが、悪玉菌が多くなると日和見菌は悪玉菌へ変わってしまいます。日和見菌は腸内細胞のほぼ7割。腸内の健康は彼らにかかっています。悪玉菌の加勢をさせないよう、気をつけねばなりません。 [続きを読む]
  • 内菌御三家 善玉菌・悪玉菌・日和見菌
  • テレビや雑誌などで、腸内に住む善玉菌と悪玉菌の存在は知られていますが、腸内細菌には健康に良い善玉菌 有害な悪玉菌ともう一つ、善玉・悪玉のどちらでもない『日和見菌』が存在します。 腸内に善玉菌が多い時には全く無害ですが、悪玉菌が多くなると日和見菌は悪玉菌へ変わってしまいます。日和見菌は腸内細胞のほぼ7割。腸内の健康は彼らにかかっています。悪玉菌の加勢をさせないよう、気をつけねばなりません。 [続きを読む]
  • 幸せは腸内が整った人ほど実感できます
  • 最近 【幸せ】実感していますか?幸せの形は同じでも、腸内環境が整っていれば、感じる幸福感の質はぜんぜん変わってきます。“セロトニン”という物質が脳で作用することで『幸せ』を感じるそうです。“セロトニン”が多いと幸福感が増します。その“セロトニン”の量は、腸内でコントロールしているのです。幸福感が少ないとストレスは強くなります。ストレスは、万病のもと。ストレスを強く感じると、さまざまなことが悪循環に [続きを読む]
  • 善玉菌が腸内環境をよくする
  • 腸内環境をよくすると、ガンやアトピーなどの様々な疾病の予防になる。これは、このサイトでよく言っていることです。では、実際に腸内環境をよくするためには、どうしたらよいのでしょうか。一番の近道は「善玉菌」を増やすこと。流行のCMでは「生きた菌が腸までとどく」「何億個の菌が入っています」というキーワードをよく耳にします。これがどういう意味かご存知でしょうか。まず、腸内環境を整える善玉菌とは乳酸菌とも言われ [続きを読む]
  • 腸内環境とガンの関係
  • 腸内には約100兆個という莫大な数の腸内細菌が住んでいます。しかし、その100兆個はそれぞれ個性が違います。善玉菌つまり体に良い作用を持った腸内細菌は100兆個のうちの2割程度。悪玉菌、体に悪い影響を与える腸内細菌は100兆個のうちの1割程度と言われています。この腸内細菌は活発になったり、衰えたり、善玉菌が増えたり悪玉菌が増えたりと、日々変化しています。そして、善玉菌が増えってきた状態を顕微鏡で見てみると、細胞 [続きを読む]
  • 腸内環境を整える重要性
  • 大腸に悪玉菌が増えると、便が黒く、かつ臭くなる傾向が見られます。これは、腸内環境が悪化し、悪玉菌が持つ力が強くなっているためです。悪玉菌の作る有毒物質の働きが強くなると、すぐにポリープやガンにつながるわけではありませんが、腸壁の細胞ダメージを受けやすくなるのも事実です。とくに、近年の日本ではこの腸壁細胞のダメージからポリープやがんにつながったという検証結果もあります。こうなってしまうと、抵抗力が弱 [続きを読む]
  • 腸内の善玉菌を増やすことは、がんや老化の予防に
  • 腸内の善玉菌を増やすことは、ガン予防や老化防止、アトピー改善など様々な効果があるといわれています。これは善玉菌を増やして腸内環境を良くすれば、抵抗力や治癒力を高めることができるためです。腸内に悪玉菌が増えてくると、便の腐敗がすすみ、発ガン物質や有毒物質が発生し、それが血中に吸収され、解毒機能を持つ肝臓や体全体の働きに悪影響がでるといわれています。結果、治癒力も低下して、様々な病気の引き金にもなりま [続きを読む]
  • 腸内環境を整える食べ物
  • 水溶性食物繊維を摂取する食物繊維は水に溶けにくい性質を持つ不溶性食物繊維と逆の溶けやすい性質を持つ水溶性食物繊維に分けられます。【不溶性食物繊維の多い食材】ひよこ豆、おから、くり、えんどう豆、よもぎ、モロヘイヤ、納豆、ゴボウ…など豆類、イモ類、根菜に多いといわれています。便秘気味の人がこの、不溶性食物繊維を多量摂取すると、不溶性食物繊維が庁にひっかかり便秘を悪化させる可能性もあるので、摂取には注意 [続きを読む]
  • 過去の記事 …