ろころん さん プロフィール

  •  
ろころんさん: パイナップルとカラ○ーチョ
ハンドル名ろころん さん
ブログタイトルパイナップルとカラ○ーチョ
ブログURLhttp://ameblo.jp/rokoron5ewa10/
サイト紹介文約4年、うつに苦しんだ夫が2014年12月に1人で旅立ってしまいました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 27日(平均5.2回/週) - 参加 2017/05/25 11:17

ろころん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あーーーーーもう!
  • 死別の会の中で私が番組に出ると言うことを宣伝してくれた友達がいたので、私のことをよく知らない人も観たわけで... あの内容を観て、すっかり誤解してる人が出てきました。 悲しすぎる... [続きを読む]
  • 突き刺さる
  • 放送から1週間。死別した方々からは放送、動画を観て憤慨したという感想ばかりでした。でも世間的にはゲストが言った「人としてどうかと思う」が観た感想。出した側が悪者なんですよね。 その放送の翌々日に別の局(全国区)でも少し取り上げられていましたが、背景がきちんと説明されていて、悪者扱いはされていない印象でした。友達に言わせれば「バラエティとN●Kの違いだよ」と。そうなのかもしれないけど... そしてその翌々 [続きを読む]
  • 世の中不公平
  • (旦那が)死ねばいいと思っている人の旦那さんは生きているのに生きててほしいと思ってた私にいないなんて世の中不公平よね。 夫がいなくなって、どん底で息してるだけで精いっぱい。なのに夫を助けようとも話も聞いてくれようともせず自分のことしか考えない義母と縁を切ったら悪者かい? 良いとこどり?家は義母に渡して、保険金で借金返して一文無しだよ。どこが良いとこどりよ? 義母は息子(夫)より家を優先し [続きを読む]
  • 悲しいより笑ってしまう
  • 放送を観て、予想はしていたけど、残念な内容でした。どうして夫が亡くなったのか、どうして家を出る決心をしたのか、義母との関係など一切カットされて、いかにも私がずる賢い嫁という感じでしたね。悲しいより、笑ってしまいました。ゲストの方も死別の経験がない方々でしたし、理解はされませんわね。世間て、こんなもんなんだと再認識しました。でも私は、今、死別の悲しみの他に親族関係のことで悩んでる人がいたら、背中を [続きを読む]
  • お知らせ②
  • 本日2度目の更新です。今までの記事はオープンだったのですが、私もアメーバ限定の記事を設けることにしました。(今のところ自死遺族の方、限定)予定内容としてはお父さん人形のお出かけ日記でしょうか...とっても自己満足の世界ですが興味がおありでしたら見てくださいね。 [続きを読む]
  • お知らせ
  • 実は私、このブログがきっかけで取材を受けました。テーマは(言い方は嫌いですが)死後離婚。正式名称:姻族関係終了届についてです。 この届は世間的には薄情だとか、悪く言われてしまう現実。そりゃあ、ずっといい関係でお付き合いできるのがいいと思う。でもそれができない、無理なケースもあると思うのです。 ただでさえ、伴侶を亡くし、悲しみや苦しみなどを抱え、お先真っ暗で、生きてる・息をしてるだけで精い [続きを読む]
  • 久々に泣いた
  • スピリチュアルな話題です。不愉快に思われるかたは読まないでくださいませ。 先日、とある方が供養をしているお寺とお墓、私の自宅に来てくれました。その方はひとことで言えばスピリチュアルな力を持っていらっしゃいまして、ひょんなことがきっかけで遠方から遥々来てくださったのです。 私がお墓に行っても居心地が悪くて、すぐ帰ってくるって話したんです。聞くと、お寺やお墓とも相性があるとか...ほほー 相 [続きを読む]
  • バタバタと
  • 気が付いたら1週間経ってました。ようやく月末月初のお仕事も落ち着き、ホッとしております。 今日になって、昨日が月命日だった!と思うくらいに毎日がバタバタと過ぎて行っている気がします。夫と会えなくなって、話せなくなって丸2年半。もう2年半。まだ2年半なのかよくわかりませんが、日々、夫はそばにいるって気がしています。 自分だけ楽になりたかっただけの人と夫のことを非難する人もいますけどね。自死とい [続きを読む]
  • ありがたい
  • 今日で5月も終わり。月末です。事務員にとっては闘いの日(笑) さて、先日の日曜日に京都の鞍馬・貴船へ行ってきました。メンバーは夫のことがなかったら知り合ってない面々。これもご縁だよねーと言いながら山を1つ越えながら、ゼーゼーと息を切らし久しぶりにあんなに歩きました。もちろん、お父さんの分身も連れて。カバンから見える分身のおでこを見ながら、いいなぁ、お父さん、楽ちんだねなんて思いました。 いや [続きを読む]
  • 頼みの綱
  • 我が家には猫と犬がいます。両方とも夫が欲しがって家に招いたのですけどね。猫のことを書こうと思います。今、我が家にいる猫は4代目。もうすぐ5歳になる♂です。1代目と2代目は子供たちが幼稚園のころに飼い始めたのですが、逃げてしまい帰ってきませんでした。 それから何年か経過し、夫が鬱病になり休職して、支えが欲しいから猫を飼いたいと言い出して、支えが欲しいと言われると私も弱くて、3代目を飼うことにしました [続きを読む]
  • まさかの発病
  • 頸椎ヘルニアが良くなってきた頃...頭痛に悩まされていた。当時勤めていた会社では健康診断の時期。その当日は朝食抜きのため、頭痛薬を飲めなくて、頭痛と説明のつかない具合の悪さで電車を降りたらベンチで座り込んでしまった。 そんな感じで健康診断を受けたあと、社長(女性)と雑談をしていたときに脈が速いって言われたことを話すと「あなた、甲状腺が悪いかもしれないわよ?一度調べてもらったほうがいいわ。」と言わ [続きを読む]
  • やばいかな...
  • 夫が鬱病になって休職してから数か月後、朝目覚めると同時に首から背中にかけて激痛が走った私。泣けるほど肩甲骨あたりが痛んだけど、出勤した。電車に乗っての通勤は無理だと思ったので夫に車で職場まで送ってもらったものの、腕から指先にかけて痺れも出てきて、具合が悪くて仕事にならない。仕事を抜けさせてもらって、職場近くの整形外科へ行くも先生が留守でその日に限ってリハビリしかやってないとのこと。 ツ、ツイ [続きを読む]
  • ずっと続く疑問
  • このブログ...ほとんどがタイマー投稿です。書きたいことがあるときに、ばばばーと書いて毎日小出しにタイマー投稿します。(いけないことだけど)仕事中、誰もいない暇なときに書いてるので、忙しかったり誰か他にいると書けません(笑) はい。今も誰もいません。事務所に1人。仕事も昨日はちょっと忙しかったけど今日は一段落してます。1人でいると誰かに話したくなるから、そんな気持ちで始めたブログでもあるのですけどね。 [続きを読む]
  • なんだかなぁ
  • 今年のGWは近場をウロウロ。遠出してみる?とお友達と話していたのだけれど、お友達のお母様の体調があまりよくないということで、近場をウロウロ、夕方には解散して夕食はそれぞれ家でという形にしました。 お友達はご主人が存命中から運転が好きなので、いつも運転してくれて助かります。夫が亡くなってから助手席に乗る機会が減っていたのだけれど、彼女とお出かけするようになってからは助手席に座らせてもらっていま [続きを読む]
  • お父さん、声をかけられる
  • 先日、死別の会の集まりで京都へ行きました。こちらを出るときは大雨だったけれど、京都へ着いた頃は雨もあがっていました。 ぬいぐるみ父さんにはエコバッグのリメイクでポンチョ型のレインコートを作ったのですけど、ちょっとイマイチの出来なのでリベンジしたいと思います。そのレインコートを持参したけれど、雨があがったので使わずでした。 今〇神社でお父さんを片手に撮影をしていると、あ〇り餅店の店員さんが [続きを読む]
  • 夏服
  • 1か月くらい前に最近の楽しみというタイトルで、夫に似せたぬいぐるみを作って、連れてお出かけをすると書いたのですけど。お着替えできるようにしてあるので、夏服を作ろうと思いましてね。夏服はどんなのを着てたかしら?と思い、写真をパラパラと見てみました。 まだ若くて痩せていて(笑)自分が50歳で自死するなんて想像もしてなかったであろう夫の笑顔がありました。前だったら涙ボロボロになったけど、時間薬なのか、自 [続きを読む]
  • 母の日
  • 5月の第2日曜日は母の日。夫がいる間は義母と私の母へお花を送っていましたが、今は母のみ。義妹は何年か前から母の日、その前後にも来なくなった。今は来ているのか... さて私は今まで、義母と私の母に母の日にプレゼントをする側でしかなく...そう、子供達から母の日を忘れられてきたのです(笑) 私が初めて母の日に改めてプレゼントをもらったのは夫が亡くなって初めての母の日でした。息子(当時職探し中)と娘(当時学 [続きを読む]
  • 母でもあるが娘でもあった私
  • うちの娘(22歳・社会人2年目)の性格は私にとても似ています。というか似ているそうです。←占ってもらったときに言われた。私は自覚なしでした(笑)娘が小学生のときに「もし、お父さんとお母さんが別々に住むことになったら、どちらと住みたい?」と聞いたときは「おばあちゃん!」と答えました。「じゃあ、お父さんのほうだね?」と夫がニコニコして聞くと「ううん。おばあちゃんがいればいいから、お父さんもいなくていい。」と [続きを読む]
  • また強がってみる
  • 人混みに行くといつも思う。こんなに大勢の人がいるのになんで夫だけいないの? まったくもー 夫はきっと「ごめんなさい」って思ってるよな。 先日、SNSで友達が結婚25周年を迎えました!って画像と共に載せていました。娘さんも嫁いで夫婦2人の生活だそうで、これからも仲良くしていきますって内容。 いいなぁ...うちもそのはずだったのに。 きっと夫は「ごめんなさい」と小さくなっていることでしょ [続きを読む]
  • 信じてみた
  • スピリチュアル的なものって好き嫌いが分かれますよね。お嫌いな方はパスしてください。 夫が亡くなって四十九日が過ぎて姉夫婦にもこれからのことを話して、具体的なことを考えていた頃、姉の紹介で占いというべきか?とにかくそんな感じの方にお会いしました。(こういうときは利用させていただくという、ちゃっかり者の私) 家を出たいと考えているが出るとしたらいつ頃が適しているか?とか、聞いてみたかったのです [続きを読む]
  • 過去の記事 …